【BTSメンバー別紹介】JIMIN(ジミン) ダンススキルの高さと唯一無二の歌声

【BTSメンバー別紹介】JIMIN(ジミン) ダンススキルの高さと唯一無二の歌声
  • 本名:パク・ジミン(박 지민)
  • 生年月日:1995年10月13日
  • 出身地:韓国 釜山 広域市
  • 担当:リードボーカル/リードダンサー
  • 身長:173.6cm
  • 体重:60kg
  • 血液型:A型
  • ニックネーム:パクジミニ、チムチム、ジミナなど

釜山芸術高等学校の舞踏科に所属していたジミンは、入学ですら超難関という学校を首席で入学しているという逸話を持っています。父親は安定した職業に就くことを望んでいたようですが、担任の先生からジミンには芸術の才能があるという言葉を聞いて、高校への入学を認めたそうです。

しかし、Big Hitエンターテインメントの公開オーディションに合格したことによりアイドルの道に進むことになったジミン。別な意味での芸術性を期待していた先生方はアイドルになることを反対したそうです。しかし、ジミンはアイドルの道を選びソウルへ上京しました。ソウルでは韓国芸術高等学校に通っており、この学校でBTSのメンバーVと出会いました。

あわせて読みたい!

飛び抜けたダンススキル

BTSは数々のK-POPアイドルグループの中でもダンススキルがトップクラスなグループとして有名です。特にジミンはBTSの中でも上位に入るほど魅力的で神聖さを感じるダンスを披露し、ジミンのダンスを見てBTSのファンになったという人もいるほど。

ジミンの魅力は、しなやかさやキレの良さがあるダンスです。学生時代にはストリートダンスやポッピングダンスを習い始め、バレエやコンテンポラリーダンスの経験もあるジミンだからこそできるダンスが数多く存在します。指先まで神経を研ぎ澄ました隙のないダンスとセクシーな表情は見る人を圧倒させます。

MEMO

ジミンのダンスはBTSのダンスを教えている講師からも絶賛されるほどで、上手さだけではなく、表情の変化や緩急をつけたダンスに観客の目は釘付けになってしまいます。

ダンススキルが高いジミンですが、才能というよりは努力で手に入れた力だと感じます。ジミンはメンバーが認めるほど努力家だそうで、まさに「練習の虫」。どうすれば自分を綺麗に表現できるのかを客観的に分析できるメンバーだと感じます。

ジミンはBTSに1番遅く合流しており、練習生期間も13ヶ月という短い期間でデビューしました。そのためパフォーマンスが他のメンバーについて来られるかという心配があったそうです。事務所ではジミンをBTSとしてデビューさせるかどうか話し合われましたが、ジミンは睡眠時間を削り猛特訓を開始、無事デビューに間に合ったのです。

BTSとしてデビューした現在でも、常に完璧を求めるが故に自分の実力に納得できないこともあるそうで、時には自分を責めてしまうくらい落ち込んでしまうこともあるようです。しかし、それが新たな起爆剤となってジミンの実力を上げることに繋がっているのではないかと思います。

また、ジミンはどんな振り付けでも自分のスタイルに取り込んで自分のダンスに変えてしまう力があります。踊っていく中で、曲とダンスの関係性を自分で導き出し、曲の良さを歌だけではなくダンスでも見せてくれる、見ていてワクワクするようなパフォーマンス力を持っています。全てはジミンの涙ぐましい努力の結果だと言えますね!

MEMO

現在では数々の後輩アイドルたちがジミンをロールモデルに挙げるほど、アイドルも憧れる存在になっています。

ダンスに負けない特徴ある歌声

ジミンの魅力としてパフォーマンスと同じくらい注目してほしいのが歌唱力と歌声です。低音ではハスキーがかった声に聞こえるのに、高音になると女性のような透き通った声に変化します。音域の幅が広く、カメレオンのような声色を持っています。

MEMO

高音になると裏声へと変わりますが、その変わり目がわからないくらい自然な発声をしているところにも注目です。

ジミンはBTSにダンスメンバーとして選ばれました。にも関わらず、ジミンの歌声が綺麗だとファンの間でも評判なんです。音楽業界で定評がある歌手にも「ジミンの歌声は、人を惹きつけ、誘惑するような魅力がある」と評価を得ています。

ジミンの歌声はデビュー当時、BTSの音楽性には合わないと指摘されていたこともあります。しかし、現在ではファンのみならずBTSのメンバーからも「魅力的で歌詞を生かして良い雰囲気を生み出してくれる」と好評で、BTSの楽曲にはジミンの歌声が不可欠になっていると感じました。

MEMO

セクシーで特徴がある歌い方をジョングクに真似されることもありますが、ジミンはジョングクを溺愛しているので、何も言い返せずニコニコしているだけ。いいお兄さんですね!

ソロ曲にも注目

ジミンはBTSのアルバムの中にソロ曲を収録していますが、現在までに「Lie」「Serendipity」「Full length Edition」「Filter」合計4曲を発表しています。その4曲全てが音楽配信サイトで5,000万ストリーミングを突破しており、これは韓国初の快挙だということです。

特に「Filter」は、Genius Koreaが選定した「2020年発表した最も人気のあるK-POP」で20位を記録しています。さらに、同チャートにて決定されたBTS人気曲TOP5の中にソロ曲として唯一ランクインするなど、BTSの楽曲全てを含めても5位に入るという人気を獲得しているんです。

「Filter」という楽曲は「どんな僕が欲しいの?」「何にでもなってあげるつもりだよ」と、ファンの心を突き刺すような誘惑が散りばめられている楽曲で、髪色をよく変えて常に新しい自分を表現しているジミンに重なると、ファンからも好評を得ている楽曲です。

ファンのフィルターを通してどんなジミンが見られるのか。全く同じジミンはいないはずです。その全てにジミンは答えようとしてくれている。そんな歌に感じました。

BTSの楽曲と一緒に、ソロならではのジミンの世界観も体感してみてください!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事