ミヨン【(G)I-DLEメンバー紹介】待望のソロデビュー!プロフィールや魅力、メイク、ソロアルバムを徹底解説

ミヨン【(G)I-DLEメンバー紹介】待望のソロデビュー!プロフィールや魅力、メイク、ソロアルバムを徹底解説

2018年5月に、韓国のCUBEエンターテインメントが3年ぶりに制作するガールズグループとしてデビューした(G)I-DLE(アイドゥル)。

韓国・タイ・中国出身のメンバーで構成された多国籍グループで、ファンクラブ名はNeverland(ネバーランド)です!

個性ある女の子たちが集まった”というグループ名の由来の通り、個々の個性が大切にされていて、メンバーそれぞれの魅力が際立つ楽曲・ステージパフォーマンスも魅力的です。

今回は(G)I-DLEの愛され長女、ミヨンのプロフィールや魅力メイク初のソロアルバム『MY』について紹介したいと思います!

あわせて読みたい!

(G)I-DLE ミヨンのプロフィール

  • 本名:チョ・ミヨン(조미연)
  • 生年月日:1997年1月31日
  • 出身:韓国 (京畿道生まれ・仁川在住)
  • 血液型:B型
  • 身長:161~162㎝
  • 担当:メインボーカル
  • MBTI:ENFP(広報運動家型)
  • 趣味:寝ること
  • 好きな食べ物:ラーメン、お菓子、緑色のジュース
  • 好きな31アイス:①レインボーシャーベット②チョコの木の森③ヨーグルト
  • 座右の銘:やりたいようにしながら生きよう
  • 個人インスタグラムアカウント:『noodle.zip』

どの角度から見ても美しい、スッと通った鼻筋に大きな瞳、スラリとしたスタイルで「存在がプリンセス」「動く彫刻」との声も数多く寄せられているミヨン。

YGエンターテイメントでの練習生経験があり、BLACKPINKのメンバーたちと練習生生活を共にしていたと言われています。

彼女は22歳の頃にCUBEエンターテインメントに移籍し、(G)I-DLEとしてデビューを予定していた5人のメンバーと合流しました。

MEMO

当時(G)I-DLEとしてデビューの準備をしていたメンバーたちは、外国人3人・韓国人2人だったため、韓国出身メンバーで、パワーのあるボーカルが必要だったとのことです。

ミヨンは最年長メンバーながら年下メンバーたちと友達のような関係性を築いていて、(G)I-DLEのメンバーのミンニは「最後にグループに加わったメンバーがミヨンでよかった」と話しています。

2021年にはウェブドラマ『リプレイ』でドラマデビューを果たしていて、その後も数々のドラマに出演し、女優としても活躍の幅を広げています。

その他、バラエティ番組のMC、音楽番組『M COUNTDOWN』のMCなど引っ張りだこ。

彼女は幅広いジャンルでお仕事をすることは良い経験になっているけれど、「自分の原点は音楽であることを忘れないようにしたい」と語っています。

(G)I-DLE ミヨンの魅力

続いて、(G)I-DLE ミヨンの魅力について項目ごとにご紹介いたします!

デビュー当時から変わらない清楚で幻想的な雰囲気はそのままに、大人で洗練された魅力も加わり、ソロパフォーマンス中のオーラにも圧倒されます。

ステージとプライベートとのギャップにも心をもっていかれますよ。

プリンセスなのにパワフルでかっこいい?力強さと優しさを兼ね備えた歌声

こちらはソロデビューアルバム『MY』のタイトル曲『Drive』の、音楽番組『Music Bank』でのパフォーマンス映像です。

同楽曲のミュージックビデオはもちろんのこと、「生歌唱もヤバイ!」と話題になっていて、録音音源をかき消すほどの迫力のある歌声を披露しています。

MEMO

彼女の歌声はNeverlandから声量無尽蔵と言われるほどパワフルで、高音パートも力強く伸びやかに歌い上げています。

力強さの中に優しさや美しさも感じられ、彼女の歌声の虜になる人が続出していますよ。

そしてこちらは、ソロデビューアルバム『MY』の収録曲『TE AMO』の、『Music Bank』でのパフォーマンス映像です。

TE AMO』では彼女独自のかっこよさ、パワフルでクールな魅力を堪能でき、「清楚でエレガントなビジュアルと力強い歌声とのギャップがたまらない」という声も多いです。

MEMO

ミヨンは音域が広く、過去には米津玄師の『Lemon』をカバーしたことも!

低音パートを担当する際も彼女独自の魅力があり、グループパフォーマンスでも楽曲全体に深みを与えているように感じます。

歌い方の引き出しも豊富で、どんな風に歌っているのかな?と耳を傾けてみると、抑揚をつける部分、響かせる部分など楽曲によってテクニックを使い分けていることがよく分かります。

プライベートでは天真爛漫!お茶目で明るく、飾らない性格

性格は本人曰く「せっかちで、それなのに行動が遅い」のだとか。

グループのメンバーの中でも支度に一番時間がかかるそうで、時間があればよく寝ているのんびりとしたところがあります。

ちょっと天然で抜けているところがあるのも彼女の魅力のひとつで、年下メンバーたちとはしゃぐ時には末っ子のように可愛らしく、愛をもっていじられているところも微笑ましいかぎり。

(G)I-DLEのパフォーマンス中のシックでクールな雰囲気とのギャップがあります。

飾らず親しみやすい人柄で愛嬌もあり、少女漫画の主人公のような仕草や口調、走り方まで普段の生活から愛嬌が溢れています

時には思いっきり全力で変顔をしたり、愛嬌たっぷりにダンスを披露することも。

恥ずかしくなると大きく崩れ落ちてしまったりと、明るいリアクションに励まされます!

(G)I-DLE ミヨンのメイクやネイル

ELLE KOREAの動画によると、ミヨンは「セルフメイクは好きだけどそれほど上手くない」と語っていて、メイクアイテムの中では特にブラッシャー(チーク)が好きなのだそうです。

中でもピンクの色味を好んで使っていて、チークをたっぷり重ねすぎて「チークが濃い!」と自分でもびっくりすることがある、と語っていたことがあります。

その他、乾燥しないようにマスクパックを頑張っていて、お肌をしっとりさせるため朝夕パックをすることもあるそうです。

また、日本でも人気の『蒸気でホットアイマスク』を使って目の疲れを癒していて、「顔のセルフマッサージもよく行っている」と語っていました。

エネルギー補給のためのビタミンや、深く眠るための耳栓目元のマッサージ機も愛用品に挙げています。

気分やシチュエーションに合わせて変化するネイルも可愛らしく、ミヨンはシンプルなものから個性的なものまでさまざまなデザインのネイルを披露してくれていて、カラフル&ポップなデザインも多いです。

最近ではアルバムの爽やかなミントカラーに合わせたネイルも披露していて、過去には、仲良しなことで知られているTWICEのサナとお揃いのネイルを披露したこともあります。

ソロデビューアルバム『MY』


01:Rose
02:Drive
03:Softly
04:TE AMO
05:Charging (Feat. JUNNY)
06:夕立

ソロデビューアルバム『MY』は、2022年4月27日のアルバムリリース後、iTunesのトップアルバム部門で22地域で1位を獲得

韓国の音楽番組『THE SHOW』でソロ歌手として初めて1位を獲得するなど、人気・実力の高さを証明しています。

MEMO

アルバム収録曲はタイトル曲の『Drive』を含む6曲で、6曲目の『夕立』では、(G)I-DLEメンバーのウギが作曲に参加ミヨンが初の作詞を手掛けています!

今回のアルバムは、”見せるぞ!”というニュアンスよりは、Neverlandが心地よく聴けるような音楽だったらいいな、とイメージして制作しているとのことです。

もともとたくさんの人に感動を与えるような歌手になりたいと感じていて、アルバムにはファンのみんなに癒しを与えたいという想いを込めているそう。

ミヨンは「私が好きな音楽も入れたけど、共感してもらえるような内容に仕上げたので、負担を感じず楽に聴いてもらいたい」と語っていました。

グループでの活動時のクールなコンセプトとはまた異なる清涼感のあるコンセプトで、ミヨンのありのままの姿や、ソロとしての魅力がたっぷり詰まったアルバム。

いつもファンのことを想う彼女の気持ちが伝わってくるようで、Neverlandからも「アルバムが全曲良くて感動している」「心地よくて聴きながら寝ている」という声も寄せられています!

ミヨンは、「全曲好きだけれど、個人的に『TE AMO』が好き」と語っていて、『TE AMO』の作曲にはTWICEの『MORE&MORE』の楽曲制作にも携わったシンガーソングライターのジュリア・マイケルズが作曲に参加しています。

Drive』のMVでは明るいトーンの髪色もよく似合っていて、本人いわく、「一度暗い色に染めたので色が抜けなくて5回ほどブリーチした」のだとか。

天使や女神を彷彿とさせる美しいビジュアル、春の暖かな陽気に酔ったような季節感を感じられるMV、コンセプトフォトも必見です!

あわせて読みたい!

まとめ

プリンセスのような完璧なビジュアルながら、いきなり変顔をするなどチャーミングなところも魅力的なミヨン。

アイドル、MC、女優など幅広く活動をする忙しいスケジュールの中でも、Neverlandとのコミュニケーションを大切にしてくれていて、ファン想いなところも素敵です。

グループでの活動はもちろん、ソロアーティストとしても突き抜けた実力の高さや魅力を感じられ、今後の楽曲リリースにも期待が高まります!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事