チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

立川談春 チケット売買一覧

立川談春のライブ・コンサート

開催地域

開催公演

芸歴40周年記念興行 立川談春独演会

大阪国際文化芸術プロジェクト 第四回大阪落語祭 初日 国立文楽劇場公演

立川談春 独演会 2023-2024

三越創業350周年 三越落語会70年「第629回三越落語会」

牡丹灯籠 「俺たちの圓朝を聴け!」

開催日時

  • 立川談春の公演一覧
  • 芸歴40周年記念興行 立川談春独演会

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

立川談春のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 3 人がチケットの出品を待っています!

立川談春のチケット

2023-11-28更新

関連アーティスト

歌舞伎・伝統芸能のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

立川談春 の公演の感想

もっと見る

keyboard_arrow_right
  • 落語は初めててしたが、すごく面白くてあっという間に時間が過ぎました。かなり前のいいお席でよかったです。来週も来てみようかなと思うくらい楽しめました。ありがとうございました。

    12/06(火) 14:00 有楽町朝日ホール 立川談春独演会 「いままでの芝浜、これからの芝浜」 ~これからの芝浜編~

FAQ

買い手
Q. 立川談春のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. 立川談春のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄に立川談春と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されている立川談春のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. 立川談春のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. 立川談春のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. 立川談春のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. 立川談春のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. 立川談春のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

立川談春は日本の落語家で、本名は佐々木信行。1984年、高校在学中に17歳で立川談志に入門。きっかけは落語よりも、立川談志本人に魅力を感じたことだった。入門から立川談春と名乗るようになる。1988年には二つ目に昇進、1997年には真打となった。得意なのは古典落語。一方で、古典の中にもオリジナリティを見せ、新たな解釈を披露することもある。公演、独演会など数多く開催しているが、毎度のように即日完売となっている。そのため、「最もチケットの取れない落語家」と言われることも少なくない。また、受賞歴もあり、古くは1991年のにっかん飛切落語会若手落語努力賞に始まり、2004年には平成15年度国立演芸場花形演芸大賞、2008年には『赤めだか』で第24回講談社エッセイ賞を受賞している。

立川談春は日本の落語家で、本名は佐々木信行。1984年、高校在学中に17歳で立川談志に入門。きっかけは落語よりも、立川談志本人に魅力を感じたことだった。入門から立川談春と名乗るようになる。1988年には二つ目に昇進、1997年には真打となった。得意なのは古典落語。一方で、古典の中にもオリジナリティを見せ、新たな解釈を披露することもある。公演、独演会など数多く開催しているが、毎度のように即日完売となっている。そのため、「最もチケットの取れない落語家」と言われることも少なくない。また、受賞歴もあり、古くは1991年のにっかん飛切落語会若手落語努力賞に始まり、2004年には平成15年度国立演芸場花形演芸大賞、2008年には『赤めだか』で第24回講談社エッセイ賞を受賞している。