チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

大槻ケンヂ チケット売買一覧

大槻ケンヂは、ロックバンド筋肉少女帯(筋少)のボーカルでシンガーソングライター。筋肉少女帯は、プログレッシブやニューウェイヴやパンクロックなどから影響された音楽性と、物語性のある歌詞、ヴィジュアル系の元祖ともされているように過激でセクシャルなヴィジュアルが特徴。1988年のメジャーデビューから、シングル21枚、オリジナルアルバム18枚をリリースし、2018年にはnewアルバムをリリースする。元々は漫画家を目指していたこともあり、漫画・特撮・プロレスなどサブカルチャー方面にも詳しく様々なメディアに出演している。バンドのフロントマンとして「徹子の部屋」や「さんまのまんま」などのテレビ番組にも出演。作家の筒井康隆、「ジョジョの奇妙な冒険」の漫画家荒木飛呂彦も歌詞からの引用や、「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクター・綾波レイは、大槻ケンヂによる筋肉少女帯の歌詞からキャラクターイメージを作っているほど、ミュージシャン以外にも与えている影響は大きい。

大槻ケンヂのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

アーティストをお気に入りに登録すると、新着のライブ・イベントが登録された時にメールでお知らせ!

お気に入りに登録

大槻ケンヂは、ロックバンド筋肉少女帯(筋少)のボーカルでシンガーソングライター。筋肉少女帯は、1979年に中学生だった大槻ケンヂと内田雄一郎が組んだバンドのザ・ドテチンズが前身。1982年に高校生で筋肉少年少女帯としてライブデビュー、1983年にインディーズからデビューし、1984年に筋肉少女帯となった後、1988年にメジャーデビューした。筋肉少女帯は、プログレッシブやニューウェイヴやパンクロックなどが混在したミクスチャーな音楽性と、ブラックユーモアが利いていてる物語性のある歌詞、過激でセクシャルなヴィジュアルが特徴。大槻ケンヂは、元々はミュージシャンになりたかった訳ではなく、蛭子能収や諸星大二郎からの影響もあり漫画家を目指していた。メジャデビュー後はバンドのフロントマンとして「徹子の部屋」や「さんまのまんま」などのテレビ番組や様々なメディアに出演。1980年頃ヒットしていたサブカル誌ビックリハウスに投稿していたほどサブカルチャーに関心があり、テレビや雑誌などでUFO・特撮・漫画・プロレスなどの格闘技に関する話をすることも多い。ヴィジュアル系の元祖ともされているほど音楽シーンに与えた影響は大きく、またミュージシャン以外にも作家の筒井康隆や「ジョジョの奇妙な冒険」の漫画家荒木飛呂彦、「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクター・綾波レイは、大槻ケンヂによる筋肉少女帯の歌詞からインスパイアされてデザインしたとキャラクターデザインを担当した貞本義行が語っている。2017年に筋肉少女帯として20年ぶりのオリジナルアルバム「FUTURE」をリリースすると、2018年10月には19thアルバム「ザ・シサ」と立て続けにリリースする。

みんなで編集!チケWIKIページへ行く

関連アーティスト

男性ソロのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

大槻ケンヂ 過去のチケット

ランキング

男性ソロ人気ライブ・イベントランキング