Ado(アド)-「うっせぇわ」で話題の女子高生シンガー|気になる年齢や意外な経歴とは…?

Ado(アド)-「うっせぇわ」で話題の女子高生シンガー|気になる年齢や意外な経歴とは…?


「うっせぇわ」でメジャーデビューを果たしたAdo(アド)。デビュー前は歌い手として活動しており、現役女子高生という肩書からも大きく注目されました。今回、そんなAdoの気になる経歴や名前の由来について解説します。

素顔を隠し、歌い手として活動していたAdo(アド)

2020年にはメジャーデビュー曲「うっせぇわ」をリリース。癖の強い歌唱力と現役女子高生シンガーという肩書もあり、今後の活躍が非常に期待されているアーティストの1人です。

今回の記事ではAdoがどのような経歴を経て現在に至ったのか、代表曲を紹介しつつ解説したいと思います。

Ado(アド)とは?


https://www.universal-music.co.jp/ado/biography/

  • 歌手名:Ado(アド)
  • 生年月日:2002年10月24日生
  • レーベル;Virgin Records

Ado(アド)は、2020年10月15日にユニバーサルミュージック内の「Virgin Records」からメジャーデビューをした女性シンガーです。

元々は歌い手として活動しており、2017年の1月10日にボカロPであるクワガタPさんの「君の体温」の歌ってみたを投稿し、彼女の歌い手としての活動は始まりました。

10代でありながら迫力のある歌声は大きな反響を呼び、2019年頃にはボカロPであるくじらが手掛けた「金木犀」、同じくボカロPであるjon-YAKITORYが手掛けた「シカバネーゼ」のボーカリストに参加するなど、その才能を徐々に開花させていきました。

そして、メジャーデビューを発表した2020年。配信限定としてリリースされた楽曲「うっせぇわ」は、その尖った歌詞とサウンドが瞬く間に評判となり、彼女の代表曲として知られるようになります。

とあるインタビューで、今後の目標として「さいたまスーパーアリーナ」に立てるような歌手になりたいと述べています。

メジャーデビューという結果に浮つくことなく、次なるステージを目指す心意気。彼女がなぜデビューできたのか、その要因の1つを知ることができたかもしれません。

若く、チャレンジスピリットに溢れる精神!これは見習わなければいけないな!


僕は適当に過ごせればそれでいいかなぁ


意識が低すぎる……

Adoの名前の由来とは?

Ado(アド)という風変わりなアーティスト名。

ひと目見て本名でないことは明らかですが、実際にこの名前にはどのような意味・由来があるのだろうかと考えた人も多いと思います。

実はこの名前、Adoさんが小学校の国語の授業で出会ったとある単語だそうです。これについて調べてみると、高学年で習う日本の古典芸能である狂言のうちの1つ「柿山伏(かきやまぶし)」の登場人物が由来となっているようです。

その柿山伏では主役の「シテ」と、脇役の「アド」が登場し、Adoさんは名前の響きのカッコよさから「アド=Ado」を採用したそうです。

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事