舞台やドラマで大活躍!遅咲きでも魅力多き4人組「ふぉ~ゆ~」とは…?

舞台やドラマで大活躍!遅咲きでも魅力多き4人組「ふぉ~ゆ~」とは…?

一般的にデビュー組全員が通るとされるCDデビュー”を通り越し、ジャニーズJr.からの“卒業”を果たした「ふぉ~ゆ~」

入所から卒業までおよそ20年もの時間を費やした、ベテランメンバー4人で構成されるグループです。

Jr.時代から舞台を中心に活動してきた経歴を持ち、その中で身につけた高い演技力を武器に現在はドラマや舞台で引っ張りだこの存在となっています。

しかし、未だ彼等が何者なのか知らない方も多いはず。
本記事ではふぉ~ゆ~のプロフィールや経歴、メンバー紹介を通し、彼等の魅力を解き明かしていきたいと思います!

ふぉ~ゆ~とは?

プロフィールと経歴

ふぉ~ゆ~は、2011年4月1日に結成されたジャニーズ事務所所属の4人組アイドルグループです。

入所年も年齢も同じメンバーで構成され、Jr.時代から高いダンスパフォーマンスを活かしてバックダンサーや舞台をメインに活動を展開してきました。

MEMO
同期にはKAT-TUNの亀梨和也さん中丸雄一さん上田竜也さん、NEWSの増田貴久さん等、早くにデビューを果たしたジャニーズが大勢います。

彼等に比べてかなり長期間に渡る下積み時代を過ごしてきましたが、芸歴20年を目前に控えた2017年11月に念願叶ってJr.を卒業
それまでは4人とも満31歳の最年長ジャニーズJr.という立ち位置でした。

CDデビューを果たさぬままグループとしてデビュー扱いを受けるようになったジャニーズは彼等が初のケースだったので、これまでの常識を覆したことがファンの間で話題に。

卒業後は、これまで磨いてきた演技力を活かして主演舞台やドラマ出演等、活躍の幅をさらに拡大しています。

グループ名の由来
    「ふぉ~ゆ~」というグループ名の名付け親は、故・ジャニー喜多川社長。
    メンバー4人とも名前に“ゆう”がつくことが由来となってるそうです。

ふぉ~ゆ~のメンバー紹介

福田悠太

愛称:福ちゃん
生年月日:1986年11月15日
出身地:東京都
身長:178cm
血液型:B型
メンバーカラー:緑

ふぉ~ゆ~のリーダーを務める福田悠太さんがジャニーズ事務所に入所したのは、1998年1月25日。

同年中にかつてジャニーズJr.内に存在したユニット・B.B.Aの第1期メンバーに選出され、2000年には同グループの第3期メンバーにもなっています。

2002年にはバックダンサーをメインに活動していたM.A.Dの一員になりますが、2011年春からふぉ~ゆ~として独立。

MEMO
結成当時、少年隊の植草克秀さんによる直々の指名でリーダーになることが決まったそうです。

パン屋を営む実家で4人兄妹の次男として生まれ育ったこともあり、まとめる能力に長けていたのかもしれませんね。

アイドルらしい端正な顔立ちが特徴で、グループ内ではビジュアル担当
振付センスの高さからダンスの振付を任されることも多いようです。

また、福田さんの演技力の高さには定評があり、舞台経験豊富な4人の中で最も舞台・ドラマ出演の多いメンバーとして有名です。

2019年に放送されたKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さん主演のWOWOW×東海テレビ 共同製作連続ドラマ『ミラー・ツインズ Season2』の特別試写会では、共演者のずん飯尾和樹さんから「別人になる」と演技力を高評価されていました。

その後、芸歴20年を迎えた2018年には舞台『DAY ZERO』で初の単独主演を務めています。

性格はメンバーカラーの緑の如く、自由気ままでマイペースな癒し系
一方、恥ずかしがりやで真面目な話が苦手な一面もあります。

辰巳雄大

愛称:辰巳、雄大、辰巳ちゃん、たっつん、豆
生年月日:1986年11月25日
出身地:埼玉県
身長:172cm
血液型:B型
メンバーカラー:黄色

辰巳雄大さんがジャニーズ事務所に入所したのは、1998年6月20日。
メンバーの松崎祐介さんと同じオーディションを受け、同日に入所しています。

1998年4月から1999年9月まで放送されていたジャニーズJr.がメインで出演するバラエティ番組『8時だJ』内でジャニーズJr.募集のお知らせを見たことがきっかけで、応募を決意したそうです。

当時はサッカーにも夢中でしたが、両者を天秤にかけてジャニーズになる道を選択。

入所翌年に堂本光一さんの主演舞台『SHO激99 MASK』で子役の座を掴み取るほど昔から演技力に注目されていたようで、今ではリーダー・福田悠太さんに並ぶ演技力の高さを見せつけて多数の舞台・ドラマ等で活躍しています。

舞台『タイヨウのうた~Midnight Sun~』では生まれ持った童顔を活かし、30代にして高校生役を演じたことが話題に。
先輩ジャニーズの中でも生田斗真さんに強い憧れを抱いており、彼のようにジャニーズ兼俳優として活躍の幅を広げていくことを夢見ているようです。

また、トークを回すスキルにも長けており、ふぉ~ゆ~の単独ライブや舞台では自ら進行役を買って出ています。
ファンからもメンバーで最も司会に向いていると評されているようです。

私服は奇抜な柄物を着ることが多く、その独特なファッションセンスも辰巳さんの魅力の一つだと言われています。

ちなみに「豆」という愛称は、元々の“辰巳”という苗字のインパクトの大きさから愛称がなかなか定まらなかった時期にラジオを通してあだ名募集をかけた中で決まりました。

MEMO
彼の顔の小ささを小粒な豆のサイズ感に重ねているのだそうです。

仲の良さが高じ、2009年からおよそ2年間に渡って同棲していたというA.B.C-Zの河合郁人さんからは横に並んでほしくないと言われることもありました。

越岡裕貴

愛称:こっしー
生年月日:1986年10月5日
出身地:大阪府
身長:177cm
血液型:A型
メンバーカラー:赤

母親が履歴書を送付したことがきっかけで、1998年11月8日にジャニーズ事務所に入所した越岡裕貴さん。

他のメンバー同様、かつてジャニーズJr.内に存在したA.B.CやM.A.Dのメンバーとしてダンスパフォーマンススキルを磨いた後、2011年にふぉ~ゆ~の一員として選出されました。

2003年には同期に当たる増田貴久さんがNEWSとしてデビューすることが決定し、かなり悔しい思いをしたことを明かしています。
2011年にふぉ~ゆ~のメンバーとして活動をスタートした後も、メンバーの不仲や言いたいことを言えない自分へのもどかしさを理由に退所を考えていた時期もあったそうです。

しかし、植草克秀さんがそんなグループのギクシャクした雰囲気を変えるための話し合いの場を設けてくれたことがきっかけとなり、初めてメンバー同士本音をぶつけ合ってからはジャニーズを続けたいという思いと共に“4人でデビューしたい”という決意が固まったといいます。

そんな繊細な気質の越岡さんですが、親子3代に渡って受け継がれる“ハゲ”をかなり気にしていることを明かすようなお茶目な性格が垣間見えることも。

MEMO
父親が社長の裕福な実家に生まれ育ったことから普段高級ブランド物ばかり身につけているイメージがありますが、シャンプーについても4000円する商品を使って頭皮を労わっていることを明かしています。

2020年4月には、初主演舞台『This is 大奥』の上演が予定されていましたが、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開延期を発表
新たな公演日は未定となっています。

松崎祐介

愛称:ざき
生年月日:1986年10月20日
出身地:埼玉県
身長:176cm
血液型:O型
メンバーカラー:紫

先述したようにメンバーの辰巳雄大さんと同じオーディションを経た後、1998年6月20日にジャニーズ事務所に入所した松崎祐介さん。
辰巳さんとは早くもオーディション当日に話す仲になりました。

入所直後は亀梨和也さんと活動を共にすることが多く、Kinki Kidsのバックダンサーに “松亀”シンメでついていた時期には故・ジャニー喜多川社長に「最高のコンビ」と評されるほどの立ち位置でした。

しかし、突然松崎さんだけが音楽バラエティ番組『ミュージック・ジャパン(現・少年倶楽部)』に呼ばれなくなって以降、シンメの関係は自然消滅

学生時代は年に1回開催される嵐のライブツアーのバックダンサーとして召集される以外、ほとんど活躍する機会のない状態が続きます。

MEMO
楽屋に用意されるお弁当を持ちかえるほど、食べていくのに必死な時期もあったそうです。

それでも辞めなかった背景にあるのは、「死ぬまでステージに立ち続けたい」という強い思い。
当時からジャニーズとして生きていくことを決意していたということで、そのゆるぎない信念には脱帽です。

ふぉ~ゆ~のメンバーになってからは徐々に仕事が増え、ジャニーズの大先輩に当たる近藤真彦さんお墨付きのダンススキルの高さにも注目が集まるように。
同じくダンスが上手いことで知られるA.B.C-Zの塚田僚一さんとバラエティ番組でダンス対決をするシーンもありました。

年齢関係なくすぐに仲良くなれる親しみやすい性格上、仲良しなジャニーズは沢山。
中でも嵐の相葉雅紀さんとは、本物の兄弟のように仲良しなんだそうです。

ふぉ~ゆ~の魅力

ハイレベルなダンススキル

ふぉ~ゆ~の最大の魅力は、ジャニーズの中でトップクラスと言っても過言ではないハイレベルなダンスパフォーマンス

どんなジャンルのダンスにも対応出来る圧倒的なダンススキルは大勢から認められ、Jr.時代はKinki Kidsやタッキー&翼、嵐まで多くのグループのバックダンサーを任されてきました。

さらに、堂本光一さんが主演を務めるミュージカル『Endless SHOCK』や1986年から2015年の青山劇場閉館まで愛され続けた『PLAYZONE』等、誰もが知るような名作にも長きにわたり、重要な立ち位置で出演し続けてきた経歴を誇ります。

ふぉ~ゆ~が登場するシーンは、いつもステージ上により輝きが増す印象。
Jr.卒業前からもはやデビューしたかのような堂々のパフォーマンスに毎度感動させられた記憶があります。

チームワークと感謝を忘れぬ姿勢

メンバーそれぞれが得意な分野で才能を発揮して足りないところを補い合おうとするのは他のグループにも共通して言える点ですが、ふぉ~ゆ~はジャニーズの中でもその分担が上手なグループだと思います。

目立った活躍が出来ず、苦労した時代を共に乗り越えてきた彼等だからこそ、獲得した強みなのでしょう。

また、仕事があることを当たり前だと思わず、常に感謝の気持ちを持って期待以上の活躍を見せようとする姿勢も素晴らしいです。

そう言ったところが、ファンだけでなく先輩、共演者、スタッフからも愛される秘訣となっているのかもしれません。

お笑い芸人並みのコントスキル

ふぉ~ゆ~は、“ジャニーズなのに芸人並みに何でもやる姿勢”でも度々話題になっています。

お笑い芸人に並ぶコントスキルの高さを活かし、福田悠太さんと辰巳雄大さんの2人はコンビ「つ~ゆ~」として漫才日本一の座を争う『M-1グランプリ 2019』に出場した経験もあります。

MEMO
もちろん、ジャニーズ事務所から同大会への出場者が出たのは史上初のこと。

実力ある芸人が大勢出場する中で何と2回戦を突破するほどの渾身のネタを披露し、当時多数のメディアで取り上げられていました。

2018年にバラエティ番組『ダウンタウンDX』に出演した際、松崎祐介さんが「Jr.を卒業したからといって自分たちだけのエンターテインメントを追い求める姿勢を変えることはない」と断言していましたが、このコメントからもこれまでジャニーズに持たれていた常識を覆すような独自の路線を突き進んでいこうとする強い意志が伺えます。

同番組内では苦労した過去を笑いに変えるシーンもありましたが、常に前向きにファンに笑顔を届け続けてくれた彼等の存在に元気をもらってきたファンは多いはず。

圧倒的なパフォーマンススキルやかっこよさに加え、面白さも兼ね備えた新境地のジャニーズとして今後も多様な活躍が期待されています。

ファンとの距離の近さ

結成以降、“座って喋れるアイドルグループ”という活動スタイルを売りにしてきたふぉ~ゆ~。

芸歴の長さに伴ったジャニーズとしての実力も相応のものですが、一般的なジャニーズらしからぬ距離感に親しみを覚える方は多いと思います。

2019年6月25日にはジャニーズ事務所所属のグループ史上初となるLINE公式アカウントの開設が発表され、早速翌月15日に第1回目のLINE LIVE番組を生放送していました。

現代ならではの方法でファンと交流を持とうとする、彼等ならではの売り出し方には驚かされるばかりです。

2020年7月15日には、Twitterの「ふぉ~ゆ~のLINE LIVE番組公式アカウント」にLINE LIVE放送開始1周年を記念した4人の集合写真をアップ。

今後もLINE LIVEの放送を楽しみにすると共に、彼等がどのようにファンと交流を取っていくのか目が離せません。

ふぉ~ゆ~ 最新活動情報

福田悠太さん出演ドラマが地上波初放送

記事内でも触れた福田悠太さん出演のドラマWOWOW×東海テレビ 共同製作連続ドラマ『ミラー・ツインズ Season2』(2019年)が、東海テレビ・フジテレビ系列で地上波初オンエアされています。

2020年7月4日から毎週土曜日、4週に渡って放送予定です。

最後に…

以上、遅咲きながらこれまでのジャニーズの常識を覆すような活動で注目を集めるふぉ~ゆ~のプロフィールや経歴、メンバー紹介を通し、彼等の魅力を解明してきました。

CDデビューを果たしていないことから、一般的なCDデビューを果たした他のグループに比べるとまだまだ知名度は低めな彼等。

それでも現在のような“Jr.卒業”という新境地の在り方に辿り着けたのは、数々の苦労を経験した後、多数の魅力を獲得した4人だからこその結果だと思います。

今後も異色のグループとして、ふぉ~ゆ~がどんな進化を遂げていくのか非常に楽しみです!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事