back number(バックナンバー)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

彼女に振られたよ、、。

カルち君、そんな時は「back number」を聞くに限るよ。

back numberは恋の始まりから、終わりまで寄り添ってくれる、そんなアーティストだよ。

性別を問わず、幅広い年代に大きな人気を誇るロックバンド「back number」。

男子目線のラブソングリスナーの心を掴む強いロックな楽曲など、バラードからロックソングまで強い力を有しています。

今ではドーム規模のライブも成功させている彼らですが、結成からすぐ世間に周知され人気が出たわけではありません。

今回は、そんなback numberの歩んできた歴史や魅力の秘密に迫っていきます。

back numberの歩んできた歴史とは


back numberは2004年に群馬県にて結成され、メンバーは全員群馬県出身です。

メンバーの脱退などを経て、2007年に現在のメンバー編成となりました。

県内で自主企画ライブや各地方でのイベント出演demo CDの発売などを行い着実に実力をつけていきます。

2007年11月には、FM群馬主催のイベント「ROCKERS2007」にて100組以上のバンド達の中から準ベストロッカーズを受賞しました。

その年の11月24日、群馬県のライブハウス・前橋DYVERにて初めてのワンマンライブひとりでできるもん・07」を開催。

会場は満員御礼になり大成功で終了となりました。

この成功が彼らの今後の動きに弾みをつけたのです。

その後も活動の勢いは衰えず、2009年・2010年にはミニアルバムフルアルバムインディーズでリリースを行い、ツアーも行うなどして力を溜めていきます。

そして2011年4月6日、結成から7年という月日が経ち、シングル『はなびら』でメジャーデビューを果たしました。

MEMO
レーベルのバックアップで人気を増していったというよりも、リスナーからの評判が他のリスナーを呼び込みここまで歩んできたといった方が良いでしょう。

同年『花束』をリリース。

この曲は彼らを代表する曲となり、聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。 

メジャーデビューからの彼らの快進撃は留まる事を知らず、2013年9月7日には初の日本武道館でのワンマンライブ「back number live at 日本武道館 −stay with us-」を開催。

即ソールドアウトとなり、チケットがなかなか取ることのできないロックバンドと言われるようになりました!

デビューから2020年現在までにシングル20作品アルバム5作品ベストアルバム1作品と数多くの素晴らしい作品達を世に送り出しています。

全国のアリーナクラスでのライブツアーもチケットが取れないほどの人気であり、バンドマン達の夢でもある名古屋ドーム東京ドーム京セラドーム(大阪ドーム)でのライブも大盛況で成功を納めています。

全国のロックフェスでもメインステージやステージのトリを務めるなどして、人気の勢いをさらに加速させているのです。

そして、back numberというバンドが形を成してから16年が経ちました。

彼らも当初から現在の様な人気を誇っていたのではなく、決して順調ではなかった地道な努力長い下積みの時代を乗り超えて、今の様な華やかなロックバンドになったのです。

MEMO
なお、バンドの名前はギターボーカルの清水さんが当時付き合っていた女性をバンドマンにとられ、彼女にとって振られた自分はback number(型遅れ)だという意味で付けられました。
型遅れの自分が、振った彼女を見返してやりたいという強い気持ちが込められたバンドの名前になります。

back number のメンバー

清水 依与吏(しみず いより)


・ギター、ボーカル担当
・1984年7月9日生まれ

清水さんはバンドの作詞作曲の全てを行い地元をモチーフに作詞した曲自分の恋愛の経験を歌詞に綴っています。

「歌詞を書くぞ!」と決めてからではなく、歌詞やメロディーが思いついた時にiPhoneに記録するため常にiPhoneを持ち歩いています。

そして歌声も特徴的で、男性であれほどの高音を出せるのは珍しいのではないでしょうか。

MEMO
好きなアーティストはコブクロ槇原敬之Mr.Childrenなどで、歌詞やメロディーはこれらのアーティストの影響を受けていると考えられます。

また、バンドを始める前はお笑いの勉強をしていた清水さん。

当時付き合っていた彼女が大のお笑い好きだったことが理由だそうです。

学生時代は陸上に打ち込んでおり、中学生時代には4×200mリレーで全国8位になるほど。

スポーツマンの一面も持ち合わせているなんて驚きです。

小島 和也(こじま かずや)


・ベース、コーラス担当
・1984年5月16日生まれ

小島さんは、もともとback numberのサポートメンバーとして活動していましたが、2005年に初代のベース担当がグループを脱退したことをきっかけに正式メンバーとして加入しました。

グループでは、ベースだけでなくコーラスも担当しています。

小島さんのコーラスは清水さんのボーカルと抜群にマッチしており、back numberの曲には必要不可欠な存在です。

そんな小島さんがベースを始めたのは小学4年生の頃。

小学2年生の時に、幼馴染の先輩がLUNA SEAの「ROSIER」を聴いていたのがきっかけです。

また、ツアーで地方に行った時には必ずラーメンを食べるほどのラーメン好き

Twitterにもよくラーメンの写真を載せています。

栗原 寿(くりはら ひさし)



・ドラム担当
・1985年7月24日生まれ

栗原さんはback numberの中では最年少です。

清水さんと小島さんは1つ年上で、それぞれのことを「依与吏さん」「和也君」と呼んでいます。

栗原さんの特徴といえば、「はじめてのおつかい」を見るだけで泣いてしまうほどの涙もろさ

清水さんが書いた歌詞にも感情移入して泣いてしまうこともあるんだとか。

そして、高校時代には少しだけ吹奏楽部に所属していました。

当時できる楽器は特になかったのですが、唯一サックスの「ファ」の音だけ吹けたので、演奏の際には「ファ」の音だけ吹いていたそうです。

また、バンドマンになる前は介護福祉士として働いていた栗原さん。

ツアーが始まる際に、バンドを辞めて仕事一本で頑張ると決めた栗原さんでしたが、母親が書いた詩を読みバンドを続けることに決めました。

MEMO
back numberのメジャーデビュー後は、キーボードの村田昭(むらたあきら)ギターコーラスの矢澤壮太(やざわそうた)ギターの藤田顕(ふじたあきら)がサポートメンバーとして加わっています。
それぞれのメンバーが確かな実力を有しており、サポートメンバーの3名がメインメンバーの演奏にさらに重厚感を出しているのです。

back numberが放つ魅力について

back numberの魅力を大きく3つに分けて紹介します。

魅力1:多種多様な楽曲

back numberといえば、共感できる恋愛系のバラード曲を思い浮かべる方も多いかもしれません。

ですが彼らの強みはバラードだけではなく、疾走感溢れるザ・ロックソングアンダーグランドな曲調の楽曲など、オールラウンドな楽曲がリスナーの心を掴んで離さず、飽きさせることはありません。

魅力2:ド正直で赤裸々な歌詞と彩るメロディー

清水さんが作る恋愛ソングの歌詞は、男性の心を真っ直ぐに歌い上げています。

男性の共感はもちろん女性の心も揺さぶり、男女共に評価が高い楽曲がたくさんあります。

魅力3:ライブで昇華する楽曲

どの楽曲もCDやスマホで聴いても音源は素晴らしいですが、ライブになるとその音源が何段階もステップアップします。

先述した通り、ライブの際はサポートメンバーを含めた演奏になるので、CDで聴くより当然音に厚みが増します。

その中でも特に人気があるのが、ギターボーカル清水さんの歌唱の際のアレンジです。

聴くたびに楽曲の表情が変化しそれを楽しみたいがために、彼らのライブへ足を運ぶ人達が絶えないのでしょう。

back number のおすすめナンバー

『大不正解』


『大不正解』は18枚目のシングルで、メジャー5枚目のアルバム『MAGIC』にも収録されています。

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」の主題歌にも起用されたことで有名です。

彼らなりの社会への風刺や皮肉の様なものを込めた、疾走感と力強さを感じるロックナンバーとなります。

完全ではなくても、苦しいことがあろうとも、それでも前へと歩んで行こうという強い姿勢が描かれており、誰が何を言おうとも自分らしく歩んでいくという、彼らのこれからの進み方についての強い気持ちを感じる楽曲です。

現在では、ライブでも必ず披露される大人気のメインナンバーになっています。

back numberのロックチェーンを楽しみたいという方におすすめの楽曲です。

彼らのまた別の表情を楽しむことができますよ。

『青い春』


『青い春』は7枚目のシングルで、メジャー2枚目のアルバム『blues』にも収録されています。

また、フジテレビのドラマ「高校入試」の主題歌にも起用されました。

『青い春』というタイトルの通り青春を題材にした楽曲なのですが、青春とはただキラキラして輝いているだけではなく、その中で生まれる葛藤などもあるという思いも込められています。

この楽曲は、back numberなりの解釈で青春の焦燥感などを描き、それでも強く立ち向かっていく姿勢が描かれています。

メロディーは切なく哀愁感漂う楽曲に感じますが、それでも未来への光を求めていく様な希望を感じさせる楽曲でもあります。

『幸せ』

『幸せ』はデビューシングル『はなびら』のカップリング曲として収録された曲ですが、ファンからは根強い人気があります。

なんといってもサビの歌詞の切なさが魅力的です。

好きな人が幸せになるために自分は諦め、応援する側に回るそのシチュエーションを「横から背中押す」と表現する清水依与吏さんのセンスにも圧巻です。

しかし清水依与吏さんはこの歌詞を書くときに初めて嘘の気持ちを歌詞にしたと述べています。

そう簡単に好きな人は諦められる訳がありません。

しかし綺麗事を歌った曲ではありますが、『幸せ』歌われる健気な気持ちは失恋した心を大きく動かすこと間違いなしです。

『高嶺の花子さん』


『高嶺の花子さん』は8枚目のシングルで、メジャー3枚目のアルバム「ラブストーリー」にも収録されています。

タイトル通り、高嶺の花に向けて恋心を抱く主人公目線の楽曲です。

自分自身には武器と呼べる様な物がないし、声をかけることも勇気が無くできないけど、魔法でも何でもいいから高嶺の花を自分に振り向かせたい」という主人公の気持ちの葛藤を、キャッチーで爽快感のあるメロディーで表しています。

主人公の妄想が先に進みすぎてなかなかうまく行動に移せない、そんな恋下手な男心を歌っています。

また、夏頃にリリースされた曲であり、爽やかな夏を連想できる楽曲になります。

back numberのシングルCDのジャケットは今まで女性のモデルの方を起用していたのですが、『高嶺の花子さん』はボーカル清水さんのソロ写真となり話題にもなりました。

『花束』


『花束』は2枚目のシングルで、メジャー1枚目のアルバム「スーパースター」にも収録されています。

この曲でback numberを知った方も多いのではないのでしょうか?

彼らの楽曲の中でも人気を象徴し、世間に広く広まるきっかけになったラブソングになります。

その人気は凄まじく、様々な番組でタイアップなどで起用され、結婚式の際の音楽に使われることも多かったそうです。

楽曲としては男性が女性に向けて放つ真っ直ぐなラブソングで、ボーカル清水さんの気怠そうな歌い方の感じが、なかなか正直になることができない男性の気持ちを表しているように感じます。

それを彩るゆったりとした演奏は、変調もありラストに向けて盛り上がっていく物語調になっており、何度聞いても飽きがこないものとなっています。

初めてback numberを聴く、彼らの真っ直ぐで等身大のラブソングを聴きたいという方におすすめの楽曲です。

『HAPPY BIRTHDAY』

2019年のドラマ『初めて恋をした日に読む話』の主題歌にもなったこの曲。

「HAPPY BIRTHDAY」とお祝いなので楽しいイメージを連想してしまいますが、この曲は思いを寄せる人から誕生日を祝われるのを待っている、少し寂しいイメージの曲です。

着信の音で飛び起きたけど、損したな。君かと思ったのに

恋をした人ならこんな経験を誰しもしたことがあるのではないでしょうか?

また「ハッピーバースディ、片思いの俺」という二回繰り返される歌詞が寂寥感を増幅させます。

片思いのもどかしさ、心細さを描いたこの曲はとてもおすすめです。

最新情報

新曲「怪盗」がドラマ『恋はDeepに』主題歌に決定!

back numberの新曲「怪盗」が、4月14日(水)にスタートする連続ドラマ『恋はDeepに』の主題歌に決定しました。

まとめ

back numberは、自分自身の経験を歌詞に織り交ぜながらその思いを音楽に真っ直ぐに込め、リスナーに届けてくれるロックバンドです。

様々な表情を見せる彼らの楽曲達。

恋愛ソングだけだと勘違いされがちな彼らですが、それだけではないとわかって頂けたのではないでしょうか。

気になる方やまだ聞いたことがない方は、ぜひこの記事を参考にしながらおすすめのナンバーなどを探して聴いてみてください。

彼らの世界観に引き込まれること間違いないでしょう。

あわせて読みたい!

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事