GReeeeN(グリーン)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

2002年に結成され、これまで数多くの名曲を世に届けてきた、姿を見せない謎多き美声ボーカルグループ「GReeeeN」(グリーン)。

今回はそんな「GReeeeN」のメンバーや経歴などをご紹介していきたいと思います!

GReeeeNとはどんなアーティスト?


GReeeeNはHIDEさん、naviさん、92さん、SOHさんの男性4人組ボーカルグループで、福島県郡山市で結成されました。

4人とも不思議な名前の理由は本名を非公開にしているからです。

ポイント
4人ともアーティストだけでなく歯科医師免許を持ち、医療と音楽を両立して活動しているため顔や姿を伏せており、謎に包まれていると気になりますね。

グループ名のGReeeeNの由来は『新人未熟者』を表す『Green Boy』という造語からだそうです。

『まだまだ未完成であり続ける未知の可能性』という意味がGReeeeNに込められています。

グループ名の『e』の数が『Green』にしては数が多いですよね。

MEMO
『e』の数はメンバーの人数を表していて、ロゴマークは歯科部出身、在籍していることから笑顔になる時に見える歯並びをイメージして口角が上がった形になっています。

『smileを届けられる存在でありたい』というメンバーの気持ちが込められています。

更に『e』の角度は18度で、“良い歯”という意味が含まれています。

細かいところにまで意味が含まれていてアーティストとして伝えたいことを表現していますね。

2002年HIDEさんとnaviさんと、HIDEさんの実兄JINさんのサポートにより結成されました。

MEMO
当時は『e』の数は3つでした。その後2004年に92さんとSOHさんを加えて『GReeeeN』の形になりました。

GReeeeNメンバーのプロフィール

HIDE(ヒデ)

  • 生年月日:1980年4月3日
  • 出身地:大阪府高槻市

HIDEさんは中学・高校と高知県で過ごし、アルバイトでHIP HOPの洋服店働くと同時にバンド活動も始めギターやベース、ドラムを担当していました。

大学を二度浪人しており、原宿の洋服店で働きながら予備校に通っていました。

通っていた予備校でメンバーのnaviさんと出会います。

2001年に歯科医になるために福島県にある大学に進学します。

その翌年、実の兄JINさんのサポートを受けnaviさんと『GReeeN』を結成しました。

ポイント
2004年に同じ学部の92さんとSOHさんが加わり『GReeeeN』が結成され、2008年にHIDEさんは歯科医師免許を取得しました。

歯科医の国家試験のために朝日が登るまでファミリーレストランにて徹夜で勉強や、ベッドで寝ないなどストイックな一面を持っています。

かなりストイックですよね。夢のために諦めないで努力していることが歌詞にも現れている気がします。

navi(ナビ)

  • 生年月日:1980年4月30日
  • 出身地:千葉県

naviという名前はニックネームが由来だそうで、それにしても不思議なニックネームですね。

幼稚園に入園する頃に心臓の手術を受けており、体に負担のかからないピアノを始めたことをきっかけに音楽に夢中になります。

中学生時代ではバンド活動を始めキーボードを担当、高校時代にはギターも弾いていました。

その後、東京の予備校に通いHIDEさんと出会い、歯科医になるため福島県にある大学へ進学し、2009年に歯科医師免許を取得しました。

92(クニ)

  • 生年月日:1982年3月21日
  • 出身地:沖縄県那覇市

92さんの音楽のルーツは沖縄民謡にあると発言されており、92さんをモチーフとした曲もいくつか作曲されています。

釣りが趣味ということで沖縄県民らしいですが、蟹や海老などの甲殻類のアレルギーだそうです。

2004年に同じ学部のHIDEさんnaviさんSOHさんと『GReeeeN』を結成し、2008年に歯科医師免許を取得しました。

SOH(ソウ)

  • 生年月日:1981年2月2日
  • 出身地:佐賀県

SOHさんはメンバーの中で一番低い声を持っており低音パートを担当しています。

曲中ではソロパートやハモリが多く、とても綺麗で大きい声が有名ですが、音楽活動は未経験だったそうです。

高校時代、寮生活をしていたSOHさんは消灯時間のあと深夜にこそこそ話をしていたら、翌日SOHさんだけ名指しで怒られたそうです。

特徴的な綺麗な低音ボイスは昔から変わらないですね。

2004年に同じ学部のHEDEさんnaviさん92さんと『GReeeeN』を結成し、2010年に歯科医師免許を取得しました。

それぞれ違う出身地から同じ大学で出会い、同じ歯科医師になる夢を持ちながら音楽活動していて最高の友達ですね。

同じく佐賀県出身のアーティストをまとめた記事はこちら!

GReeeeNの経歴と音楽


2004年にGReeeeNが今の形で結成され活動を始めました。

2006年2月に自主制作でミニアルバム『greeeen』を、50枚限定で群山駅前のCDショップにて発売しました。

2007年に1月にシングル『道』でメジャーデビューを果たします。

その後5月に3rdシングル『愛唄』をリリースし大ヒットしました。

ポイント
『愛唄』は週間オリコンシングルチャート最高2位、CDは30万枚以上売上、着うたのダウンロード数は525万件以上を記録しました。

このダウンロード数は2007年デビューの新人では最高記録となり、多くのメディアで取り上げられるようになりました。

2008年TBS系ドラマ『ROOKIES』に主題歌として『キセキ』が起用され、ドラマとともに話題になりました。

4月18日着うたが配信され、1ヶ月間で100万ダウンロードを記録しました。

その勢いは止まらず、7月には230万件ダウンロードを突破し『日本で最も売れたダウンロード・シングル』としてギネス記録を更新しました。

現在ではCMやテレビ番組等のテーマソングとして様々な場所でGReeeeNの音楽を聴きますよね。カラオケでも定番ソングが多数あると思います。

GReeeeNの曲にはロックなバンドサウンドやブレイクビーツ、HIP HOP、レゲエ等が用いられていて、4人の多彩な音楽センスがうまく噛み合って作られています。

また作詞作曲も自分らでやっているそうです。

ストレートに心に響く歌詞とGReeeeNらしい音楽、4人の声のハーモニーが重なりとても魅力的ですよね。

GReeeeNのライブについて


歯科医をしているため顔や姿を伏せているけどライブはどうしているのか気になりますよね。

そもそも顔出さないでライブできないですよね。しかし、なんとツアーを行っています!

GReeeeNのライブでは、メンバーのシルエットを映像で映し出すという演出でライブが行われています。

モーションキャプチャーを使ってCGでシルエットが映し出され、事前に動きと音声を収録したものが流れています。

MEMO
アニメ『ミュータントタートルズ』の主題歌になった時にはメンバー4人が亀になってパフォーマンスを披露していました。

顔出しできないからこそできる企画が様々あり、その場に本人がいるのと変わらないくらい楽しめるライブとなっています。

デビュー10周年を記念したライブでは、楽曲「キセキ」が誕生するまでの物語を描いた映画に出演する俳優菅田将暉さん、横浜流星さん、成田凌さん、杉野遥亮さんがゲスト出演し「キセキ」を披露してくれました。

10周年のライブでは約1万6千人のファンが来ていることからも、GReeeeNのライブはその場に本人がいなくとも感動を与えてくれる、行く価値のあるライブだと思います。

まだの方はぜひ体験してみてください。

2020年紅白歌合戦初出場

2007年のメジャーデビュー以降顔出しをせず活動を続けていたGReeeeN。

第71回NHK紅白歌合戦の特別企画に初出演することが決まり、顔出しをしていない彼らがどのようなステージを見せてくれるのか注目が集まっていました。

実際にステージが始まってみるとそこには素顔を晒した4人の男性の姿がありました。

これにはネットも「初めての顔出し」、「本物?」、「CGに見える」と騒然となりました。

しかしよくみてみると動きがぎこちなく、ARを用いたCGであると思われます。

映し出された顔が本物か偽物かは公式に発表されていません。

本物に近いCGなのではないかと期待するファンも多いです。

どちらだったとしても「キセキ」と「星影のエール」を歌い上げたステージは感動で日本中に元気を与えたことには違いありません。

最新情報

最新アルバムのリード曲「ボクたちの電光石火」にも大注目

GReeeeNが1月に新曲「ボクたちの電光石火」を配信リリースしました。

「ボクたちの電光石火」は、彼らが1月にリリースした最新アルバムのリード曲になります。

2月に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』ではGReeeeN特集があり、それが大きな反響を得て、GReeeeNはリリックビデオをyoutubeに公開しました!

この曲は「前を向いて生きる」というメッセージと疾走感のあるリズムが特徴的な曲になっています。

ぜひ聴いてみましょう!

東日本大震災10年プロジェクト>テーマ曲「蕾」のリリックビデオ公開

GReeeeNによるTBS系列『東日本大震災10年プロジェクト「つなぐ、つながる」』テーマソング「蕾」のリリックビデオが公開されました。

最後に

今回はGReeeeNについて詳しく紹介しました。

歯科医として顔や姿を隠しつつもアーティストとして音楽活動をしている4人は、声と音楽だけで多くの人々の支えになるような曲を届けてくれたと思います。

数々のヒットした曲があるので、人それぞれ異なったお気に入りの曲が見つかると思います。ぜひ聴いてみてください。

今後も歯科医として、アーティストとしても活動に期待が高まります。

以上、GReeeeNの紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事