ClariS(クラリス) – 仮面を外し素顔公開? 活動歴やおすすめの楽曲も合わせてご紹介

ClariS(クラリス) – 仮面を外し素顔公開? 活動歴やおすすめの楽曲も合わせてご紹介

ClariS(クラリス)は、「アリス」と「カレン」による2人組の女性音楽ユニットで、透き通る声を武器に、多くのファンを獲得しています。

また、ClariSは普段イメージイラストを活用し、素顔を隠した状態で活動していましたが、2017年に行われたライブにて、素顔を公開したことでも、話題となっていました。

この記事では、

  • 「ClariSのこれまでの活動歴が知りたい」
  • 「ClariSの素顔について知りたい」
  • 「ClariSのおすすめの楽曲が知りたい」

という方に向けて、「ClariSの経歴からおすすめの楽曲」までご紹介します。

あわせて読みたい!

概要

ClariS(クラリス)は、2020年でデビュー10周年を迎えた2人組の女性音楽ユニットで、「ランタイムミュージックエンタテインメント」に所属しています。

透き通るような歌声を武器に、これまで多くのアニメ作品の主題歌を担当しています。

中でも、メジャーデビュー曲である「irony」は、テレビアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のオープニングテーマとして有名です。

他にも、人気作品「魔法少女まどか☆マギカ」のアニメーション映画、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語・[後編]永遠の物語」のオープニングテーマである「ルミナス」や、同じく「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」のオープニング曲「カラフル」も非常に人気です。

どちらも実力派の作曲家である「渡辺翔」が作詞作曲をしており、ClariSの世界観とマッチした楽曲に仕上がっています。

ClariSは2009年から活動していますが、当初はまだ中学生で、ニコニコ動画を中心に活動していました。

その頃のユニット名は「アリス☆クララ」でしたが、2010年のメジャーデビューをきっかけに、ClariSに改名しています。

ちなみに、ClariSという名前は、初期メンバーである「クララ」「アリス」の名前を組み合わせて作られたそうです。

活動歴

ClariSは、初期メンバー「アリス」の脱退や素顔公表など、いくつか起点となる出来事がありますので、大まかな活動歴をご紹介します。

  • 2009年10月10日:ニコニコ動画にて、同人音楽ユニット「アリス☆クララ」として活動開始
  • 2010年9月10日:テレビアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の主題歌「irony」でメジャーデビュー
  • 2012年3月15日:メンバー2人が中学校を卒業
  • 2012年4月11日:初となるアルバム「BIRTHDAY」が発売
  • 2013年5月31日:出身地である札幌にて「ClariS号」と名付けられた「痛タクシー」が制作され営業。また、「ufotable Cafe」とのコラボカフェ「ClariS Cafe」、「ClariS DINING」がオープン
  • 2013年8月1日:公式ファンクラブ「ClariS room」が開設
  • 2014年1月5日:初イベントとして「2014 New Year’s Festival 〜始まりの予感…」が開催
  • 2014年5月26日:アリスの卒業が発表
  • 2014年11月8日:音楽史「リスアニ!」にて、新メンバー「カレン」の参加が発表
  • 2015年1月7日:カレンを加えて初のシングル「border」が発売され、初の実写でのMVが公開された
  • 2015年7月31日:初ライブ「ClariS 1st Live 〜扉の先へ〜」を「Zepp Tokyo」にて開催
  • 2017年2月10日:初となる武道館ライブ「ClariS 1st 武道館コンサート 〜2つの仮面と失われた太陽〜」を開催
  • 2017年9月16日:「ClariS 2nd HALL CONCERT in パシフィコ横浜国立大ホール 〜さよならの先へ…はじまりのメロディ〜」が開催され、ClariSの素顔が初公開
  • 2017年11月24日~26日:シンガポールにて初の海外公演となる「C3AFA Singapore 2017」に出演
  • 2020年10月20日:初となる配信ライブを行い、完全に仮面を外した状態で登場

活動初期、「アリス☆クララ」の頃は、ボーカロイドや歌ってみた動画などをアップしていたそうで、その後音楽雑誌「リスアニ!」に掲載されたことで、一気に注目度が上がりました。

そして、「リスアニ!」に掲載された事がキッカケとなり、活動開始からおよそ1年で、メジャーデビューが決まっています。

やはり、現役中学生の音楽ユニットというステータスは、当時としては強い求心力があった事に加え、テレビアニメの主題歌を務めるというのは異例でしたので、大きな話題となっていました。

その後も、メンバーの入れ替わりがありつつも、現在に至るまで、精力的に音楽活動を行っています。

こういった紆余曲折ある経歴を見ていると、やっぱり応援したくなりますね。

リリース歴

ClariSは、これまでに多くのシングルやアルバムをリリースしており、いくつもの作品でオリコン上位を獲得しているので、その人気の高さが伺えます。

では、ClariSのリリース歴を一覧でご紹介します。

  • 2010年10月20日:1stシングル「irony」
  • 2011年2月2日:2ndシングル「コネクト」
  • 2011年9月14日:3rdシングル「nexus」
  • 2012年2月1日:4thシングル「ナイショの話」
  • 2012年4月11日:1stアルバム「BIRTHDAY」
  • 2012年8月15日:5thシングル「Wake Up」
  • 2012年10月10日:6thシングル「ルミナス」
  • 2013年4月17日:7thシングル「reunion」
  • 2013年6月26日:2ndアルバム「SECOND STORY」
  • 2013年10月30日:8thシングル「カラフル」
  • 2014年1月29日:9thシングル「CLICK」
  • 2014年4月16日:10thシングル「STEP」
  • 2014年6月4日:3rdアルバム「PARTY TIME」
  • 2015年1月7日:11thシングル「border」
  • 2015年7月29日:12thシングル「アネモネ」
  • 2015年11月25日:13thシングル「Prism」
  • 2016年7月27日:14thシングル「Gravity」
  • 2016年9月14日:15thシングル「clever(ClariS×GARNiDELiA)」
  • 2016年11月30日:16thシングル「again」
  • 2017年1月25日:4thアルバム「Fairy Castle」
  • 2017年4月26日:17thシングル「ヒトリゴト」
  • 2017年9月13日:18thシングル「SHIORI」
  • 2018年2月28日:19thシングル「PRIMALove」
  • 2018年8月15日:20thシングル「CheerS」
  • 2018年11月21日:5thアルバム「Fairy Party」
  • 2020年3月4日:21thシングル「アリシア/シグナル」
  • 2021年2月17日:22thシングル「Fight!!」
  • 2021年9月15日:23thシングル「ケアレス」

リリースと合わせて、2020年ごろまでは頻繁にライブ活動もしていましたが、このご時世中々大規模なイベントは難しく、2021年のライブ予定は今の所ないようです。

しかし、2021年9月15日には23枚目となるシングル「ケアレス」が発売されますので、今後も積極的に音楽活動を行っていくのだと思われます。

もう少し世の中が落ち着いてきたら、またClariSのライブも行われるかもしれませんね。

メンバーの素顔がついに解禁?

これまでClariSは、本名や生年月日といった、パーソナルな情報は非公開で活動しており、素顔についても、仮面をつけた状態で、パフォーマンスを行っていたため不明でした。

ですが、2017年9月16日に行われたライブ公演で、初めて素顔を公開し、話題となりました。

また、2020年10月20日にデビュー10周年を記念に、初の配信ライブを行い、この時にメディアに対しても、素顔を初公開しています。

素顔公開に合わせて、これまでの活動は「Season01」であり、今後は「Season02」として、素顔で活動を行っていく事が発表されました。

クララは「本当はもっと早く仮面を取りたかった」と語り、カレンも「ここからが新しいスタートだと思っている」と語っているため、素顔を公開したことで、これまでとはまた違った、新しいファン層からの支持を獲得しているのではないでしょうか。

メンバー紹介

クララ

  • イメージカラー:パステルピンク
  • 特技:ピアノとお菓子作り
  • 好きな食べ物:甘いもの
  • 嫌いなもの:爬虫類

クララは、ClariSの初期メンバーで、幼稚園の頃から音楽スクールに通っており、当時からすでに歌手になることを目標にしていたそうです。

そのため、ボーカルトレーニングは相当積んでおり、ClariSの透き通るような魅力的な歌声を支えています。

また、音域もかなり広く、低音域から高音域までしっかりカバーできるため、ClariSの楽曲も幅を持たせています。

旧メンバーであるアリスとは同じ音楽スクールのクラスメイトで、帰り道が同じだったことから、仲が良くなったそうです。

そして、元々歌手志望だったクララが「1人では勇気が出なかった」という理由から、アリスを誘って、ニコニコ動画へ「歌ったみた」などを投稿するようになります。

今でこそ誰でも気軽に投稿していますが、当時は「歌ってみた」の動画を投稿するというのは、中々ハードルが高かったのでしょう。

それに、まだこの頃は中学生なので、不安が多いのも納得ですね。

一方、新メンバーであるカレンのことも非常に頼りにしているようで、「お互いにない部分を補い合える関係」と語っています。

カレン曰く、基本的にはおっとりとしたマイペースな性格とのことですが、やはり音楽に対しては、かなりストイックなのだと思われますね。

カレン

  • イメージカラー:パステルグリーン
  • 得意なこと:ダンス
  • 苦手なもの:雷

カレンは、クララと同じ音楽スクールのクラスメイトで、天真爛漫な性格が持ち味です。

アリスがClariSを脱退した後、音楽スクールで1人で練習をしていたクララに声をかけ、一緒に練習に付き合ってあげていたそうで、それがキッカケで、クララがカレンを新メンバーに指名し、新生ClariSが誕生しました。

カレン自身、ClariSについては、1人のファンとしてずっと聞いていたらしく、同じ中学生が音楽番組で取り上げられているのを見て、自分の音楽活動への活力にしていたとも語っています。

そんなカレンは、ライブでタップダンスを披露するほどダンスが得意で、これまでのClariSにはない、新しい戦力として、しっかりと居場所を作り活躍しています。

クララのことは「心強い存在」と語っており、同じメンバーとなった今でも、お互いを高め合う良い関係が作れているようです。

アリス(旧メンバー)

  • イメージカラー:ブルー
  • 特技:スキー
  • 好きなもの:ディズニーランド

アリスは、ClariSの初期メンバーとして活動していましたが、2014年6月に卒業しています。

クララと同じ音楽スクールに通っていましたが、音楽活動に興味を持ったのは、テレビで安室奈美恵のダンスを見た事がキッカケとの事。

現在はどうか分かりませんが、音楽活動をしていた当初の夢は、ディズニーランドで歌うことで、好きなものに関してもディズニーランドと語っています。

ClariSとしては、夢半ばで卒業となりましたが、今も違った形で、夢を追いかけているのかもしれないと考えると、卒業したとしても応援したくなりますね。

アリスの復帰について

SNSを中心に、アリスの復帰を願う声が多くあり、短い期間だったとはいえ、多くのファンを獲得していた事が分かります。

公式からは特に復帰の発表などはありませんが、「学業に専念」という理由で卒業したため、いつか戻ってくるのではないかという期待が高まっているようです。

今後、ClariSが3人でステージに立つことになれば、大きな話題となりそうです。

おすすめの楽曲

ClariSは、これまでに数多くのシングルやアルバムをリリースしていますので、その中から、特に人気なおすすめ曲をご紹介します。

irony

「irony(アイロニー)は、2010年に発売された1stシングル「irony」に収録されており、ClariSのデビュー曲として、テレビアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のオープニングテーマに起用された楽曲です。

EDMをテーマに、サイドチェインが効いたサウンドが心地良く、ClariSのデビュー作だけあって、今と比べて少し初々しさも感じられますね。

作詞や作編曲だけでなく、プロデュースに至るまで、「kz」が手掛けており、素直になれない10代の少女をイメージして制作されたそうです。

そのため、どこか甘酸っぱさを感じられて、青春を思い出させてくれる仕上がりになっています。

コネクト

「コネクト」は、2011年にリリースされた2ndシングル「コネクト」に収録されており、テレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のオープニング曲として起用された楽曲です。

渡辺翔が作詞作曲を担当しており、彼らしい多彩な音色を使い、ClariSの歌声とも相まって、力強い決意のようなものが感じられる楽曲に仕上がっています。

また、「コネクト」は、サビで一気に爆発するよう構成されているので、その心地良さが癖になり、何度も聴きたくなりますね。

「irony」をリリースした時点でClariSは注目を集めていましたが、テレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」が大ヒットしたため、「コネクト」はClariSの注目度と人気を、もう一段階ステップアップさせた楽曲と言えるでしょう。

ヒトリゴト

「ヒトリゴト」は、2017年にリリースされた17thシングル「ヒトリゴト」に収録されており、テレビアニメ「エロマンガ先生」のオープニングテーマ曲として起用された楽曲です。

作詞は「ケリー」が担当し、作曲は野村陽一郎が担当しており、ボーカルに関しては、アリスに代わってカレンが務め、ブラスを使った、爽快感のある楽曲となっています。

また、クランチサウンドのギターで、裏打ちカッティングを多用しているため、ブラスの音色と合わせて、スカテイストに仕上げており、全体的に明るく元気がもらえるような1曲です。

そのため、落ち込んだ時に聴くと、自然と元気が湧いてくるかもしれませんね。

まとめ

ClariSの経歴を詳しくみると、外から見ていては決して分からない困難や葛藤が見えてくるので、今まで以上に応援したくなりますね。

初期メンバーアリスの卒業を経て、長年謎に包まれていた素顔についても、メディアを通して公開するなど、多くの分岐点がありましたが、それらを乗り越えたからこそ、今なお衰えない人気があるように感じます。

今後は、世の中が落ち着いてきたらライブも頻繁に開催される可能性もありますので、これからの活動に注目です。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事