チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

文楽 リセールチケット一覧

文楽のライブ・コンサート

開催地域

開催公演

内子座文楽第25回公演

人形浄瑠璃 文楽【昼夜通し券】

人形浄瑠璃 文楽

令和6年夏休み文楽特別公演

Discover BUNRAKU - 外国人のための文楽鑑賞教室 -

開催日程

  • 文楽の公演一覧
  • 内子座文楽第25回公演

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down

文楽のチケット

2024-07-15更新

文楽 の詳細

文楽とは、日本の伝統芸能の一つで、人形浄瑠璃の系譜である。主に大阪で盛んに行われている。2009年にユネスコ無形文化遺産に登録されたことでも知られる。文楽は太夫・三味線・人形遣いの3名によって成り立つ総合芸術であると言われている。太夫は語り部のことで、浄瑠璃の内容を的確に、登場人物の心情を表現していく。三味線は重厚な音色で、情景や登場人物の心情を印象的に響かせるという使命を持つ。最後の人形遣いは3名おり、それぞれ動かす箇所が異なっており、すなわち一つの人形を3人でタイミングよく動かしていくのである。文楽は三位一体の芸術であり、これらは絶妙なバランスの上で成り立っているのである。演目は「時代物」、「世話物」、「景事」の3種類がある。

関連アーティスト

歌舞伎・伝統芸能のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

FAQ

買い手
Q. 文楽のチケットはどうやって買えますか?

A. チケットの購入をご希望の方は以下のページから購入が可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの購入はこちら

Q. 文楽のチケットを探すにはどうしたらいいですか?

A. ページ上部の検索欄に文楽と入力いただくと該当の公演を検索できます。

Q. 出品されている文楽のチケットで売り手に確認したいことがあります。

A. 確認事項がある場合は、コメント機能を使って直接売り手様へご質問ください。

Q. 文楽のチケットの入金期限を延長してください。

A. 申し訳ございませんが、入金期限は延長できかねます。お手数ですがお支払いできるタイミングでの購入をお願いいたします。

Q. 文楽のチケットはいつ受取通知すればいいですか?

A. チケットの発送方法によって異なります。詳しくはこちら

売り手
Q. 文楽のチケットはどうやって売れますか?

A. チケットの譲渡・販売をご希望の方は以下のページから可能です。ご登録がまだの方はまず新規登録からお願いします。チケットの譲渡・販売はこちら

Q. 文楽のチケットの出品の仕方を教えてください。

A. 電話番号認証後、ページ上部の検索欄でアーティスト名を入力してください。詳しくはこちら

Q. 「出品者からの説明」には何を書けばいいですか?

A. 出品のご事情や受け渡し時の条件、発券時の手数料の有無等を書かれる方が多いようです。

Q. 文楽のチケットで誤って発送通知をしてしまいました。どうしたらいいですか?

A. 一度行った発送通知は取り消しができません。買い手様へ事情をご説明の上、実際に発送された際あらためて取引連絡にて発送の旨お伝えください。

文楽は、大阪の人形浄瑠璃で伝統芸能の1つ。大阪市の国立文楽劇場を本拠地として公演されており、出前公演や地方公演も行われている。江戸時代初期に三味線音楽、浄瑠璃と人形芝居が結びついて誕生したとされ、義太夫節浄瑠璃の創始者である竹本義太夫が「竹本座」を建てて普及に努めた。隆盛の時に多くの興行元があったが、明治以降に興行元が「文楽座」のみとなった為に、「文楽」の名称が人形浄瑠璃の代名詞となった。演じられるのは男性のみで、太夫・三味線・人形遣いの「三業(さんぎょう)」で成り立つ総合芸術。太夫は、三味線の演奏にあわせて物語や登場人物の台詞を語る。三味線は、響きが重い三味線を弾き、人形遣いは、1734年の「芦屋道満大内鑑」で三人遣いが考案されてからは3人で操る。2003年にユネスコから「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」として宣言されてたことで人気が復活し、2014年度の平均入場者数は過去最高となった。語りや三味線、人形遣いの技術だけではなく、人形の華やかな衣装や動きも見どころ。

文楽は、大阪の人形浄瑠璃で伝統芸能の1つ。大阪市の国立文楽劇場を本拠地として公演されており、出前公演や地方公演も行われている。江戸時代初期に三味線音楽、浄瑠璃と人形芝居が結びついて誕生したとされ、義太夫節浄瑠璃の創始者である竹本義太夫が「竹本座」を建てて普及に努めた。隆盛の時に多くの興行元があったが、明治以降に興行元が「文楽座」のみとなった為に、「文楽」の名称が人形浄瑠璃の代名詞となった。演じられるのは男性のみで、太夫・三味線・人形遣いの「三業(さんぎょう)」で成り立つ総合芸術。太夫は、三味線の演奏にあわせて物語や登場人物の台詞を語る。三味線は、響きが重い三味線を弾き、人形遣いは、1734年の「芦屋道満大内鑑」で三人遣いが考案されてからは3人で操る。2003年にユネスコから「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」として宣言されてたことで人気が復活し、2014年度の平均入場者数は過去最高となった。語りや三味線、人形遣いの技術だけではなく、人形の華やかな衣装や動きも見どころ。