【NiziUメンバー別紹介】RIMA(リマ) – NiziUの心優しいメインラッパー

【NiziUメンバー別紹介】RIMA(リマ) – NiziUの心優しいメインラッパー
  • RIMA(リマ)
  • 本名:横井 里茉(よこい りま)
  • 生年月日:2004年3月26日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:O型
  • 担当:メインラッパー、サブボーカル
  • 虹プロジェクト最終順位:3位
  • メンバーカラー:赤

K-POPアイドルグループにとって欠かせないのが「ラップ」ですよね!ほとんどのグループにラップを担当するメンバーが所属しています。

NiziUのメインラッパーを務めているのはリマです。虹プロジェクトからラップの腕前に注目されてきたリマですが、一体どんなメンバーなのでしょうか。

あわせて読みたい!

幼い頃から芸能活動をしていた?

リマは幼い頃からインターナショナルスクールに通っており、そこで仲良くなった韓国人の友達にK-POPを紹介してもらい、そこからK-POPを聞くようになったそうです。JYPエンターテインメントの練習生になろうと思ったのも、大好きなTWICEと同じ事務所で活動したいと思ったからだとか。

リマは虹プロジェクトに参加する前からJYPエンターテインメントの練習生として活動していました。リマが練習生となったのは2019年のこと。JYPエンターテインメントのグローバルオーディションに合格して韓国で生活をしていました。

約7ヶ月を練習生として過ごし、虹プロジェクトに参加しています。リマは歌やダンスだけではなく、幼い頃から芸能活動をしていたメンバーでもあります。実は、リマの両親は芸能界でも有名な方なんです!

リマのお母さんは、モデルとして活躍している「中林美和さん」です。 中林美和さんは学生時代からファッション雑誌で活躍し、母となってからも様々な雑誌に登場しています。リマはお母さんと一緒に何度か雑誌にモデルとして参加しており、表紙に掲載されたこともあります。

MEMO

リマは雑誌だけではなくCMにも出演していたので、虹プロジェクトに参加する前からリマの存在を知っていたファンもいたのではないでしょうか。

そして、リマのお父さんはZEEBRA(ジブラ)さんです。ラッパー界で有名なのはもちろんですが、普段ラップを聞かない人でも、ZEEBRAさんの名前は聞いたことがあるのでは?リマがNiziUのメインラッパーになったことが頷けますよね。

しかし、リマは決して親の七光りでNiziUのメンバーになったわけではありません。リマ本人も「父や母がすごくても、私がすごいわけではない」と、両親の存在に頼ることはありませんでした。

あわせて読みたい!

驚くべきパフォーマンススキル

リマは虹プロジェクトの地域予選から驚くべき才能を見せていました。それは「自作のラップ」です。既存の楽曲に自作のラップをのせることは、失敗すれば「楽曲を理解していない」と捉えられてしまうかもしれません。

しかし、リマは他の参加者にはない魅力を得意な「ラップ」で見せつけました。しかも、そのラップは英語で作られており、リマの語学力も同時にアピールされていました。リマは日本語韓国語英語が話せる語学堪能なメンバーでもあります。

3か国語をミックスさせたラップも披露しており、NiziUにとって心強いメンバーとなっているでしょう。しかも、リマは虹プロジェクトの審査員であるパク・ジニョン氏に発音の良さを評価されています。

ラップは聞き取れなかったら意味がありません。リマのラップは、まるで友達に話をするかのように滑らかなことが特徴です。また、リマのラップが入ることで可愛らしい曲でも「ガールクラッシュ」のように曲が変化するようにも感じます。

MEMO

虹プロジェクトではトレーナーの急な注文にも関わらず、1日で英語のラップを書き上げたことも注目されました。

また、リマは虹プロジェクト開始当初「歌」に苦手意識を持っているように感じられました。リマ自身も「JYPエンターテインメントの練習生になったときは歌が苦手だった」「歌のせいで自分のことが嫌いになるときもあった」と語っています。

しかし回を重ねるごとに歌唱力も上がっていき、パク・ジニョン氏に「歌が本当に上手になった」と評価されたのです。ダンスやラップに関しては以前から高評価を得ていましたが、歌に関しては課題もありました。

課題に対して真摯に向き合い、コツコツと練習を続けてきたからこその結果だと感じます。NiziUではメインラッパー担当ですが、リマの歌が聞ける機会が今後あるかもしれません。そして、リマが作ったラップもNiziUの楽曲として発表されていくでしょう。世界での反応も早く見てみたいですね!!

真似ではないリマの姿を

リマは虹プロジェクトでは際立ったラップやダンススキル、そしてクールビューティーの外見でも注目を浴びてきました。しかし、リマだからこその悩みや不安を抱えていました。

まず、リマの両親についてです。オーディションではパク・ジニョン氏も、リマの両親について触れていました。リマは虹プロジェクトで、芸能人としての才能を生まれながらに持っているといっていいほどのパフォーマンスを見せてきました。

しかし、それがリマにとってはプレッシャーでもあり、余計に「私の力だけで頑張らないと!」という気持ちにしていたのでしょう。パク・ジニョン氏はリマのパフォーマンスを見て「優れた才能を持っているのに、なぜ不安そうに見えるのか?」と質問していました。

リマは「自分の力で自分にできることを見せたくて、いろんな人に負けず頑張ってきた」と、胸の内を明かしました。リマが日本ではなく韓国で頑張りたいと思ったのもK-POPが好きだからという理由の他に、両親のことを知っている人が少ないからという理由もあったのかもしれません。

そして、舞台に立つと緊張してしまうこともリマはマイナスに捉えていました。舞台に立つと足の指先まで震えてしまうほどだそうです。緊張したり不安な姿を見せたくないと張り切るあまり、それが逆効果となって力が入ったパフォーマンスとなっているようでした。

さらに、リマは「自分の感情を表現すること」に1番悩んだメンバーではないかと感じます。オーディションでパク・ジニョン氏から高評価をもらうことが多かったリマですが、同時に「本当のリマさんを見せてください」と、常に指摘されていたと感じます。

リマはまだステージの経験が浅く、年齢も幼いことから自分のロールモデルを研究して、無意識のうちにその姿をコピーしてしまっているのではないかと感じました。パク・ジニョン氏は、普段のリマの表情がとても良いと評価しており「リマさんの表情と話し方でパフォーマンスをしてほしい」と、アドバイスを送っています。

「自分らしさとは何なのか」リマは、虹プロジェクトを通して「本当の自分らしさ」がわからなくなった時期があったと後に語っています。今まで見せてきたパフォーマンスは何だったのか。と、相当悩んだのではないでしょうか。それが不安や緊張に表れてしまったのかもしれません。

しかし虹プロジェクトでは、リマと同じように悩める同志がいました。リマは、周りの人たちにたくさん助けてもらって乗り切れたとも語っており、色々なアドバイスをもらった結果「楽しめば伝わる」という答えが見つかりました。

NiziUとしての舞台を見ていても、リマは本当に心の底から楽しんでいるようにパフォーマンスをしています。リマが自分で導き出した「自分らしさ」を、これからも大切にしてほしいと思います。

話好きで頼れる性格

リマの性格は、クールな外見から「大人っぽい」というイメージを持たれがちですが、本当は愛嬌も可愛く、愛されキャラなんです。

普段のリマは、どんな性格なのでしょうか?実は、NiziUのメンバーから「うるさい」と言われるほどテンションが高く、話すことが大好きな明るいキャラクターです。リマがいるだけでその場の雰囲気がパッと明るくなるほど。

リマ自身も「みんなが悲しい時にテンションをあげられるのが武器だ」と語っており、忙しい毎日を送るNiziUにとって起爆剤になると感じました。忙しいと笑うことを忘れたり、感情を表に出すことすらできなくなってしまいますよね。

しかし、ただ明るいだけのメンバーではありません。リマはNiziUの中でマンネ(末っ子)ラインに入るのですが、虹プロジェクトでは「メンバーをまとめるのが苦手」と言いながらもしっかりと周りのメンバーを引っ張っていく姿が見られており、実際にNiziUメンバーもリマを頼りにしているそうです。

リマは自分の思ったことをきちんと言葉にして発する性格です。しかも厳しく指摘するのではなく、楽しく練習するためにはどうしたらいいのか?と常に考えられるメンバーだと思いました。自身のステージも「楽しく表現すること」をテーマに考えていたのが印象的です。物事を相手の立場になって考えられる心優しい性格でもあります。

そしてリマは負けず嫌いで努力家な一面も持っています。虹プロジェクトでは参加者のリアルな感情や表情も映し出しました。その中で、リマは自分と同じJYPエンターテインメントの練習生として切磋琢磨してきたメンバーがオーディションで良い評価をもらうなかで「自分だけ取り残されている」と不安だったそうです。

自分では気付かなかったかもしれませんが、その感情の中に隠れる悔しさや焦りがリマのパフォーマンス向上を促したのでは?と考えています。また、両親の才能に甘えることなく「自分が頑張るんだ」という気持ちを持って、単身韓国へ来たことだけでも大きく評価できますよね!

これからも等身大のリマの姿をたくさん見せてほしいと思います!

他のメンバーの詳しい情報はこちら!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事