菅野智之:巨人のエースナンバーを背負う男の成績を紹介!


読売ジャイアンツに所属する菅野智之選手。巨人のエースナンバーを背負い、名実ともに巨人のエースとして成長した右腕。2020年フォーム改造により期待が高まるそんな菅野選手の成績や経歴についてをご紹介したいと思います。

巨人の代打陣よりも打率が高いピッチャー


それは言っちゃダメ


ゲームでもネタにされてるよね。実況パワフルプロ野球では『負け運』って表記されるほどに


否定はできない……今回は巨人のエースナンバーを背負う菅野智之選手の成績や経歴についてをご紹介していきます

菅野智之のプロフィールを紹介!

ここでは菅野智之選手のプロフィールについてご紹介しています。興味のある方はぜひご覧ください。

菅野智之のプロフィール

出身地:神奈川県相模原市南区
生年月日:1989年10月11日
身長:186cm
体重:92kg
投打:右投げ右打ち
背番号:19→18
ポジション:投手

投手一筋の野球人生

読売ジャイアンツの原辰徳監督の甥にあたり、野球に関して言えばサラブレッドにあたる菅野智之選手。

小学生時代は軟式野球部に所属しており、その当時から投手を務めていました。高校生の頃からプロに注目されていましたが、本人は大学へと進学し、2年生の春には4季連続で首都大学リーグで優秀投手として受賞されました。

自己最速157km/hの速球で、東洋大学の藤岡貴裕、明治大学の野村祐輔らとともに大学BIG3とまで称され、2011年ドラフト会議において注目を浴びていました。

制球力の高いパワーピッチャー

プロ入団後は打たせて取るピッチングスタイルでしたが、2016年以降にはパワーピッチャーのスタイルへと転向。

指を重点的に鍛えたことによりストレートの質が高まり、ストレートと変化球の回転数はメジャーの平均値よりも上を記録するほどでした。

また、スライダーを軸にしたピッチングで沢村賞を獲得するなど、巨人のエースとして申し分のない活躍でチームを牽引します。

巨人のエースナンバーを背負う

読売ジャイアンツでのエースナンバーは「18」を背負うのが伝統とされてきました。

菅野智之選手の最初の背番号は「19」でしたが、経験を重ねていき、数々の成績とともにチームに大きく貢献し、国際大会を経験するまでに成長していきました。

そして2018年、杉内俊哉選手の引退に伴って、菅野選手は巨人のエースナンバー「18」を背負うことになりました。

名実ともに巨人のエースとして認められた瞬間でもあります。

鋭敏な感覚の持ち主

菅野智之選手は投手として鋭敏な感覚の持ち主でもあります。

自身の投げた速球がどの程度であるかを把握するなど、投手にとっては重要な要素を持ち合わせています。


実際に投球練習でピタリと自分の球速を言い当てる菅野選手の様子です。

フィギュアスケートなどでも、演技の途中のタイムをピタリと当ててしまう選手がいます。秒単位を身体に覚えさせることで、最高のパフォーマンスを演じるためです。

菅野選手が多くの打者を相手に立ち回れるのは、この鋭い感覚を持っているからこそ、最高のパフォーマンスを生み出した結果とも言えます。

菅野智之の経歴を紹介!

ここでは、菅野智之選手が獲得したタイトルと入団から現在に至るまでの経歴についてをご紹介しています。

菅野智之の主なタイトル

最多勝利:2回
最優秀防御率:4回
最多奪三振:2回
沢村栄治賞:2回
最優秀選手:1回
ベストナイン:3回
ゴールデングラブ:3回
月間MVP:6回
最優秀バッテリー賞:1回

波紋を呼んだドラフト会議

2011年のドラフト会議において、読売ジャイアンツの単独指名が濃厚とされていました。

菅野智之選手は「所属したい球団意外の指名であればアメリカへ」と述べており、元々大の巨人ファンであった菅野選手にとって巨人以外の入団は考えていなかったようです。

しかし、そこに北海道日本ハムファイターズが強引に参入したために、事態は難航してしまいます。

抽選で交渉権を獲得した日本ハムは菅野選手を説得するも、菅野選手は交渉期限最終日になっても自身の方針を変えることはありませんでした。

その結果、2011年のドラフト会議において菅野選手はプロの世界に入ることはなく、一年を浪人するかたちで2012年度のドラフト会議で巨人へと入団します。

浪人したことに関しては菅野選手サイドの発言や対応にも問題があり、それが原因で多くの球団関係者に批判を浴びました。

プロ1年目から2桁勝利を達成

2013年、一年の浪人期間を感じさせないピッチングでプロの打者を相手取り、監督推薦ではあるもののオールスターゲームへと出場する機会を与えられました。

また、リーグ優勝がかかった重要な場面での登板でも崩れることなく、それどころか完封勝利を収め、チームのリーグ優勝に貢献しました。

新人王こそは逃すものの、藤浪晋太郎選手とともに新人特別賞を受賞し、クライマックスシリーズでは9回3安打11奪三振という内容で前田健太選手に投げ勝ち、クライマックスシリーズMVPを獲得する活躍を見せました。

日本シリーズでは東北楽天ゴールデンイーグルスに優勝を与えてしまうも、今季シーズン無敗の田中将大選手と投げあい、第6戦では7回2失点で勝利投手となります。その結果、この年唯一田中選手に投げ勝った投手となりました。

2年目のジンクスに泣かされる

翌年の2014年には、前年度の活躍からエースとして定着しました。開幕投手も務め、4月でリーグ5球団に全て勝利するなど順調な滑り出しとなり、3月と4月には月間MVPを獲得します。

しかし、夏頃に怪我で登録抹消となってしまい、9月に復帰してなんとか2桁勝利は達成するも、シーズン最後の登板ではわずか4球で降板する事態となってしまいます。

最終成績は23登板12勝5敗、防御率2.33で初のタイトルとなる最優秀防御率を獲得しセリーグMVPに選出されたものの、菅野選手本人としては悔しさの残るシーズンでした。

菅野智之の最大の敵は味方?

菅野智之選手にとって最大の敵は相手でも自分でもなく、チームにあるのかもしれません。

2015年にはローテーションを守る活躍をしましたが、好投しても打線の援護に恵まれなかったことや、勝ち投手の権利を持って降板した後にリリーフ陣が崩れるといったケースが多く、不運に見舞われた年でもありました。

菅野選手の防御率そのものは、セ・リーグどころか両リーグの規定到達投手の中でも2位の成績だったにも関わらず、無援護はクライマックスシリーズにまで影響し、3年目のシーズンを終えてしまいます。

また、味方の無援護は翌年の2016年ではさらに悪化してしまいます。

開幕では自身の月間防御率0.00という圧倒的な成績を残し、月間MVPを獲得するなど、菅野選手自体は好調でした。

しかし、味方の援護が圧倒的に足りず、「7回無失点もセーブ失敗」「8回1失点0自責点もセーブ失敗」「9回1失点0自責点10奪三振も勝ち負け付かず」「8回無失点も勝ち負け付かず」「7回1失点0自責点負け投手」「8回2失点完投負け」など散々な内容でした。

ちなみに当時の巨人の代打陣は投手である菅野選手の打率よりも低く、菅野選手は打率.222、3打点という成績を残しています。また、8番打者が送りバントで送った後に9番打者の菅野選手がタイムリーを打つという珍場面もありました。

これには菅野選手に同情してしまいます。

受け継いだエースナンバー

2017年にはWBC日本代表メンバーに選出され、世界を相手に好投を見せます。菅野智之選手の投球は当時のアメリカの代表監督にも称賛されるもので、最終成績は3登板0勝0敗、14.1回、16奪三振、防御率3.14という成績でした。

ここ2年は味方の援護がなく勝ち運に恵まれませんでしたが、それらを払拭するかのように開幕から好調を維持します。3ヶ月無敗で勝利を挙げ、シーズン終了時には自身初となる最多勝と、3回目の最優秀防御率のタイトルを獲得しました。

また、小林誠司選手とともに最優秀バッテリー賞も受賞し、巨人では15年ぶりとなる沢村賞も獲得しました。

2018年の開幕は不振に陥ってしまい、いきなり2連敗を喫してしまいます。

しかし、菅野選手はすぐにこれを修正し、シーズン終盤では3試合連続完封勝利をあげ、沢村賞の基準項目である15勝、10完投、及び自身の目標の200奪三振、その両方である200投球回を達成しました。

最終的には28試合の登板で15勝8敗、200奪三振、防御率2.14で、最多勝(2年連続2回目)、最多奪三振(2年ぶり2回目)、最優秀防御率(3年連続4回目)の投手三冠の偉業を達成。オフには満場一致で2年連続となる沢村賞を受賞しました。

選考基準の7項目を全て達成した上での沢村賞受賞は、史上8人目となる快挙でもあります。

また、杉内俊哉選手の引退に伴い、巨人のエースナンバーである「18」を受け継ぎ、名実ともに巨人のエースとなりました。

菅野智之の新たな挑戦

エースナンバーを杉内俊哉選手から受け継いだ菅野智之選手。

巨人の本当のエースとして迎えた2019年ですが、故障による離脱などからチームに貢献することができず、課題の残る結果となってしまいました。

菅野選手は自身の更なる躍進のため、2020年には自分の投球フォームを見直すなど、様々な角度から問題点を洗い出します。

それがどのような結果を生んだのでしょうか。

ソフトボール界のレジェンドからの金言


スポーツ報知より引用

2020年の1月18日、菅野智之選手はソフトボール界のレジェンドでもある上野由岐子投手から金言を授かりました。

菅野選手は、鴻江スポーツアカデミーが主催する合宿にソフトバンクホークスの千賀滉大選手、ソフトボール日本代表の上野由岐子選手らと共に参加しました。

長年、世界を舞台に活躍する上野選手からのアドバイスで、常に一流であり続けるためには「変化する勇気」が必要であることを菅野選手は学んだようです。

菅野選手はレジェンドの言葉に「何かを大きく変えるチャンス。自分の中でも何かを変えないといけないシーズン」であると述べており、今回の合宿が菅野選手のフォーム改造のきっかけにもなりました。

昨季不振に苦しんだエース

菅野智之選手は、昨年のシーズンを振り返った際に、腰の痛みから思うような投球ができなかったことを述べています。

その結果、登録抹消で前線から退き、日本シリーズには登板したものの6回4失点で敗戦投手となってしまい、この敗戦でチームは日本一を逃してしまいました。

エースナンバーを受け継いだ直後の出来事だけに、菅野選手が感じるプレッシャーはとてつもないものだったでしょう。

自身もその責任を感じているのか、オフには自分なりにフォーム改造に取り組むなど、極限まで追い込んでいたようです。

ブルペン捕手を困らせる新フォーム

レジェンド上野由岐子選手からのアドバイスは、菅野智之選手に確かな変化を与えていました。

2020年に行われたキャンプでは、菅野選手の投じたボールが捕りにくいとこぼすブルペン捕手たちがいたのです。

それは単に捕手の技術面だけでなく、フォーム改造によって菅野選手の球筋が変化したことにあるようです。

元々、スライダーを軸とした投球をする菅野選手ですが、フォーム改造の影響を受けて今までの変化球の軌道が大きく変わり、ホームベース直前で変化するようになったとのことです。

変化量が大きくなったものや、より鋭角になったものなどがあり、今までの菅野選手の球を受けていた捕手であってもなかなか対応に苦しんでいるようです。

ホームベース直前で変化するということは、それだけストレートと錯覚してしまい、捕手で捕りづらいということは、打者にとっても非常に打ちづらい球となるでしょう。

新たに取り組んだ新フォームが、今後の菅野選手にどのような影響を与えるのかが楽しみです。

最後に…

以上、菅野智之選手の成績と経歴についてのご紹介でした。

巨人のエースナンバーを受け継ぎ、2020年からは新フォームに取り組んだ菅野選手。

今後、どのような活躍を見せるのか期待しましょう。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事