ゴールデンカムイ – 最終章突入!凄腕狙撃手、尾形百之助とは?ネタバレ徹底解説!

ゴールデンカムイ – 最終章突入!凄腕狙撃手、尾形百之助とは?ネタバレ徹底解説!

週刊少年ジャンプで連載中の原作漫画が最終章に突入し、大いに盛り上がりを見せる野田サトルの『ゴールデンカムイ』。アニメ第三期も絶好調のうちに幕を閉じ、続編の放映が待たれます。

グルメにバトルにバイオレンスにお色気、面白い要素だけ凝縮したエンターテイメントの真骨頂『ゴールデンカムイ』とはどんな話なのでしょうか?

今回は主人公・杉元佐一に次ぐ人気キャラクター、尾形百之助(おがたひゃくのすけ)に焦点を当て、『ゴールデンカムイ』の魅力をご紹介します。

『ゴールデンカムイ』原作情報

概要

『ゴールデンカムイ』は週刊ヤングジャンプ2014年38号から連載スタートした野田サトルの漫画。ジャンルはひと呼んで和風闇鍋ウェスタン

2021年6月時点でシリーズ累計発行部数1600万部を突破した大ベストセラーで、名実ともにヤングジャンプを牽引する看板作品となっています。

本作では明治末期の北海道を舞台に、アイヌの長老たちが遺した莫大な埋蔵金を巡り熾烈な争奪戦が繰り広げられます。

想い人の目の手術費用を稼ぐ為に一攫千金を目指す主人公・杉元佐一をはじめ、埋蔵金の地図を刺青として皮膚に刻んだイロモノもといクセモノぞろいの脱獄囚たち、新選組の生き残りである鬼の副隊長・土方歳三、屯田兵を前身とし精強をもって知られる帝国陸軍第七師団など、複数の勢力が絡む壮大なドラマが展開されて目が離せません。

また、忘れてはならないのが杉元たちが北海道を旅する中で自ら狩猟・調理するグルメの数々。

鮭のルイペやチチタプに代表されるアイヌの伝統料理はもちろんの事、リスの脳味噌やカワウソの頭など、今日ではゲテモノ扱いされる珍味まで強欲に食べ尽くします。

アイヌ語で「おいしい」を指す「ヒンナ」は「ゴールデンカムイ」で一番登場回数が多いセリフといっても過言ではありません。

公式ファンブックにはレシピも記載されているので、北海道料理に興味がある読者は挑戦してみてはいかがでしょうか。

北海道関連の企業とのコラボにも積極的で、『ゴールデンカムイ』のキャラクターがデザインされたサッポロ缶ビールの限定発売も記憶に新しいですね。

ドン・キホーテとのコラボではメインキャラクターたちのレアな洋装が拝めます。

『ゴールデンカムイ』の賞歴

アイヌ民俗学を徹底考証した描写や北海道の開拓史を取り入れた作風が評価され、2018年に手塚治虫文化賞のマンガ大賞、2021年に第24回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門ソーシャル・インパクト賞を受賞しました。

なおヤングジャンプ公式サイトでは最終章突入を記念し、2021年7月29日から9月17日まで全話無料公開されています。

連載スタートから2年後の2016年にはこのマンガがすごい!オトコ編で第二位、及びマンガ大賞を受賞しており、注目度の高さがうかがえますね。

「このマンガがすごい!WEB」では野田サトルへのインタビューも行われており、ファン必読の創作裏話が掲載されています。

あらすじ

時代は日露戦争後、舞台は明治末期の北海道・樺太。

元陸軍兵の杉元佐一(すぎもとさいち)は、親友の未亡人である幼馴染・梅子の眼病の治療費を稼ぐ為、冷たい小川で砂金を採っていました。
しかしさっぱり成果が出ず途方に暮れていた時、そばで休んでいた飲んだくれからアイヌの埋蔵金の噂を聞かされます。
直後に杉元は冬眠明けのヒグマの襲撃を受けて命からがら逃げだすものの、絶体絶命の窮地を突如として現れたアイヌの美少女・アシリパに助けられました。

このアシリパの父・ウイルクこそがアイヌの埋蔵金を隠した張本人だったのです。

ウイルクを殺害し金塊を奪った犯人・のっぺら坊は不落の網走監獄に収監されていましたが、同房の囚人たちの肌に埋蔵金の地図を彫って脱獄させます。
その地図、通称・刺青人皮の暗号を解読すれば莫大な埋蔵金が手に入るとあり、杉元とアシリパは行動を共にすることになるのでした。

一方で北海道に駐屯する陸軍第七師団の情報将校・鶴見篤四郎や、新選組の生き残りとして網走監獄に幽閉されていた土方歳三も、それぞれの目的を胸に埋蔵金の強奪を目論んでいました。

はたしてアイヌの未来が託された埋蔵金は誰の手に渡るのでしょうか?

『ゴールデンカムイ』原作者・野田サトルの情報

ペンネームは野田サトル、本名は野田智。北海道北広島市出身の生粋の北海道人。
2003年にデビュー後、2011年から2012年まで週刊ヤングジャンプにてアイスホッケー漫画『スピナマラダ!』(全6巻)を連載していました。

しかし読者の支持を得られず打ち切りの憂き目に遭い、次回作構想中に「猟師の話を描かないか」と担当編集のアドバイスを経て、日露戦争帰りの曽祖父の体験をベースにした『ゴールデンカムイ』を誕生させました。杉元佐一の名前は曽祖父からとっています。

作者のTwitterには『ゴールデンカムイ』の裏話や、シリアスな本編の箸休め的にくすっと笑える落書きが投下されています。

『ゴールデンカムイ』アニメ情報

制作スタジオ

『ゴールデンカムイ』は2021年現在、第三期の樺太編まで放映されています。制作スタジオはジェノスタジオ。

第一期オープニング・エンディングテーマ

第一期のオープニングテーマはMAN WITH A MISSIONによる「Winding Road」、エンディングテーマはTHE SIXTH LIEによる「Hibana」。

第二期オープニング・エンディングテーマ

第二期オープニングテーマはさユり&MY FIRST STORYによる「レイメイ」、エンディングテーマはeastern youthによる「時計台の鐘」。

第三期オープニング・エンディングテーマ

第三期オープニングテーマはFOMAREによる「Grey」、エンディングテーマはTHE SIXTH LIEによる「融雪」。

『ゴールデンカムイ』尾形百之助とは?

尾形百之助の初登場回

尾形百之助の初登場は原作一巻、アニメは第一期二話。この時は杉元を包囲する第七師団の一人の扱い(即ちモブ)ですぐ退場します。時系列的にはなんと白石より前に登場している最古参です。

五巻で再登場した際には坊主頭から髪が伸び、ダンディズム溢れるオールバックにヘアチェンジしています。作者の画力の向上ぶりにも目を疑いますね。

両頬の縫い傷は杉元に負わされた大怪我の痕で、山猫のヒゲに見立てたチャームポイントになっています。何かとオールバックを撫で付けるのが癖です。

髪型を変えた理由は作者曰く「解放感」とのこと。

尾形百之助のプロフィール

尾形百之助は帝国陸軍北海道第七師団歩兵第27聯隊に所属する極めて優秀な狙撃手。階級は上等兵。年齢は杉元より上、白石より下です。

狙撃の腕前は群を抜いており、有効射程距離500メートルと言われた三十年式歩兵銃で2キロ先の標的に命中させます。本人曰く「300メートル以内なら確実に敵の頭を撃ち抜ける」そうです。

なお彼が狙撃の天才なのは、幼少時にともに暮らした猟師の祖父の仕込みによるものと推察されます。

第七師団を率いる情報将校・鶴見一派ではありますが、後に登場する鯉登や宇佐美のように彼のカリスマ性に心酔しているわけではなく、当初から懐疑的な見方をしていました。

そんな尾形をさし、鶴見は以下のごとく述べています。

「腹の底を見せない」

人たらしの鶴見を警戒し、その手駒に落ちるのを是とせず、隙あらば裏切ろうと企んでいた尾形。

利害さえ一致すれば杉元や土方一派とも手を組みますが、片や長い間旅を共にした仲間も平気で裏切る狡猾で冷酷な男です。

作中では時折不敵な微笑みを見せますが、基本的にポーカーフェイスで感情を表に出しません。
反面プライドが高い自信家で、「ヤマシギを撃ち落とすのは難しいからやめておけ」と注意された際はむきになって仕留めて得意がっていました。
皮肉屋な一面もあり、杉元の無鉄砲ぶりを度々からかっています。

狙撃手の特性によるものか銃に対するこだわりは一際強く、温泉に入浴中もそばにおくなど用心深さは筋金入り。銃を雑に扱って壊した杉元やまんまと盗まれた白石を侮蔑するあたり、狙撃手として独自の美学を持っているのでしょうね。

特筆すべきはそのサイコパスな人格。ネタバレになりますが、尾形は異母兄と両親を手にかけた壮絶な過去を秘めています。
しかし身内を殺した際も罪悪感は一切抱かず、そんな自分の異常性を自覚しています。

公式が付けたキャッチコピーは「孤高の山猫スナイパー」。これは後述する蔑称とスナイパーを題材にした映画「山猫は眠らない」をもじったもの。

『ゴールデンカムイ』書店購入特典ブックカバーでは、並み居る人気キャラクターをさしおいて「やまねこのきもち」が採用されました。貴重なセクシーショットが拝めるのでファンなら買って損はありません。

なお利害優先で陣営を変える日和見ぶりからコウモリ野郎とも呼ばれています。好物はあんこう鍋だそうです。

尾形百之助の生い立ち

尾形は元第七師団長・花沢幸次郎中将とその妾である浅草芸者の間に生まれます。

花沢中将の正妻が男児を授かった為、尾形は幼くして母方の祖父母が住む茨城の田舎に逼塞しました。

赤子の頃に母ともども捨てられた尾形ですが、自称バアチャン子であり、祖父母との仲はまずまず良好だった模様です。

しかし花沢中将に捨てられた母は心を病み、彼の好物のあんこう鍋を作っては帰りを待ち続けるようになりました。

最初は母が作るあんこう鍋を素直に喜んでいた幼少期の尾形も次第に異変を察し、祖父の銃で鳥を撃ち、これで鍋を作ってほしいと頼みます。

されど母はあんこう鍋を作るのをやめず、最終的に尾形が殺鼠剤を盛って殺害しました。

哀れな母を見るに耐えかねたのでしょうか?

あるいは母の無理心中の計画に気付き、先回りしたのかもしれません。幼い息子など眼中になく、自分を捨てた男の幻を追い続ける母に振り返ってほしい一心だったとも解釈できます。

成長した尾形は上京、陸軍に入隊します。同じ第七師団に配属された花沢勇作少尉は異母弟にあたり、彼を「兄様」と慕っていました。

「一人っ子育ちなのでずっと兄が欲しかったのです」

人を疑うことを知らない勇作の屈託なさは尾形の劣等感を刺激し、自分とは対照的に両親に愛され育った異母弟への反感を育てていきます。

当時の尾形は「山猫の子は山猫」と言われ、第七師団内でも孤立していました。山猫は芸者の隠語で、即ち「芸者の子は芸者」と揶揄されていたわけです。

軍隊の規律が緩むと渋る尾形を兄様と呼んで憚らない勇作。尾形は表面上は物分かり良い兄を演じ、勇作を汚そうと画策します。

しかし軍の士気を上げる旗手として童貞たれと定められた勇作を芸者遊びに誘い、「童貞を捨てても言わなければわからない」と唆すものの、きっぱり断られてしまいました。

日露戦争では勇作とともに二〇三高地に出征。

ロシアの捕虜の殺害を仕向けたりどうにか弟を引きずり下ろそうとしますが、やはり勇作は承知しません。

遂に尾形は勇作に対し「人を殺しても何も感じない欠落」を告白しました。すると勇作は涙ながらに尾形を抱擁して言いきります。

「兄様はけしてそんな人じゃない きっと分かる日が来ます 人を殺して罪悪感を微塵も感じない人間がこの世にいて良いはずがないのです」 

このセリフは既に母を殺めた尾形の存在を全否定するものでした。

翌日尾形は勇作を後方から射殺。帰国後は鶴見中尉の指令を受け、第七師団長の実父を自刃に見せかけて葬りました。

その際、尾形は末期の父に語りかけています。

「少しでも母に対する愛情が残っていれば、父上は葬式に来てくれるだろう」

「母は最後に愛した人に会えるだろう」

「でも、あなたは来なかった」

「少尉殿に対する妬みで殺したわけじゃありません。父上を苦しませたい……というのとも、ちょっと違う。ただひとつ確かめてみたかった。勇作さんの戦死を聞いた時……父上は俺を想ったのか……無視し続けた妾の息子である俺が、急に愛おしくなったのではないかと……」

「祝福された道が俺にもあったのか……」

父の最期に実母と異母弟を殺めた罪を告白したものの、花沢中将は「貴様の言うとおり何かが欠けた人間、出来損ないの倅じゃ。呪われろ」と唾棄するにとどまりました。

母と父、そして異母弟までも手にかけた尾形。本当の自分を見てもらえない鬱屈と虚無は、どれほどの絶望を生み出したのでしょうか。

尾形百之助の活躍

日泥一家の抗争に乱入!土方とまさかの共闘

茨戸の理容室に立ち寄った尾形は、町の利権を巡って久保田馬吉と日泥一家が対立している事を知り、署長とグルの馬吉に用心棒として自分を売り込みます。

一方、刺青人皮があると聞き付けた土方&永倉も到着。日泥一家側の用心棒として雇われ、尾形と対決を繰り広げました。
この戦いで実力を認め合い、以降尾形は土方一派に加わります。

衝撃の展開!網走監獄の伏兵、ウィルク=のっぺら坊と杉元を狙撃

アシリパの父・ウィルクと同一人物ではないかと疑いが浮上するのっぺら坊。真偽を確かめる為、杉元たちは網走監獄に突入します。

そこへ鶴見率いる第七師団も雪崩込み網走監獄は混迷を呈しました。

最終的にアシリパはのっぺら坊と再会を叶え、彼が実父ウィルクだと確信するのですが、直後にキロランケと通じた尾形がのっぺら坊を射殺。
激昂した杉元の脳天にも弾丸を叩き込みました。

不死身の杉元は奇跡的に一命をとりとめるもののウィルク=のっぺら坊は死亡。杉元の生存を知らず哀しみに沈むアシリパは、キロランケ&尾形によって樺太に連れ去られます。

なおウィルクの殺害はキロランケの指示によるものですが、杉元の狙撃はウィルクの情報漏洩を警戒した尾形の独断です。

樺太旅で深まる絆、アシリパの餌付け成功

尾形とアシリパの出会いは1巻、杉元が脱獄囚を捕まえ刺青人皮を写している場面。そこに乱入してきた第七師団の兵が尾形でした。

杉元に敗けた尾形は命をとられそうになりますが、アシリパが殺生を止めます。

その後江渡貝が刺青人皮の複製を手がけたエピソードで尾形含む土方一派と杉元たちが合流。尾形は土方とアシリパのやりとりから、アシリパの父=のっぺら坊ではないかと疑いを持ちました。

一緒に旅をする中で、寡黙な尾形に「チチタプしないのか?」とたびたび問いかけるアシリパ。
さらにヤマシギを見付けた時には、「よせ尾形、ヤマシギは蛇行して飛ぶのでその銃の弾じゃ当てるのは難しい」と狙撃手のプライドを逆なでします。

案の定むきになった尾形はドヤ顔でヤマシギを仕留めて凱旋。クールな山猫スナイパーが唯一アシリパにだけ子供っぽいリアクションを示すのに注目です。

網走監獄でのっぺら坊と杉元を狙撃後、失意のどん底のアシリパと共に船に乗った尾形は「しっかりしろ、元気を出すんだ。行こうアシリパ」と、彼には非常に珍しいことに気遣うそぶりを見せました。しかも杉元より先に呼び捨てしてます。

尾形がウイルタ民族の放牧するトナカイを誤って撃ち、その償いとして狩りに赴く時、キロランケに「ウィルクも昔同じことをした」と聞かされるアシリパ。

すると尾形は「一緒に行くか?」と声をかけ、二人で出かけていきました。

その後ウイルタ民族に化けてロシアに密入国を試みた際、尾形はロシアの狙撃手と対決。白い吐息が上がるのを防ぐ為潜伏中に雪を食べたのが祟り、低体温症に陥ってしまいました。

高熱に浮かされ苦しむ尾形をアシリパは付きっきりで看病します。目を覚ました尾形はアシリパと勇作を混同し、異母弟に宿っていた純粋さを彼女の中に見出しました。

回復後の食事では初めて「ヒンナ」と口にし、アシリパに心を開きます。

樺太編終盤では杉元とアシリパが再会し嘘が露見。「お前は信用できない」とアシリパに宣告されたのち、自らを弓で射るように仕向けて右目を負傷しました。憎まれ役を演じきってアシリパに殺人を唆す言動は、勇作を汚そうとした過去を彷彿とさせますね。

北海道に帰還後は右目に義眼を入れています。

ロシアの狙撃兵ヴァシリVS尾形、酷寒のスナイパー対決!

樺太編にて、ウイルタ民族に扮してロシアへ密入国を試みた尾形。そこに立ちはだかるのが狙撃兵ヴァシリです。

ヴァシリは樺太の国境警備隊に所属するロシアの狙撃兵。アレクサンドル2世暗殺の実行犯であるユルバルスことキロランケを待ち伏せていました。モシン・ナガン小銃を操り、200メートル離れた人間の頭部を撃ち抜く程の凄腕です。

狙撃の腕前は尾形とほぼ互角とされていましたが、一昼夜の睨み合いの末に囮にひっかかって惜しくも敗北。以降尾形にリベンジを誓って警備隊を脱走、日本に密入国しました。

二人の静かなる雪原の対決は素晴らしい緊迫感を孕み、『ゴールデンカムイ』屈指の名勝負に挙げる読者も多いです。

尾形百之助のモデルはカルロス・ハンコック

『ゴールデンカムイ』の登場人物には様々なモデルがいることで知られています。

白石のモデルは実在した昭和の脱獄王・白鳥由栄(しらとりよしえ)、牛山のモデルは史上最強の柔道家・牛山辰熊、二瓶鉄造のモデルは伝説の熊撃ち名人・山本兵吉……では尾形百之助のモデルは誰でしょうか?

尾形百之助のモデルは映画「山猫は眠らない」の狙撃手トーマス・ベケットのモデル、カルロス・ハンコックとされています。

根拠は「山猫は眠らない」の狙撃のシーンが尾形の狙撃姿勢に酷似していること。野田サトルが意図的にオマージュした可能性が高いです。

余談ですが『ゴールデンカムイ』には他にも名作映画や絵画のパロディが散りばめられており、さがしてみると楽しめますよ。

カルロス・ハンコックはベトナム戦争において活躍した天才スナイパーで、ホワイトフェザーの通称で恐れられています。異名の由来は迷彩帽に白い羽を付けていたことからきているそうです。

彼の信念は「One shot, One kill」即ち一撃必殺。現在でも米軍の狙撃兵教育プログラムの基盤となっているあたり、影響力の物凄さがうかがえるのではないでしょうか。

一度に93人を仕留めた戦績の持ち主でベトナム軍に3万USドルの懸賞金をかけられました。エレファント・バレーの戦いでは観測手と組んで5日間にのべ200人を足止めをし、アメリカ軍に大いに貢献しています。

尾形百之助の声優・津田健次郎の紹介

代表作

  • 七海健人(『呪術廻戦』)
  • ニーノ(『ACCA13区監察課』)
  • 鳴瓢秋人(『ID:INVADED』)

津田健次郎は1971年6月11日生まれ、大阪府出身。芸能事務所アンドステア所属の男性声優です。

『遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ』の海馬瀬人が当たり役となり、以降多数の作品に継続的に出演しています。

明治大学文学部文学科演劇学卒業のインテリであり、もともとは映画監督志望でした。演劇活動の経験が長い実力派としてアニメ声優の他にテレビ番組のナレーション等もこなし、現在注目を集めています。

尾形のねっとりしたセクシー低音ボイスは見事にハマっており、津田健次郎の代表キャラに挙げる声も根強いです。

『ゴールデンカムイ』尾形百之助の人気投票順位は?

2018年に開催されたGHA総選挙こと『ゴールデンカムイ』公式人気投票にて、尾形百之助は主人公の杉元に次ぎ、堂々2位にランクインしています。

大人の男のストイックな色気を感じさせる振る舞いやスナイパーの美学を貫くスタイルが女性ファンのハートを掴んだのでしょうか、ヒロインのアシリパをも凌ぐ躍進ぶりは目覚ましいです。

おわりに

以上、『ゴールデンカムイ』の人気キャラクター・尾形百之助をネタバレ徹底解説しました。

第七師団の狙撃兵として登場したものの鶴見に造反し、次々と陣営を渡り歩いて周囲を翻弄する尾形のミステリアスな魅力をもっと知りたい方は、ぜひ原作を読んでください。

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事