チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

中村勘九郎 チケット売買一覧

中村勘九郎のライブ・コンサート

開催地域

開催公演

歌舞伎町大歌舞伎

新宿梁山泊第77回公演『おちょこの傘持つメリー・ポピンズ』東京公演

明治座 十一月花形歌舞伎

開催日程

  • 中村勘九郎の公演一覧
  • 歌舞伎町大歌舞伎

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

中村勘九郎のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 77 人がチケットの出品を待っています!

中村勘九郎のチケット

2024-04-19更新

中村勘九郎 の詳細

六代目中村勘九郎は、東京都出身の歌舞伎俳優である。祖父は十七代目中村勘三郎、父は十八代目中村勘三郎、弟は二代目中村七之助、妻は女優の前田愛であるなど、豪華な芸能一族のうちの一人である。初お目見得は4歳時、1986年1月に歌舞伎座『盛綱陣屋』での小三郎役。翌年に二代目中村勘太郎として『門出二人桃太郎』で兄・桃太郎を演じ初舞台を経験する。2012年2月、東京・新橋演舞場で行われた『二月大歌舞伎』で、六代目中村勘九郎を襲名した。当公演では『土蜘』で僧智籌実ハ土蜘の精、『春興鏡獅子』の小姓弥生後ニ獅子の精などを演じている。歌舞伎界にとどまらず、大河ドラマ『新選組!』、映画『真田十勇士』、『銀魂』シリーズ、ドキュメンタリー番組『世界遺産』のナレーションを務めるなど、多方面で活躍している。初受賞は2001年の日本映画批評家大賞の新人賞で、それは『ターン』でのグラフィックデザイナー役によるものである。欅坂46のファンであると公言しており、彼女たちの野外ワンマンライブでメンバー本人から観客席にいたところを目撃されたエピソードもある。今後の多方面な活躍が楽しみな一人である。

関連アーティスト

歌舞伎・伝統芸能のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. 中村勘九郎のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. 中村勘九郎のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄に中村勘九郎と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されている中村勘九郎のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. 中村勘九郎のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. 中村勘九郎のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. 中村勘九郎のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. 中村勘九郎のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. 中村勘九郎のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

六代目中村勘九郎は、1986年にデビューした歌舞伎役者で、屋号は「中村屋」。1981年、十八代目中村勘三郎の長男として生まれ、弟は二代目中村七之助、妻は女優の前田愛と、豪華な芸能一族のうちの一人である。4歳のとき東京・歌舞伎座「盛綱陣屋」の小三郎役で初お目見え、翌年に二代目中村勘太郎として「門出二人桃太郎」兄の桃太郎役として、弟・七之助とともに初舞台を踏む。2012年2月には六代目中村勘九郎を襲名、歌舞伎界にとどまらず、NHK大河ドラマ「新選組!」、映画「真田十勇士」「銀魂シリーズ」、ドキュメンタリー番組「世界遺産」のナレーションを務めるなど、多方面で活躍している。2019年にはNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」で主役の金栗四三を演じた縁で、2022年、東京オリンピックの際に聖火リレーの最終ランナーを務めたことも。アイドル好きで欅坂46日向坂46のファンであり、歌舞伎の中にメンバーの口癖を取り入れるなど、遊び心ある気さくな人柄も魅力のひとつ。2024年には昨年開業したばかりの東急歌舞伎町タワーTHEATER MILANO-Za」にて「歌舞伎町大歌舞伎」に出演予定。長男の三代目中村勘太郎、次男の中村長三郎と出演する舞踊「流星」の親子共演や、全国巡業する「十八世中村勘三郎十三回忌追善中村勘九郎 中村七之助 春暁歌舞伎特別公演2024」など、注目公演が控えている。

六代目中村勘九郎は、1986年にデビューした歌舞伎役者で、屋号は「中村屋」。1981年、十八代目中村勘三郎の長男として生まれ、弟は二代目中村七之助、妻は女優の前田愛と、豪華な芸能一族のうちの一人である。4歳のとき東京・歌舞伎座「盛綱陣屋」の小三郎役で初お目見え、翌年に二代目中村勘太郎として「門出二人桃太郎」兄の桃太郎役として、弟・七之助とともに初舞台を踏む。2012年2月には六代目中村勘九郎を襲名、歌舞伎界にとどまらず、NHK大河ドラマ「新選組!」、映画「真田十勇士」「銀魂シリーズ」、ドキュメンタリー番組「世界遺産」のナレーションを務めるなど、多方面で活躍している。2019年にはNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」で主役の金栗四三を演じた縁で、2022年、東京オリンピックの際に聖火リレーの最終ランナーを務めたことも。アイドル好きで欅坂46日向坂46のファンであり、歌舞伎の中にメンバーの口癖を取り入れるなど、遊び心ある気さくな人柄も魅力のひとつ。2024年には昨年開業したばかりの東急歌舞伎町タワーTHEATER MILANO-Za」にて「歌舞伎町大歌舞伎」に出演予定。長男の三代目中村勘太郎、次男の中村長三郎と出演する舞踊「流星」の親子共演や、全国巡業する「十八世中村勘三郎十三回忌追善中村勘九郎 中村七之助 春暁歌舞伎特別公演2024」など、注目公演が控えている。