ENHYPEN(エンハイフン)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

韓国でアイドルがデビューするためには様々な難関が待ち受けているのですが、その中でも定番となっているのが「オーディション」「サバイバル」です。

今回紹介する「ENHYPEN(エンハイフン)」も、サバイバル番組「I-LAND(アイランド)」によってメンバーが選出されたのですが、この番組は「過酷すぎる」と話題になったほどのサバイバルでした。

どのような経験を経てENHYPENは誕生したのか紹介したいと思います。

「I-LAND」の過酷システム


2020年6月、BTSやTOMORROW X TOGETHERが所属しているBig Hitエンターテインメントの代表であるパン・シヒョク氏と、IZ*ONEやWanna Oneなどがデビューした「PRODUCE101シリーズ」を生んだCJ EMMが新たなグループ結成のために壮大なスケールのサバイバル番組を作りました。

この番組は「I-LAND(アイランド)」と呼ばれ、世界中から集まった練習生23名がデビューを目指し数々のミッションに挑戦していくという内容となっています。他のサバイバル番組と決定的に違ったのは「脱落者を練習生自身が決める」ということです。

あわせて読みたい!

「I-LAND」残留をかけたサバイバル開始


23名の練習生が生活していく場所は、テレビ局のスタジオではなく実際に作られた巨大施設「I-LAND」でした。まるで映画に出てくるような豪華な施設に戸惑いながらも喜びを隠せない練習生でしたが、そこから怒涛の生活がスタートするのです。

練習生は、到着初日からテストを受けることになります。第1のテストは自身のパフォーマンスを披露してI-LANDにふさわしいかどうかを判断する入場審査で、合格者は12名。参加する練習生は23名ですから、約半分に減らされることになります。

通常のサバイバル番組では、プロの審査員が練習生の実力を判断し、練習生の実力に見合ったクラスに振り分けられることが多いのですが、I-LANDでは残留か降格かを練習生自身の投票によって決めることになっています。

練習生は自分たちで発表する順番を決めて、次々と自身のスキルをアピールします。しかし、練習生は審査員としては素人です。他の練習生が挙手するのにつられてしまったり、常に周りの反応に左右されながらの投票となっていました。

そして入場テストで合格できるのは12名でしたが、最終的には16名の合格者が決定。このまま16名で進められるのかと思いきや、ここから4名の「追放者」を練習生自ら選ぶようにと伝えられました。

この時点で既にI-LANDの過酷さが伝わってきたのではないでしょうか。この番組には同じ事務所から一緒に参加した練習生もおり、入場テストも事務所ごとのユニットでパフォーマンスをした練習生もいました。さっきまで一緒に笑っていた仲間が自分を「追放者」に選ぶかもしれないのです。

MEMO
結果4名の追放者が選ばれ、既に降格が決定していた練習生とともに「GROUND」に移動となりました。

I-LANDでは、デビューのチャンスがある「I-LAND」と、降格者が集まる「GROUND」に組分けされます。I-LANDにいる練習生は「I-LANDER」、GROUNDにいる練習生は「GROUNDER」と呼ばれ、GROUNDにいる限りデビューのチャンスはありません。

しかし、定期的に行われるテストでI-LANDERから降格者が出た場合は、降格者と同じ人数をGROUNDERから補充するというシステムがあります。ただ、I-LANDERの評価が高かった場合は、GROUNDERはステージを披露するチャンスすらもらえません。

そして、I-LANDにはジムや医務室、豪華な食事や部屋が用意され、対するGROUNDでは練習着は黒のみ、食事は弁当支給、練習用のモニターはタブレットという差別化が図られました。

入場テストに合格したのも束の間、次々とテストが用意されています。テストごとに「チームワーク」「ユニットテスト」などのテーマと課題曲が与えられます。そこにはプロのコーチも引っ張ってくれる指導者もいません。パート分けや振り付け指導など自ら行っていかなければなりませんでした。

最初は実力ではなく「自分がやりたいパート」を立候補形式で進めていた練習生たちでしたが、同じ練習生の中に上下関係ができてしまったり、希望したパートが歌えなくて機嫌が悪くなってしまう練習生がいたりと、練習生同士の関係性が危ぶまれる場面も多々ありました。

そして、実際にセンターを務めた練習生の実力が評価されず、審査員から酷評を受けることもありました。そこで初めて「やりたいことと、できることは違う」と練習生が気づき始めるのです。まさに人間としての成長過程も覗ける番組だったと感じます。

戦いはパート2へ


ついにテストも最終選考を迎え、パート2へと進出できる練習生決定へと動き始めます。I-LANDERである12名の中からI-LANDERが選ぶ降格者3名、プロデューサー陣が選ぶ降格者3名が発表されました。

MEMO
I-LANDERからパート2へと進めた練習生はケイジョンウォンソンフンヒスンジェイジェイクの6名です。

降格が決定したI-LANDERはGROUNDへと移動し、視聴者投票を待ちます。そこで選ばれた6名がI-LANDERへと昇格できるのです。しかし、視聴者投票は実力以外の部分も評価されるということで、複雑な心境の練習生もいました。

MEMO
GROUNDERからの昇格者はニキダニエルソヌゴヌタキハンビンとなっています。

パート2では完全なる個人戦となり、デビューできる7名にはバッジが付与されるシステムが導入されました。このバッジはテスト毎に順位が変わるため、1度バッジをもらっても成績が悪ければ他の練習生に奪われる可能性もあります。

そして、パート2からは12名の練習生から毎回1名が「降格者」ではなく「脱落者」となることも発表されました。練習生はテスト毎に順位が発表されるのですが、下位2名は同時にステージに上るように促され、勝ち残った練習生の名前だけが呼ばれるというなんとも辛い発表の方法でした。

プロデューサー評価も今まで以上に厳しくなり、ずっとI-LANDERとして残っていた練習生も「成長が見られない」という理由で脱落者になってしまいました。さらにパート2からは視聴者投票が取り入れられたこともあり、順位は全く読めないものとなったのです。

ついにデビューメンバーが決定


2020年9月18日、長いようで短かった最終テストが終わり、ついにデビューメンバー発表の時が来ました。この様子は、日韓同時生中継で放送され世界中のファンが視聴しました。

最終選考は、視聴者投票で6名、プロデューサー投票で1名が選出され脱落者は2名となります。視聴者の中には「自分の推しをデビューさせたい!」と、投票の権利を持つSIMカードを大量に購入したり、ライバル練習生の悪いデマをネット上で流したりといった残念な行為も見受けられました。

実際に、プロデューサー評価で1位を獲得してきた練習生が最終選考で落ちたこともあって、視聴者投票は必要だったのか?という意見もありました。練習生自身も「視聴者投票を行うと人気投票になってしまう」という不安を抱えていたのも事実です。

この辛く激しいサバイバルを勝ち抜いたメンバーは、ヒスンジェイクジェイジョンウォンニキソンフンソヌの7名となり、正式なグループ名「ENHYPEN」もこの日に発表されました。

MEMO
「ENHYPEN」には、記号「-」(ハイフン)が意味するように、お互い違う環境で生きてきた7人の少年が繋がり、お互いを発見し共に成長するという意味と、音楽を通じて人と人、世界と世界を繋げるという意味が込められているそうです。

番組放送翌日の2020年9月19日には早くも公式TwitterやInstagramなどが次々と開設され、登録者も開設2日で70万人を突破する記録を作りました。翌月には公式ファンクラブも開設。日本専用の公式サイトも作られています。

MEMO
2020年11月現在ではTwitter、Instagram、TikTok、YouTube、V LIVEで、それぞれ100万人もの登録者を獲得しています。

また、YouTubeにて公式ファンクラブ名を「ENGENE(エンジン)」とすることが発表されました。「ENGENE」には、ファンが「ENHYPEN」の成長と発展に重要な動力となるという意味と、ENHYPENとファンが遺伝子(GENE)を共有しながら一緒につながり、発見、成長していくという意味が込められています。

さらに、2020年11月30日にデビューアルバム「BORDER:DAY ONE」が発売されることが発表され、デビューまでの様子とアルバムのジャケット撮影風景などが収められたリアリティ番組「ENHYPEN&Hi」が放送開始と、止まることを知らない快進撃にファンは「情報が追いつかない!」と、嬉しい悲鳴をあげていました。

2020年11月30日、記念すべきデビュー日にはYouTubeを通じてデビューショーケースを行い、世界中のファンにENHYPENとして初めての挨拶をしました。新型コロナウィルスの影響で直接ファンに会うことは叶いませんでしたが、ファンがリモート映像で参加するなど、新たな試みが行われたデビューショーケースになりました。

そして韓国の音楽番組出演を前に、なんと日本の情報番組と音楽番組に出演しました。デビューして数日で、韓国ではなく日本の番組に出演し、インタビューを受けたりデビュー曲を初披露することは異例の出来事だったと思います。

年末には事務所開催のイベントへの出演も決定しており、来年には数々の賞を獲得することが既に期待されています。ENHYPENは若いながらも過酷な状況に耐えてきた経験を持っています。アイドルの道は、これ以上に厳しいものになるかもしれませんが、胸を張って世界に羽ばたいていってほしいと思います。

メンバー紹介

ENHYPENのメンバーは数々の試練を乗り越えてきた精鋭達ですが、普段は可愛らしくて元気なメンバーばかりです。どんなメンバーがいるのか紹介したいと思います。

HEESEUNG(ヒスン)

  • 本名:이희승(イ・ヒスン)
  • 生年月日:2001年10月15日
  • 出身地:韓国 京畿道南楊州市
  • 身長:179cm
  • 血液型:A型

自ら「万能センター」と表現してしまうほど、まさにENHYPENのオールラウンダーです。ダンスのスキルも高く、ボーカルも透き通った高音が難なく出せるヒスンは初期の段階からプロデューサー陣の注目を浴びていました。

MEMO
Big Hitエンターテインメントの練習生で、TOMORROW X TOGETHERの最終候補メンバーという経験を持っています。

ヒスンはI-LANDの中でも最初からトップレベルのスキルを持っていると評価され、リーダーを任されたこともありました。しかし、ヒスンが良かれと思ってした行動が原因で他の練習生との間に歪みができてしまいます。

その経験があってから、ヒスンは周りの練習生をサポートすることがよく見られるようになりました。責任感が強く、周りの意見を聞いて何が最善かを導くことができる誰よりも練習生の気持ちを理解できるメンバーではないかと思います。

また、クールな外見で愛嬌が苦手ですが、他のメンバーから愛嬌を求められると恥ずかしがりながらもチャレンジする姿が何度も登場していました。ヒスンは考えられた愛嬌よりも自然な仕草が可愛かったり魅力があると感じるので、常にヒスンから目を離さないでください!

JAY(ジェイ)

  • 本名:박종성(パク・ジョンソン)
  • 生年月日:2002年4月20日
  • 出身地:アメリカ ワシントン州シアトル
  • 身長:180cm
  • 血液型:B型

韓国人の両親を持ちながら生まれはアメリカというジェイ。一見怖そうな外見で近づきにくそうな雰囲気を持っていますが、心の内に熱いハートを持っています。I-LANDに出演する前はSMエンターテインメントの練習生だったこともあるそうです。

ジェイの魅力はパワフルなダンスだと思います。BTSの「FIRE」が課題曲として出されたときは、ジェイはGROUNDER側だったにも関わらず圧巻のパフォーマンスを見せ、プロデューサーも驚きを隠せませんでした。パフォーマンス中の表情が最高にかっこいいんです!

また、ジェイと言えば「黒歴史メーカー」であることも注目すべきところです。黒歴史の始まりはI-LANDが始まってすぐのことでした。課題曲のパート分けで、ジェイは希望のパートを立候補しましたが、同じパートが歌いたい練習生と投票で争い、ことごとく負けてしまいます。最後には「もう残り物でいい」と投げやりな態度を見せてしまうことに。

このときの気持ちを後で振り返って「恨み怒り羞恥心」が自分の中にあったと発言しています。なかなか練習生の口から出る言葉ではないように感じます。それくらいジェイは悔しかったのでしょう。しかし、この「恨み、怒り、羞恥心」が後々ジェイの黒歴史の始まりとなるのです。

また、パート2での選考でジェイは自分が脱落すると思い込んでしまい、メンバー全員に感謝の手紙を書くことを決めました。しかし、予想に反してジェイは合格という結果に…。これには当のジェイも「手紙を書いたのに、この気持ちをどうすればいいか」と戸惑っていました。

他の練習生が降格や脱落をしたときには誰よりも涙を流し、裏表がない男らしい性格を持っていながらもお化けが嫌いだったりと、人間味あふれるジェイには女性だけではなく男性からの人気も高いと感じます。

MEMO
独学で学んだ日本語の発音がとても綺麗だと評判です。早くジェイの日本語が聞ける日が来ることを願っています。

JAKE(ジェイク)

  • 本名:심재윤(シム・ジェユン)
  • 生年月日:2002年11月15日
  • 出身地:オーストラリア クイーズランド州プリスベン
  • 身長:176cm
  • 血液型:O型

ジェイクはBTSに憧れてアイドルを目指し、オーストラリアから韓国へ来ました。その後、オーディションに合格しBig Hitエンターテインメントの練習生となりました。練習生期間9ヶ月という速さでデビューを勝ち取りました。

MEMO
オーストラリア出身のため、英語が堪能なメンバーでもあります。

性格は落ち着いていて、いい意味で感情を表に出しません。ジェイクは最初のテストで曲の途中で付いていたマイクが落下するというアクシデントに遭ってしまったことがあります。

普通ならどう対応したらいいのかとパニックになってしまいそうですが、ジェイクは顔色ひとつ変えず、最後まで舞台上で踊り続けました。しかし、アクシデントのせいで本来の力が発揮できなかったとプロデューサー陣から評価されてしまい、GROUNDERへと降格となってしまいました。

ここからがジェイクの凄いところです。「練習の虫」と呼ばれるほどストイックなジェイクはGROUNDERで練習を重ね、次のテストで見事I-LANDERへと昇格し、最終選考では3位という高順位でデビューを決めています。ジェイクは、まだまだ伸び代を持っているメンバーだと思うので、これからの成長が楽しみです。

ジェイクは場の雰囲気を和ませるムードメーカー的存在で、常に笑顔を見せてくれます。可愛らしい曲では愛嬌を見せ、男らしい曲ではカリスマ性あふれる表情を見せます。このギャップにハマるファンが続出。ぜひ様々なジェイクを楽しんでください。

MEMO
2002年生まれのソンフンとは同い年ということもあり、I-LANDでも2人でいる姿がよく目撃されています。

SUNGHOON(ソンフン)

  • 本名:박성훈(パク・ソンフン)
  • 生年月日:2002年12月8日
  • 出身地:韓国
  • 身長:178cm
  • 血液型:O型

ソンフンはBig Hit エンターテインメントの練習生としてI-LANDに参加しましたが、練習生と並行してフィギュアスケートの選手だったという経歴を持っています。フィギュアスケートの世界でもソンフンは将来を期待されていたほどの選手だったようで、当時から相当の練習を積んでいたと思われます。

MEMO
ENHYPENとしてデビューが決まったためフィギュアスケートは引退するそうですが、今後番組などでスケートを披露するソンフンが見られるかもしれません。

I-LANDの中でもソンフンは練習に対してストイックに臨んでいました。パフォーマンス以外にも安定した歌声が評価されています。メンバーの中では感情をあまり表に出す性格ではありませんが、内面に秘めた強い思いを感じる人です。

また、表現力がとても豊かで華やかなパフォーマンスをします。フィギュアスケートの経験が活きているのか、姿勢がとても綺麗で手足を使ったダンスは見ていてうっとりしてしまいます。

ソンフンは家族思いのメンバーでもあります。特に妹を溺愛しており、練習生たちと「妹をメンバーに紹介するなら誰にする?」という話題になったときには最後まで「誰も紹介しない」と言い続けていました。顔は笑っていましたが、笑顔の下には厳しいお兄さんの表情が見え隠れしていました。

ジェイクとは同い年メンバーということでとても仲がいいソンフンですが、ジェイとソンフンもなかなかいいコンビだと思います。お兄さんであるジェイの行動1つ1つにツッコミを入れるのがソンフンの役目です。

ソンフンとジェイク、そしてジェイの3人は「相性がいい存在」という意味を持つ言葉「ケミ」で表現されることもあるので注目してみてください。

SUNOO(ソヌ)

  • 本名:김선우(キム・ソヌ)
  • 生年月日:2003年6月24日
  • 出身地:韓国 京畿道水原市
  • 身長:175cm
  • 血液型:O型

ソヌは練習生期間が10ヶ月と短いながらも最終選考に残りデビューメンバーに選ばれています。表現力の高さと安定した歌唱力が評価されたと感じます。

K-POPアイドルには避けては通れない「愛嬌」があるのですが、ソヌは「愛嬌リーダー」と呼ばれるほど愛嬌が得意です。得意というより自然とできてしまうと言ったほうがいいかもしれません。

しかし、セクシーな曲、男らしい曲では表情を一変させて色気がある表情を見せます。これが本当に練習生期間10ヶ月のパフォーマンス力なのか!?と疑いたくなるくらい完璧なんです。

練習生の中では、I-LANDERとGROUNDERを常に行ったり来たりした練習生だったと思います。I-LANDでは練習生自ら降格者を選べるシステムがあったので、どうしても経験の短さがマイナスポイントになってしまったようでした。

MEMO
ソヌはパート1の最終選考でもGROUNDER側でしたが、視聴者投票によりI-LANDERとしてパート2へと昇格したメンバーです。

そして、最終選考でもソヌは最後の最後までデビューメンバーに選ばれませんでした。最終テストではプロデューサー陣からも厳しい言葉が聞かれ、他の練習生がデビューするだろうと思っていたファンも多かったと思います。

しかし、ソヌは最後の1枠にプロデューサー陣の推薦でデビューメンバーに選ばれています。この発表には本人も信じられないという表情を浮かべていたのが印象的でした。ソヌはこれからの成長を期待されていると感じますし、ソヌの魅力でもある安定力のある歌声はENHYPENになくてはならない声だと思いました。

ENHYPENの元気印として、これから活躍してくれることを期待しています!

SUNGWON(ジョンウォン)

  • 本名:양정원(ヤン・ジョンウォン)
  • 生年月日:2004年2月9日
  • 出身地:韓国
  • 身長:176cm
  • 血液型:AB型

ジョンウォンはI-LAND出演前はSMエンターテインメントの練習生でもあったそうです。その後Big Hitエンターテインメントへ移籍して、I-LAND出演のためにBELIFT LABという事務所に移籍しています。

子供の頃にテコンドーを習っており、選手として活躍していたジョンウォン。体の芯がしっかりしていて、パフォーマンスにいい影響を与えています。番組では体の関節が全部違う動きをしているんじゃないかと思わせるようなダンスを披露し、練習生たちを驚かせていたのが印象的です。

しかし、パフォーマンスだけではなく声にも魅力があります。プロデューサー陣からもジョンウォンの声や歌唱力は評価を得ていました。高くて通りやすい声をしています。

また、視聴者投票で1位を獲得しているほど世界中のファンの支持を集める人気を持っているんです。ただ外見がいいだけではなく、ジョンウォンは過酷なサバイバルの中でも不平不満をあまり口に出さず、黙々と目の前の困難に立ち向かってきました。そんなジョンウォンの姿に影響を受けた練習生も多かったはずです。

ジョンウォンはENHYPENのリーダーを務めることが決定しています。普通は年上のメンバーがリーダーになることが多いのですが、年上メンバーはENHYPENのスキルアップや指導を中心に行なっていくと思われており、その負担を減らすためにリーダーから外したようです。

それにしてもマンネ(末っ子)ラインのメンバーがリーダーになることは珍しいことです。メンバーからも慕われており、常に中立の立場で物事を考えることができるジョンウォンには適任だという意見がメンバーから挙がったのではないでしょうか。

怖いことは「自分の信用を失うこと」と答えていたジョンウォン。リーダーとして、グループの一員として、自分がやりたいことを追い求めていってください。

NIKI(ニキ)

  • 本名:西村力
  • 生年月日:2005年12月9日
  • 出身地:日本 岡山県
  • 身長:175cm
  • 血液型:B型

ENHYPEN唯一の日本人メンバーです。I-LANDには3人の日本人練習生がいましたが、その中でもニキはトップクラスのダンススキルを持っており、初期の頃から注目を浴びていました。

ニキは「リトルマイケルジャクソン」というニックネームを持つほどマイケルジャクソンが大好きで、彼の影響でダンスを始めたようです。I-LAND出演時はまだ14歳という若さでしたが、以前からSHINeeのキッズダンサーを経験したり、CMやテレビ番組にも出演経験がありました。

マンネ(末っ子)の位置にいるニキですが、ダンスのことになると年上にもズバッと意見を言うほど度胸があります。ニキは初期段階でI-LANDERとして選ばれていましたが、歌唱力が不安定なことと表情がないと指摘されGROUNDERに降格したことがありました。

はやくI-LANDERに戻りたいニキでしたが、ニキの熱心さが最初からGROUNDERにいた練習生に伝わらない時期がありました。体調が悪いと訴える練習生にも「休んでいる時間はない」と厳しく言い放つニキ。

チームワークが大切な場面で心配になることもありましたが、ニキが上手くチームを引っ張り、GROUNDERだった練習生も意識を変えていく姿が見られました。

また、ニキはインタビューや練習生との会話の場面で常に韓国語で話そうという意識を持っていることが感じられました。そして、最初は無表情で冷静な性格のように見えていましたが、番組が進むにつれてニキの表情がどんどん明るくなって表現豊かになっていくのも見どころでした。

マンネとして、お兄さんメンバーからも可愛がられているニキ。既に完成されているほどのスキルを持っているニキがどんな成長を遂げていくのか、期待せずにはいられません!

ENHYPENおすすめ曲紹介

これから世界に羽ばたいていくENHYPEN。既に良曲が揃っています。どんな世界観を持った曲があるのか紹介したいと思います。

Into the I-LAND


サバイバル番組「I-LAND」のシグナルソングです。シグナルソングとは、番組をイメージする、いわば「番組の顔」となる楽曲を意味します。

「辛くても立ち止まることなんてしなかった」「ひたすら耐え抜いてきたあの時間の意味を」「約束しよう。夢を叶えるために進むことを」など、練習生の気持ちに寄り添った歌詞が印象的です。

MVは、番組の最終回で全ての練習生が参加した映像を準備しました。番組を見てきたファンにとっては涙なしには見られないステージです。

Given-Taken


2020年11月に発売されたデビューアルバム「BORDER:DAY ONE」のタイトル曲です。

「僕の後ろには数万個の不信」「証明の岐路の上に残された私」といったサバイバル番組での出来事を彷彿とさせる歌詞がある中で「新しい世界に飛び出していく」ことをイメージさせるポジティブな歌詞も見られます。

MVはジョンウォンの衝撃的な姿から始まります。デビュー曲とは思えないような世界観を持っているMVです。メンバーたちの表現力の高さをぜひ見てください!

Let Me In


2020年11月に発売されたデビューアルバム「BORDER:DAY ONE」に収録されています。

「僕が君の彼氏になる」という歌詞がたくさん出てくる楽曲なのですが、定番の「君が頭から離れないんだ」「この気持ちわかって」といった歌詞は出てきません。

「僕の血を君に捧げます」「僕の心が君をlike」など、少し独特な歌詞で表現されています。曲調も中毒性を感じる音楽性だと感じました。何度も聞くたびに新しい発見があるようなスルメ曲です。

最新情報

ニュー・ミニアルバム『BORDER : CARNIVAL』の最初のビジュアルコンセプトを公開!

デビュー作『BORDER : DAY ONE』に続く2枚目のミニアルバムとなる『BORDER : CARNIVAL』が4月26日(月)にリリースされるENHYPENですが、今回「HYPE」バージョンのコンセプトフォトと映像が公開されました。

「BORDER:CARNIVAL」が26カ国・地域のiTunesトップアルバムチャートで1位を獲得

4月26日にリリースした2ndミニアルバム「BORDER:CARNIVAL」の初日に売り上げ31万9073枚を記録し、日本のみならず26カ国・地域のiTunesトップアルバムチャートで1位を獲得しました!

まとめ


ENHYPENは、過酷なサバイバルを勝ち抜いてきただけあって度胸、精神力、向上心などアイドルにとって必要な要素が全て備わっているグループだと思います。

また、同じような個性を持っているメンバーがいない、全てがオンリーワンのメンバーで構成されているので、それぞれの個性を活かしたステージが披露できます。まだまだ成長段階ということを考えると、今後がますます楽しみになってきませんか?

日本公式サイトも既にオープンされており、SNSではメンバーのインタビューやこれまでの道のりを集めた映像も準備されています。魅力があふれたメンバーが集まっているので、曲だけではなく、素顔の彼らも覗いてみてください。
あわせて読みたい!


あわせて読みたい!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事