チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

春風亭一之輔 チケット売買一覧

春風亭一之輔(しゅんぷうていいちのすけ)は落語家である。日本大学芸術学部へ在学中は落語研究会に所属し、卒業後の2001年5月に春風亭一朝へ入門した。同年の7月には前座となり「朝佐久」の名で活動。3年後の2004年11月に二つ目へ昇進し、名を「一之輔」へと改名した。実力・人気ともに確かなものがあり、幅広いジャンルの古典落語をこなせる落語家である。二つ目に昇進後数々の賞を受賞し2012年3月ついに真打へと昇進した。高座数は落語界一多く、年間900席もの高座に立っている。春風亭一之輔の落語は古典落語を守りつつも、現代人にも親しみやすくアレンジを加えるなどしており、平成の落語人気をけん引する噺家の1人である。

開催地域

開催地域

開催日時

春風亭一之輔のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 1 人がチケットの出品を待っています!

春風亭一之輔について

春風亭一之輔(しゅんぷうていいちのすけ)は落語協会へ所属する噺家の1人である。現代の若者への落語人気をけん引する人気の落語家で、年間900もの高座に上がっている。春風亭一朝のもとへ入門したのは大学卒業後の2001年5月。2か月後の7月には「春風亭朝佐久」の名をもらい前座として高座へ上がるようになった。そして3年後の2004年11月に二つ目へ昇進し、この時に名を現在の「春風亭一之輔」へ改名した。二つ目と昇進した春風亭一之輔は、新人賞をはじめとした多くの賞を受賞。その実力は人間国宝でもある柳家小三治も認めるものであり、2012年の3月、異例の21人抜きで真打へと昇進をはたした。春風亭一之輔の得意ネタは「不動坊」や「茶の湯」などであるが、持ちネタは200を超え滑稽話から人情噺まで多くの古典落語を演じることが出来る。また春風亭一之輔は古典落語の伝統をまもりつつも現代の若者などにも親しみやすいギャグを取り入れるなどのアレンジを加えたりもする。その秀逸な話芸と進化を続ける親しみやすい話が春風亭一之輔の人気の秘密である。才能を持ちながらも、常に稽古を怠らず進化を続け、落語に向き合う春風亭一之輔の落語は多くの落語ファンを虜にしてる。

関連アーティスト

歌舞伎・伝統芸能のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right