IZ*ONE(アイズワン)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

IZ*ONE(アイズワン)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」で国民プロデューサーにより選ばれたIZ*ONEを知っていますか?

デビューと同時に世界中で人気者になった彼女たちのプロフィールを紹介したいと思います。

あわせて読みたい!

日本人と韓国人の混合グループIZ*ONEって?


IZ*ONEが誕生したのは2018年に韓国で放送されたオーディション番組「PRODUCE 48」でした。この番組は視聴者が国民プロデューサーとなり、96人の練習生の中から投票でデビューするアイドル12人を選ぶという番組です。

練習生は芸能事務所に所属しているかどうかは関係ありません。100日間の練習期間の中で、ダンスや歌などのパフォーマンスを披露し国民プロデューサーに選ばれなければデビューすることができません。結果、韓国人9人日本人3人の12人がデビューすることになりました。

「IZ*ONE」というグループ名は「IZ」が数字の「12」に見えることから「12(IZ)種の色彩を持ったそれぞれの星たちが一つ(ONE)になるよう、全てが一つになる瞬間」という意味が込められているようです。

また、ファンクラブの名前は「WIZ*ONE(ウィズワン)」です。「WIZ」は魔法使いという意味があり、IZ*ONEの魔法のように繰り広げられる未来をサポートする魔法使いたちであり、IZ*ONEと魔法使いであるWIZ*ONEは一つであるという意味を持っています。コンセプトがしっかりとしていますね!

2018年8月に正式メンバーが決まると、TwitterやInstagramなどのSNSを次々と開設しました。SNSを活用したことで世界中のWIZ*ONEがメンバーの情報を得られるようになりました。

そして、10月29日にミニアルバム「COLOR*IZ」をで正式にデビューしました。発売するや否や、K-POPガールズグループのデビューアルバム歴代最高初週売上を記録し、世界10か国のiTunes配信チャートで1位を獲得しました。日本ではデビュー前にも関わらずオリコン週間アルバムランキング初登場1位を記録しました。

11月「2018 Asia Artist Awards」で歌手部門の新人賞を受賞すると、12月には「2018 FNS歌謡祭」に出演し、日本での正式な活動がスタートします。

2019年になっても IZ*ONEの快進撃は止まりません。「第33回ゴールデンディスクアワード」や「第28回ソウル歌謡大賞」など数々の番組で新人賞5冠を達成しました。デビューして間もないにも関わらずこれほどの受賞数は、なかなか達成できない結果です。

音楽以外にも日韓のバラエティ番組に出演し、目まぐるしいスケジュールをこなしていました。少し急ぎすぎのような気もしますが、これには理由がありました。 IZ*ONEの活動期間は2018年10月から2021年4月までの2年6ヶ月間と決められているのです。

その後に発売されたシングルもオリコンチャート1位を獲得し続け、 IZ*ONEのドキュメンタリー映画の公開も決まりました。しかし、 IZ*ONEを輩出した番組「PRODUCEシリーズ」の投票操作疑惑が報じられてしまいます。

韓国のニュース番組などが投票操作の事実をプロデューサーが認めたと報道し、詐欺と偽計による業務妨害、背任罪などの容疑で拘束されました。

疑惑の報道により、ドキュメンタリー映画は公開中止となりました。また、1stアルバムの発売やカムバックショーケースの開催までもが中止となってしまいました。

報道されている間は IZ*ONEとしての活動もできず、ファンの間でもいろいろな情報が飛び交いました。最終的に担当会社のホ・ミンフェ代表が投票操作疑惑報道に対する謝罪を行い、被害者への補償などを発表し、 IZ*ONEの活動を再開すると発表しました。

ファンが待ちに待った活動が2020年よりスタートし、2月17日には発売延期になっていたアルバム「BLOOM*IZ」が発売されました。このアルバムはK-POPガールズグループ史上、最高の初週売り上げを記録しました。

2021年4月で解散!?

2021年3月10日に「PRODUCE48」から誕生した日韓合同アイドルグループ IZ*ONEは正式に解散することが発表されました。

予定されていた契約期間のとおり、2021年4月を持って正式に解散します。

残念がるファンも多いですが、各事務所の意見を聞いて12人のメンバー全員がベストな状態で活動できるように決められたことのようです。

解散は残念なことですが、それぞれがアーティストとして活躍していくと思いますので、応援し続けましょう!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事