チケジャムはチケット売買(チケットリセール)仲介アプリです。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

尾上松也 チケット売買一覧

尾上松也は、東京都出身の歌舞伎俳優である。新派俳優・春本泰男を祖父に、六代目尾上松助を父に持つ。弱冠5歳にして歌舞伎界デビューを果たし、子役として活躍する。しかし、2005年に父・松助が死去。20歳という若さで父を失い、大きな重圧を背負うこととなる。それでも尾上松也はくじけず、自主公演出演や主催を行い、精力的に活動。また女形として有名だったが、20代後半からは立役も務めるようになる。一時期はどん底に陥るも、亡き父の後をしっかりと継ぎ、若手歌舞伎役者として高い評価を集めた。2014年からはバラエティー・ドラマ・映画など、歌舞伎以外の分野でも活躍。また2017年7月には「さぼリーマン甘太朗」で連続ドラマ初主演を果たし、話題を集めた。歌舞伎界、そして芸能界においても大きな存在感を放っている。

尾上松也のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

公演がありません
現在公演がありません。

こちら より公演登録依頼が可能です。

お気に入りに登録すると、新着のイベントが追加された時にメールでお知らせします!

お気に入りに登録

1990年5月、弱冠5歳にして歌舞伎界にデビューした尾上松也。父・六代目尾上松助の襲名披露会見の際、当時の松竹会長から「いくつになった?出しちゃえ」とすすめられたことで、初舞台を踏む運びとなった。幼い頃は子役として、10代後半からは女形として活躍。順調な活動を見せるも、2005年に父・松助が癌を患い亡くなってしまう。父の死去により、20歳という若さで屋号の音羽屋を率いることとなった尾上松也は「このままではまずい」と危機感を抱き、自主公演に参加。さらに2009年からは自らも自主公演を開催し、音羽屋を背負う大黒柱として奮闘する。しかし当時は今ほどの知名度が無かったため、自主公演を行っても客入りは芳しくなかった。また自主公演は自費で開催していたことから、借金もどんどんかさんでいった。窮地に追い込まれた尾上松也は、自ら命を絶つことも考えたが、周囲からの支えにより立ち直り再度奮起。自主公演は徐々に評判を呼び、尾上松也の知名度・人気度もどんどんアップしていった。女形のみならず立役も務め、2014年からはドラマ・映画・バラエティーなど幅広く活躍。また2016年8月公開の舞台「狸御殿」ではミュージカル初主演を、2017年7月には「さぼリーマン甘太朗」で連続ドラマ初主演を果たす。涼し気なビジュアルと確かな演技力、そして並々ならぬ苦労や努力により、只者ではないオーラを醸し出している。

関連アーティスト

歌舞伎・伝統芸能のアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

尾上松也 のチケットをご購入されたお客様の声

  • チケジャムさんでチケットを購入させていただいたお蔭で今日は新橋演舞場で楽しい時間を過ごすことが出来ました。
    素晴らしい舞台でした。
    ありがとうございました。

    12/18(水) 11:00 新橋演舞場 新作歌舞伎 風の谷のナウシカ

尾上松也 過去のチケット

ランキング

歌舞伎・伝統芸能人気イベントランキング