Novelbright(ノーベルブライト)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?


この記事では、各種SNSなどで話題を呼び、大きな波に乗りつつある注目の5人組ロックバンド「Novelbright(ノーベルブライト)」のメンバーたちのプロフィール、結成から現在までの歩みやバンド名の由来について解説をしていきます。

名曲“Walking With You”で音楽ファンのハートを射貫いた新世代ロックバンド、Novelbright(ノーベルブライト)

Novelbrightの結成から現在までの歩みやバンド名の由来、世界一の座に輝いたこともあるメンバーの凄すぎる特技、そして力強く瑞々しいサウンドを鳴らすメンバーたちのプロフィールなどもご紹介していきます。

各種SNSなどで話題を呼び、大きな波に乗りつつあるNovelbrightについて詳しく見ていきましょう。

Novelbright(ノーベルブライト)・経歴


メンバー

・竹中雄大 / ヴォーカル
・沖聡次郎 / ギター
・山田海斗 / ギター
・圭吾 / ベース
・ねぎ / ドラム

Novelbrightは、2013年に大阪府で結成された5人組のロックバンドです。

当時、高校生だったヴォーカリストの竹中雄大さんと元ベーシストの勇太朗さん(2018年12月脱退)を中心に結成され、ONE OK ROCKのコピーバンドとして活動をスタートしました。

その後、メンバーの脱退があり、2017年にギタリストの沖聡次郎さんと山田海斗さん、ドラマーのねぎさんが加入。

2018年12月には「ベーシストとしてモチベーションが保てなくなった」として、オリジナルメンバーの勇太朗さんが脱退。

翌2019年1月に現ベーシストの圭吾さんが加入し、現在のラインナップとなりました。

MEMO

現在も在籍しているオリジナルメンバーは、ヴォーカリストの竹中雄大さんだけとなっています。

2017年1月に自主制作ミニアルバム『Chandelier』(現在は廃盤)でデビューすると、2018年10月には早くも初の全国流通盤となるミニアルバム『SKYWALK』をリリースして活動規模を拡大させていきました。

その後も活発に活動を続け、2019年7月には会場限定販売となるアコースティック・ミニアルバム『AcoBright1』、2019年9月には2枚目のミニアルバム『EN.(アンピリオド)』をリリースしています。

そして、2020年5月には待望のフルアルバム『WONDERLAND』をリリース。

先行配信シングルとなった“夢花火”などのヒット曲を収録した『WONDERLAND』は、オリコンチャートでも大健闘を見せ、デイリー5位・週間8位というヒットを記録しました。

2020年最後のリリースとなったのは、配信限定シングル“ツキミソウ”

Novelbright屈指の名バラードとも評される同曲はLINE MUSICのリアルタイムチャートで堂々の1位を獲得し、“Walking With You”と肩を並べるバンドの代表曲へ成長しつつあります。

音楽業界の一大イベント「第62回日本レコード大賞」では新人賞の栄誉に輝き、2021年に向けてさらなる上昇気流に乗った彼らの活躍から目が離せません。

Novelbright(ノーベルブライト)・注目のきっかけは路上ライヴ

Novelbrightが大きな注目を集めるきっかけとなったのは、2019年7月から8月にかけて敢行された『崖っぷちどチクショー TOUR 〜アコースティック CD リリースツアー~CD・チケット売らなきゃ生きれまてん CD・チケット売上 / 投げ銭だけで暮らす 2 ヶ月間 0 円生活~』です。

2か月間、メンバーは路上アコースティックライブで得た利益のみで生活してたんだよ!

SNSに投稿された路上ライブの様子が大きな反響を呼び、ストリーミングチャートおよびライブの動員は急上昇

注目のバンドの座へ踊り出ることとなったのです。

拡散された映像の中で演奏されていた“Walking With You”は、2020年7月現在でYoutubeでの再生回数706万回を記録。

MEMO
2020年6月、“Walking With You”はレコード協会のストリーミング認定でシルバー認定(30,000,000ストリーム)を受けました。
これはインディーズ・アーティストとしては初の快挙となります。

まさに“バズった”という表現にふさわしい状況です。

圧倒的な歌唱力を誇る竹中雄大さんの高音ヴォーカルと果てしなく広がっていくようなスケール感を持ったバンドサウンドが魅力のNovelbright。

「ホールで映えるバンドを目指している」と語る彼らのサウンドは、その発言を裏付けるようにアリーナロックの風格を持って堂々と鳴り響いています。

発表されたツアー日程が軒並みソールドアウトとなっているNovelbrightですが、ライヴハウスを飛び出して大きな会場で観られる日はそう遠くないのかもれませんね。

Novelbright・バンド名の由来は?

「Novelbright」というバンド名は、「新しい輝き」という意味で、「自分たちが新しい光になれたらいいな」という想いが込められているそうです。

“Novel”という単語からは「小説」をイメージしてしまいますが、形容詞として使用する場合、「(良い意味で)新しい」という意味になります。この単語と「輝き」を意味する名詞である“Bright”をつなぎ合わせ、Novelbrightという造語が生まれたわけですね。

Novelbrightの楽曲の歌詞は、聴き手に寄り添ってくれるような優しさと前向きにしてくれるような力強さがあります。

ちなみに略称は「ノーブラ」で、ヴォーカルの竹中さんは「ノーブラ好き!って言っても変に勘違いされないくらいに売れたい」と語っています。

ドラムのねぎさんは、「家族みたいなバンドをやれて幸せだ」と言って泣くことがあるそうで、Novelbrightはメンバー自身にとっても光なのかもしれません。

「新しい光」という名にふさわしいキラッキラなバンド!

Novelbright・メンバー

竹中雄大(たけなか ゆうだい)/ Vocal


Novelbrightのヴォーカルを務め、楽曲の歌メロディおよび作詞を担当する竹中雄大(たけなか ゆうだい)さん。

特技は口笛で、なんと世界大会優勝というすごい経歴の持ち主です。

もちろんNovelbrightの楽曲でもその腕前を確認することができます。

影響を受けたアーティストは、


・ゆず
・Paramore(パラモア)


どちらも歌をストレートに伝えるスタイルのアーティストですね。

また、女性歌手の圧倒的な歌唱力に憧れを抱いており、ホイットニー・ヒューストン、セリーヌ・ディオン、アデルの名前を挙げています。

山田海斗(やまだ かいと) / Guitar

Novelbrightのギタリストで、楽曲の原案作りを担当する山田海斗(やまだ かいと)さん。

ミニアルバム『EN.』では2曲の作詞も手掛けています。

バンドの最年長メンバーで、まとめ役として頼りにされる一方、「一番精神年齢が低い」と評されています。

別のバンドに所属していた頃から竹中雄大さんとは知り合いで、一緒にスタジオに入ったりしていましたが、仲の良かったねぎさんがドラマーとしてNovelbrightに加入したため、自分も入ることにしたそうです。

影響を受けたアーティストは、


・B’z
・Guthrie Govan(ガスリー・ゴーヴァン)

Guthrie Govanはイギリス出身の超絶テクニックを誇るギタリストです。

日本を代表する王道ハードロックデュオB’zについては説明不要でしょう。

山田さんは、B’zのふたりと実際に会ったら「失神しちゃうかも」と語るほどの大ファンで、車での移動中にもずっとB’zの楽曲を流しているそうです。

ファッションセンスには定評があり、ファッション専用のInstagramアカウントも持っていたほど。(現在は閉鎖)

沖聡次郎(おき そうじろう) / Guitar


山田海斗さんと共にNovelbrightのツインギターチームの一翼を担い、楽曲の原案作りを担当するギタリストの沖聡次郎(おき そうじろう)さん。あだ名は「聡ちゃん」

Novelbrightのメンバーが使用しているスタジオの店員だった沖さんは、オリジナルメンバーの勇太朗さん(2018年脱退)から誘われてNovelbrightに加入しました。

影響を受けたアーティストは、


・Steve Vai(スティーヴ・ヴァイ)

フランク・ザッパ、デヴィッド・リー・ロス、Whitesnakeなど超大物との活動歴で知られるSteve Vaiは、時に「奇才」と評されるほど独特の音楽性を持った天才ギタリストです。

現在はソロアーティスとして大きな成功を収めています。

沖さんは、Steve Vaiが「楽器の新しい可能性を見つけていく」姿勢に感銘を受けているとのことで、Novelbrightでもリスナーを驚かせるような画期的な演奏を聴かせてくれる日が来るかもしれませんね。

圭吾(けいご) / Bass


Novelbrightでベースを担当する圭吾(けいご)さんは、2019年1月に正式加入したメンバー。

元々は別のバンドでドラムを叩いていましたが、Novelbrightのメンバーと仲が良く、ヴォーカリストの竹中雄大さんに「次の人生で一緒にバンドをやりたい」と打ち明けるなど、以前から加入を熱望していたそうです。

前任ベーシストである勇太朗さんが脱退することが決まった時、竹中雄大さんとドラマーのねぎさんが後任候補として揃って名前を挙げたのが圭吾さんでした。

圭吾さんはベースの演奏経験はありませんでしたが、加入の打診を快諾し、ドラムスティックをベースに持ち替えることとなりました。すごい話ですね。

影響を受けたアーティストは、


・UVERworld

圭吾さんの才能は音楽だけに留まりません。

自身のアパレルブランドCHRONOIZM(クロノイズム)を立ち上げ、自らデザインとモデルを務めています。

Novelbrightのグッズやフライヤーのデザインも手掛けるなど、ミュージシャンとデザイナーの二足の草鞋を見事に履きこなすメンバーです。

MEMO

Novelbrightが注目を集めるきっかけとなったライヴ映像の投稿は、圭吾さんの手によるもの。
SNS時代ならではの宣伝方法にも長けているあたりは、さすがブランドのオーナー!

ねぎ / Drums


Novelbrightのドラマーとしてバンドサウンドの土台を支えるねぎさん。路上ライヴの時にはカホンを叩いています。

「ねぎ」は本名の「ねぎし」をもじったニックネームで、小学校1年生の時からそう呼ばれているそうです。

Novelbrightメンバーの中で一番おしゃべりで声も大きい、とにかく元気なキャラの持ち主

ドラムを始めたのは高校生の時で、友達がやっていたバンドからドラマーが脱退してしまい、「手伝って欲しい」と頼まれたのがきっかけです。

それまでドラムに触ったこともなかったのに、練習して1ヶ月後のライヴに出演したなんて驚きですよね。

現在、アメリカのシンバルとドラムスティックのメーカーZildjian(ジルジャン)、静岡県のドラム機材ブランドNegiDrumsの2社とエンドースメント契約を結んでいます。

影響を受けたアーティストは、


・UVERworld
・Shane Gaalaas(シェーン・ガラース)

ベーシストの圭吾さんと同じですね。

一番影響を受けたドラマーとして、B’zのサポートメンバーなどの活動で知られるShane Gaalaas(シェーン・ガラース)を挙げています。

B’zはギタリストの山田海斗さんが一番好きなバンドです。B’zやUVERworldがNovelbrightの中での音楽的な共通項なのかもしれませんね。

時にハードな面を見せながらも、決して歌心を忘れないNovelbrightのサウンドの秘訣は、案外とこんなところにあったりするのでしょうか。

メジャー1stアルバム『開幕宣言』リリース決定

Novelbrightが4月28日にメジャー1stアルバム『開幕宣言』をリリースすることがワンマンライブで発表されました!

現在発表されている情報では「Sunny drop」「あなたを求めただけなのに」「ツキミソウ」「フェアリーテール」が収録されていることが決定しています。

『開幕宣言』というタイトルはまさにNovelbrightにぴったりですね!

2020年にメジャーデビューをし、メディア露出も多く大活躍中ですが、その活躍はまだまだ開幕したてのもの。

2021年はさらに大きく成長していく彼らを的確に表しています。

これからもNovelbrightの活躍から目が離せませんね!

最後に…

「ホールで映えるバンドを目指している」という言葉からもわかる通り、その視線の先にはさらに大きな舞台を見据えているのでしょう。

音楽性も作品を重ねるたびに進化しており、ロックバンドとしての軸はそのままに、ストリングスやオートチューンなどの要素も積極的に取り入れています。

竹中雄大さんの魅力的な高音ヴォーカルは一発で耳を捕らえますし、その歌の後ろで奏でられる魅力的なギターメロディは、ツインギター編成のバンドならではの魅力だと言えるでしょう。

発表されているワンマンライヴが軒並みソールドアウトとなっているNovelbright。もうすでにライヴハウス規模で収まるようなバンドではなくなっているのかもしれません。

あわせて読みたい!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事