aiko の年齢、名前、経歴とは…?人気の理由を徹底解説!

aiko の年齢、名前、経歴とは…?人気の理由を徹底解説!

2020年2月にサブスクでの全曲解禁を発表し、大きな話題となったaikoさん。当記事では、活動歴20年以上に渡る彼女の歴史をご紹介します!

aikoさんって「カブトムシ」の人だよね?あの曲、好きなんだ~!

ラブソングといえば「カブトムシ」というほど、世間に浸透している曲だね!

今回は、aikoさんの素晴らしい魅力を教えるよ!

“aiko”ってどんなアーティスト?

甘く切ない恋愛ソングが、世代を超えてリスナーの心を掴んでいるaikoさん。

代表曲には「カブトムシ」「花火」など、誰もが一度は聴いたことのある名曲がズラリ。

オリコンが毎年行っている『音楽ファン2万人が選ぶ好きなアーティストランキング』では、2005年と2006年に1位を獲得しています!

『NHK紅白歌合戦』にも2019年までに計14回出場しており、メジャーデビューから20年以上が経過した現在でも安定した人気を維持している大人気アーティストです。

活動歴が長いため、あまり聴いたことがない方だと「今さらファンになるのは遅いかな?」と思ってしまうかもしれませんが、大丈夫。

2020年2月に『LINE MUSIC』『Spotify』といったサブスクでの配信を全曲解禁したため、むしろファンになるには今が絶好のタイミングです!

“aiko”の魅力とは?

老若男女問わず人気の高いaikoさんですが、その人気の秘訣とは一体何なのでしょうか?

一聴して“aiko”とわかる楽曲

aikoさんの魅力を語る上で、当然外せないのが個性溢れる楽曲たち。

一度耳にすれば「あっ、aikoの曲だ!」とすぐに気が付くほど、aikoさんの楽曲は特徴があります!

その主な理由は、aikoさんが作り出す複雑で独特なコード進行によるもの。

aikoさんの多くの楽曲には、要所要所に「ノンダイアトニックコード」が組み込まれています。

MEMO

「ノンダイアトニックコード」は”メジャースケール以外の音を含んだコード”のこと。
音楽理論的にはルールに反したコードですが、上手に使えば「おしゃれ感」「切なさ」を表現できます。

「クリシェ」という”コードの中の1音を順番に上下させ、単調さを無くす手法”も頻繁に使われており、こちらも”aikoっぽさ”を生み出す一因となっています。

また、メロディには「ブルーノートスケール」という音階を取り入れていて、aikoさんの楽曲特有の捉えづらい音程はここからきています。

MEMO

「ブルーノートスケール」は、”ドレミ♭ミファソ♭ソラシ♭シド”で構成された、アフリカ起源とされる音階のこと。
”ドレミファソラシド”の西洋音階に比べて「切なさ」が増します。

これらはジャズなどで用いられる作曲テクニックで、使い方によっては「心地良い違和感」が生まれるものの、「聴きやすさ」を重視するJ-POPシーンで多用しているアーティストはなかなか珍しいです。

さらに、aikoさんの楽曲はコードとメインメロディが作曲のルールに沿って組み合わされていないことも特徴的。

音楽理論に捉われず、独自の感覚で作曲をしているため、他の誰にも似ていない”aiko”ならではの楽曲が生まれるのです!

歌詞の高い表現力

aikoさんの真骨頂といえば、切ない恋を歌ったラブソング

女性目線で描かれるaikoさんの恋愛観に、女性ファンは共感し、男性ファンはハッとさせられているのではないでしょうか?

aikoさんの歌詞で印象的なのが、比喩表現の使い方。

少し背の高いあなたの耳に寄せたおでこ
甘い匂いに誘われたあたしはかぶとむし

カブトムシ歌詞 より引用

上記は、aikoさんの代表曲「カブトムシ」のサビ部分です。

好きな人ができたとき、同時にその人の”匂い”も好きになった経験はありませんか?

aikoさんは、自らを”カブトムシ”に、恋人を”樹液の香りがする木”に例えることで、それを表現しています!

ただ直接的に「あなたの匂いが好き」と歌うよりも、非常に印象に残るフレーズではないでしょうか。

コップに張り付く水滴が時計で

プラマイ歌詞 より引用

「プラマイ」では恋人と過ごした時間をこのように表現しています。

コップに張り付いた水滴を見て「こんなに長く時間が過ぎたのか」と気付いたというもので、ただ時間が経過した事実だけでなく、時計を見る暇もないほど彼に夢中だったのかな?という想像も掻き立てられます。

特別なシチュエーションや恋愛観ではなく、”誰にでもある恋愛”を魅力的に描くという点において、aikoさんの右に出るものはいないでしょう!

可愛いルックスとファッションセンス

aikoさんの魅力の一つとして、可愛らしいルックスも挙げられます。

2020年5月現在で44歳のaikoさんですが、とてもそうとは思えない若々しさを保っています!

身長が152㎝と非常に小柄で、ライブステージ上をぴょんぴょんと跳ね回る姿に魅了されたファンも多いはず。

パワフルなパフォーマンスとのギャップがたまりません!

また、aikoさんは個性的なファッションも人気が高いです。

ライブやテレビでもカジュアルな衣装で登場することが多く、普段着として参考にする女性ファンが多発。

ファッションコーディネートサイト「WEAR」では、”aikoファッション”で検索すると2500件以上ものヒット件数が…!

音楽のみならず、ファッションセンスにおいてもaikoさんは高い才能を発揮しているのです!

大阪出身ならではのトーク力

aikoさんは元々ラジオDJとして活動していたこともあり、トーク力が非常に高いです!

生まれ育ちが大阪ということもあり、大阪弁でグイグイと引っ張っていく姿に虜になった方も多いでしょう。

デビュー当時の「HEY!HEY!HEY!」ではその才能を遺憾なく発揮し、MCのダウンタウンとまるで漫才かのような掛け合いを繰り広げていました。

ラジオやライブMCでもaikoさんの芸人並のトーク力を味わえるため、気になった方はぜひチェックしてみてください!

“aiko”のプロフィール・歴史を徹底解剖!

プロフィール

  • 本名   柳井 愛子
  • 生年月日 1975年11月22日(44歳)
  • 出身地  大阪府吹田市
  • 身長   152㎝
  • 血液型  AB型

3人家族の1人っ子として生まれたaikoさん。

小学校高学年からの一時期は、家庭の事情で親戚の家に暮らしていました。

歌手を目指すようになったのもその頃だったようです!

本格的に作曲を始めたのは高校生の頃で、当時はバンド活動もされていました。

そんなaikoさんが頭角を現し始めたのは、短大在学中の1995年

『第9回TEENS’ MUSIC FESTIVAL』にてオリジナル楽曲「アイツをふりむかせる方法」グランプリを獲得しました。

卒業後はラジオパーソナリティとして活動し、1997年にインディーズデビュー

翌1998年にはメジャー1stシングル「あした」でメジャーデビューを果たしました!

その後、3rdシングル「花火」がロングヒットを記録しブレイク

続く2ndアルバム「桜の木の下」ミリオンを達成、2000年の『第51回NHK紅白歌合戦』に初出場し、日本を代表するアーティストへと昇り詰めました!

6thシングル「ボーイフレンド」から最新の39thシングル「青空」までオリコンランキングTOP10入りを記録し続けていて、非常に安定した人気を保っています。

“aiko”の他アーティストとの交流関係

椎名林檎

1996年に出場した「The 5th MUSIC QUEST JAPAN FINAL」で、aikoさんと共に優秀賞を受賞した椎名林檎さん

これがきっかけで交流が始まり、当時は一緒にプリクラを撮ったこともあるほどの仲だったそうです!

デビュー年も同じ1998年で、友人兼良きライバルといった関係。

ちなみに、この年は他にも宇多田ヒカルさん・浜崎あゆみさん・MISIAさんと、現在も人気の高い女性ソロアーティストが多数輩出された年でした!

あわせて読みたい!

「King Gnu」井口理

2019年、「白日」で大ブレイクを果たした「King Gnu」のボーカル井口さん。

井口さんはaikoさんの大ファンで、その縁からラジオ等で共演する機会が多くなりました。

お互いに下の名前で呼び合ったり手作りシュークリームを貰ったりと、一時は交際関係が噂されていたほどの仲良し!

2020年2月には二人で「カブトムシ」を歌唱し、Twitterのトレンド入りをするほど話題になりました!

あわせて読みたい!

星野源

今や歌手に俳優、作家とマルチな才能を発揮している星野源さん。

2011年頃に交際報道があり、aikoさんとの関係が発覚しました!

当時ブレイク前だった星野源さんの知名度を上げた要因の一つとも言われています。

結婚も噂されていた二人ですが、2015年に二階堂ふみさんとの交際報道があり、破局をしていたことが判明しました。

あわせて読みたい!

“aiko”おすすめソングベスト3+α

数ある名曲の中から、特におすすめの3曲をピックアップ。

どの曲もYoutubeやサブスクで聴くことができるので、ぜひ視聴してみてください。

花火

aikoさんのブレイクのきっかけとなった楽曲である「花火」

デビュー直後、花火大会にも行けないほど多忙だったaikoさんが、カーテンの隙間から星が見えたことで歌詞を思いついたんだとか!

花火を「見上げる」のではなく、星座にぶら下がって「見下ろす」という印象的な歌詞は、そこから生まれました。

milk

25thシングルの表題曲である「milk」

「ブリヂストン・アルベルト」のCMソングとして話題になりました。

切ない片思いを歌った曲で、歌詞にある「あなたがいれば他の心躍る世界はいらない」という不合理な一途さが、恋愛のもどかしさを感じられます!

aiko史上初のオリコンランキング1位を獲得した楽曲でもあります。

恋をしたのは

映画『聲の形』の主題歌として起用された「恋をしたのは」

別れを歌ったバラードですが、内容は前向きに背中を押すものとなっています。

タイトルの後にどんな言葉が続くのか、推測してみるのも面白いかもしれません!

こちらもチェック!

ホワイトピーチ

2020年4月24日にTwitter上で公開され、大きな話題となった「ホワイトピーチ」

「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」に出演したaikoさんが、岡村さんのオファーを受けて制作した楽曲です。

正式にリリースされた楽曲ではありませんが、aikoさんの即興力の高さがうかがえる楽曲のため紹介させていただきました!

“aiko”の最新情報

aiko特別番組が4月4日より放送
特別番組「MTV INSIDE:aiko “どうしたって伝えられないから”」が4月4日よりMTVにて放送されます。
aikoさんがニューアルバムに込めた思いを語ります!ぜひご覧ください!

フルアルバム『どうしたって伝えられないから』
14枚目のアルバム『どうしたって伝えられないから』を3月3日にリリースしました!およそ2年9か月ぶりとなるフルアルバムで、待望のアルバムにファンからは喜びの声が挙がっています!
本作にはヒットシングル「青空」「ハニーメモリー」、そして「メロンソーダ」のセルフカバーを含む全13曲を収録しています!
現在「磁石」のMVを公開しているので、ぜひご覧ください!

最後に

いかがでしたでしょうか?

恋愛の歌詞が凄い!という認識だけではもったいないほど、様々な魅力に溢れたaikoさん。

デビューから20年以上が経過した現在でも、新たな展開でファンを楽しませてくれています。

勢いの衰えを感じさせない彼女がどのような活躍を見せてくれるのか、今後の活動にも期待しましょう!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事