Little Glee Monster メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

圧倒的な歌唱力と良質な楽曲で、多くのファンを魅了しているLittle Glee Monster

『リトグリ』と略して呼ばれることも多いです。

『コカ・コーラ』『ソニー損保』のCMでその歌声も耳にしたことがある方も多いでしょう。

Little Glee Monster は、2015年にリリースした「好きだ。」のヒット以降チャートの上位を位置し続け、『NHK紅白歌合戦』にも3回出場を果たしています。

本記事では、そんな人気急上昇中のLittle Glee Monsterについてご紹介

気になるメンバーの情報や楽曲の魅力を知り、もっとLittle Glee Monsterを好きになりましょう!

Little Glee Monsterってどんなグループ?

2012年7月に結成されたLittle Glee Monster。

グループのテーマを「研ぎ澄ました歌声で人々の心に爪痕を残す」としていて、テーマの通り歌唱力に重点を置いたグループです。

ソニー・ミュージックとワタナベエンターテインメント主催の『最強歌少女オーディション』合格者を中心に集められており、メンバー全員が非常に高い歌唱力を持っています!

MEMO
グループ名の由来は、「歓喜」「無伴奏の男声合唱曲」という意味の『Glee』に、「大物」という意味で『Monster』を付け、年齢的に未熟なため頭に『Little』を足して名付けられました。

過去にはメンバーの入れ替わりもありましたが、ここ数年は現メンバーの5人で活動を続けています。

Little Glee Monsterの歴史を徹底解剖!

Little Glee Monsterのメンバー構成の変遷

Little Glee Monster は、実は結成当初7人グループでした。

メンバーの内訳は、2012年7月に開催された『最強歌少女オーディション』に合格した芹奈さん・麻珠さん・MAYUさん・かれんさん・LINAさんの5人。

そこに、既に「最強歌少女(仮)」として活動歴のあったアサヒさん・YUKAさんの2人を加えた7人体制でした。

こうして活動を始めたLittle Glee Monsterですが、2013年7月にLINAさん脱退し、6人体制に。

しかし、翌8月に新メンバーのmanakaさん加入7人体制に戻ります。

同年10月にはYUKAさん脱退し、再び6人体制に。

しばらくは6人体制で活動していましたが、2017年4月に麻珠さん無期限の活動休止を発表。

そのまま6月にグループを卒業し、現在の5人体制になりました。

Little Glee Monsterのこれまでの主な経歴

Little Glee Monsterが初めてライブを行ったのは、2013年5月。後に何度もイベントを開催することになる、中目黒LGMシアターという場所で行われました。

2014年10月、シングル「放課後ハイファイブ」をリリースしメジャーデビュー

翌2015年には『音楽の日』『ミュージックステーション』といった音楽番組に出演し始め、ブレイクの兆しを見せました。

そして同年9月、ドラマ主題歌の4thシングル「好きだ。」がヒットし、オリコンデイリーチャート4位を記録。念願のブレイクを果たします!

その後も勢いを保ち続け、2016年1月にリリースしたアルバム「Colorful Monster」オリコンデイリーチャート2位を記録し、その人気を確かなものにしました。

2017年には初の日本武道館公演を成功させ、『NHK紅白歌合戦』にも初出場!

2019年まで3回連続で出場し続け、名実ともに日本を代表するアーティストになりました

『コカ・コーラ』のCMソングで知られる「世界はあなたに笑いかけている」や、『全国高等学校サッカー選手権大会』応援歌の「いつかこの涙が」など、数多くの名曲でファンの心を掴んできたLittle Glee Monster。

これからも、さらなる活躍に期待が高まります。

あわせて読みたい!

芹奈&かれん「魅せられて(エーゲ海のテーマ)」を歌う
筒美京平のトリビュートアルバム「筒美京平SONG BOOK」が3月24日にリリースされ、芹奈さんとかれんさんが歌う「魅せられて(エーゲ海のテーマ)」が収録されました!3月10日より配信されておりますので、ぜひ聴いてみてください!

Little Glee Monsterのメンバープロフィールをご紹介!

芹奈(長谷川芹奈)


プロフィール
  • 1998年6月1日生まれ(21歳)
  • 出身地 大阪府出身
  • 血液型 A型
  • 身長 153㎝
  • メンバーカラー 青

メンバー1の歌唱力の持ち主とも噂される芹奈さん。

実際、過去に行われたファン投票の歌唱力ランキングで1位に輝いたことも!

『第16回ORC200ヴォーカルクイーンコンテスト』特別賞『歌うまキッズトーナメント』初代チャンピオンと、経歴からもその上手さがうかがえます。

芹奈さんはグループのムードメーカー的な存在で、明るい雰囲気でメンバーを引っ張っているお姉さんポジションです。

気になる点として、常に全力でパフォーマンスをするためか、ライブ中にしばしば倒れてしまうという報告も…。

原因は明確にされていませんが、芹奈さんはかなり小柄な体形なので、パワフルなパフォーマンスを行うと疲れてしまいやすいのかもしれません。

2020年12月には体調不良のため一定期間休養と治療に専念することを発表しました。早く芹奈さんが戻って来られることを祈るばかりです。

アサヒ(小林あさひ)

プロフィール
  • 1999年5月13日生まれ(20歳)
  • 出身地 北海道出身
  • 血液型 B型
  • 身長 151㎝
  • メンバーカラー 黄色

綺麗な顔立ちと柔らかい笑顔が印象的なアサヒさん。

1980年代のアイドル歌謡曲が好きで、特に水野きみこさんや岡田有希子さんの曲をよく聴いているそうです。

歌唱力ももちろん高く、2010年の『全日本カラオケグランプリ』北海道大会キッズ部門で優勝を果たしています!

明るく元気なアサヒさんですが、少々天然なところがあり、不思議な発言をすることが多々あります…。

メンバーからも度々突っ込まれており、ファンとメンバーに笑顔を与えてくれる存在です。

洗練されたパフォーマンスとのギャップが、アサヒさんの魅力なのかもしれません

MAYU(吉田真悠)


プロフィール
  • 1999年9月12日生まれ(20歳)
  • 出身地 大阪府出身
  • 血液型 O型
  • 身長 156㎝
  • メンバーカラー 緑

透き通るハスキーボイスが特徴的なMAYUさん。それでいて声量が凄く、そのカッコよさに魅了されたファンも多いのではないでしょうか。

MAYUさんは『第3回BAKKY JUMPINGシンガーコンテスト』で優勝を果たした過去があります。

メンバー唯一の左利きで、初期の衣装ではへそ出しをするのが特徴でした。

MCでは大阪出身ならではの関西弁が炸裂し、ライブの盛り上げ役として貢献しています!

好きなアーティストは島谷ひとみさん、倖田來未さん、BEGINなど。

MEMO
カラオケでは「亜麻色の髪の乙女」を必ず歌うそうです。

また、アニメソングも好んで聴いているようで、『ぴちぴちピッチ』のアニメが好きだそうです。

かれん(古賀かれん)


プロフィール
  • 1998年6月8日生まれ(21歳)
  • 出身地 静岡県出身
  • 血液型 B型
  • 身長 164㎝
  • メンバーカラー ピンク

歌はもちろん、ダンスにピアノと多彩な才能を持つかれんさん。

過去には、『ハモネプリーグ』「やきそば☆SOUL」というユニットのメンバーとして出演したこともあります。

2010年にはやしきたかじんさんのシングル「その時の空」にコーラスとして参加するなど、Little Glee Monster加入前から精力的に活動していました。

また、Little Glee Monster結成からメジャーデビューの期間まではリーダーを務めていました!(現在のLittle Glee Monsterはリーダーを置かない方針のため、リーダー不在です。)

かれんさんの好きなアーティストは、宇多田ヒカルさん、三浦大知さん、ペンタトニックスなど。やはり、歌唱力に定評のあるアーティストが並びます。

父親は、あの元Jリーガーの古賀琢磨さんです!

manaka(福本まなか)


プロフィール
  • 2000年12月5日生まれ(19歳)
  • 出身地 大阪府出身
  • 血液型 O型
  • 身長 158㎝
  • メンバーカラー 紫

メンバー唯一の途中加入という経歴を持つmanakaさん。Little Glee Monster最年少メンバーでもあります。

『第4回BAKKY JUMPINGシンガーコンテスト』優勝、『第17回ORC200ヴォーカルクイーンコンテスト』優勝と歌唱力も折り紙付き。

声まねが上手く、MISIAさんや中島みゆきさんの物まねを披露したことも。

そのクオリティは高く、2013年には『ものまねグランプリ』に出演を果たしました!(当時12歳)

好きな歌手にビートルズ、細野晴臣さん、ジュガー・ベイブなどを挙げ、趣味はレコード収集と、最年少ながら渋い感性を持ち合わせています。

まだ未成年ながら十分すぎる歌唱力を持つmanakaさん、将来の成長が楽しみです。

Little Glee Monsterおすすめソングベスト3

歌唱力重視のグループであるLittle Glee Monsterには、それに見合うだけの魅力を持った楽曲が多数存在します。

ここでは、まだLittle Gle
e Monsterの曲をあまり知らないという方に向けて、おすすめソングベスト3をご紹介!

1.世界はあなたに笑いかけている

13thシングル表題曲で、2018年年間コカ・コーライメージソングとして浸透した楽曲です。

Little Glee Monsterといえば、まずこの曲を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

『第60回輝く!日本レコード大賞』作曲賞を受賞し、二度目の出場となる『第69回NHK紅白歌合戦』では約200人もの学生たちと歌唱されました。

ポジティブな元気をもらえる歌詞と楽し気に歌うメンバーに、聴くだけで明るい気分になります。

歌が持っている、人の心を動かす力を感じられる楽曲です。

2.ECHO

15thシングル表題曲で、2019年の『NHKラグビー』年間テーマ曲として話題となった楽曲です。

『第61回輝く!日本レコード大賞』優秀作品賞を受賞し、『第70回NHK紅白歌合戦』でも歌唱されました。

Little Glee Monsterならではの力強いコーラスから導入される世界観に、冒頭から心を掴まれること間違いなし。

歌詞もまっすぐに勇気付けてくれる内容で、応援歌としてこれ以上ないほどの仕上がりになっています

ラグビーのテーマ曲という縁から、MVには五郎丸歩選手が出演されているのも注目です。

3.好きだ。

4thシングル表題曲で、ドラマ『表参道高校合唱部!』の主題歌にも起用された楽曲です。

Little Glee Monsterブレイクのきっかけになった曲で、このシングルで初のオリコンランキングTOP10入りを果たしました。

ぜひとも注目してほしいのは、MVの内容。

曲の1番が終わった間奏の途中で、アサヒさんがラジカセの電源を切り音楽が鳴り止みます。

そこから先は、なんと生演奏生歌の一発録り!

通常リップシンクが用いられるMVにおいて、完全な生歌でピッチ修正もしないという驚きの演出で話題になりました。

実力派グループのLittle Glee Monsterだからこそ成せる技です。

Pentatonixと夢のコラボ

大晦日に放送される「第71回NHK紅白歌合戦」に4年連続4回目の出場が決定するなど、名実ともに日本一の女性ボーカルグループとして大活躍を続けるLittle Glee Monster。

12月16日発売の最新シングル『Dear My Friend feat. Pentatonix』では、日本でも絶大な人気を誇る世界的アカペラ・グループ、Pentatonix(ペンタトニックス)との夢のコラボレーションを実現させました。

2014年にライヴで共演を果たして以降、声という楽器でファンを魅了するエンターテイナーとして親睦を深めてきた両者。

ファンとってはまさに待望の1曲だと言えるでしょう。

作詞・作曲を手掛けたのは、東京事変のベーシストとしての活動でも知られる日本を代表する名プロデューサー・亀田誠治

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続いている中での楽曲制作ということもあり、同曲のレコーディングはすべて遠隔でおこなわれました。

しかし、遠く離れた友を想う歌詞を体現するかの如く、美しく融け合う10の歌声は物理的な距離など微塵も感じさせない親密さで鳴り響いています。

新型コロナウイルスが終息し、Little Glee MonsterとPentatonixが同曲をひとつのステージで歌い上げる日が一日でも早くやって来ることを願ってやみません。

最新情報

Little Glee Monsterに5つの質問をぶつけてみました!
「あなたにとって一番のご褒美は?」「タイムマシーンに乗れるなら、未来?過去?」質問を通してLittle Glee Monsterについて知ることができます!ぜひ動画をチェックしてみてください!

最新曲「VIVA」にも大注目
Little Glee Monsterは1月にベストアルバム「GRADATI∞N」をリリースし、最新曲「VIVA」を収録しました。
辛くても負けない、そんな歌から伝わってくる強い意志とまっすぐな気持ちが印象的な曲になっています。
1月28日の日本武道館ライブでは、manakaが「人生にくじけそうなときに思い出してほしい」との思いを込め、4人が寄り添って一丸となって5人の歌を精一杯歌い上げました。
ぜひ聴いてみてください。

あわせて読みたい!

最後に…

いかがでしたでしょうか?

実力派ボーカリストグループとして、デビュー後まもなく注目されブレイクを果たしたLittle Glee Monster。

メンバーもまだ20歳前後(2020年時点)ということで、まだまだ伸びしろもあるという末恐ろしい実力を持ったグループです

これから先も、素敵な楽曲でファンを元気付けてくれることでしょう。

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事