チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

柳家三三 チケット売買一覧

柳家三三は若手実力派落語家である。高校卒業後の1993年3月に10代目柳家小三治の元に入門する。そして、10月に新宿末広亭で初高座となる「道灌」を演じた。その後、二つ目昇進の1996年に現在の柳家三三に改める。若手落語家であるが、高度な話芸のテクニックを持っている。2010年には同業者も唸らせるクラシカルでモダンな落語が人気を集め、花形演芸大賞を受賞している。柳家三三は古典落語を得意としているが、アドリブも効くことで、超がつく売れっ子として活躍する。柳家三三の落語は語り口がなめらかであることで、観客が自然に引き込まれる魅力がある。しかし、落研や天狗連での経験がなく、師匠である柳家小三治による純粋培養である。そのため、柳家三三自身の落語が好きと研究熱心な性格で、上手いと言われる落語を伝えて話題を集めている。現在は進化する若手本格はと言われ大きく飛躍する姿に注目が集まる。

柳家三三の日程

開催地域

東京

開催日時

  • 全ての公演
  • 月例 柳家三三 独演

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down
    • すべて
    • 20/07/16 (木) 東京 19:00
    • 20/08/20 (木) 東京 19:00
    • 20/09/10 (木) 東京 19:00
    • 20/10/15 (木) 東京 19:00
    • 20/11/19 (木) 東京 19:00
    • 20/12/10 (木) 東京 19:00
    • すべて
    • 20/08/29 (土) 東京 13:30

柳家三三のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 1 人がチケットの出品を待っています!

柳家三三は小学1年生の時に初めてテレビで落語を見たことで興味をもつ。中学生になると東京の寄席に通うほどのめり込む。その後勉強が大嫌いで学校に行かない道を探し落語家を志す。中学2年生の頃には10代目柳家小三治に入門を頼むが、高校卒業することを進められ高校に進学し、高校卒業後に柳家小三治のところに入門する。1993年には若手が鍛錬のために演じる前座噺となる「道灌」で初高座を演じる。そして、2006年に真打に昇進し、将来の落語会を背負って立つ逸材と若手ながら注目を集めた。柳家三三の落語の魅力は、聞き心地がよく、少し辛口である口調の良さになる。さらに、伝統話芸の味わい深さを求めている落語ファンから好まれる落語を披露されることで注目される。2016年頃からは落語の人気が高まり、女性からの人気も高まっている。その中で、柳家三三の落語は落語らしい落語と伝統を体感するとしておすすめの落語家としても注目されている。その他にも、また、2007年の映画「しゃべれどもしゃべれども」では、落語家役である国分太一の稽古につく。さらに、2010年からはビックコミックオリジナルで連載された落語漫画「どうらく息子」の落語監修も担当する。柳家三三は現在、型破りな落語家として人気の中心に立っている。誰もが認める若手本格派の落語家としてこれからどんな飛躍をされるのか注目である。

みんなで編集!チケWIKIページへ行く

関連アーティスト

歌舞伎・伝統芸能のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

柳家三三 過去のチケット