BAD HOP(バッド・ホップ)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

BAD HOP(バッド・ホップ)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?


HIPHOP界に現れた若きエリート集団「BAD HOP」の魅力、8人それぞれのプロフィール、人気おすすめ曲について解説していきます。8人が全員川崎出身である事でも有名です。

HIP HOP界に彗星の如く現れ、話題をかっさらっているBAD HOP

最近では、海外大物プロデューサーらとの共作が注目を浴びている「BAD HOP」についてご紹介いたします。

BAD HOP(バッドホップ)とは

神奈川県川崎市出身のメンバーで結成された8人のMCによるHIP HOPグループです。

高校生RAP選手権で優勝経験のある双子のT-PablowYZERRを中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.I.D、Vingo、Barkの8人で活動しています。

2014年3月、1stアルバム「BAD HOP ERA」をリリースして活動を開始。
ラップユニットSCARS(スカーズ)に影響を受け音楽活動を始めました。

「BAD HOP ERA」はT-Pablowが指揮を執り、完全自主制作でリリースされた1枚。

熱烈なファンから、今もなお高い支持を得ている同作は、現在廃版。
ネットオークションでは定価を大きく上回る額で取り引きされています

2016年3月にリリースしたミックステープ「BAD HOP 1 DAY」でBAD HOPは一気に注目を浴びました。
同作に収録されている楽曲「Life Style」はYouTubeの再生回数が2,300万超えの大ヒットを記録。
BAD HOPを語るうえで欠かせない名曲です。
とくに中毒性のあるサビとラッパーとしての矜持を生き様を綴った歌詞は秀逸です。

2017年9月には初の全国流通アルバム「Mobb Life」をリリース。
他のアーティストとは一線を画す8人のラップスキルと世界基準のサウンドは当時話題となり、iTunes総合チャート1位を獲得しました。
コアなヒップホップファンだけでなく、ロックファンやポップスファンなどさまざまな音楽好きの耳を夢中にしました。

その後、アルバムのリリースツアー「Mobb Life Tour」を開催。
全国20箇所でファンを魅了しました。

そして2018年11月、武道館でのワンマンライブ「Breath of South」を成功させて、スターダムへとのし上がります。(HIPHOPジャンルのアーティストの武道館でのワンマンライブとしては最年少記録)

MEMO

「Breath of South」は集客が難しいと言われている平日開催にも関わらず、約3時間でチケットが完売。業界内外で当時話題となりました。

2019年11月には、米・ロサンゼルスで全曲制作・録音された配信限定ミニアルバム「Lift Off」で、錚々たる大物プロデューサーらと共作したことで話題を呼びました。

Murda Beatz(マーダー・ビーツ)や、Wheezy(ウィージー)Turbo(ターボ)MetroBoomin(メトロ・ブーミン)などといった、HIP HOP界ではとても有名なヒットメイカーたちが参加した同アルバムは、Billboad JAPANアルバムチャートで堂々の3位に輝いています。

2020年8月に3枚目のフルアルバム「BAD HOP WORLD」をリリース。
次のヒップホップシーンを担う若手の教科書になるようなアルバムにすることに重点を置いて制作した同作は、これまでのアルバムとは少し毛色が異なりメロウな楽曲が多め。
BAD HOPの新たな一面が垣間見える作品です。

また、同作にはデラックス盤があります。

デラックス盤には人気ラッパーのLEX(レックス)JP THE WAVY(ジェイピーザウェイビー)ゆるふわギャングなどさまざまなラッパーが参加しています。
ヒップホップ好きは併せてチェックしてみてください。

MEMO

デラックス盤のCDの一般販売は今現在行っておりません。
オフィシャルサイト「BAD HOP WORLD SHOP」でのみ販売中です。

BAD HOP・由来

「BAD HOP」は、野球用語で・バウンド(どこにボールが跳ねるかわからない)を意味することにインスピレーションを感じたことから名付けられました。

矢のような鋭いフレーズが、予期せぬところから絶え間なく飛んでくる彼らのラップにとてもぴったりです。

MEMO

結成当時に開催されていたイベントの名前が「BAD HOP」で、そのイベントを主催していた人物がメンバーの兄貴的存在であったため、その名前を全国に持っていきたいという熱い思いも込められています。

「BAD HOP=悪いHIP HOP」と思われがちですが、それも想定内のネーミングなのです。

BAD HOP・メンバー

T-Pablow(ティーパブロ)

  • 本名:岩瀬達哉
  • 生年月日:1995年11月3日
  • 出身:神奈川県川崎市
  • 旧名:Kー九(ケーナイン)

メンバーのYZERRと双子の兄弟です。

中学生の時に単身ニューヨークへ渡り、街のそこら中で繰り広げられていたラップなどの音楽の自由さに衝撃を受け、自らの生きる道として音楽の道を志しました。

第1回、第4回高校生RAP選手権で優勝している実力派で、第1回大会で優勝した時は、ラップを始めてまだ数ヶ月という異才ぶりを発揮しています。

人気HIP HOP番組 「フリースタイルダンジョン」では初代モンスターを務めていて、その名を知らないHIP HOPファンはいないでしょう。

MEMO

人気バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」にゲスト出演したことも話題になりました。

T-Pablowは常人離れしたリズム感を持つ稀有なラッパーです。
トラックへのアプローチが他のアーティストとは一線を画します。
T-Pablowのラップは多くのラッパーから高い評価を得ており、その常人離れしたスキルは常に注目の的です。

楽曲参加のオファーも多いT-Pablow。
人気ラッパーのANARCHY(アナーキー)KEN THE 390(ケンザサンキューマル)、地元・川崎の先輩ラッパーKOWICHI(コウイチ)もT-Pablowのラップスキルに魅了され、自身の楽曲への参加をオファーしています。

ちなみにT-Pablowは既婚者。娘さんもいます。

BAD HOPの楽曲「Bayside Dream feat. T-Pablow, Tiji Jojo & Benjazzy」では「可愛くてどうしようもない娘が生まれて」「こいつで稼いでんだよガキのミルク代」と歌っています。
今後の作品では、父親「T-Pablow」として綴られる歌詞が増えてくるかもしれませんね。

2017年3月にソロアーティスト「T-Pablow」として初のEP「Super Saiyan1 The EP」をリリース。
T-Pablowのラップスキルを十二分に堪能できる同作はT-Pablowを語るうえで欠かせない1枚です。

T-Pablowは2021年の上半期にソロアルバムをリリース予定
サウンドは人気ラッパーのAwich(エイウィッチ)AKLO(アクロ)SKY-HI(スカイハイ)など数多くのアーティストに楽曲提供を行っている音楽プロデューサーJIGG(ジグ)が全曲担当するようです。どんなアルバムになるのか楽しみですね。


ちなみにT-Pablowは小学生の頃、作文コンクールで何度も賞を貰っていたそうです。
幼いころから文才があったんですね。

YZERR(ワイザー)

  • 本名:岩瀬雄哉
  • 生年月日:1995年11月3日
  • 出身:神奈川県川崎市

高校生RAP選手権の第5回大会優勝者です。

言わずと知れたHIP HOP界のレジェンドZeebraさんと、初対面でフリースタイルをしてしまう強者です。

MEMO

その時、Zeebraさんは「やべー奴がやっと出てきた!」と跳ねて喜び、マネージャーに連絡先を交換するように言ったという逸話があります。

その後、沖縄で開催されたZeebraさんのライブに呼ばれ、急遽ステージに上がったYZERRは堂々としたラップを披露してみせました。

グループ内では、ブレーン的存在で音源から戦略まで多岐に渡って活動をリードしています。

YZERRはBAD HOPメンバーの中で最も雑らしいです。
自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で「北海道でポケットWi-Fiを2つ無くしたことがある」と語っていました。

「本当のことを歌う」「ありのままを歌う」をモットーに活動しているとインタビューで語るYZERRはソロアーティストとしても活動しています。

2019年3月にリリースした「Back Stage feat. Tiji Jojo」はYouTubeでの再生回数が730万を超える人気曲です。
BAD HOPだけでなく、ソロアーティスト「YZERR」としても今後も目が離せません。

ちなみにYZERRの好きなタイプの女性は「優しくてポジティブな人」。
影響を受けた本は「バガボンド」だそうです。

Tiji Jojo(ティージージョジョ)

  • 本名:吉村敦也
  • 生年月日:1996年2月12日
  • 出身:神奈川県川崎市

韓国と日本のハーフで、高い音域の声が特徴です。

T-PablowとYZERRとは家が隣同士で、幼馴染みの間柄。親戚の叔父さんが、サッカーJ2リーグでキーパーをされていたことも知られています。

眼鏡 とお団子ヘアがトレードマークで、MVの編集を担当するなどラップ以外でも才能を発揮しています。

Tiji Jojoの聴き心地の良いメロディアスなラップは一度聴いたらクセになります。
BAD HOPがヒップホップリスナーだけでなく、ヒップホップをあまり聴かないロック好きやポップス好きにも支持されるのはTiji Jojoのメロディアスなラップの存在も大きいでしょう。

好きなものは漫画。
特に「ONE PIECE」がお気に入りだそうです。

Tiji Jojoもソロアーティストとして活動しています。
2019年5月には1st EP「PLAYER 1」をリリース。
日本を代表するプロデューサー兼トラックメイカーのKM(ケーエム)が参加している同作はTiji Jojoのメロディアスなラップが存分に堪能できる1枚。
Tiji Jojoファン必聴の1枚です。

Benjazzy(ベンジャジー)

  • 本名:石川ユキカズ
  • 生年月日:1994年(日付は不明)
  • 出身:神奈川県川崎市

他のメンバーより一つ年上で、歌唱力・ラップスキルはグループ内でもダントツの実力を持っています。

父親が英語の教師をしており、メンバーが通う学校でも教壇に立っていました。

MEMO

アメリカ人ラッパー・ケンドリック・ラマーのファンであることも有名です。

言葉数の多いBenjazzyのラップには、他のラッパーを寄せ付けない独特な威圧感があり粒ぞろいのBAD HOP内でも一際目立っています。

また、人気ヒップホップユニットCreepy Nuts(クリーピーナッツ)のメンバーであるR-指定はBenjazzyのガヤ(曲中に入れる合いの手)を「カッコよすぎる」と絶賛していました。

Benjazzyのガヤは、これまでのラッパーのガヤとは一線を画しています。
斬新でカッコイイのでぜひチェックしてみて下さい。

2020年2月にソロデビューシングル「WAR」をリリースしたBenjazzy。
同作は、次世代ラッパーの(sic)boy(シックボーイ)や人気ラッパーのSALU(サル)などさまざまな有名アーティストに楽曲提供を行っている音楽プロデューサーKMが手掛けた、スリリングな楽曲とBenjazzyのテクニカルなラップが堪能できる耳の肥えたヒップホップファンにはたまらない1曲です。

Yellow Pato(イエローパトー)

  • 本名:関根流星
  • 生年月日:1995年4月18日
  • 出身:神奈川県川崎市

幼い時からサッカー少年として育ち、中学生の時は川崎フロンターレのユースチームに所属していたほど、抜群の運動神経の持ち主です。

ドレッドヘアーがトレードマークですが、なんと中学3年生の時からそのファンキーな髪型をしているのだそうです。

実はかなりしっかり者なYellow Pato。
YZERRは「俺とT-Pablowを抜かしたら1番しっかりしている。Yellow Patoはリーダー気質」とインタビューで語っていました。

G-K.I.D(ジーキッド)

  • 本名:渡邊りょう
  • 生年月日:1995年(日付は不明)
  • 出身:神奈川県川崎市

YZERRと同じサッカーチームに所属していました。

メンバー随一の強面と言われていますが、湘南乃風「カラス」をカラオケで歌うと必ず泣いてしまうという、繊細でセンチメンタルな心の持ち主です。
2019年5月にメンバーのVingo、Barkと共にミックステープ「REDRUM」をリリース。

同作にはG-K.I.Dのソロ曲「NVM」が収録されています。
G-K.I.Dのセクシーな歌声と聴き心地の良い滑らかなラップを堪能できる1曲です。

Vingo(ヴィンゴ)

  • 本名:阿部しんのすけ
  • 生年月日:1996年1月5日
  • 出身:東京都大田区

同郷の幼馴染みである他のメンバーとは違い、唯一の東京出身です。
BAD HOPには途中から加入しました。

ナンパが得意と言われるVingoですが、崇拝しているのはレゲエの神様ボブ・マーリー

MEMO

額には「Love The Life You Live」という言葉のタトゥーが彫られており、「自分の生きる道を愛せよ」という意味で、ボブ・マーリーの名言として知られているものです。

既成概念に縛られない自由な発想を持つVingo。

T-PablowはVingoのことを「あいつは完璧飛び道具だよな。ラップも直球キャラじゃなくて。ふざけてるというか自由。そういうヤツがひとりいると面白い。」と語っていました。

Bark(バーク)

  • 本名:日野原ゆうき
  • 生年月日:1995年(日付は不明)
  • 出身:神奈川県川崎市

渋い低音が魅力で、女性ファンからの人気を多く集めています。

BAD HOP随一の無邪気さを持つBark。
YZERRいわく思考が小2で止まっているそうです。

Barkの趣味は筋トレ。
鍛え上げられた体は相当なものだそうです。

MEMO

見た目とは裏腹に優しい性格で、ラッパーになっていなかったら保育士になっていたと本人が語っているほどです。

楽曲に深みを出してくれるキーパーソンなのです。

BAD HOP・魅力

BAD HOPの魅力は、川崎市川崎区といういわゆる工業地帯で生まれ育った、バックグラウンドから生まれるリリックです。

「日本で1番空気が汚い」と揶揄されることもある土地からの社会を見つめて育ったBAD HOPのメンバーは、刺激が強すぎる尖ったものをたくさん見てきたのです。

MEMO

アルバム「Mobb Life」に収録されている「Black Bandana」には、”小2の頃にはタバコをふかし金髪でスカジャンの友達むかつく奴ら頭かち割り周りの大人背中に入れ墨”といった歌詞があり、彼らの育った街がどのような状況だったかをリアルに物語っています。

穏やかな街で暮らす人々には非日常的な世界も、彼らにとってはごく当たり前の日常であり、その世界をリアルに映し出すフレーズに心揺さぶられるのです。

さらに、近年では多様 なスタイルを見せるHIP HOPですが、彼らは若くして王道のHIP HOPを突っ走っていることも人気の理由です。

Zeebraさんに「やっと出てきた」と言わしめ、自身のレーベルに誘わせたのも、王道に真っ向から挑戦していたからでしょう。

BAD HOP・人気おすすめ曲

「Kawasaki Drift」


2018年6月にリリースされたミニアルバム「BAD HOP HOUSE」に収録されている楽曲。
メンバー全員参加の同作はYouTubeの再生回数が1,700万越え。
ライブでも沢山のファンを熱狂させているBAD HOPを語るうえで欠かせないBAD HOPの代表曲です。

一人一人がリレー方式 で自らのルーツとここまで成り上がった過程をリアルに歌った曲で、彼らの生々しい生き様を垣間見ることができます。

サウンドはカリスマラッパーKOHH(コー)AK-69(エーケーシックスティーナイン)などに楽曲提供しているビートメイカー理貴(リキ)が担当。
サビ後半のYZERRとVingoの掛け合いは秀逸。1度聴いたら病みつきになります。

BAD HOPをまだ聴いたことがない人は、BAD HOPのカッコよさがギュギュっと詰まってるこの楽曲から聴いてみてください。

また、同曲は2021年に公開された映画「ヤクザと家族 The Family」の劇中歌に起用されました。

「Asian Doll」


BAD HOPが描く最高のラブソングです。

惚れた女性に対する男の悲しい性を赤裸々に綴り、メロディアスに仕上げた1曲。
2017年にリリースされた2ndアルバム「Mobb Life」に収録されている同曲は、高級ブランド名を並べた印象的な歌詞が若年層リスナーの間で話題となりました。

T-Pablowのセクシーで包容力のある歌声が印象的なサビは、メロディーが秀逸で思わず口ずさんでしまいます。

僕は「夜はベッドで遊ぶまるでCHANELのロゴ」というVingoの歌詞がお気に入りです。

「Born This Way」


Netflixで全世界配信されたアニメ「ケンガンアシュラ」のエンディングテーマに起用された曲です。

地下格闘を舞台にする作品の世界観にぴったりな曲で、BAD HOPが生まれたヒストリーとも不思議と重なります。
サウンドは「Suicide feat.Tiji Jojo & T-Pablow」や「口だけ feat.YZERR & Benjazzy」などBAD HOPの楽曲を数多く手掛ける音楽プロデューサーKMが担当。
BAD HOPのダークな一面が垣間見える楽曲です。

最新情報

地元川崎に完全無料のスタジオ設立

BAD HOPメンバーの地元・川崎にレコーディングスタジオを設立しました!
「これからアーティストを目指す若い方々、現在アーティストとして活動している方に向けて無料でレコーディングや、楽曲制作のサポートをしていきます。全ての費用は無料です。一切お金はかかりません。」と本人たちもコメントしており、厳しい状況下でのアーティスト支援という形で注目を集
めています。
詳細は今後、発表されるとのことで目が離せません。

最新情報2

クラフトビールブランド設立

2020年にクラフトビールブランド「BUZZ HIGHER」(バズハイヤー)を設立したBAD HOP。


BAD HOPの地元にあるビール醸造所「TKBrewing」(ティーケーブルーイング)と協力し製造したオリジナルビールはフルーティーな香りや喉ごしにこだわったBAD HOPの自信作。

「コアなビール好きもキャッチしていきたい」とインタビューで語っていました。

ボトルのデザインがお洒落なので、飲み干したらインテリアとして部屋に飾るのも良いかもしれません。

2021年3月にBUZZ HIGHERオフィシャルサイトにて1,000セット限定で販売したところ15分で完売
BAD HOPのクラフトビールの人気は凄まじいです。

MEMO

現在、BAD HOPのクラフトビールが飲めるのは地元の川崎や横浜といった近隣の数店舗のみ。
今後は規模を拡大し「全国展開していきたい」と語っていました。

アーティストがビールブランドを設立するなんてビックリですね!
どんな味のビールなのか気になります。
早く全国流通してほしいですね!

2021年9月1日横浜アリーナ公演開催決定

感染症拡大の影響で延期されていた、横浜アリーナでのワンマンライブが2021年9月1日に開催することが決定しました。

今度こそ観客を入れてライブをしてほしい!
無事に開催できることを祈りましょう。

最後に…

あらゆる尖った猛者がうごめくHIP HOP界を、切り裂くように成り上がっていく、若きラッパー集団「BAD HOP」についてご紹介してまいりました。

2014年に活動を開始したばかりの彼らは、すでに世界と向き合い対等な立ち位置に立っています。

どんなジャンルの音楽が流行しようとも、そのスタイルを貫き通すHIP HOPという音楽。

そのHIP HOPという戦場に身を置き、叫び続けるBAD HOP。

BAD HOPはとてつもなく不良に見えるけどそれだけではない、理不尽な社会の中でも必死に生きようともがく若者の代弁者なのです。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事