チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

斉藤和義 チケット売買一覧

斉藤和義とは日本のシンガーソングライターである。生年月日は1966年6月22日、栃木県下都賀郡壬生町出身。1992年にTBSのオーディション番組に出演し、多くの人に認知され、その一年後に「僕の見たビートルズはTVの中」で正式にデビューする。1994年にはフジテレビ系子供番組である「ポンキッキーズ」のオープニングテーマに楽曲が起用されさらに人気を集めた。音楽的影響を受けたのは1960年、70年代のフォークソングから来ているのかと考えていたが、音楽のベースはハードロック特にラウドネスのファンで有りライブにも通っていた。歌の歌詞についてはストレートな物が多い。その後もコンスタントに楽曲を発表し、2004年には日本武道館での引き語り公演も行った。ここまででも十分に人気があったが本人は「知る人ぞ知るという感じが抜けていなかった。」と語り、2007年のデビュー15周年の時期に発表した多くの楽曲がヒットしたことで、知名度は一気に上昇した。その後はNHK紅白歌合戦に出演、さいたまスーパーアリーナでの公演なども大成功を収め、さらに勢いを増している。

斉藤和義の日程

開催日時

  • 全ての公演
  • KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2020 “202020”

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down
    • すべて
    • 21/04/14 (水) 石川 18:30
    • 21/04/16 (金) 新潟 18:30
    • 21/04/17 (土) 長野 17:30
    • 21/04/27 (火) 東京 18:30
    • 21/04/28 (水) 東京 18:30 (1)
    • 21/05/02 (日) 三重 17:00 (1)
    • 21/05/05 (水) 愛知 17:00 (1)
    • 21/05/15 (土) 青森 17:00
    • 21/05/16 (日) 岩手 17:00
    • 21/05/18 (火) 宮城 18:30
    • 21/05/31 (月) 京都 18:30
    • 21/06/10 (木) 秋田 18:30
    • 21/06/12 (土) 山形 17:00
    • 21/06/13 (日) 福島 17:00
    • 21/06/20 (日) 神奈川 17:30
    • 21/06/24 (木) 北海道 18:30
    • 21/06/27 (日) 北海道 17:00
    • 21/06/28 (月) 北海道 18:30
    • 21/06/30 (水) 北海道 18:30
    • 21/07/02 (金) 神奈川 18:30
    • 21/07/05 (月) 大阪 18:30 (1)
    • 21/07/06 (火) 大阪 18:30
    • 21/07/08 (木) 滋賀 18:30
    • 21/07/09 (金) 岐阜 18:30 (2)
    • 21/07/12 (月) 大阪 18:30 (1)
    • 21/07/13 (火) 大阪 18:30 (1)
    • 21/07/16 (金) 栃木 18:30
    • 21/07/22 (木) 長崎
    • 21/07/26 (月) 広島 18:30
    • 21/08/05 (木) 福岡 18:30
    • 21/08/06 (金) 福岡 18:30
    • 21/08/09 (月) 東京
    • 21/08/14 (土) 愛媛 17:00
    • 21/08/21 (土) 熊本 17:00
    • 21/08/22 (日) 鹿児島 17:00
    • 21/09/12 (日) 静岡 17:00 (1)

斉藤和義のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 38 人がチケットの出品を待っています!

斉藤和義とは日本のシンガーソングライター、ギタリストである。生年月日は1966年6月22日、栃木県下都賀郡壬生町出身、身長は181cm。小学生の時にギターに出会い、その後中学生になった時期にハードロック、ヘヴィメタルに傾倒する。特にヴァン・ヘイレンやエアロスミス、キッスなどが好きであったという。大学時代に友人の誘いで上京、ミュージシャンを志し、1992年にTBSのオーディション番組に出演した際に多くの人の注目を集め、1993年に「僕の見たビートルズはTVの中」でデビューを果たす。その後も1994年にフジテレビ系の人気子供番組「ポンキッキーズ」のオープニングテーマに「歩いて帰ろう」が起用され人気を集める。その後も多くの楽曲を発表し2004年に行った日本武道館公演も成功を収めるが、このあたりの時期について斉藤は「知る人ぞ知るというところを抜けていなかった」と語っている。続くデビュー15周年に当たる2007年から2008年の時期に一気に知名度が上昇し、これはこの時期に発表された楽曲の多くがCMソングに起用され好評だったためである。2010年からは「ずっと好きだった」「やさしくなりたい」などの曲が大ヒットしお茶の間にも知られるようなアーティストとなった。現在もその勢いが止まらず人気は上がり続けており、チケットの入手も困難になってきている。代表曲の『歌うたいのバラッド』はシンガーソングライターの気持ちを代弁した歌詞が描かれている。歌う事は難しくは無いがどの様にして想いを伝えようかとシンガーソングライターとしての心の葛藤が歌い込まれており、聞く者の胸を打つ。 『やさしくなりたい』のような攻撃的なサウンドで、人にやさしくなりたいと歌い上げ、人の本能を呼び覚ますような歌を生み出した。また、『ずっと好きだった』ではボトムロックをベースに甘酸っぱい初恋の歌を歌って見せた。まさに多面体であり、今後どの様な歌詞とサウンドの変遷を見せてくれるのかが楽しみなシンガーソングライターの一人である。

関連アーティスト

男性ソロのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right