チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

国立演芸場 チケット売買一覧

国立演芸場は、1979年に開場された独立行政法人日本芸術文化振興会が運営する演芸場である。開館公演は「日本の寄席芸東西芸人揃いぶみ」であった。東京メトロ永田町駅または半蔵門駅が最寄りとなる。全席300席で原則下席は行われていない。落語協会と落語芸術協会が出演を配給しており、協会の垣根を超えて様々な落語家の噺を観覧することができる。貸劇場として、立川志らくや春風亭一門など多くの人気落語家が独演会等を行なっているとあり、落語ファンからも重宝されている。近年、若者の間でも落語を嗜む人が増えてきており、伝統芸能を臨場感溢れる生で見られる演芸場に足を運んでいる姿が見られる。毎月行われる、若手中心の「花形演芸会」や熟練の落語家たちによる「国立名人会」は、大盛況となっている。

国立演芸場のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

公演がありません
現在公演がありません。

こちら より公演登録依頼が可能です。

お気に入りに登録すると、新着のイベントが追加された時にメールでお知らせします!

お気に入りに登録

国立演芸場は1979年に国立劇場の一部として開場した、国立の演芸場である。独立行政法人日本芸術文化振興会が運営しており、東京都千代田区隼町に位置している。主に落語や演芸の公演に使用されている。1階に演芸資料展示室とチケット売り場、2階に300席の劇場と売店「あおやぎ」がある。公演は上座と中座であり、下座はない。落語協会と落語芸術協会が上座と中座を分け、出演者を配給。基本的に昼の部のみで、夜の部も行われる場合は2回とも同じ出演者が出演する。月に一度「国立名人会」が行われ、協会の壁を超えた出演者が顔付けされる。開催日時は月ごとに異なる。1月上席は「新春国立名人会」が開催され、毎月最後の週の週末には若手が出演する「花形演芸会」が行われている。

関連アーティスト

歌舞伎・伝統芸能のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

国立演芸場 過去のチケット

  • 国立演芸場 白酒ひとり 節分編
    2019/02/04(月) 18:50 国立演芸場
    男性名義 郵送 あんしん補償対象
    • 1 枚
  • 国立演芸場 平成30年度(第73回)文化庁芸術祭主催 明治150年記念 特別企画公演 芸術祭寄席-寄席芸に映る明治のおもかげ-
    2018/11/27(火) 13:00 国立演芸場
    名義なし 郵送
    認証済み出品者
    あんしん補償対象
    • 1 枚
  • 国立演芸場 平成30年度(第73回)文化庁芸術祭協賛 特別企画公演 「正蔵 正蔵を語る」
    2018/11/25(日) 13:00 国立演芸場
    名義なし 郵送
    認証済み出品者
    30%OFF あんしん補償対象
    • 2 枚
ランキング

歌舞伎・伝統芸能人気イベントランキング