独断で選ぶ2000年以降のメタル / ハードロック曲おすすめ10選!

おっ。今日はMetallicaのTシャツですね。
Metallicaお好きですか?


えっ。Tシャツ着てるように見えてるの…?
なんか怖いなあ…。


キミがメタル好きとは知りませんでした。
同好の士に出会えてうれしいですよ。


(とりあえず話を合わせておこう…)
キ…キミはどんなバンドが好きなのかな?

こんにちは。『酒とメタルとヘッドバンギング』をモットーに日々を過ごしております、ライターの川崎りょうと申します。

邦楽アーティストの紹介記事を数多く掲載しているCal-Chaですが、読者のみなさまは“ヘヴィメタル”“ハードロック”についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

悲しいことに「古臭い」や「怖い」というイメージで敬遠している方も多いのではないかと推測しております…。

80年代から90年代前半に隆盛を誇ったジャンルですが、ヨーロッパや南米などでは再び大きな盛り上がりを見せており新たな黄金期を迎えています。

メタルに特化した音楽フェスティバルも多数開催され、その中でもドイツのWacken Open Airはチケットが瞬く間に完売してしまうことで有名です。

海外の盛り上がりぶりと比較すると日本の現状はやや寂しいと言うか…下火と言うか…かつてのメタル大国ぶりはどこへやら…という感じなのですが…

しかし、そんな中でもメタルとアイドルの融合グループBABYMETALが大きな成功を収めたり、メタルの要素を持ったラウド系バンドが大会場をソールドアウトにしたりと、音楽ファンの耳はメタルを完全に拒絶しているわけではないようです。

というわけで、今回は筆者が独断で選んだ『オススメのメタル曲10選』をご紹介していきたいと思います。

しかし、すべての楽曲の中から選ぶとなると何年かかっても終わらないので、下記の条件を設定し、そのすべてに該当する楽曲の中から“特によく聴いた記憶があるもの”を選ぶことにしました。

  • 2000年以降にリリースされた楽曲
  • ライヴを観たことがあるバンド
  • テンションを上げたい時に聴く楽曲

正直なところ、この条件でもかなり厳しかったです。
泣く泣く20曲まで絞ったところから一向に作業が進まなくなり、そこから先はまったく記憶がありません。
ふと気が付いた時には10曲に絞られていました。
おそらく今まで表に出ることのなかった第二の人格が登場して選曲をしてくれたのでしょう。
ありがたいことです。

では、七転八倒しながら選曲した『オススメのメタル曲10選』をお楽しみください!

オススメのメタル曲10選

なんとか絞り込んだ10曲をご紹介するわけですが、あくまでも「10選」であって「ベスト10」ではありません

順番まで決めていたら2020年が終わってしまいます…。

それではまいりましょう。

People=Shit / Slipknot

最初にご紹介するのは、2000年以降のメタルシーンを牽引した“猟奇趣味的激烈音楽集団”Slipknotです。

気味の悪いマスクにジャンプスーツ、そして9人の大所帯というメタルバンドとしては特異な編成で異彩を放ったSlipknotは、1999年のデビューアルバム『SLIPKNOT』の大ヒットでシーンの最前線に踊り出て以来、先頭グループの一員として走り続けています。

“People=Shit”は2001年リリースの大傑作セカンドアルバム『IOWA』収録曲で、前作の攻撃性を遥かに凌ぐ激烈さで暴走するSlipknot屈指のブルータルな一曲です。

「人間なんてクソだ」というタイトルからお察しかとは存じますが、歌詞は怒りと憎悪に満ちたものとなっており、とてつもなくムカつく出来事があった時などに大音量で再生するのがベストでしょう。

聴いているだけで攻撃性がめちゃくちゃ高まるので、仕事が忙しい日や絶対に妥協できない話し合いの前などに聴いて行くだけで心はウォーリアーです。

注意
危険な曲のため、取り扱いにはくれぐれもご注意ください。

あわせて読みたい!

Firepower / Judas Priest

2020年に結成50年を迎えるメタルゴッドJudas Priestが2018年にリリースしたアルバム『Firepower』のタイトル曲です。

「えっ。おじいさん達がやってるメタル?」とか「ジャケット、なんかダサくない?」と言いたくなる気持ちはよーくわかります。

でも、その気持ちをぐっと堪えて、まずは“Firepower”を大音量で聴いてみてください。

どうです? かっこいいでしょう?

そうなんです。まさに鋼鉄神の名にふさわしい名曲なんです。
「これぞプリースト!」というリフワークやツインリード、そしてロブ・ハルフォードの強靭な歌声の前には激しく頭を振る以外の行動はありえないでしょう。
大ベテランが世に放った新たなメタルアンセムに世界中のメタルファンは狂喜乱舞しました。
これほどまでに素晴らしい曲が聴けるとは予想だにしていなかったからです。

失礼を承知で言うならば、Judas Priestというバンドの偉大さは十分認めつつも、彼らが黄金期のような名作を出すことはもうないだろう、と多くのファンが考えていたことでしょう。

しかし、アルバム『Firepower』はJudas Priestのディスコグラフィーの中でも上位に入るであろう傑作で、90年代初頭の名作『Painkiller』が台頭する若手バンドたちに神の威厳を示したように、『Firepower』も「プリースト、ここにあり」を高らかに宣言する作品となっています。

Gluttony / Buckcherry

来たるべき2000年代を背負って立つ超大物新人として1999年に鳴り物入りでデビューしたハードロックバンドBuckcherry
全身に施されたタトゥーからして尋常ではない存在感を放つフロントマンのジョシュ・トッドのインパクトも絶大で、“21世紀のGuns N’ Roses”とも噂された逸材でした。

しかし、期待されていたほどの活躍を見せることは叶わず、2002年にあっさりと解散。
ジョシュ・トッドはソロアーティストに転向し、Buckcherryは未完の大器として歴史の藻屑となるかと思いましたが…

ジョシュとギタリストのキース・ネルソンを中心に再結成されたBuckcherryは、2005年の復活作『15』が大ロングセラーとなり、見事にトップバンドの仲間入りに成功。
ようやく秘めていたポテンシャルにふさわしい成功を収めることができました。

その後、盟友だったキースの脱退など紆余曲折ありましたが、Buckcherryは現在も精力的に活動を続けています。

今回ご紹介する“Gluttony”は、キリスト教における「七つの大罪」をテーマにした2013年リリースのコンセプトアルバム『Confessions』からのシングル曲です。

MEMO
“Gluttony”は“暴食”という意味を持っています。

ジョシュの畳みかけるようなヴォーカルとバンドの緩急自在でしなやかな演奏、そしてライヴでの盛り上がりが手を取るように想像できるビッグなコーラス。
罪であると知りつつも、思いっきり暴飲しながら聴きたい暴れチューンです。

Eyes Of A Panther / Steel Panther

80年代のメタルブーム、特に“LAメタル”と呼ばれたシーンを徹底的にデフォルメした音楽性とルックスで人気を獲得したSteel Panther

コミックバンド的な扱いをされることもありますが、実力とセンスを兼ね備えているからこそ成しえるクオリティの高さを誇っています。

その実力は折り紙付きで、80年代メタルのカバーバンドとして活動していた時代には、彼らの出演日には会場の前に長蛇の列ができるほどでした。

“Eyes Of A Panther”は2009年のデビュー作『Feel the Steel』からの人気曲で、いかにも80年代的なギターリフ、キャッチーな歌メロ、陳腐な歌詞、と無条件で好きになるしかない要素がてんこ盛りなキラーチューンです。

日本での人気も高く、これまでに数度の来日を果たしているSteel Pantherですが、そのライヴは下ネタのオンパレードなので苦手な方は映像を見る際にはご注意ください。

Better / Guns N’ Roses

80年代後半から90年代前半にかけて世界を席巻したモンスターバンドGuns N’ Roses

1987年のデビューアルバム『Appetite For Destruction』は、リリースから30年以上が経過した現在においても、史上最高のデビューアルバムのひとつとして燦然と光り輝いています。

1990年以降はオリジナルメンバーの脱退が相次ぎ、2000年代にはヴォーカリストのアクセル・ローズを中心とした編成で活動を続けていましたが、2016年にギタリストのスラッシュ、ベーシストのダフ・マッケイガンが復帰。
特にアクセル・ローズとスラッシュはロック界随一の犬猿の仲として知られていたため、まさかの再結成ツアーは約6億ドルの興行収入を記録する大盛況となりました。

MEMO
2017年には日本ツアーが開催され、筆者も全5公演を見届けました。

“Better”は2008年にリリースされたアルバム『Chinese Democracy』に収録されている楽曲で、リーダーであるアクセル・ローズの音楽的嗜好を反映したモダンなサウンドプロダクションを持つ楽曲となっています。
絶大なヒットポテンシャルを秘めた“Better”ですが、残念ながらMVはお蔵入りとなってしまったので、音源のみでお楽しみください。

14年の歳月と14億円を超える製作費が注ぎ込まれた『Chinese Democracy』でしたが、これまでのアルバムほどのセールスを上げることはできませんでした。
しかし、完璧主義者のアクセル・ローズが徹底的に作り込んだ作品だけあって、リリースから10年以上経過した現在でも聴く度に新しい発見があるほど奥の深いアルバムです。
筆者の「棺桶に入れて欲しいアルバム」のひとつでもあります。

オリジナルメンバーがアクセル・ローズのみだった時代の作品ですが、再結成後のツアーでも演奏されており、今や“ガンズの名曲”としてファンの間で広く認知されています。

Moth Into Flame / Metallica

スラッシュメタル四天王の一角…というよりも、「世界最大のメタルバンド」と呼んだ方がしっくりくるほどのモンスターバンドMetallica

近年ではファストファッションブランドから発売された彼らのTシャツが人気を博しており、音楽は聴いたことがないけれどTシャツは持っている、という人も多いのではないでしょうか。

初期は速さと複雑さを兼ね備えたスラッシュメタルを演奏するバンドでしたが、1991年にリリースした『Metallica』(通称:ブラックアルバム)で重さとグルーヴ感を前面に押し出した作風へシフトチェンジ。
スピード感を求める一部のファンからは批判を浴びたものの、同作は全世界で3,000万枚以上のセールスを記録するメガヒット作となっています。

今回ご紹介する“Moth Into Flame”は、現在のところ最新作に当たる2016年発表の『Hardwired… to Self-Destruct』からのシングル曲です。
2017年のグラミー賞授賞式では、レディー・ガガと同曲を共演するという豪華コラボレーションが実現し、音楽ファンを驚かせました。

MEMO
グラミー賞授賞式でのパフォーマンスという大舞台でしたが、機材トラブルによってヴォーカル/ギターのジェイムズ・ヘットフィールドの歌が聴こえないというハプニングが発生。
ガガとマイクをシェアするなど機転を利かして出番を終えましたが、ジェイムズはさすがに怒り心頭で、楽屋に戻ってからは手の付けられない状態だったとか…

ザクザクとしたリフ、中期以降の彼らが獲得したルーズなリズム、流れるように繋がっていく各セクション、シンガーとしての成熟度を増したジェイムズ・ヘットフィールドの歌唱が見事にハマった“Moth Into Flame”は、結成から30年を超えた現在も彼らの作曲能力がまったく衰えていないことを示す絶好のサンプルだと言えるでしょう。

スラッシュメタルにはメロディが無い、と思っている方に強くオススメしたい一曲です。

メギツネ / BABYMETAL

海外の有名メタル雑誌の表紙を飾るなど、日本のメタルアーティストとしては未曽有の快進撃を続けているBABYMETAL

今でこそ否定的な意見は少なくなりましたが、「メタルとアイドルの融合」というコンセプトはハードコアなメタルファンの間で賛否両論を巻き起こすことになりました。

しかし、MetallicaやJudas Priestなどレジェンド級のメタルアーティストからの寵愛を受ける彼女たちは、これまでのメタル界ではありえなかった新ジャンル・Kawaii Metal(カワイイメタル)で世界中のファンを虜にしています。

2018年にはYUIMETALの脱退が発表されるという危機もありましたが、2人体制として初のアルバムとなった2019年の『METAL GALAXY』は全米チャート13位を記録する快挙を達成。
その勢いはまったく衰えるところを知りません。

オススメ曲は、2014年のデビューアルバム『BABYMETAL』に収録されている“メギツネ”です。
筆者も多くのメタルファンの例に漏れず、「メタルとアイドル? メタルを馬鹿にしてない?」と否定派だったのですが、その意見は初めて“メギツネ”を聴いた日に撤回されることとなりました。

メタルとアイドルという組み合わせだけではなく、そこに日本的なメロディも大胆に導入された“メギツネ”は、シュガーコーディングされた甘いアイドル歌謡ではなく、超一流のメタル曲として完璧なまでに成立していたのです。
神バンドと呼ばれる超凄腕のプレイヤーが揃ったバックバンドの一糸乱れぬ演奏ぶりも特筆すべき凄まじさでした。

ライヴも何度も観る機会がありましたが、異常なまでの運動量を要求されるダンスも完璧にこなす彼女たちの姿にプロ根性を見たのは筆者だけではないでしょう。
BABYMETAL未経験の方は、是非ライヴ映像をご覧になって彼女たちの凄さに触れてみてください。

あわせて読みたい!

Dance Macabre / Ghost

2010年代メタルシーンの顔のひとつだったと言っても過言ではないバンド、それがスウェーデン出身のGhostです。

C級ホラー映画的な世界観を持つバンドで、ムード歌謡とメタルを融合させたような音楽を演奏していましたが、キャッチーな音楽性と匿名性の高いキャラクターが大いに受け、ふと気が付けば海外では大物バンドになっていました。

実質的にはヴォーカリストのトビアス・フォージがバンドを所有しており、バックバンドとしてネームレス・グールズと呼ばれるミュージシャンたちが雇用されています。
また、リーダーのトビアス・フォージも本名ではステージに立っておらず、現在はコピア枢機卿と名付けられたペルソナを使用中です。

“Dance Macabre”は2018年リリースのアルバム『Prequelle』収録曲で、ビッグなギターリフとダンサブルな四つ打ちのビート、80年代を思わせるシンセの音色が懐かしくも新しいキラーチューン。
2019年に実現した奇跡の再来日でも大いに盛り上がった一曲です。

個人的には日本語カバーを発売したら大ヒットするのではないかと考えています。
Twitterで「郷ひろみがカバーすれば売れそう」と呟いたところ、「それは郷ストということですか」というリプが飛んできて座布団1万枚出しそうになった…というのはどうでもいい話ですね…。

Bad Timing / No Warning

おそらく今回ご紹介する楽曲の中で、一番知名度が低いのがNo Warning“Bad Timing”でしょう。

厳密に言えばメタルというよりもハードコアに近い音楽なのかもしれませんが、2005年にSUM41のオープニングアクト、同年のSUMMER SONICで立て続けに観る機会があり、そのあまりのかっこよさに「彼らがメタルの未来だ!」と(筆者だけが)確信したという経緯もありますので、今回はメタルバンドとしてご紹介することをお許しください。

2004年のアルバム『Suffer, Survive』に収録された“Bad Timing”はスピード感、重さ、メロディなどのバランスが申し分ない名曲で、リリースから15年以上が経過した現在でも、この曲を聴きながら白飯3杯はイケるほどです。

筆者がメタルの未来だと確信したNo Warningは、確信から数か月後の2005年後半にあっさりと活動を休止。
2013年に活動再開しましたが、2005年を最後に再来日は実現していません。

The Wicker Man / Iron Maiden

いよいよ最後の曲となりました。
最後にふさわしくメタル界の超大物で締めることにしましょう。

メタル界の巨人Iron Maiden“The Wicker Man”は、2000年リリースのアルバム『Brave New World』のオープニングトラックです。
1993年にバンドを脱退した看板ヴォーカリスト、ブルース・ディッキンソンの復帰作となった『Brave New World』からの先行シングルでもあり、Iron Maidenの魅力を凝縮したスピーディーでパワフルでメロディアスなメタルチューンにファンは歓喜。
以降20年以上の長きに渡って続いているIron Maiden新黄金期の到来を高らかに告げた曲だと言ってもいいでしょう。

新たな生命を得たかのようなエネルギーに満ち溢れたサウンドと歌詞は、疲れた身体に活力を注入するのにピッタリです。
エナジー注入ソングとして大音量で聴くことをオススメします。

あわせて読みたい!

オススメのメタル曲10選・まとめ

オススメのメタル曲10選、いかがだったでしょうか。

思い入れたっぷりに…いや、思い入れのみでご紹介してしまったような気もします。

今回は「2000年以降にリリースされた曲」など条件を設定した上で選曲してみましたが、もちろんここでご紹介した以外にもメタルの名曲は山ほどあります。

ご紹介した曲を足掛かりとして、サブスクなどで色々と探ってみてください。

この記事をきっかけにメタルの門をくぐってくださる方がいらっしゃったら光栄の極みでございます。

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事