佐々木彩夏 - ももクロのアイドル!「THEアイドル」を突き進む彼女の魅力を徹底解説!

佐々木彩夏 - ももクロのアイドル!「THEアイドル」を突き進む彼女の魅力を徹底解説!

アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のピンク色を担当し、人懐っこい笑顔と王道アイドルを貫く精神力の強さで、たくさんのファンに愛されている佐々木彩夏。

この記事では

  • 「佐々木彩夏の活動歴が知りたい」
  • 「佐々木彩夏のプロフィールが知りたい」
  • 「佐々木彩夏のおすすめ楽曲が知りたい」

と思っている方に向けて、彼女の魅力を余すことなくお伝えします。

かわいらしさに溢れ、意外と男前な一面を持つ彼女の魅力に触れてみてくださいね。

あわせて読みたい!

佐々木彩夏の経歴

佐々木彩夏(ささきあやか)は、「ももいろクローバーZ」のピンク色を担当しています。ライブでの安定したパフォーマンスや、確立されたアイドル像を描き続ける彼女を「佐々木プロ」と呼ぶファンも。

アイドル「ももいろクローバーZ(略称ももクロ)」のイメージが強い彼女ですが、実はライブ演出も手掛ける多彩な才能の持ち主。

自身のソロコンサートの演出だけでなく、2019年には「浪江女子発組合」というアイドルグループをプロデュースし、総合プロデューサー兼メンバーとして活躍の幅を広げています。

そんな彼女の主な活動歴をご紹介します。

これまでの活動歴

  • 2003年:スカウトされ芸能界入り
  • 2005年:テレビ東京「おはスタ」にレギュラー出演
  • 2007年:現在の事務所「スターダストプロモーション」に移籍
  • 2008年:「ももいろクローバー」に加入(後のももいろクローバーZ)
  • 2010年:ももいろクローバーメジャーデビューシングル「行くぜっ!怪盗少女」リリース
  • 2012年:NHK紅白歌合戦に初出場
  • 2016年:横浜アリーナにてソロコンサート「AYAKA-NATION」を開催。日本ジュエリーベストドレッサー賞の特別賞を「佐々木彩夏とももいろクローバーZ」の名義で受賞
  • 2017年:メンバー初となるソロシングルCDをリリース。両国国技館にてソロコンサート「AYAKA NATION 2017 in 両国国技館」を開催。他にも、大型フェスにソロで多数出演
  • 2018年:横浜アリーナにてソロコンサート「AYAKA NATION 2018 in 横浜アリーナ」を開催
  • 2019年:横浜アリーナにてソロコンサート「AYAKA NATION 2019 in Yokohama Arena」を開催。総合プロデューサー兼メンバーを務めるアイドルグループ「浪江女子発組合」を結成。アイドルフェス「AYAKARNIVAL(アヤカーニバル)2019」を総合プロデュース
  • 2020年:女性向けファッション雑誌「LARME」のレギュラーモデルに着任。メンバー初となるソロアルバムをリリース
  • 2021年:横浜アリーナにて「AYAKA NATION 2021 in Yokohama Arena」を開催

経歴からわかるように、ももいろクローバーZとしての活動だけでなく、個人での活動にも力を入れている彼女。

アイドルとしてパフォーマンスをしている彼女のイメージが強い方も多いでしょうが、プロデューサーや雑誌のファッションモデルとしても活躍しています。

佐々木彩夏の魅力

佐々木彩夏を一言で表すならば「THEアイドル」。アイドルらしいピンクカラーを背負い、ももいろクローバーZのアイドル性を高めてくれるグループに欠かせない存在です。

公式サイトでは「あーりんにとってももクロとは、ダイヤモンドみたいに光り輝く夢いっぱいのもの」と発言。彼女の中には完成されたアイドル像があり、常にキラキラと輝きながらファンたちに夢を与えてくれています。

佐々木彩夏はファンから「あーりん」という愛称で親しまれています。

彼女のキャッチフレーズは「ちょっぴりセクシーでおちゃめな、ももクロのアイドル」。あーりんこと佐々木彩夏は、アイドルグループの中のアイドル担当なのです。

しかし、彼女の魅力は、ただかわいいだけではありません。並々ならぬプロ意識の高さを持ち、ももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子によると「ももクロで一番男前」だといいます。

子どもの頃からトップアイドルになるという夢を持ち、強い精神力とたゆまぬ努力でしっかりと歩みを進めてきた彼女。努力に裏打ちされた溢れ出る自信と、内面の輝きが、多くのファンを虜にしています。

佐々木彩夏(ささきあやか)とはどんな人物?

佐々木彩夏のプロフィール

  • 誕生日:1996年6月11日
  • 血液型:AB型
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:160㎝
  • 趣味:読書・映画鑑賞・可愛いものを集める・半身浴・お料理・デコ・おしゃれ・音楽鑑賞
  • 特技:ダンス・髪の毛をクルクルッササッと簡単におだんごにできるっ
  • ニックネーム:あーりん
  • 好きな食べ物:シュークリーム・サラダ・オムライス
  • 好きな言葉:思いやり
  • キャッチフレーズ:ももクロのアイドル

幼少期からジャズダンスとクラシックバレエを習っていたこともあり、抜群のリズム感で生み出されるしなやかなダンスも彼女の魅力のひとつ。

ももいろクローバーZをはじめ、多数の歌手に振付を行っている石川ゆみから「ダンスリーダー」と称される実力の持ち主です。

昭和のアイドルが好きということもあり、衣装や曲からそのリスペクトが感じ取れることも。昭和のアイドルを現役で応援していた世代の方からも支持を得ています。

また、かわいらしさだけでなく、ところどころから感じられる芯の強さや男前な一面から女性ファンも多い彼女。ライブ会場では、彼女のイメージカラーであるピンク色を身に着けた女性ファンが多く見られます。

インスタグラムも要チェック

個人でインスタグラムを解説している佐々木彩夏。

アイドルの衣装を身にまとった彼女の姿だけでなく、私生活が垣間見える私服姿もアップされています。

趣味のひとつに「おしゃれ」をあげている彼女。まるで雑誌の1ページのような写真が並んでいます。

ピンク色のイメージが強い彼女ですが、大人らしさを感じるシンプルなコーデもまた違った魅力を感じさせますね。

おすすめの楽曲

だって あーりんなんだもーん☆

佐々木彩夏のかわいらしさがギュギュッと詰め込まれたアイドル感満載の本楽曲。

「あーりん」という歌詞から始まり、「りんりん りりりん りりんりん☆」と佐々木彩夏が歌うと、ファンが合いの手で「あーりん!」と返します。

甘いものはお腹いっぱい食べたいし、シュークリームも何個だって食べたいけれど、アイドルだから我慢する!と頑張って誘惑に耐える姿が描かれた遊び心満載の一曲です。


シュークリーーーーム
カスタード 生クリーム
チョコレート ストロベリー
Haaaaaaan

曲の中盤では、甘いものに誘惑されている様を表しているかのように、セクシーにスイーツを歌い上げる箇所も。

佐々木彩夏がスイーツの名前を言うたびに、ファンが「フー!」と盛り上げます。


はい!あーりんのほっぺは?
ぷにっぷにーーー!!!
ぷにっぷに?ぴちっぴちでしょ!?
ぴちっぴちーーー!!!

ラストサビ前には佐々木彩夏とファンの恒例のやりとりも。

甘いものをたくさん食べてぷにっぷにになった彼女も、健気に努力する彼女も「どっちもかわいい!」と、ファンの目をハートにさせる一曲です。

あーりんはあーりん♡

佐々木彩夏が20歳の時に発表された楽曲。20歳を迎えた彼女が「成人式を迎えてもお酒を買えても、私は私!」と“あーりん”で居続ける覚悟と芯の強さを感じさせます。

曲の序盤から沸き起こるのは「あーりん!あーりん!」という怒涛のあーりんコール。

曲を通して「あーりん」という言葉が登場する回数は、なんと94回。ファンが胸に抱えた彼女への愛を最大限表現することができる楽曲です。


7つ芸能界
9歳おーはー
12歳でももクロちゃん
あれよあれよと ハタチ
でも なにも変わんないの

7歳で芸能界入り、9歳でテレビ東京「おはスタ」のレギュラーとなり、12歳でももいろクローバーZに加入した彼女のこれまでの歩みが記されています。

「おはスタ」に出演時していた時、将来の夢を聞かれると「トップアイドル」と言っていた彼女。誰もが認めるトップアイドルとなった彼女が歌う本楽曲は胸に響くものがあります。

根っからのアイドル気質で、THEアイドルのピンクカラーを背負い、「ももクロのアイドル」というキャッチフレーズを掲げる佐々木彩夏。

表でも裏でも生まれた時もハタチになった今も「あーりん」を表現し続ける佐々木彩夏の一貫したアイドル精神が表現されています。


やめて!ママ!あーりんはあーりんなの!
社会的には もうすでに大人なの!
もう好きにさせて!!お友達とカラオケに行かせて!
お友達のおうちにお泊り行かせて!
夜の九時に鬼電はこわいよ!

曲中には、友達の家に泊まりに行くことや夜の9時までカラオケに行くことを許してくれないママへのクレームも。アイドルである以前に、友達と遊びたい盛りである彼女がほっぺたを膨らませてブーブー文句を言っているような言葉に頬が緩みます。

「この先 この未来 何が起きようと ピンク きらきら 歌うから!」とこれから先何が起きても、アイドルとして歌い続けるという彼女の決意が歌われた箇所も。

ファンにとっては何よりも嬉しい言葉をかけてくれる彼女のアイドル性に魅せられる一曲です。

あーりんは反抗期!

大人と子どもの間で誰もが迎える反抗期をテーマに歌われている本楽曲。今までは何とも思わなかったことにも不満を感じて反発する様が歌われています。

曲の始まりに巻き起こるのは「ささき」コール。あーりんと呼ばれたい佐々木彩夏は「佐々木っていうなー!」とファンに反抗します。

反抗期の子どもにわざと突っかかり、反抗する様を見てニヤニヤしている大人が描かれたようなこのやりとり。ライブで歌われるとより輝きを増す楽曲です。


アレもダメ コレもダメ
ソレもダメ 全部ダメ
なんでダメ あーりんのタメ?
ダメダメ ダメダメ
やだやだ やだやだー!

プリクラもダメ、カラオケもダメ、マンガもダメと、ママから多くのことを禁止されている彼女。反抗期を迎えた彼女にとっては、窮屈に思うことばかりです。

ダメに対して「やだやだ やだやだー!」と反抗する姿から、彼女の成長や反抗期のもどかしさを感じ取れます。


バーグ バーグ ハンバーグ
デザート プリン アラモード
美味しかったから
今日は お風呂 一緒に 入ったげる!

曲の終盤では、反抗期真っ只中にもかかわらず、ママが作ってくれたハンバーグやプリンアラモードの美味しさで上機嫌になり「お風呂一緒に入ったげる!」とデレデレになる場面も。

「もう大人だもん!」と大人からの縛り付けを嫌がる姿と、「やっぱりママ大好き!」と子どもらしいかわいさが共存する一曲です。

ゴリラパンチ

ゴリラのような強さとたくましさで生き抜いていこう!と力強くメッセージが込められた本楽曲。

ももいろクローバーZは、2018年1月21日にメンバーの1人である有安杏果が脱退しました。5人のももいろクローバーZのイメージが世間に定着した中で、突然訪れた別れ。

「ゴリラパンチ」は、数多くあるももいろクローバーZの楽曲の中でも、有安杏果の力強く迫力のある声が存在感を放つ一曲でした。

有安杏果のソロから歌が始まり、Aメロまで1人で歌い上げる構成で、彼女の存在感が強すぎる「ゴリラパンチ」。彼女の脱退後は、もう歌われることはないだろうと寂しさを感じるファンもいました。

しかし、そんなファンを一瞬で救ってくれたのが、佐々木彩夏。

1人でステージに現れた彼女は、自信たっぷりの表情で客席を見下ろします。

一体これから何が始まるのかと期待が高まってゆく会場。長い沈黙が続き、会場にはざわめきが広がります。全員の注目を独り占めし、ニヤリと笑った彼女が歌い出したのは「ゴリラパンチ」。

悲鳴にも似た歓声が上がる中、本楽曲は4人のゴリラパンチに生まれ変わりました。

ももいろクローバーZを愛するファンの様々な気持ちを全て飲み込んだ上で見せた、佐々木彩夏のパフォーマンス。

アイドルとして100%のパフォーマンスを行い、常にメンバーを引っ張ってくれる彼女がいたからこそ生まれた「ゴリラパンチ」だったと言えるのではないでしょうか。

まとめ

ももいろクローバーZのメンバー・佐々木彩夏について紹介しました。

「THEアイドル」と「男前」という正反対の二つの魅力を持つ彼女。

気になった方は、ぜひ彼女の作品に触れてみてくださいね。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事