髙木雄也【Hey! Say! JUMP】JUMPのセクシー担当!精神年齢最年少のギャップに撃ち抜かれる!

髙木雄也【Hey! Say! JUMP】JUMPのセクシー担当!精神年齢最年少のギャップに撃ち抜かれる!

2022年11月デビュー15周年を迎えるHey! Say! JUMP

平成生まれのメンバーのみで構成された初のジャニーズグループということで、結成当時から話題性に溢れていました。

今回は、JUMPの中でもアダルティな雰囲気でファンを魅了してきた髙木雄也さんをご紹介します。

スタイリッシュでクールな印象の髙木さんは、その長身を活かして2020年から雑誌「Fine」でレギュラーモデルを務めています。大人っぽい見た目に反して中身はとても可愛らしく天然な一面も持ち合わせています。

この記事では、そんな髙木雄也さんのプロフィールや魅力を徹底解説していきます。

あわせて読みたい!

Hey! Say! JUMPとは


Hey! Say! JUMPは、2007年11月14日『Ultra Music Power』でCDデビューしたジャニーズアイドルです。

メンバー全員が平成生まれで構成されており、まさに時代の最先端を行くグループとして世の注目を集めました。

グループの結成が発表されたのは、2007年9月24日のこと。当時、大人気だった期間限定ユニットHey! Say! 7の単独ライブ「JOHNNYS’ Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA」で正式に発表されました。

メンバーは、J.J.ExpressHey! Say! 7を兼任していた髙木雄也さん、有岡大貴さん、山田涼介さん、中島裕翔さん、知念侑李さんに加え、同じくJ.J.Expressだった伊野尾慧さん森本龍太郎さん

さらに、国民的アニメ「忍たま乱太郎」の主題歌を歌ったことでも有名なYa-Ya-yahから薮宏太さん八乙女光さん。そして、夏休み期間限定で活動していた岡本圭人さんを加えた10人体制で活動がスタートします。

あわせて読みたい!

こちらの公演の模様は、ダウンタウンが司会を務める音楽番組「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」にて生中継され、デビュー曲の『Ultra Music Power』も初披露しました。

MEMO

森本龍太郎さんは、現SixTONESの森本慎太郎さんの兄。岡本圭人さんは、同じくジャニーズの男闘呼組として活躍した岡本健一さんの息子。

あわせて読みたい!

結成が発表された時点で、グループ内に2つのユニットが生まれ、年上組の有岡さん、髙木さん、伊野尾さん、八乙女さん、薮さんHey!Say!BEST年下組の山田さん、知念さん、中島さん、森本さん、岡本さんHey! Say! 7を引き継ぎました。

デビュー曲は、同年に開催された「ワールドカップバレー2007」のテーマソングに起用され、Hey! Say! JUMPも公式サポーターを務めました。こうして瞬く間に全国的な知名度を獲得していきました。

「平均年齢15歳」と若くして栄光を掴んだHey! Say! JUMP。しかし、グループの結成は、すなわちJ.J.ExpressとYa-Ya-yahの自然消滅を意味しており、デビュー当時はメンバーやファンの間に複雑な想いが交錯していました。

2008年には森本龍太郎さんの未成年喫煙が発覚し、後にジャニーズを退所。

2009年には、山田さん知念さん、そして中山優馬さんから成るグループNYCがデビュー。単独で紅白歌合戦に出場するなど、JUMP内ではメンバー格差が浮き彫りになった時期もありました。

さらに、2018年からアメリカ留学のために活動休止していた岡本圭人さんが、2021年に俳優活動に専念するためグループを脱退するなど、Hey! Say! JUMPは常に活動体制を少しずつ変化せざるを得ない状況に置かれていました。

様々な逆境に直面してきたHey! Say! JUMPでしたが、活動を経ていくうちに独自の魅力を開拓していきます。

個性のぶつかり合いだけでなく、グループとしての一体感で魅せる表現が増加。人数を活かしたダイナミックなダンスフォーメーション新しい音楽ジャンルへの挑戦等、彼らの貪欲な姿勢さらなるファンの獲得へと繋がりました。

2020年には、Hey! Say! JUMPがYouTubeへ進出。正体不明のボーイズグループHoney Beeとして『狼青年』のMVをアップすると、顔を隠した状態にもかかわらず3日で150万回再生を突破し話題を呼びました。

髙木雄也さんとは?

髙木雄也さんのプロフィール

髙木雄也(たかきゆうや)

  • 愛称:髙木、雄也
  • 生年月日:1990年3月26日
  • 出身地:大阪府茨木市
  • メンバーカラー:紫
  • 身長:176cm
  • 血液型:O型
  • 好きな食べ物:お母さん特製おかかおにぎり
  • 特技:ダイビング、バスケ
  • 趣味:寺社仏閣巡り、料理
  • 主な出演舞台:「Endless SHOCK」(2005年)、「SHONENTAI PLAYZONE 2005 -20th Anniversary-Twenty Years …そしてまだ見ぬ未来へ」(2005年)、「薔薇と白鳥」(2018年)、「クイーン・エリザベス -輝ける王冠と秘められし愛-」(2019年)、「ブロードウェイと銃弾」(2021年)、「裏切りの街」(2022年)
  • 主な出演ドラマ:「しゃばけ」(2007-08年)、「ごくせん 第3シリーズ」(2008-09年)、「私立バカレア高校」(2012年)、「Dr.DMAT」(2014年)、「HAMU-公安警察の男-」(2014年)、「鼠、江戸を疾る2」第2話(2016年)、「FINAL CUT」(2018年)、「女王の法医学〜屍活師〜2」(2022年)、「ザ・タクシー飯店」(2022年)
  • 尊敬する先輩:堂本光一(KinKi Kids)

ジャニーズ事務所の入所経緯

髙木さんがジャニーズ入りを決意したのは、中学生のころ。当時、KinKi Kidsのコンサートに行き、堂本光一さんに魅了された髙木さん。自分も堂本さんのようになりたいと、中学3年生の時に自ら事務所に履歴書を送りました。

2004年6月12日にオーディションを受けて見事合格すると、翌日にはタッキー&翼のコンサートに呼ばれたそう。

順風満帆なスタートを切った髙木さんでしたが、当時はジャニーズに入所したことを友達にも言えず、高校生の間にデビューできなければ事務所を退所しようと考えていたそうです。

2005年には、堂本光一さん主演の舞台「Endless SHOCK」に出演し、憧れの人との共演を果たします。

あわせて読みたい!

その後、J.J.Expressに加入した髙木さんは、2007年に人気グループHey! Say! 7にメンバー入りし、瞬く間にHey! Say! JUMPとしてデビューを飾ります。

大人びた佇まいに反し、どこか自信を持ちきれず悩んだ時期もあったという髙木さん。

次の章からは、髙木さんがアイドルとしてどのように成長していったのか、そして自分らしさを開放したことで見出した魅力をご紹介していきます。

髙木雄也さんの魅力

精神年齢は最年少!?可愛すぎるギャップにハマること間違いなし!

ヤンチャそうな印象が強い髙木さんですが、実は天然で可愛らしい性格として有名です。メンバーからは「精神年齢最年少」と言われており、各所で天然エピソードを生み出しています。

鍋の具材である野菜をまとめてサラダと呼んだり、思ったことをすぐ口に出して有岡さんに叱られるなど、まるで子どものような天然ぶりです。

さらに「うたばん」(2008年5月22日放送)にHey! Say! JUMPが初登場した時のこと。

髙木さんはトークコーナーにて、メンバーが多いため、楽屋で一斉にドライヤーを使うとすぐにブレーカーが落ちてしまうというエピソードを披露。しかし、実際ドライヤーをよく使うのは髙木さん自身だったようで、周りのメンバーから即座に指摘されてしまいました。

また、滝沢秀明さんは自身のラジオ「タッキーの滝沢電波城」にて、髙木さんのメールにまつわるエピソードを明かしています。

2度にわたりドラマで共演した滝沢さんと髙木さん。クランクアップ後、髙木さんから感謝のメールを受け取った滝沢さんでしたが、文面をよく見ると「本当にお世話になりました いろいろとご迷惑をおかけしていたらごめん“ぬ”さい」と誤字があったそうです。

滝沢さんは、そのことには特に触れずに返信したそうですが、髙木さんの天然ぶりが可愛いくて仕方がなかったようです。

「Hey! Say! JUMP 高木雄也&知念侑李 ふたりっきり フランス縦断 各駅停車の旅」では、髙木さんが年上なので自分が引っ張っていくと奮起したものの、結局、現地の人とのやり取りは知念さんが頑張ってくれました。

そんな髙木さんですが、同じグループでも自分より入所が早いメンバーのことは未だに「君付け」で呼んでいる律儀な人でもあります。

逆に、他のメンバーからは呼び捨てで呼ばれているそう。年下メンバーからもイジられる”愛されキャラ”として定着しています。

ドラマ「ごくせん」でブレイク!その陰で育まれた薮宏太さんとの友情!

髙木さんが一躍有名になったのは、2008年に放送された「ごくせん 第3シリーズ」です。本作は、仲間由紀恵さん主演の熱血学園ドラマです。

過去には、嵐の松本潤さんKAT-TUNの亀梨和也さんなど、多くのジャニーズアイドルが出演してきましたです。

第3シリーズには、故・三浦春馬さん三浦翔平さん石黒英雄さんといった人気俳優に加え、当時、関西ジャニーズJr.だった中間淳太さん桐山照史さんといった豪華出演陣が肩を並べました。

髙木さんは、その中でもメインの不良高校生・緒方大和として出演。亀梨さんや赤西仁さんが出演した前作がとてつもない人気を博していたこともあり、少なからずプレッシャーも感じていたようです。

人気ドラマで主要メンバーに選ばれたものの、髙木さんは当時、ドラマとグループ活動の狭間で葛藤を抱えていました。

撮影の合間をぬって新曲の振り付けを1人で覚えたものの直前で変更になる等、物事が思うように進まず反抗的な態度をとって事務所関係者に怒られたこともあったそうです。

また、その頃によく一緒にいたのはJUMPメンバーではなく「ごくせん」で共演していたメンバーでした。

そんな中に飛び込んできたのが、JUMP最年長の薮宏太さんでした。毛色の異なるグループにたった1人で飛び込んできた薮さん。しかし、そんな薮さんに髙木さんは救われたと言います。

薮さんは、JUMPのメンバーであるにもかかわらず、他の共演者と仲良くしている髙木さんに嫉妬していたそう。髙木さんに対して「おまえはJUMPだろ!」仲間意識を持っていたからこそ、自然とJUMPと他のコミュニティの懸け橋になっていたことが分かります。

行き場のなかった自身の気持ちごと救ってくれた薮さんに、髙木さんは今でも感謝しているのでしょう。

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事