LOVEBITES(ラヴバイツ)メンバーの年齢や名前、意外な経歴とは…?

「WACKEN OPEN AIR」「DOWNLOAD FESTIVAL」など、世界最大級のメタルフェスに多数出演しているLOVEBITES(ラヴバイツ)。

日本のガールズメタルバンドとして、海外でも人気が高まりつつあります。

今回は、そんなLOVEBITESの経歴やメンバーのプロフィール、おすすめ曲を紹介していきます。

LOVEBITESとは?

LOVEBITESは、以下の5人のメンバーからなるガールズメタルバンド。

LOVEBITES・メンバー
  • asami(ボーカル)
  • midori(ギター)
  • miyako(ギター / キーボード)
  • miho(ベース、リーダー)
  • haruna(ドラム)

男性のバンドが大多数を占めるへヴィ・メタルシーンで異彩を放つ、超実力派のバンドです。

LOVEBITES結成まで

メンバーのmihoさんとharunaさんは、もともと「DESTROSE」というインディーズメタルバンドで活動していました。

しかし、メンバーの脱退が相次ぎ、2015年7月18日にバンドは活動休止。

mihoさんは2014年末に脱退したドラムのharunaさんを誘い、新たにガールズメタルバンドを結成するために動き出します。

プロの作曲家のデモテープで歌っていたasamiさんの歌を聴き、バンドにasamiさんが加入。その後ギターのmidoriさん、サポートギターのmi-ya(現在はmiyako)さんを加えて「LOVEBITES」が結成されました。

ビクターからメジャーデビュー

バンドは2016年に始動し、11月18日に渋谷TSUTAYA O-WESTで行われた「Girls Band Next Generation」にて初ライブを行います。

2017年、YouTubeで「Don’t Bite The Dust」のMVを公開し、5月24日には「THE LOVEBITES EP」でビクターエンタテイメントからメジャーデビューを果たしました。

海外に進出

デビューEPに続き、2017年10月に初の1stアルバムをリリース。そこからLOVEBITESが海外進出するまで、時間はかかりませんでした。

11月にイギリスの日本文化イベント「HYPER JAPAN Christmas 2017」に出演し、初の海外公演を果たします。翌日にはロンドンの老舗ライブハウス「THE UNDERWORLD」で公演し、現地の音楽関係者にアピールしました。

その後も「WACKEN OPEN AIR 2018」「BLOODSTOCK OPEN AIR」「DOWNLOAD FESTIVAL」など数々の有名メタルフェスに参加し、確実に知名度を上げています。

国内チャートで大健闘

その名を海外にまで轟かせたLOVEBITESの快進撃は止まりません。

発表する作品のチャート成績は右肩上がりを続け、2020年1月リリースの傑作3rdアルバム『ELECTRIC PENTAGRAM』はオリコンチャート初登場9位を記録。

ヘヴィメタルというジャンルが日本国内で苦戦を強いられる中、オリコンチャート10位の壁を打ち破ってみせたのは快挙としか言いようがありません。

美麗なルックスからは想像もつかない本格的なメタルサウンドに心を打ち抜かれたファンは数知れず、LOVEBITESのファンベースは雪だるま式にしていきました。

2021年2月には押井守総監督・西村純二監督のタッグによる新作アニメ『ぶらどらぶ』のテーマ曲として“Winds Of Transylvania”を提供。LOVEBITESが新しい次元に到達したことを高らかに告げる名曲に仕上がっています。

同年3月にリリースされたミニアルバム『GLORY, GLORY, TO THE WORLD』も全4曲とコンパクトなボリュームながら、バンドの成長が確かに刻まれた力作で、オリコンチャート初登場11位を記録。

人気と実力を兼ね備えた国内屈指のメタルバンドの座を確固たるものとしたLOVEBITESの活躍から目が離せません。

LOVEBITES・メンバー

asami(ボーカル)



2歳からクラシックバレエを習っており、高校卒業後にはジャズやヒップホップダンスを学ぶために渡米し、音楽の英才教育を受けてきました。

アメリカ留学中にマイナーリーグの国歌独唱を経験したことから歌にハマり、帰国後はさまざまな歌のオーディションを受けています。今まで、VAMPSやUVERworld、L’Arc~en~Cielなど数々の有名アーティストのバックコーラスを務めた経験もある実力派です。

元々はメタルを全く聴いたことがなく、本人曰く「異次元の音楽」だったそうです。

midori(ギター)



ESPのミュージシャン養成学校「MI JAPAN」を卒業後、「激情★めたりっちぇ」というガールズメタルバンドを結成。メジャーレーベルで活動した実績があります。



バンドのギターフレーズを自ら解説する動画を出していますが、かなり実力のあるギタリストだということがわかりますね。

激情★めたりっちぇは2016年2月に解散し、同年6月29日にLOVEBITESに加入しました。

MEMO
好きなバンドはANIMALS AS LEADERSで、お気に入りのギタリストはMEGADETHのKiko Loureiro。

miyako(ギター / キーボード)



SIAM SHADEのベーシストMATCHINさんのバンド「21g」でギターを担当しており、エモーショナルな演奏を得意としています。

LOVEBITESにはサポートギタリスト(当時の名前はmi-ya)として加入し、21gと兼任で活動していました。

しかし、21gは2019年に解散、LOVEBITESの正式なメンバーとして活動を開始します。

ステージ上ではキーボードを弾きながらギターを弾くこともあります。

miho(ベース、リーダー)



LOVEBITES結成の中心人物であり、リーダー。

結成前はドラムのharunaさんと共に「DESTROSE」というバンドで活動しており、活動休止後に新たなバンドとしてLOVEBITESを結成しました。

元々はゲームやアニメのオタクで、ロボットアニメの音楽や映像に魅せられたのがきっかけで音楽にのめりこむようになったそうです。

LOVEBITESを結成してから、mihoさんはインタビューの度に「WACKEN OPEN AIR」に出たい」と語っていたそう。見事その願いが叶い、2018年にWACKEN OPEN AIRへ出演を果たしました。

haruna(ドラム)



mihoさんと共に、インディーズメタルバンド「DESTROSE」で活動していましたが、結婚することを発表し、2014年12月に寿脱退。しかし、結婚の話はなくなり、脱退から1年半後にドラマーとして活動復帰することを発表しました。

13歳のころからドラムを習い始め、さまざまな音楽に触れて育ったharunaさん。地元のライブハウスで見たメタルバンドがきっかけで、メタルにハマったそうです。

現在、ドラマーの他にも「Sweet*Chu」という名前でハンドメイド作家としても活躍しています。

LOVEBITES・おすすめ曲

Don’t Bite The Dust



2017年5月にリリースした、彼女たちのデビュー作「THE LOVEBITES EP」に収録されている曲。

アイアン・メイデンを彷彿させるギターリフに、R&Bのようなソウルフルなasamiさんの歌が印象的です。歌メロはどこか和の雰囲気も感じますね。

harunaさんのツーバスを用いた激しいドラム、mihoさんのバキバキとしたフィンガーピッキングのベースは安定感抜群で、デビュー作とは思えないほどのクオリティです。

Rising



2018年発売のフルアルバム「CLOCKWORK IMMORTALITY」に収録されている曲。

王道パワーメタルサウンドとシンフォニックなストリングスが重なり、壮大な曲に仕上がっています。

ギターソロパートでは、無慈悲でテクニカルなフレーズを披露するmidoriさん、叙情的な泣きのソロを見せるmiyakoさんのどちらも迫力があって聴きごたえ十分です。

When Destinies Align



2020年1月リリースのフルアルバム「ELECTRIC PENTAGRAM」に収録されています。

DragonForceのようなメロスピサウンド、超絶技巧のユニゾンギターソロはまさに”本物”。その実力はもはやガールズバンド、ジャパメタの域を超えているのではないでしょうか。

ギターソロの裏でバンド全体の音圧を保ち続けるリズム隊にも注目です。

最新情報

最後に

日本を超え、海外メタルシーンでも活躍するバンド「LOVEBITES」について紹介しました。

同じく海外で活躍するAldiousMary’s Bloodなどのガールズメタルバンドと肩を並べ、日本のメタルを引っ張っていく存在となれるのではないかと期待しています。

LOVEBITESが気になった人は、ぜひ紹介したおすすめ曲や他の曲を聴いてみてくださいね。

あわせて読みたい!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事