チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

柳家喬太郎 チケット売買一覧

柳家喬太郎とは日本の落語家で、本名は小原正也。活動を開始したのは1989年で、26歳の頃。落語を好きになったのは中学生の頃であり、日本大学へ進学後には落語研究会に入っている。高校時代から落研に入ることを決めており、大学在学中にはフジテレビの番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子」にも出演している。そして1989年10月に人情噺で知られる柳家さん喬に入門。まずは正統派の落語を学ぶために、同氏を師匠に選んだと考えられている。初高座は同年12月だった。現在は人気落語家の一人として活動中。2003年には春風亭昇太とともに「SWA」を旗揚げ。話題の集団として新作の落語を発表するなどの活動を行っていたが、2011年2月に活動休止となった。

柳家喬太郎の日程

開催日時

  • 全ての公演
  • ハレザのらくご

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down
    • すべて
    • 20/02/28 (金) 東京 19:00
    • すべて
    • 20/03/01 (日) 埼玉 14:00
    • すべて
    • 20/03/03 (火) 愛知 18:30
    • 20/04/17 (金) 東京 18:30
    • 20/04/25 (土) 神奈川 13:00 (1)
    • 20/04/25 (土) 神奈川 17:00 (1)
    • 20/05/27 (水) 宮城 18:30
    • すべて
    • 20/03/11 (水) 東京 18:30 (1)
    • 20/06/12 (金) 神奈川 18:30
    • すべて
    • 20/03/12 (木) 山梨 19:00
    • 20/06/25 (木) 新潟 18:30
    • 20/07/25 (土) 兵庫 13:00
    • 20/07/25 (土) 兵庫 17:30
    • すべて
    • 20/03/18 (水) 福岡 18:30
    • 20/03/19 (木) 福岡 18:30
    • 20/03/20 (金) 福岡 14:00
    • 20/03/21 (土) 福岡 14:00
    • 20/03/22 (日) 福岡 14:00
    • すべて
    • 20/03/25 (水) 東京 19:00
    • すべて
    • 20/03/27 (金) 千葉 18:30
    • すべて
    • 20/03/28 (土) 愛知 14:00
    • 20/06/06 (土) 神奈川 14:00
    • すべて
    • 20/03/30 (月) 東京 19:00 (1)
    • すべて
    • 20/04/05 (日) 愛知 14:00
    • すべて
    • 20/04/09 (木) 東京 18:45
    • すべて
    • 20/04/11 (土) 東京 13:00
    • すべて
    • 20/04/18 (土) 東京 13:00
    • すべて
    • 20/04/18 (土) 東京 18:00
    • すべて
    • 20/04/29 (水) 栃木 14:00
    • すべて
    • 20/05/29 (金) 北海道 13:00 (1)
    • すべて
    • 20/05/29 (金) 北海道 17:30 (1)
    • すべて
    • 20/06/05 (金) 京都 18:30

柳家喬太郎のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 4 人がチケットの出品を待っています!
  • 販売状況
  • すべて 販売中のみ

    チケットの表示内容を切り替えてみましょう!

柳家喬太郎とは日本の人気落語家である。大学時代から落語研究会で落語を学び、「ストリート落語」などの荒修行で舞台度胸をつけていった。卒業後、そのままプロになると思われていたが、一度大手書店に入社。元々本が好きだったことがきっかけとなった。しかし、落語への情熱は冷めることなく、1年半で退職し、1989年10月に柳家さん喬に入門。初高座は1989年12月29日新宿末広亭にて「道灌」を演じた。現在、日本屈指の人気落語家となり、2009年には雑誌『今おもしろい落語家ベスト50』にて1位に選出された。その能力の高さの一つとして挙げられるのが、新作落語である。「夜の慣用句」や「ほんとのこというと」、「午後の保健室」などを作り上げた。「午後の保健室」は1998年にNHK新人演芸大賞の落語部門で大賞を受賞。2000年に真打に昇進するきっかけともなった。2003年には新たな取り組みとして話芸集団「SWA」を旗揚げ。ここでも新作落語などを世に広め、2011年まで活動を続けていた。また、弟子は取らない方針で、現在でも師匠の柳家さん喬と二人会を開いている。落語での活躍が世に広く知られている一方で、様々な仕事も経験。キャバレー勤めやアダルトアニメの声優も担当したことがあるという。

関連アーティスト

歌舞伎・伝統芸能のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right