今なら購入手数料分、全額ポイントプレゼント! 代金はチケットが届くまでチケジャム [ticketjam] がお預かりの安心安全取引。

文楽の東京都でのチケット売買一覧

文楽は、大阪の人形浄瑠璃で伝統芸能の1つ。大阪市の国立文楽劇場を本拠地として公演されており、出前公演や地方公演も行われている。江戸時代初期に三味線音楽、浄瑠璃と人形芝居が結びついて誕生したとされ、義太夫節浄瑠璃の創始者である竹本義太夫が「竹本座」を建てて普及に努めた。隆盛の時に多くの興行元があったが、明治以降に興行元が「文楽座」のみとなった為に、「文楽」の名称が人形浄瑠璃の代名詞となった。演じられるのは男性のみで、太夫・三味線・人形遣いの「三業(さんぎょう)」で成り立つ総合芸術。太夫は、三味線の演奏にあわせて物語や登場人物の台詞を語る。三味線は、響きが重い三味線を弾き、人形遣いは、1734年の「芦屋道満大内鑑」で三人遣いが考案されてからは3人で操る。2003年にユネスコから「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」として宣言されてたことで人気が復活し、2014年度の平均入場者数は過去最高となった。語りや三味線、人形遣いの技術だけではなく、人形の華やかな衣装や動きも見どころ。

文楽について