チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

立川志の輔 チケット売買一覧

立川志の輔は落語家でありながらタレントとしても活躍している。落語家を目指したのは明治大学在学中に落語研究会に所属されていたことがきっけである。しかし、一度は広告代理店で社員としてテレビCM制作をしていた。けれども、落語が忘れられず、仕事を辞めて1983年に立川談志に弟子入りを希望し入門して落語家の道を進む。1884年には二つ目に昇進し、現在も毎年開催している「志の輔らくご」を始める。そして、1985年には「朝のホットライン」でレポーターに抜擢されて一躍人気を集める。近年は落語家として活躍しながらバラエティ番組での活躍の場も増えてきた。現在の立川談志は、演劇的要素を取り入れた古典落語を展開して注目されている。さらにテレビ番組「ガッテン!」では司会もしているために幅広い分野で活躍している。

立川志の輔の日程

開催地域

神奈川

開催日時

  • 全ての公演
  • 立川志の輔 独演会

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down
    • すべて
    • 20/11/02 (月) 神奈川 18:30
    • 20/11/03 (火) 神奈川 12:30

立川志の輔のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 1 人がチケットの出品を待っています!

立川志の輔は、日本の落語家、タレントである。立川志の輔は幼い頃に両親が離婚し、その後母親をなくしている。そのため祖父母と母親の兄の伯父夫婦と共に生活した。高校時代はソフトテニス部に所属して富山県代表でインターハイにも出場している。そして、明治大学に入学して落語研究会に所属したことで、落語と演劇に興味を持つ。大学卒業後はアルバイトと劇団員として活躍するがアルバイト中心の生活になり、その後広告代理店に入社されて社会人として働く。しかし、落語の事が忘れられなかったことで会社を退社し、立川談志に29歳の時に弟子入りをする。弟子入りしてから3ヶ月後には立川談志が落語協会を脱退したことで前座として高座に立つことも、寄席の仕事も体験することがなかった。けれどもその後、立川志の輔は演劇的要素を取り入れた古典落語を展開させる落語家となり、立川談志から「立川流の最高傑作」と言われる大成功を収める。また現在も毎年行われている「志の輔らくご」を1984年から続けられる活躍もみせている。さらに、現在では能や狂言とコラボレーションした新しい落語の取り組みにも努めている。1985年には「朝のホットライン」でレポーターに起用されたことでタレントとしても人気を集め、テレビ局からのオファーが増えてきた。そして現在は「ガッテン!」のおなじみの司会者のイメージが強く持たれている。テレビやCMでの活躍が注目されている立川志の輔は、落語家としての実力と人気も高い。そんな立川志の輔は2018年には富山国際大学の客員教授にも就任されて3年の任期で故郷での活躍の場を増やしている。

関連アーティスト

歌舞伎・伝統芸能のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

立川志の輔 のチケットをご購入されたお客様の声

  • 正規の値段より安くしていただき、しかもとても良い席で、ホントに楽しい時間を堪能させて頂きました。
    ありがとうございました。

    02/06(木) 19:00 PARCO劇場(パルコ劇場) 志の輔らくご PARCO劇場こけら落とし