チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

立川志の輔 チケット売買一覧

立川志の輔のライブ・コンサート

開催公演

柳家さん生・立川志の輔・蝶花楼桃花 三人会

志の輔noにぎわい

立川志の輔独演会~おかえり気仙沼2024~

第五回「さっぽろ 落語まつり」 桂文珍プロデュース

立川志の輔独演会2024

開催日程

  • 立川志の輔の公演一覧
  • 柳家さん生・立川志の輔・蝶花楼桃花 三人会

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

立川志の輔のチケット

2024-05-22更新

関連アーティスト

歌舞伎・伝統芸能のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

立川志の輔 の公演の感想

もっと見る

keyboard_arrow_right
  • 先日、志の輔落語in PARCOのチケットを購入させて頂き主人と今年も楽しんでくることが出来ました。
    去年はチケットが自分で取れたのですが、今年は抽選に漏れてしまってがっかりしていました。以前こちらのサイトを利用させて頂き、今回もこちらでチケットを購入できたので本当に良かったです。
    またどうしても行きたいライブやイベントがありましたらその時にはまた宜しくお願い致します。

    01/13(土) 15:00 PARCO劇場(パルコ劇場) 志の輔らくご in PARCO 2024
  • 牡丹燈籠のファイナルを体験できました。チケット購入出来て嬉しく思います。

    08/16(水) 15:00 本多劇場 志の輔らくご in 下北沢『牡丹灯籠 final』
  • 凄く楽しかったです!
    完売御礼で、私もお休みが限られていて本当なら見に行けないイベントだったので、出品してくださっていて有り難かったです!

    08/11(金) 15:00 本多劇場 志の輔らくご in 下北沢『牡丹灯籠 final』

FAQ

買い手
Q. 立川志の輔のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. 立川志の輔のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄に立川志の輔と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されている立川志の輔のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. 立川志の輔のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. 立川志の輔のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. 立川志の輔のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. 立川志の輔のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. 立川志の輔のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、1954年富山生まれ、落語立川流に所属する落語家である。明治大学在学中に落語研究会に所属して落語家を志す。明大落研伝統の高座名「紫紺亭志い朝(5代目)」を三宅裕司(4代目)から引き継ぎ、渡辺正行(6代目)に譲った。一度は広告代理店に就職するも古今亭志ん朝にあこがれ、さらに「談志ひとり会」にて「芝浜」に心を打たれ29歳で七代目立川談志に入門。高座名「志の輔」のまま、1984年に二つ目、1990年に真打ち昇進。三宅に影響され演劇の勉強をしていたため、演劇的表現を得意とし、古典も新作もこなす「立川流の最高傑作(立川談志)」である。1984年、現在でも毎年続けている新作落語の会「志の輔らくご」を開始、翌年、ワイドショーのレポーターに起用されたことでタレントとしても活躍しはじめる。現在では志の輔といえばNHK「ガッテン!」司会者のイメージだという人も多い。2024年も、独演会を精力的に行うほか札幌文化芸術劇場(札幌市民交流プラザ)で行われる桂文珍 プロデュースの第五回「さっぽろ落語まつり」などのイベントにも出演する。 より円熟味を増した志の輔の高座に注目だ。

立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、1954年富山生まれ、落語立川流に所属する落語家である。明治大学在学中に落語研究会に所属して落語家を志す。明大落研伝統の高座名「紫紺亭志い朝(5代目)」を三宅裕司(4代目)から引き継ぎ、渡辺正行(6代目)に譲った。一度は広告代理店に就職するも古今亭志ん朝にあこがれ、さらに「談志ひとり会」にて「芝浜」に心を打たれ29歳で七代目立川談志に入門。高座名「志の輔」のまま、1984年に二つ目、1990年に真打ち昇進。三宅に影響され演劇の勉強をしていたため、演劇的表現を得意とし、古典も新作もこなす「立川流の最高傑作(立川談志)」である。1984年、現在でも毎年続けている新作落語の会「志の輔らくご」を開始、翌年、ワイドショーのレポーターに起用されたことでタレントとしても活躍しはじめる。現在では志の輔といえばNHK「ガッテン!」司会者のイメージだという人も多い。2024年も、独演会を精力的に行うほか札幌文化芸術劇場(札幌市民交流プラザ)で行われる桂文珍 プロデュースの第五回「さっぽろ落語まつり」などのイベントにも出演する。 より円熟味を増した志の輔の高座に注目だ。