チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

神田松之丞(神田伯山) チケット売買一覧

神田松之丞(本名 古舘克彦)は、日本講談協会および落語芸術協会に所属している講談師である。講談とは日本の伝統芸能の1つであり、歴史と伝統がある。神田松之丞は、2007年に3代目神田松鯉に入門し、2012年に二ツ目に昇進した。二ツ目とは落語の階級のことを表している。二ツ目に昇進すると、師匠の家や楽屋での雑用はやらなくなる。その二ツ目に昇進してからは、2015年に「読売杯争奪 激突!二ツ目バトル」で優勝を飾る。その実力は、通常二ツ目から真打に昇進するのは10年かかるところを2016年に神田松之丞を真打にするかの議題が落語芸術協会の理事会であがったほどだ。結局、否決されたが、独演会では、会場が超満員になるほどの人気を誇り、今注目されている講談師である。

神田松之丞(神田伯山)の日程

開催地域

埼玉 長野 大阪 東京

開催日時

  • 全ての公演
  • 神田松之丞(神田伯山) 独演会 2020

    keyboard_arrow_up keyboard_arrow_down
    • すべて
    • 20/11/05 (木) 東京 19:00 (5)
    • 20/11/06 (金) 大阪 19:00 (6)
    • 21/05/23 (日) 埼玉 14:00
    • すべて
    • 20/11/12 (木) 東京 18:30
    • すべて
    • 20/11/19 (木) 埼玉 18:30 (1)
    • すべて
    • 21/09/12 (日) 長野 14:00

神田松之丞(神田伯山)のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 8 人がチケットの出品を待っています!

神田松之丞(本名 古舘克彦)は、1983年に東京都で生まれた日本の講談師である。もともと高校時代から落語に興味を持っていた。高校卒業後の浪人時代に(江戸落語若手四天王)と呼ばれていた立川談志独演会の高座を見てファンになる。それをきっかけに講談師になることを目指した。2007年に3代目神田松鯉に入門をし、神田松之丞と命名された。師匠に付けてもらったネタを一生懸命寝ずに没頭し短期間で覚えたことから師匠に将来名人になれると言われた。その一方、着物を畳むことができないなど弟子として仕事は苦手な一面もあった。2015年には「読売杯争奪 激突!二ツ目バトル」で優勝を飾るなどその他にも賞を受賞している。神田松之丞は、講談の魅力を積極的にメディア等で伝えている。一瞬で聴いてる者を引き込む力と圧倒的な演技力で表現力がとても豊かなことが魅力の1つでもある。講談と聞くと何だからわかりにくく、昔の堅苦しい話だという先入観を持っている若者が多い現代社会の中、わかりやすく、初心者にも聴きやすい講談をすることにより20代のファンも多く持っているのが特徴である。神田松之丞の若き天才的な芸を触れることによって今までの講談に対する固定概念が覆されるかもしれない。今、講談界を背負っている注目の講談師である。

関連アーティスト

歌舞伎・伝統芸能のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

神田松之丞(神田伯山) のチケットをご購入されたお客様の声

  • 南部坂良かったです。

    12/18(水) 18:30 よみうりホール 神田松之丞 講談漫遊記 vol.3