チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

清水エスパルス チケット売買一覧

清水エスパルスの日程

開催公演

清水エスパルス vs ベガルタ仙台

いわきFC vs 清水エスパルス

清水エスパルス vs 鹿児島ユナイテッドFC

ファジアーノ岡山 vs 清水エスパルス

ルヴァンカップ 2024 2回戦 カターレ富山 vs 清水エスパルス

開催日程

  • 清水エスパルスの公演一覧
  • 清水エスパルス vs ベガルタ仙台

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

清水エスパルスのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 39 人がチケットの出品を待っています!

清水エスパルスのチケット

2024-04-13更新

関連チーム・選手

サッカーのチーム・選手一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. 清水エスパルスのチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. 清水エスパルスのチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄に清水エスパルスと入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されている清水エスパルスのチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. 清水エスパルスのチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. 清水エスパルスのチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. 清水エスパルスのチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. 清水エスパルスのチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. 清水エスパルスのチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

清水エスパルスは、ホームタウンを静岡市、IAIスタジアム日本平(静岡市清水日本平運動公園球技場)をホームスタジアムとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 Jリーグ創設当初からのチーム、オリジナル10の1つ。 チーム名の「エス(S)」は「サッカー、清水、静岡」の頭文字、「パルス(PULSE)」は英語で心臓の鼓動を意味している。 日本でサッカー文化がこれほどまでに根付いた地域はなく、ユースの育成にも定評がある。 元日本代表GK権田修一や元プレミアリーグ・レスターシティのFW岡崎慎司、小野伸二、戸田和幸、三都主アレサンドロなど、歴代日本代表メンバーの中でも主力となるメンバーを数多く輩出している。 攻撃センスに長けた選手が多く所属しており、アグレシッブなプレーでファンを魅了している。 しかし近年は低迷しており、2022年にJ2降格、2023年は開幕からクラブワースト記録を更新する7戦未勝利、シーズン途中で成績不振によるゼ・リカルド監督の契約解除にまで追い込まれた。 2024年は秋葉 忠宏(あきば ただひろ)監督の元、「チームスローガン:ONE FAMILY」を掲げ、J1復帰に勝負を賭ける。 3月30日のJ2リーグ第7節の対モンテディオ山形戦は、NDソフトスタジアム山形(山形県総合運動公園陸上競技場)で行われる。

清水エスパルスは、ホームタウンを静岡市、IAIスタジアム日本平(静岡市清水日本平運動公園球技場)をホームスタジアムとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 Jリーグ創設当初からのチーム、オリジナル10の1つ。 チーム名の「エス(S)」は「サッカー、清水、静岡」の頭文字、「パルス(PULSE)」は英語で心臓の鼓動を意味している。 日本でサッカー文化がこれほどまでに根付いた地域はなく、ユースの育成にも定評がある。 元日本代表GK権田修一や元プレミアリーグ・レスターシティのFW岡崎慎司、小野伸二、戸田和幸、三都主アレサンドロなど、歴代日本代表メンバーの中でも主力となるメンバーを数多く輩出している。 攻撃センスに長けた選手が多く所属しており、アグレシッブなプレーでファンを魅了している。 しかし近年は低迷しており、2022年にJ2降格、2023年は開幕からクラブワースト記録を更新する7戦未勝利、シーズン途中で成績不振によるゼ・リカルド監督の契約解除にまで追い込まれた。 2024年は秋葉 忠宏(あきば ただひろ)監督の元、「チームスローガン:ONE FAMILY」を掲げ、J1復帰に勝負を賭ける。 3月30日のJ2リーグ第7節の対モンテディオ山形戦は、NDソフトスタジアム山形(山形県総合運動公園陸上競技場)で行われる。