SKY-HI – AAAメンバー兼カリスマラッパー兼会社社長! その驚きの経歴とは…?

SKY-HI – AAAメンバー兼カリスマラッパー兼会社社長! その驚きの経歴とは…?

HIP HOPファンのみならず、これまでHIP HOPに触れてこなかったJ-POPファンをも魅了しているHIP HOP界のカリスマ・SKY-HI(スカイハイ)

ラッパーとしてだけでなくアイドル、トラックメーカー、音楽プロデューサー、マネジメント&レーベル会社の社長といった多彩な肩書きを持つ彼は、音楽業界内でも唯一無二の存在です。

今回は「ラッパーSKY-HI」について、プロフィールや経歴、おすすめ楽曲などを詳しく解説していきます。

HIP HOP界のみならず、日本の音楽シーンを牽引しているSKY-HI。

「SKY-HIのことをよく知らない」という人は早めにチェックしておきましょう!

プロフィール

Profile

  • 活動名義:SKY-HI
  • 本名:日高光啓(ひだかみつひろ)
  • 出身地:千葉県市川市
  • 学歴:早稲田大学社会科学部 中退
  • 生年月日:1986年12月12日
  • 身長:173 cm
  • 血液型:O型
  • 座右の銘:Success is the best revenge(成功こそが最高のリベンジ)
  • 幼少期の頃の夢:サッカー選手

1986年に千葉県市川市で3人兄弟(姉2人)の末っ子として生を受けたSKY-HI。
父親はパイロット、母親はキャビンアテンダントとして働いていました。
ご両親の職業から推察するにSKY-HIは裕福な家庭で育ったと思われます。

小学生の頃はサッカーやピアノ、勉強に明け暮れる毎日を過ごしたSKY-HI。
小学6年生には国語の全国模試ので1位を獲得。
ラッパーとして大切な「表現力・ボキャブラリー」はこの頃から培われていたのですね。

中学生の頃、ラップグループRHYMESTER(ライムスター)をテレビで見たことがキッカケとなりラップにのめり込む。「RHYMESTERは日本語でラップすることのカッコ良さを教えてくれた存在」とインタビューで語っていました。

生まれつき音が聞き取りづらい「先天性聴覚障害」を患っているSKY-HI。
現在も左耳が聞こえづらいそうです。
本人いわく、左耳にフィルターがかかっているような感じがするそうです。

幼い頃はサッカー選手になることが夢でしたが、難聴の影響でどうしてもプレーに支障が出るため断念。

音楽の道も半ば諦めかけていましたが、父親から「左耳のおかげで人と違う音楽の聴こえかたができてよかったな!」と助言をもらい、難聴をプラスに捉えられるようになったそうです。

経歴


SKY-HIが歩んできた経歴を紹介します。

ラッパーとしての経歴だけでもSKY-HIの凄さは十分感じる取ることができますが、今回はさらに深堀り。アイドルとしての経歴も解説していきます。
ラッパーとアイドルの二足のわらじを難なく履きこなすSKY-HIの優れたバランス感覚を感じ取ることができるでしょう。

アイドル時代~AAAメンバーとしての経歴

まず、アイドル時代およびAAAメンバーとしての経歴を紹介します。

ジャニーズJr.として活動

2001年

・中学2年生の時、友人とジャニーズ事務所に履歴書を送り、合格。ジャニーズJr.として活動を始める。
同期には現在アイドルグループ「NEWS」として活躍している小山慶一郎や「Kis-My-Ft2」として人気を集める横尾渉がいます。

2005年

・エイベックスが主催する「エイベックス男募集!オーディション」に応募し、見事合格。

・オーディション合格に伴い、約4年間所属したジャニーズ事務所を退社。

・男女混合パフォーマンスグループ「AAA」のメンバーとして活動を始める。
ちなみにAAAとは「ATTACKALLAROUND」の頭文字を組み合わせたものです。

MEMO

ジャニーズ事務所を辞めた理由は「音楽が作りたかったから」「口パクが嫌だったから」「ラップがしたかったから」だそうです。

9月にAAA初のシングル曲「BLOOD on FIRE」でメジャーデビュー。
新人ながらオリコンチャート9位にランクインし話題となりました。SKY-HIはラップの作詞を担当。

AAAは「BLOOD on FIRE」でその年のベストヒット歌謡祭「新人賞」日本有線大賞「有線音楽賞」日本レコード大賞「最優秀新人賞」を獲得。
新人アーティストとしてこれ以上ないほど華々しいデビューを飾りました。

デビューしてわずか3ヶ月で、日本の名だたる賞を総ナメしたんだね!



2006年

・AAA初のアルバムとなる「ATTACK」をエイベックスからリリース。

・デビュー1周年にあたる9月に異例の無料ライブを武道館で開催。
新人アーティストながら約1万人を動員し業界内外で話題となりました。

初のオリコン1位を獲得

2008年

・17thシングル「MIRAGE」をリリース。
AAA史上初となるオリコンシングルチャート1位を獲得しました。
この時期からAAAの活動は一気に加速します。


・MTV主催イベント「MTV STUDENT VOICE AWARD 2008」に出演。
学生に最も人気のあるダンス・アーティストに贈られる「最優秀ダンスアーティスト賞」を受賞しました。

2009年

デビュー4周年記念ライブを横浜アリーナで行い、1DayライブとしてはAAA史上初の1万1000人を動員。

紅白初出場

2010年

・24thシングル「逢いたい理由/Dream After Dream ~夢から醒めた夢~」をリリース。
収録曲「逢いたい理由」で日本レコード大賞で優秀作品賞を受賞。

・NHK紅白歌合戦に白組として初出場。
名実ともに国民的アーティストの仲間入りを果たしました。

MEMO

初出場以降、紅白歌合戦に7年連続で出場。紅白歌合戦の常連アーティストとなりました。

2011年

・ベストアルバム『#AAABEST』をリリース。
AAA史上初のオリコンアルバムチャート1位を獲得する。

2015年

・デビュー10周年を記念し、7ヶ月連続シングルリリースを敢行。
7タイトル全て購入した人は10周年アニバーサリーライブに参加できるというユニークな企画を行い、ファンの間で話題となりました。
2017年

・AAA史上初となる4大ドームツアーを開催。32万人を動員しました。

MEMO

2019年に開催したドームツアーではAAA史上最大規模となる38万人を動員しました。

活動休止を発表

2020年

・1月に年内をもって活動休止することを公式サイトで発表。

・15周年記念ベストアルバム&ビデオ・クリップ集を同時発売。
ベストアルバムはAAA史上最高の初週売上を記録しました。

・2020年12月31日をもって活動休止。

あわせて読みたい!

ラッパーとしての経歴

続いて、ラッパーとしての経歴を紹介します。

クラブ徘徊・インディーズ時代

2006年

・先輩ラッパーSEEDA(シーダ)のアルバム「花と雨」に感化され、AAAの活動と並行してラッパーとしての活動を開始。
それ以降クラブに足しげく通い、さまざまラッパーと交流を深める。

2009年

・日本最高峰のフリースタイルバトル大会「UMB」の予選に参加するが2回戦で敗退。
敗れはしたが、この頃からラップスキルが向上してくる。
ちなみに2回戦で敗れた相手は2011年のB-BOY PARK 冬の陣で優勝を果たしたPONY(ポニー)でした。

2011年

・SKY-HIとHIP HOPメディア・Amebreakとのコラボ企画「FLOATIN’ LAB」始動。
さまざまなラッパーやトラックメーカーと多くの楽曲を世に送り出す。
参加アーティストはR指定、KEN THE 390、RAU DEF、環ROY、SUNNY BOY、ポチョムキンといった錚々たるメンツ。

2012年

・アルバム「SKY-HI presents FLOATIN’ LAB/V.A.」をリリース。
デイリーチャート最高16位、週間チャートで25位を記録する。

・アルバム発売と同時期にインディーズレーベル会社「BULLMOOSE」(ブルーム―ス)を設立。

・ファッション雑誌「WOOFIN’」のベストオブラッパーに選ばれ「ラッパーSKY-HI」として耳の肥えたHIP HOPリスナーに一目置かれる。

メジャーデビュー

2013年

・メジャーデビューシングル「愛ブルーム/RULE」をエイベックスからリリース。
大型音楽フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に出演。
ラッパーSKY-HIとしての知名度を徐々に上げていく。

2014年

・1stアルバム「TRICKSTER」をリリース。
アルバムのテーマは「さぁ、この人生(ゲーム)をひっくり返そう。」
デビューアルバムにもかかわらず週間オリコンチャートで19位を獲得。

・アルバムリリースに伴いライブツアー「SKY-HI TOUR 2014 Trip of TRICKSTER」を開催。
全国9都市で行われた。

2016年
・5枚目のシングル「アイリスライト」をリリース。
週間オリコンチャートで2位を獲得し「ラッパーSKY-HI」として初のトップ10入りを果たしました。


・「アイリスライト」をリリースして1週間後、2ndアルバム「カタルシス」をリリース。
トラックメーカーとしてKREVAMummy-D(マミーディー)、蔦谷好位置(つたやこういち)など豪華クリエイターが参加。
SKY-HI自身が気に入っている楽曲「カミツレベルベット」は同作に収録。

2017年

・3rdアルバム「OLIVE」をリリース。
アルバムテーマは「生きる」「再生」。
生きていることの素晴らしさを改めて感じさせてくれる同作は、週間オリコンチャート8位を獲得。

・3rdアルバムのリリースツアー「SKY-HI HALL TOUR 2017 -WELIVE-」を全国13ヶ所15公演で開催。
ツアーファイナルを聖地「日本武道館」で行い「ラッパーSKY-HI」としての実力・勢いを業界内外に知らしめました。

2018年

・有名アメコミの出版会社「MARVEL」の映画作品「ブラックパンサー」のCMに出演。
「アイドル」「ラッパー」として2足のわらじを履くSKY-HIが主人公の生い立ちとリンクしていることから起用されました。


・コラボベストアルバム「ベストカタリスト」をリリース。
ジャンルの垣根を超えさまざななアーティストとコラボしてきたSKY-HIのコラボ作品集となっている同作には、SPICY CHOCOLATE(スパイシーチョコレート)小室哲哉、DJ 松永といった名だたるアーティストとのコラボ楽曲が収録されています。

・自身の誕生日である12月12日に4thアルバム「JAPRISON」(ジャプリズン)をリリース。
「相当に内省的なところから自分を掘り下げることができた」と語る同作は斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)亀田誠治、韓国のラッパーJa Mezz(ジャメズ)などが参加。

アルバムタイトルである「JAPRISON」には、JAPAN(日本)+PRISON(監獄)とJAPanese Rap IS ON(日本のラップはイケてる)という意味があり、日本という国の「閉塞感」や「日本のラップのカッコよさ」を表現しています。

災禍を逆手に取ったユニークなライブで注目&会社設立

2020年
・感染症拡大防止によるライブ活動自粛を受け、リハーサルスタジオから生配信ライブ開催。
日本各地で話題となり、Twitterでトレンド1位を獲得する。

・5月には自宅で「#SKYHI自宅ワンマン」を1人で生配信。
9月には自身の実家でワンマンライブを開催。
ユーモアある企画を数多く打ち出し、業界内外から注目を浴びました。


「才能を殺さないために」をスローガンにマネジメント兼レーベル会社「株式会社BMSG」を設立。CEOとなる。
また、エイベックスと共同で音楽レーベル「B-ME」(ビーミー)も立ち上げる。
第1弾アーティストは若い世代に絶大な支持を得る実力派ラッパーNovel Core(ノベルコア)


・自身がCEOを務める「株式会社BMSG」でボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」を開催。

2021年
ボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」の模様が日本テレビの情報番組「スッキリ」と定額制動画配信サービス「Hulu」で放送&配信される。

SKY-HIの魅力


HIP HOPリスナーはもとより、これまでラップを聴いてこなかったリスナーをも魅了するSKY-HI。
数多くある魅力の中から、厳選した3つを紹介します。
SKY-HIが多くの人に支持される理由が垣間見えるでしょう。

ラップ初心者も楽しませる卓越したラップスキル

HIP HOP好きにもこれまでラップを聴いてこなかった人にも称賛されるSKY-HIのラップスキル。
早口でラップするいわゆる「高速ラップ」はSKY-HIのお家芸と言えるでしょう。

SNS上でも「ラップスキル、エグすぎ」「開いた口が塞がらない」「ヘッズ以外も唸らせるスキル」といった称賛コメントで溢れています。

また「何を言っているのかわからない。聴き取れない」と言われがちなラップにおいて、SKY-HIのラップは飛びぬけて聴き取りやすいです。

SKY-HIの卓越したラップスキルは、これまであまり日の目を見てこなかった日本語ラップの間口を大きく広げました。
HIP HOP好きだけでなく、ラップに聴き馴染みのないリスナーの耳にも優しいSKY-HIのラップは唯一無二です。

ジャンルレスな幅広い活動

SKY-HIはアーティストからの人気も高いです。

ジャンル問わず、さまざまなアーティストからオファーが殺到。
これまでにさまざま沢山のアーティストとコラボしてきました。

これまでコラボしてきたアーティストは加藤ミリヤ、BREAKERZ、金子ノブアキ、田原俊彦、小室哲哉といった錚々たる顔ぶれ。

また「タイの星野源」と言われているSTAMP(スタンプ)や韓国のラッパーReddy(レディ)といった海外のアーティスト達とも積極的にコラボ。
SKY-HIの活動は国内にとどまらず海外にまで広がっています。
このジャンルに縛られない幅広い活動も、日本語ラップの間口が広がった1つの要因と言えるでしょう。

チャレンジ精神が旺盛

SKY-HIはアーティストの中でもトップクラスの行動派です。

思い立ったが吉日!とばかりに、SKY-HIはさまざまなチャレンジをしてきました。
いつ寝ているの?とこちらが心配になってしまうほどです。

「カッコいいラッパーになりたい!」と決意し、所属していたエイベックスに内緒でクラブに週5で出入りしたり、政治に関する自身の意見を落とし込んだ楽曲をYouTubeにアップしたりと、SKY-HIは売れっ子アーティストとして異例とも言えるチャレンジを数多くしてきました。

そんな数多くあるチャレンジの中でもとくに印象的なのが、2020年に発表されたボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」の開催です。

オーディション開催にあたり、SKY-HIが個人資産1億円を投じたことも話題となりました。
「日本の芸能のレベルを高める」「才能を殺さないために」を旗印に掲げ始まった同企画が今後どんな展開を見せるのか楽しみですね。

親交の深いラッパー


ジャンル問わずさまざまなアーティストと親交があるSKY-HIですが、ここではラッパーに絞って紹介します。

SALU(サル)


SALUは1988年生まれ北海道出身のラッパー。
SKY-HIとは同世代です。

2012年に音楽プロデューサー「BACHLOGIC」(バックロジック)にその才能を見いだされインディーズデビュー。
SALUの聴き心地良い滑らかなラップは当時「ニュータイプ」と評され注目を浴びました。
2013年にEP「In My Life」でトイズファクトリーよりメジャーデビュー。
現在はLDH MUSICに在籍しています。

自身の楽曲である「GOOD VIBES ONLY feat.JP THE WAVY,EXILE SHOKICHI 」は注目を集めYouTubeの再生回数が1,600万回超え。
今後も目が離せないラッパーの1人です。

また、2016年・2019年に「SKY-HI×SALU」名義でリリースしたコラボアルバム「Say Hello to My Minions」と「Say Hello to My Minions 2」は、これまでSKY-HIがリリースしてきた作品とは毛色が異なるのでぜひ聴いてみてください。

ぼくのりりっくのぼうよみ


ぼくのりりっくのぼうよみ「他の人たちの中にある偶像に自分が支配されちゃうことにすごく耐えられない」という理由から2019年に音楽活動を終了した稀有なラッパーです。

2015年にビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。
デビューアルバム「hollow world」は完成度が高く、日本の音楽シーンを震撼させました。
また、ほかのアーティストとは一線を画す哲学的な歌詞は音楽業界のみならず、文芸界でも高い評価を得ました。

SKY-HIとは2018年に「何様 feat.ぼくのりりっくのぼうよみ」で共演。
社会に漂う不寛容な空気に疑問を呈するシリアスな歌詞とSKY-HIの巧みなラップスキルが堪能できる1曲です。

MEMO

ぼくのりりっくのぼうよみは現在「たなか」という名義で活動しています。
また、ラップユニット「Gorilla Attack」(ゴリラアタック)のメンバーとしても活動中。


あわせて読みたい!

さなり


「SKY-HIは僕のヒーロー」と公言しているラッパーさなり
2002年生まれの次世代のラップスターです。

15歳で「A-Sketch」(エースケッチ)からメジャーデビュー。
さなりのデビュー曲「悪戯」ではプロデューサーとしてSKY-HIが参加しました。

2021年には2ndシングル「2FACE feat.SKY-HI」をリリース。
「大好きなSKY-HIに自分を励ましてほしい」をコンセプトに制作した同作。
2人の絆の強さが窺える作品となっております。

あわせて読みたい!

おすすめ楽曲

数多くの楽曲をリリースしてきたSKY-HI。
今回は「ラップスキル」「ポップセンス」「セクシー」3つのテーマに焦点を絞っておすすめの楽曲を紹介していきます。

Tyrant Island

SKY-HIの「ラップスキル」を堪能したい人におすすめ。

1stアルバム「TRICKSTER」に収録されている同作は、SKY-HIのお家芸「高速ラップ」を存分に堪能できるラップソングです。

SKY-HIのラップの上手さにどうしても目が行きがちな同作ですが、ラッパーとしての情熱や矜持を綴った歌詞も必見。

また、同作はリリックビデオが公開されています。
「ラッパーSKY-HI」の能力の高さを耳だけでなく「目」でも感じてみてください。

カミツレベルベット

SKY-HIの「ポップセンス」を堪能したい人におすすめの楽曲。

SKY-HI自身「自分がリリースした曲の中で一番ポップな曲」と語る同作は、2015年にリリースされた3枚目のシングルです。

日本を代表する音楽プロデューサー蔦谷好位置がアレンジした軽快なサウンドとSKY-HIのユーモアと優しさがこもった歌詞は、聴く人の心を晴れやかにします。

同作はファン投票で1位を獲得。
SKY-HI自身もお気に入りの楽曲として同作を挙げています。

SKY-HIを語るうえで欠かせない名曲です

逆再生を駆使したMVも必見。

Sexual Healing

SKY-HIの「色っぽさ」を堪能したい人におすすめ。

韓国の音楽アワードで「R&B/Soulアルバム部門」を受賞した韓国のアーティスト「Samuel Seo」(サミュエル・セオ)をプロデューサーに迎えた同作は、SKY-HIのセクシーな一面をを余すことなく堪能できる楽曲です。

これまでのSKY-HIの楽曲にはない、艶っぽいサウンドと官能的な歌詞はとても色っぽく、女性ファンのみならず男性ファンをも魅了。
アダルトな雰囲気が漂う同作でSKY-HIは新境地を切り開きました。

もちろんMVでもSKY-HIの色っぽさが爆発しています。

この色っぽさは、ラッパーとしてだけでなくAAAとしても活躍してきたSKY-HIだからこそ出せるものなのかもしれませんね。

最後に

HIP HOP界のカリスマSKY-HIのプロフィールや経歴、おすすめ楽曲などを紹介してきました。

SKY-HIのバイタリティと日本のHIP HOPをお茶の間に浸透させたカリスマ性を感じてもらえたら嬉しいです。

2021年はさらに活躍の場を広げるであろうSKY-HI。今後も目が離せません。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事