「サカナクション」メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

「サカナクション」メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

勝手に体が動いてしまうような心地よいリズムと、デジタル音でありながらバンドスタイルを貫くという新ジャンルを築いてきた「サカナクション」。

山口一郎さんの類まれなるセンス才能が音楽の幅を広げ、新しさと驚きを届けてくれます。

ここでは、進化し続けるサカナクションの歴史やメンバーについてまとめており、その魅力に迫っていきたいと思います。

サカナクションについて


サカナクションは2005年に結成されたバンドで、男女5人のメンバーで構成されています。

2007年に現メンバーによってメジャーデビューを果たしました。

「サカナクション」の名前の由来については、メンバーの山口一郎さんがインタビューでこのように語っています。

ひねくれたことをやりたいなと思ってたんです。
僕の考えの基本は、メロディと言葉をどう伝えていくかを最重要として、その手段としてアレンジを使い、それをバンドでやるということなんです。
それには遊び心が必要で、いい意味でふざけたことをやりたかったので、バンド名にはあまり使われない響きの“サカナ”っていう言葉を使った。
魚って止まっているところから急に動き出したりするでしょ。
だから変化を恐れずやっていこうという意味を込めて、サカナのアクションでサカナクション。」

あわせて読みたい!

サカナクションのメンバー

山口 一郎(やまぐち いちろう)



・生年月日:1981年9月8日
・出身地:北海道小樽市
・担当:ボーカル・ギター

山口さんはほぼ全ての楽曲の制作に携わっており、サカナクションのフロントマンともいえる存在感を放っています。

音楽に目覚めたのは、両親が経営していた喫茶店でよく流れていたフォークソングがきっかけで、家にあるフォークギターで楽曲のコピーをしていました。

また、文学も音楽への影響を与えており、言葉を重視した楽曲制作を行っています。

両親の影響で俳句にも精通しており、俳人では寺山修司や種田山頭火、詩人では吉本隆明や石原吉郎を好んで読んでいたそうです。

影響を受けたアーティストは「レイ・ハラカミ」で、レコード店(HMV)でアルバイトをしていた時に店頭に流れていたのを聞いて、電子音楽へ憧れを持つようになりました。

17歳の時には、レコード会社のビクターの育成部門に所属し、若くしてその実力を買われ音楽に深く携わっていく環境に身を置くことができました。

2010年には右耳に突発性難聴を発症し、一時はほとんど聞こえない状態でしたが現在は少しずつ聞こえるようになってきたそうです。

岩寺 基晴(いわでら もとはる)



・生年月日:1981年3月11日
・出身地:北海道札幌市
・担当:ギター・コーラス
・愛称:モッチ

岩寺さんは結成当時からのオリジナルメンバーで、山口さんと札幌第一高校の同級生です。

サカナクションの前進バンド「ダッチマン」でもギター担当で、山口さんとは長い期間活動を共にしているためお互い信頼のおける関係といえます。

音楽に対する引き出しが多く、「ヒトリテクノ」として様々な機材を使用して音楽を表現していきます。

動画で確認するとその凄さを感じることができますが、1人でデジタル音とギターやベースをリアルタイムで録音しながら重ねていき、テクノロックを成立させていきます。

そのプレイスタイルは圧巻の一言。

サカナクション独特のサウンドはここから生まれています。

草刈 愛美(くさかり あみ)



・生年月日:1980年4月30日
・出身地:東京都
・担当:ベース・コーラス
・愛称:姐さん

草刈さんはメンバー唯一の北海道以外の出身で、既婚者であり2015年には第一子を出産しています。

10代のころから数々のバンドに参加しており、その実力は札幌のインディーズシーンでは有名になるほどでした。

グループ加入の経緯は、山口さんが前のバンド時代に草刈さんとよく対バンで共演しており、優れたベーシストだと認知していました。

そこで、草刈さんのバンドが解散したのを機に、山口さんがサカナクションに誘ったのがきっかけでした。

岡崎 英美(おかざき えみ)



・生年月日:1983年10月5日
・出身地:北海道小樽市
・担当:キーボード・コーラス
・愛称:ザキオカ、ザッキー

岡崎さんは幼いころからピアノを習っており、山口さんのアルバイト先(HMV小樽店)の同僚であったことがきっかけで、山口さんに実力を買われてのグループ加入となりました。

衣装が特徴的で、大きいサングラスやメガネなどでひと際存在感を放っています。

出身高校は、北海道小樽潮陵高等学校で道内有数の進学校ですが、極楽とんぼの加藤浩次さんも同じ高校出身という共通点があります。

江島 啓一(えじま けいいち)



・生年月日:1981年7月8日
・出身地:北海道札幌市
・担当:ドラム
・愛称:エジー

江島さんのグループ加入のきっかけは、山口さんの知人からの紹介でした。

学生時代にドラムを習い始め、最初に購入したレコードはジャズとのこと。

小学生の頃は、まだインターネットは普及しておらず、音楽に関する情報源は近所のお兄ちゃんだったと語っています。

そのお兄ちゃんにCDを貸してもらい、少しずつ音楽に触れていくうちにのめり込み、活動の幅を広げていきました。

デビューまでのいきさつ

山口さんと岩寺さんは高校の同級生で「ダッチマン」というバンドを組んで活動をしていました。

ダッチマンではUKロックをしていましたが、表現方法に限界を感じていました。

MEMO

地元の北海道でもUKロックが流行っておりそのままやっていても埋もれてしまうと感じ、いい歌を広めていくためにはアレンジという武器を使って面白いことをやってメロディに触れてもらえるようにしなきゃいけないと思ったそうです。

こうして考えぬいた先の方法論として、テクノのようなロックとはかけ離れたエッセンスを取り入れることで、より多くの人の耳に届くのではないかと思うようになりました。

ほどなくして、ダッチマンは解散。

その後山口さんは打ち込みのテクノやクラブなどで1人で活動をしていきますが、日本のフォークソングのようなメロディがテクノに合うと確信。

再び岩寺さんを誘い、サカナクションを結成しました。

その後現メンバーが次々と合流していき、現在のバンドスタイルが確立されていきました。

デビュー前の2006年、現メンバーの5人が揃った後、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZOの公募選出枠「RISING★STAR」の868組の中から選出され、見事出演を果たします。

当時のビクターの担当が、メンバーに何も告げずに楽曲を送ったものがそのまま採用されたそうです。

これをきっかけに、メジャーデビューのアルバムリリースに向け録音を開始することとなりました。

夏フェスの常連


サカナクションは夏フェスの常連で、デビュー前の2006年のRISING SUNから毎年のように様々な夏フェスに出演しています。

主な出演履歴を以下にまとめます。

2006年
 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO
2007年
 SUMMER SONIC 2007 <OSAKA>
2008年
 SUMMER SONIC 2008 <TOKYO>
 SUMMER SONIC 2008 <OSAKA>
 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO
 SWEET LOVE SHOWER 2008
2009年
 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009
 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO
 SWEET LOVE SHOWER 2009
2010年
 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010
 SUMMER SONIC 2010 <OSAKA>
 SUMMER SONIC 2010 <TOKYO>
 SWEET LOVE SHOWER 2010 -15th ANNIVERSARY-
2011年
 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011
 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZO
 SWEET LOVE SHOWER 2011
2012年
 FUJI ROCK FESTIVAL’12
 SWEET LOVE SHOWER 2012
2013年
 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013
 SONICMANIA 2013
 SWEET LOVE SHOWER 2013
2014年
 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014
 SONICMANIA 2014
 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO
 SWEET LOVE SHOWER 2014
2016年
 SUMMER SONIC 2016 <OSAKA>
 SUMMER SONIC 2016 <TOKYO>
 SWEET LOVE SHOWER 2016
2018年
 FUJI ROCK FESTIVAL 2018

「NF」(NIGHT FISHING)とは

サカナクションにおいて、「NF」は様々な意味を持ちます。

  1. 2枚目のオリジナルアルバム「NF」
  2. サカナクション主催のオーガナイズ・パーティ
  3. ビクターエンタテインメント内のレーベル「NF Records」
  4. バンド所有の音楽スタジオ
  5. スペースシャワーTVの番組『NFパンチ』

ここでは、3番目の「NF Records」について触れたいと思います。

サカナクションは、ビクターのサブレーベルである「BabeStar Label」よりデビューし、2009年にビクターエンタテインメントに移ります。

その後、いくつもの楽曲を発表し人気アーティストの階段を着実に登っていきますが、2015年にビクターエンタテインメント内に自主レーベルである「NF Records」を立ち上げました。

MEMO

「NF Records」は、通常の音楽制作・販売だけにとどまらず、音楽、ファッション、アートといったカルチャー全般を融合した新しい音楽表現のあり方を追求する発信地を作りたいという思いから設立。

11枚目のシングル「新宝島」が、新レーベルの第一弾楽曲となり、レーベルロゴは田中裕介さん(caviar)が手がけました。

おすすめ楽曲

ここからは、サカナクションの楽曲の中で特におすすめの曲を紹介していきます。

新宝島

作詞・作曲:山口一郎 2015年9月30日発売 11枚目シングル


草刈さんの復帰後、かつ新レーベル「NF Records」の第一弾シングルの作品で、昭和感満載のMVとこれぞサカナクションといえるリズムとポップさが特徴のシングルです。

映画『バクマン。』のタイアップ作品でもあり、映画製作関係者の目に留まっていたサカナクションが最適だということで起用され、キャストより先に決定していたということだから驚きです。

MEMO

『バクマン。』は、高い画力を持った真城最高と、文才と発想に長けた秀才である高木秋人を主人公とし、2人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりやその活動が描かれた作品で、山口さんは楽曲制作の中で手塚治虫さんを参考にし、「新宝島」というタイトルも手塚治虫作品から名付けました。

夜の踊り子

作詞・作曲:山口一郎 2012年8月29日発売 7枚目シングル


イントロからテクノ感満載ハネたリズム絶妙なコーラスが癖になり、サカナクションワールドに引き込まれていきます。

サカナクションらしさが全開に出ている作品で、自然と体が動いてしまいそうになりますが、サビを迎えると雰囲気がガラリと変わり壮大さが感じられます。

MVは富士山の麓で撮影され、メンバーのそばで踊っているのは、若手日本舞踊家の花柳凜さん( 花柳流 )と藤蔭里燕さん(藤蔭流)という豪華な映像となっています。

MEMO

映像を手掛けたのは、「NF Records」のレーベルロゴを手掛けた田中裕介さんです。

ネイティブダンサー

作詞・作曲:山口一郎 2009年1月7日発売 アルバム「シンシロ」収録曲


ピアノと歌のみで始まっていく曲に初めはバラードのような切なさが感じられますが、途中からはデジタルサウンドが詰め込まれたダンスミュージックに変化していきます。

MVにはステップを踏むダンサーの足元が多用されており、自然とダンスをしたくなるような気分にさせます。

デジタルシングルとして発表されたこの曲は、山口さんが影響を受けたエレクトロニックミュージシャンのレイ・ハラカミによってリミックスされました。

しかし2011年7月にレイ・ハラカミは亡くなり、遺作の1つとなってしましました。

最新情報

「SAKANAQUARIUM 光 ONLINE」発売

3月17日に「SAKANAQUARIUM 光 ONLINE」が発売されます!2020年8月16日に行われたサカナクションのオンラインライブを収録したものになります。
ライブの裏側の特典映像もありますので、ぜひご覧ください!

HPに新機能「NICEACTION」を設立

「日々の活動に対して、「良いな」と思ったときに「NICEACTION」で応援してください。」という文章と共に解説された新機能「NICEACTION」が話題となっています。
1口110円から直接サカナクションを応援できる機です。

まとめ

メロディ言葉に誰よりもこだわり、どう伝えるかを常に考えてきた山口一郎さん。

行きついた先は、心躍るたくさんのサウンドを届けてくれる「サカナクション」でした。

バンドでありながらもテクノと融合させたセンスは唯一無二のもので、これからも誰も聴いたことのないサウンドを届け続けてくれるでしょう。

この記事をシェアをしよう!

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事