「マキシマム ザ ホルモン」メンバーの年齢由来、意外な経歴とは…?

「マキシマム ザ ホルモン」メンバーの年齢由来、意外な経歴とは…?


ヘヴィとポップが混在した摩訶不思議なサウンドと奇抜すぎるアイデアの数々で、音楽業界を激震させ続ける「マキシマム ザ ホルモン」。“腹ペコ”と呼ばれるファンを熱狂させる彼らの魅力をご紹介します。

ヴォーーー!!ヴォーヴォヴォヴォー!!


!!! ど…どうしたの…? 病気?


ちがうよ!マキシマム ザ ホルモンの歌を練習してるんだよ!


よかった…。救急車を呼ぶところだったよ。
じゃあ、マキシマム ザ ホルモンについて教えてもらえるかな?

どヘヴィな暴虐サウンドとJ-POP顔負けのキラキラメロディをカオティックに融合させた唯一無二のサウンドを鳴らすバンド、マキシマム ザ ホルモン。

ロックフェスティバルのヘッドライナーを務めれば楽々と数万人の観客で会場を埋め尽くすことのできるマキシマム ザ ホルモンですが、自身の主催ライヴはアリーナやスタジアムといった大会場では開催しないというポリシーを持っています。

当然ながらマキシマム ザ ホルモンのライヴは毎回チケット争奪戦、超プラチナチケットです。

「大好きなのにチケットが当たらない!」と嘆いているファンも多いのではないでしょうか。

しかし、目先の利益よりも自分たちが快適に活動できる環境を最優先するマキシマム ザ ホルモンの姿勢に共感するファンはそれ以上に多いことでしょう。

そんな「日本一ビッグなカルトバンド」マキシマム ザ ホルモンの魅力をご紹介していきます。

マキシマム ザ ホルモン / MAXIMUM THE HORMONE


バンドメンバー

  • マキシマムザ亮君(マキシマムザりょうくん) / 歌と6弦と弟
  • ダイスケはん / キャーキャーうるさい方
  • 上ちゃん(うえちゃん) / 4弦
  • ナヲ / ドラムと女声と姉

マキシマム ザ ホルモン・メンバー

活動最初期の1999年に現在とはメンバーも音楽性も異なるファーストアルバム『A.S.A.Crew』を発表したマキシマム ザ ホルモンですが、同アルバムリリース後にメンバーチェンジがあり、それ以降は上記メンバー4名で活動を続けています。

マキシマムザ亮君(マキシマムザりょうくん) / 歌と6弦と弟

  • 芸名:マキシマムザ亮君(マキシマムザりょうくん)
  • 本名:川北 亮(かわきた りょう)
  • 生年月日:1978年12月13日
  • 出身地:神奈川県川崎市麻生区

ギターとヴォーカルを担当するマキシマムザ亮君は、ほぼすべての楽曲で作詞・作曲をおこなっているマキシマム ザ ホルモンのメインソングライターです。

ドラム担当ナヲの実弟で、そのため担当パートに「弟」が含まれています。

MEMO

ナヲとマキシマムザ亮君の下に弟が一人おり、マキシマム ザ ホルモンのDVDなどにも度々登場しています。
また、母親も“キャサリン令子”としてファンにはお馴染みです。

創作面において中核を担うメンバーで、音楽面はもちろんのこと、それ以外の“悪ふざけ”のような突飛な企画のほとんどはマキシマムザ亮君が発案です。

音楽的なルーツとして、System Of A Down、TOOL、Faith No Moreのヴォーカリストとして知られるマイク・パットン、日本のギタリストROLLY(ローリー寺西)など、超実力派でありながら“変”なイメージのあるミュージシャンを数多く挙げています。

活動開始以来、肥満キャラとして通してきましたが、生活習慣病の悪化により医師から「このままでは死にます」と宣告されたため、一念発起してダイエットに挑戦。

その努力が実り、2015年頃に激痩せした姿を公開してファンを驚かせました。

2009年に結婚していたことと第一子の誕生を公表し、現在は三児の父親となっています。

MEMO

次男はイラストの才能に長けており、2018年にはKAWAKITA TEI名義で個展を開催して話題になりました。

靴屋で店員が声掛けしてくることを嫌い、(株)ニシベケミカルという会社が製造しているV.I.Cというサンダルしか履かないことを公言しています。

MEMO

便サン(便所サンダルの略)の愛称でおなじみのサンダルはファンの間でも人気が高く、ヴィレッジヴァンガードとコラボした特製グッズ「マキシマムザ便サン」として受注販売されたこともあります。

ダイスケはん / キャーキャーうるさい方

  • 芸名:ダイスケはん
  • 本名:津田 大輔(つだ だいすけ)
  • 生年月日:1977年9月13日
  • 出身地:香川県高松市

ヴォーカルを務めるダイスケはんは、クリーントーンでメロディアスなラインやラップパートを歌うマキシマムザ亮君とは対照的に、デス声や“キャーキャーうるさい”スクリームなどの歌唱法を駆使して楽曲にヘヴィネスを与えています。

マキシマムザ亮君が加入する前はバンドのメインソングライターで、ファーストアルバム『A.S.A.Crew』ではほぼ全曲に作詞・作曲者としてクレジットされています。

社交的な性格で話術に長けているため、ライヴにおけるMCやテレビ出演などはダイスケはんとナヲのふたりでおこなうことがほとんどです。

“ジャパコア”と呼ばれる日本のハードコアや海外のヘヴィメタル、ハードコアに影響を受けており、そのジャンルのバンドのTシャツを愛用しています。

他のメンバーが結婚した後は、バンドで唯一の独身者として語られることもありましたが、2014年6月に結婚を公表し、メンバー全員が晴れて既婚者となりました。

2008年に声帯にできたのう胞の摘出手術、2018年には頚椎椎間板ヘルニアの手術のためライヴ活動を休止しましたが、手術後はバンドに復帰しています。

上ちゃん(うえちゃん) / 4弦

  • 芸名:上ちゃん(うえちゃん)
  • 本名:上原 太(うえはら ふとし)
  • 生年月日:1980年4月15日
  • 出身地:東京都日野市

アメリカのロックバンドRed Hot Chili Peppersフリーを敬愛し、フリーばりのスラップ奏法(俗称:チョッパー)に命をかける看板ベーシストです。

数多くのタトゥーが入った強面な見た目ですが、非常に物腰柔らかな人柄で知られ、上ちゃんを題材にしたマキシマム ザ ホルモンの楽曲“上原~FUTOSHI~”では、<チョッパーばっか もうええてー!! >とスラップ奏法へのこだわりを揶揄されるなど、バンド随一のいじられキャラとして愛されています。

MEMO

名前が“太”なのにガリガリに痩せている、というのは定番のネタとしてファンにはお馴染みです。

メンバーの中で一番先に既婚者となった上ちゃんでしたが、しばらくその事実は伏せられており、マキシマムザ亮君の第一子誕生報告の中で“ついでに”公表されています。

けん玉の愛好家としての顔も持っており、2019年12月31日に放送された「第70回NHK紅白歌合戦」において、歌手の三山ひろしが挑戦した”連続して大皿を成功した人の最も長い列”ギネス記録に参加しています。

ナヲ / ドラムと女声と姉

  • 芸名:ナヲ
  • 本名:熊本 奈緒(くまもと なお)
  • 生年月日:1975年12月16日
  • 出身地:神奈川県川崎市麻生区

男性顔負けのパワフルなドラムプレイでバンドの屋台骨を支えるナヲは、すぐれた歌唱力でソロパートやバックコーラスを担当するほか、“恋のきなこ私にください”“ポリスマンファック”など一部の楽曲ではメインヴォーカルを披露しています。

MEMO

ライヴのMCコーナーで「いすゞのトラック」のCMソングを歌いまくっていた結果、本当にCMソングのオファーが来た、というエピソードの持ち主です。
ナヲの歌声が流れるCMを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

マキシマムザ亮君の実姉であるナヲは、その姉御肌的な性格でライヴにおけるMCやテレビ出演など“しゃべる仕事”をヴォーカリストのダイスケはんと共に担っています。

マキシマムザホルモンのライヴ名物“恋のおまじない”もナヲの仕切りで実施されます。

MEMO

「麺カタ!」で両手を頭上で打ち鳴らし、「コッテリ!」で後ろに反り返り、最後に「ヤッター!」と叫びながら両手を前に突き出して身体を戻すという三段階のアクションで構成される“恋のおまじない”は、実際に恋に効くかどうかは別として、マキシマム ザ ホルモンのライヴに欠かせない定番コーナーとなっています。

私生活では2008年には元ミュージシャンの男性との結婚を発表し、2009年と2016年に女児を出産しているママさんミュージシャンです。

MEMO

ナヲの結婚パーティーでは、マキシマムザホルモンのライヴ登場曲“Marching Mint Flavors”のバンドとして有名なSPACE COMBINEが奇跡の再結成。
スーツ姿でモッシュに興じる出席者まで現れるほどの盛り上がりだったと伝えられています。

マキシマム ザ ホルモン・バンド名の由来

バンド名の由来については、公式ホームページの「ホルモンQ&A」というコーナーにマキシマムザ亮君からの回答が掲載されているので、そのまま引用しましょう。

「脳内分泌物(ホルモン)が最大級(マキシマム)に分泌されるくらいの“血湧き肉踊る”音楽をぶちかます!という意味がありますが、単に焼肉の「ホルモン」が好きで、それだけではカッコ悪いので「マキシマム」や「ザ」をつけて「マキシマム ザ ホルモン」という名前になりました。 「ザ」の両脇は半角スペースが正式表記です。」

よく読むと2種類の由来がひとつの文章にぶち込まれています。

好きな方の解釈を採用してください、ということでしょうか。

バンド名の表記として「ザ」の両隣りを半角スペースで空けるということにメンバーはこだわりを持っているので、みなさんもブログやSNSにバンド名を書く際には注意してください。

マキシマム ザ ホルモン・破天荒企画

1998年にナヲ、ダイスケはん、SUGI、KEYで結成されたマキシマム ザ ホルモンは、アルバム『A.S.A. Crew』発表後にSUGIKEYが脱退し、後任としてマキシマムザ亮君上ちゃんが加入したことで現在の編成となっています。

以後、現在までにフルアルバム5枚、ミニアルバム1枚、シングル9枚をリリースしており、2011年のシングル『グレイテスト・ザ・ヒッツ 2011〜2011』、2017年のアルバム『予襲復讐』は共にオリコンチャート1位を獲得するなど、チャートアクションの面でも実績を残したバンドです。

本来であれば「バンドの経歴」としてこれまでの歩みをご紹介するのが記事としてのセオリーなのかもしれませんが、彼らの場合は、今までにやってきたハチャメチャな破天荒企画をご紹介した方が、どんなバンドなのか伝わりやすいと思います。

マキシマム ザ ホルモンの採算度外視な破天荒企画の一部をご紹介しましょう。

地獄絵図シリーズ

2006年からスタートしたライヴ企画で、“腹ペコ”と呼ばれる熱心なファンですら予測不能の突飛すぎる参加条件が設定されています。

過去に本当におこなわれた地獄絵図シリーズの参加条件をご紹介しましょう。

読んでいるだけで眩暈がしてくるはずです。

  • 体重70キロ以上の男性
  • 体重55kg以下の男性
  • 身長178cm以上の男性および身長168cm以上の女性
  • 身長160cm以下の男性および身長153cm以下の女性
  • フルフェイスのヘルメット着用
  • 1足のストッキングを2名でかぶる

新曲を書籍として発表

この見出しだけでは何を言っているのか理解できない人も多いでしょう。

「ロックバンドの新曲が書籍?」と首をかしげるのも仕方ありません。

2018年にリリースされた作品『これからの麺カタコッテリの話をしよう』は、「書籍+CD」という形態で発売され、CDではなく書籍として書店にならぶことになりました。

前例のないリリース方法にもかかわらず、オリコン週間BOOKランキングのエッセイ部門では1位総合部門でも2位を獲得する大成功を収めています。

斬新すぎる転売対策

人気バンドのライヴにつきものなのが、転売屋と呼ばれる輩によるチケットの高額転売です。

マキシマム ザ ホルモンは転売を防止するため、チケットの購入に際して高い(高すぎる)ハードルを設定しました。

そのハードルとは「ホルモンへの熱い思いを書いた作文を提出する」というもの。

ランダムな抽選ではなく、作文の内容が鍵となってくるため、バンドへの愛が無い転売屋は応募すら叶わないというわけです。

しかし、すべてに目を通すのがあまりにも大変だったため、この企画は一度きりで終了となっています。

フランチャイズ制の導入

2019年、音楽業界としては初のフランチャイズ制を導入することを発表。

オーディションにより「マキシマム ザ ホルモン 2号店」を選出し、2号店にはマキシマム ザ ホルモンの楽曲を演奏・アレンジする権利を与えるという大胆な企画でした。

オーディションの模様は「ガチンコ ザ ホルモン」としてYouTube上で公開され、合格したメンバー達はコロナナモレモモ名義で実際に活動しています。

MEMO

コロナナモレモモは、COTTELEE(こってり)を強引にカタカナ表記したものです。

ゲーム仕立てのDVD

2015年に発売されたDVD『Deka Vs Deka 〜デカ対デカ〜』は、コンテンツを観るためにはSTART UP DISCに収録されているゲームをプレイし、ゲーム内で入手できるパスワードが必要になるという仕掛けが施されていました。

しかも、パスワードは生産ラインによって異なるものが設定されているため、インターネットのまとめサイトなどでカンニングができないという手の込みよう。

筆者もDVDを購入しましたが、まだすべてのコンテンツを観れていません。

MEMO

内容にこだわるあまり制作資金がショートしてしまい、マキシマムザ亮君が1000万円もの身銭を切ったことも話題になりました。

マキシマム ザ ホルモン・オススメ曲

奇天烈な企画を連発する型破りなマキシマム ザ ホルモンは、その楽曲も型破りなものばかりです。

公式チャンネルがアップロードしているMVの中からオススメ曲をご紹介します。

予襲復讐

2013年リリースのアルバム『予襲復讐』のタイトルトラック。

人気バンドになったマキシマム ザ ホルモンを売れ線の音楽として消費しようという輩に冷や水を浴びせかけるような、ドロドロとした心の闇をぶちまける名曲です。

歌詞が実に素晴らしく、バンド全員で歌い上げるコーラスパートに耐えられる涙腺は存在しないでしょう。

歌詞を読みながら聴いてもらいたい一曲です。

恋のメガラバ

2007年リリースのアルバム『ぶっ生き返す』収録曲で、2006年にシングルとして発表された際にはオリコンチャート最高9位を記録しています。

マキシマム ザ ホルモンとしてのMVがYouTubeに上がっていないため、2号店であるコロナナモレモモのバージョンをご紹介しておきます。

ヘヴィなパートとキャッチーなメロディの対比が見事で、ライヴでは絶大な盛り上がりを見せるパーティーチューンです。

この曲がきっかけでファンになった人も多いのではないでしょうか。

maximum the hormone Ⅱ~これからの麺カタコッテリの話をしよう~

2018年に書籍として発売された『これからの麺カタコッテリの話をしよう』収録曲です。

歌詞を読めば一目瞭然ですが、マキシマムザ亮君が生活習慣病で苦労した際のことが歌われています。

ナオがリードヴォーカルを務めるディスコ風のパートもキャッチーで、ライヴにおいても重要なレパートリーとなっている一曲です。

痛風や尿路結石で辛い思いをしたことがある方は、この曲を聴きながら生活習慣病の撃退に挑んでみるのもいいかもしれません。

マキシマム ザ ホルモン・まとめ

“普通”という言葉を拒否するかのように前代未聞を連発しながら暴走を続けるマキシマム ザ ホルモンをご紹介しました。

尽きることを知らない彼らのイマジネーションからは、既存の価値観や先入観に囚われることの無意味さを教えられるようです。

マキシマム ザ ホルモン未体験の方がいらっしゃったら、すべての先入観を捨てて彼らの世界を覗いてみてください。

きっと予想の斜め上をいく驚きの光景に出会えるはずです。

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事