チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

三山ひろし チケット売買一覧

三山ひろしのライブ・コンサート

開催公演

令和にっぽん!演歌の夢まつり2024

新・BS日本のうた 名護市民会館

NHKのど自慢 遠軽町芸術文化交流プラザ

志の春・とさ春 二人会 三山ひろしの春めく落語 第3回!

三波春夫生誕100年特別企画  三波春夫メモリアルコンサート

開催日程

  • 三山ひろしの公演一覧
  • 令和にっぽん!演歌の夢まつり2024

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

三山ひろしのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 12 人がチケットの出品を待っています!

三山ひろしのチケット

2024-02-25更新

三山ひろし の詳細

三山ひろしは、1980年生まれの演歌歌手。けん玉さんの愛称で親しまれていて、活力を与える歌声はビタミンボイスと称されている。2004年「NHKのど自慢」に出場し氷川きよしの「白雲の城」でチャンピオンを獲得して、グランドチャンピオン大会にも出場した。25歳で歌手を志し、演歌歌手の松前ひろ子の夫で作曲家の中村典正(なかむらてんしょう)の下で3年間の下積み生活をして、2007年7月に「日本クラウン創立45周年記念新人オーディション」準グランプリ受賞を契機に、2009年「人恋酒場」で演歌歌手デビュー。この曲が2010年9月に10万枚を突破しデビュー曲がゴールドディスクに認定され、2011年12月には第53回日本レコード大賞「日本作曲家協会奨励賞」を受賞と、最高のデビューを飾った。ビタミンボイスと安定感のある歌唱力から、2010年3月に1stリリースした昭和の歌謡曲を収めた「歌い継ぐ!昭和の流行歌」シリーズが好評となっている。日本けん玉協会から認定される段位で四段を取得しているほどの腕前で、コンサートのMC時にはけん玉の技を披露していて、2016年には教則本も出版するなど「けん玉大使」にも任命されている。テレビやラジオなどメディアへの出演にも積極的で、これまでシングルは10枚リリースしていて、オリコンチャートトップ10も目前となっている。

関連アーティスト

男性ソロのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. 三山ひろしのチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. 三山ひろしのチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄に三山ひろしと入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されている三山ひろしのチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. 三山ひろしのチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. 三山ひろしのチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. 三山ひろしのチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. 三山ひろしのチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. 三山ひろしのチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

三山ひろしは、1980年生まれの演歌歌手。2004年に「NHKのど自慢」のグランドチャンピオン大会をきっかけに、25歳のときに演歌歌手の松前ひろ子の夫で作曲家の中村典正(なかむらてんしょう)に3年間弟子入りし、2007年7月「日本クラウン創立45周年記念新人オーディション」準グランプリ獲得後に、2009年に「人恋酒場」で晴れて演歌歌手としてデビューした。このデビュー曲がセールス10万枚を突破してゴールドディスクに認定された。2011年12月には第53回日本レコード大賞「日本作曲家協会奨励賞」を受賞している。安定感のある歌唱力と活力を与える歌声はビタミンボイスと称されていて、2010年3月から数作リリースされている「歌い継ぐ!昭和の流行歌」シリーズでは、懐かしい昭和の歌謡曲を現在に蘇らせている。けん玉さんの愛称で呼ばれているほどけん玉が得意で、コンサートのMCでは日本けん玉協会から四段に認定されている腕前を度々披露している。

三山ひろしは、1980年生まれの演歌歌手。2004年に「NHKのど自慢」のグランドチャンピオン大会をきっかけに、25歳のときに演歌歌手の松前ひろ子の夫で作曲家の中村典正(なかむらてんしょう)に3年間弟子入りし、2007年7月「日本クラウン創立45周年記念新人オーディション」準グランプリ獲得後に、2009年に「人恋酒場」で晴れて演歌歌手としてデビューした。このデビュー曲がセールス10万枚を突破してゴールドディスクに認定された。2011年12月には第53回日本レコード大賞「日本作曲家協会奨励賞」を受賞している。安定感のある歌唱力と活力を与える歌声はビタミンボイスと称されていて、2010年3月から数作リリースされている「歌い継ぐ!昭和の流行歌」シリーズでは、懐かしい昭和の歌謡曲を現在に蘇らせている。けん玉さんの愛称で呼ばれているほどけん玉が得意で、コンサートのMCでは日本けん玉協会から四段に認定されている腕前を度々披露している。