チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

RENT (レント) チケット売買一覧

RENT (レント)はアメリカのブロードウェイミュージカルで、ジョナサン・ラーソンが作詞・作曲・脚本を手がけた作品である。RENTは1996年2月にオフブロードウェイで初演を迎え、同年4月下旬にブロードウェイへ舞台を移した。その後RENTの人気は瞬く間に広がり、同年のトニー賞で最優秀作品を含む4部門を受賞、さらにピューリッツア賞ドラマ部門で最優秀作品賞を受賞するなど歴代ブロードウェイの中でも大ヒットを記録した。 RENTは現代社会の若者の様々な生き方や苦悩を見事に描いている。特に、ミュージカル作品で敬遠されていた社会的弱者(エスニックマイノリティ、麻薬中毒、HIV、性的少数者)に焦点を当てて、現代社会の問題をありありと描いている点が秀逸である。また、舞台上映中に登場人物皆が横一列になって歌うSeasons of loveは観客を魅了する。 RENTの影響は世界中に広がり、世界15カ国で翻訳、上演された。日本には2016年に初来日し連日ソールドアウトになる程の熱狂を生み出した。そのレントが2018年夏再来日する。

RENT (レント)のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

公演がありません
現在公演がありません。

こちら より公演登録依頼が可能です。

お気に入りに登録すると、新着の演劇・ミュージカルが追加された時にメールでお知らせします!

お気に入りに登録

RENTは、1996年2月13日にオフブロードウェイニューヨーク・シアター・ワークショップで初演されて以来、そのメッセージ性の強いストーリーがたちまち話題となり、様々な賞を獲得しては世界各国で上演されるようにり、今もなお世界中に熱狂的ファンがいることで知られる伝説のミュージカルである。夢を追いかける若者たちが社会の不条理に振り回され、挫折や喪失感を経験しながらも成長を遂げていくというストーリーであり、HIVポジティブや同性愛者などが直面している問題を取り上げた作品である。それまでミュージカルなどでは敬遠されていた題材であったため、多くの話題を集めることになりピューリッツァー賞ドラマ部門で最優秀作品賞を獲得している。世界各国で上演されるたびに熱狂的ファンは増え、日本においても2018年8月に17公演、さらに2020年にも公演を予定されている。 RENTは、1996年2月13日にオフブロードウェイニューヨーク・シアター・ワークショップで初演され、その後ブロードウェイに舞台を移すと、たちまち大人気となったミュージカルである。原作はプッチーニ作のオペラ「ラ・ボエーム」であり、ジョナサン・ラーソンが作詞・作曲・脚本をほぼ独力で書き上げたこの作品は、不条理に満ちた社会に身を置いている若者たちがそれぞれの悩みを抱え、挫折や喪失感を経験しながらも夢を追いかけていくというストーリーである。作品中にはHIVポジティブや同性愛者などが直面している問題も取り上げており、そのメッセージ性の高さから世界中の人々に影響を与えることになった。名だたる賞も獲得しており、トニー賞ミュージカル部門やピューリッツァー賞ドラマ部門などにおいて最優秀賞作品賞をはじめとした数々の栄誉に輝いている。ブロードウェイでは連続上演5140回という偉業を達成しており、これは歴代8位となっている。世界各国でも上演されるようになり、日本でも2018年8月に東急シアターオーブで上演されており、2020年にもすでに公演が決まっている。作者のジョナサン・ラーソンはプレビュー公演の前日である1996年1月25日に急死してしまっているが、彼の残したこの作品は今もなお世界中に熱狂的ファンが存在し、伝説のミュージカルと言われている。

関連アーティスト

その他の演劇・ミュージカルのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

RENT (レント) 過去のチケット

ランキング

その他の演劇・ミュージカル人気演劇・ミュージカルランキング