King Gnu(キングヌー)【超詳細解説】 メンバーの名前や年齢、意外な経歴とは…?

King Gnu(キングヌー)【超詳細解説】 メンバーの名前や年齢、意外な経歴とは…?

2019年に日本の音楽シーンに彗星の如く現れたKing Gnu。2020年以降もヒットを連発、数々のタイアップにも大抜擢されてきたking Gnuのメンバーの年齢、プロフィール、おすすめの曲を大紹介します。

2020年も飛躍し続けた4人組ミクスチャーロックバンドKing Gnu(キングヌー)についてご紹介します!

King Gnuのバンド結成までのエピソードや、そのバンド名の由来、J-POPのジャンルに殴り込みを駆ける強烈な個性派揃いのメンバー個々のプロフィールをたっぷりとご紹介していきます。

2020年はCMやドラマなど数々のタイアップを獲得し、日本の音楽シーンを賑わしている若手注目株・King Gnuの魅力について詳しくお届けしていきます!

こちらも要チェック

King Gnu/キングヌー

バンドメンバー(画像左より)

  • Dr「勢喜遊」(せきゆう)
  • Gt&Vo「常田大希」(つねただいき)
  • Vo&Key「井口理」(いぐちさとる)
  • Ba「新井和輝」(あらいかずき)

King Gnu(きんぐぬー)は、2015年に常田大希を中心とした前身のバンド、Srv.Vinci(さーゔぁ・ゔぃんち)を結成して活動を開始。

その後、メンバーチェンジを経て常田と勢喜遊、新井和輝、井口理を加えた現体勢となります。

なんと常田大希さんと井口理さんは地元が一緒で幼なじみなんです!

2017年にアメリカの大型フェス「SXSW」に出演、全米ツアーを敢行後にバンド名をKing Gnu(キングヌー)に改名。

2019年1月に音楽レーベル・アリオラジャパンからメジャーデビューを果たしています!

デビュー後は異例の速さでヒットソングを連発。数々のタイアップが行われたため、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

2020年もその勢いは衰えることなく活動を続け、日本人アーティストとして初めてレットブルとパートナーシップを契約するなど偉業を成し遂げました。

MEMO

King Gnu(きんぐぬー)のメンバーは自らの音楽を「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と称しています。この言葉には、多様な音楽を聴いて影響を受けてきた彼らが、東京という大都会でジャンルの垣根を超えた刺激的な音を鳴らしていくという強い意思が込められているように感じます。

King Gnuというバンド名の由来とは?


「King Gnu」という特徴的なバンド名の由来は一体どこから来たのでしょうか?

その答えは、アフリカ大陸の南部に生息するヌー(Gnu)

MEMO

春の季節を迎えると個々が合流し、やがては巨大な群れを成して行動する習性を持つヌーとバンドメンバーの思いを重ね合わせたものとして命名したのだそう。

「King Gnu」という存在が自分たちやミュージックシーンをも巻き込み、大きな群れとして育っていく野望が込められていた、個性派の彼ららしいユニークな命名です。

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事