Hey!Say!JUMP – 最新シングル『ネガティブファイター』全曲レビュー

Hey!Say!JUMP – 最新シングル『ネガティブファイター』全曲レビュー

2021年5月12日に、通算29枚目となるシングル「ネガティブファイター」をリリースしたHey!Say!JUMP
先ごろ発表された「オリコンウィークリーランキング」でも見事1位を獲得し、デビュー15年目イヤーに向けて幸先のいいスタートとなりました。

今回はそんなHey!Say!JUMPの最新シングル「ネガティブファイター」の収録曲を、カップリング曲含め全曲まとめてレビューしてみたいと思います。

Hey!Say!JUMP・シングル「ネガティブファイター」全曲レビュー

ネガティブファイター

まずは表題曲「ネガティブファイター」です。

この曲は、メンバーの有岡大貴さんが連続ドラマ単独初主演を務める作品「探偵 星鴨」の主題歌となっています。

また、最近注目度急上昇中のガールズパフォーマンスユニット「新しい学校のリーダーズ」が振り付けを担当。

サビで登場する「マッスルダンス」などのコミカルな振り付けも、大きな話題になっています。

初めてネガティブファイターというタイトルを聞いた時は、「ネガティブ」と言うつくだけに「どんな暗い曲なのかな?」と想像していたのですが、「ネガティブ」なんてとんでもない!

何かと辛い事も多い昨今ですが、「ネガティブ」を明るく跳ね返してポジティブに頑張ろう!というパワーに満ち溢れた、超ハッピー・ソングです。

#502

次は、「#502」です。

「なんて読むの?」と聞こえてきそうなタイトルですが「ぱぐぴーす」と読みます。

手でそれぞれの数字を表すと5がパー、0がグー、2がピースになる事からつけられたユニークなタイトルです。

楽曲を提供したのは、TikTokで若い世代を中心に流行った楽曲「ポケットからきゅんです!」の女性シンガーソングライター「ひらめ」さん。

ふわふわと可愛い曲調で、メンバーの半数が30代に突入したグループの曲とは思えない可愛らしさが特徴です。

Try & error

先述の2曲とは打って変わって、ダンサブルでカッコイイJUMPを堪能できる「Try & error」

4月に行われた配信コンサートで初披露されると、カッコイEDMサウンドと、目まぐるしくフォーメーションの変わる複雑なダンスに、ファンの目は釘付けになりました。

Letter

4曲目に収められた「Letter」は、疾走感のある爽やかな曲に乗せて、感謝の気持ちを歌ったメッセージソング。

JUMPらしさが全面に出た曲になっています。

僕らの意味を

シングルの最後を飾るのは「僕らの意味を」。

聴く人の気持ちを鼓舞してくれるような力強いサウンド、そしてイントロの「JUMP UP」を連呼する八乙女光さんのセリフが印象的なこの曲。

個人的には、最近のJUMPの曲にはあまり無いようなテイストだなと感じました。いい意味で異質で新しい曲だと思います。

まとめ

今回は、Hey!Say!JUMPの新曲「ネガティブファイター」収録曲の全曲レビューをお届けしました。

1つの作品で、「可愛いJUMP」も「カッコイイJUMP」も楽しめる、「1枚で2度美味しい」作品となっています。

この記事が、Hey!Say!JUMPの魅力を伝える一助になる事を願っています。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事