【モーニング娘。】歴代主要メンバーの名前や意外な経歴とは…?

【モーニング娘。】歴代主要メンバーの名前や意外な経歴とは…?

1990年代の終わりを象徴する「LOVEマシーン」や、結婚式で歌われることも多い「ハッピーサマーウェディング」など、これまで数多くのヒット曲をリリースしてきたモーニング娘。

つんくさんプロデュースのモーニング娘。は「モー娘。」の略称で親しまれ、平成中期のアイドルブームを巻き起こし一世を風靡しました!

今となってはメンバーの加入・卒業が定期的に行われるアイドルグループも多いですが、モーニング娘。はその先駆け的存在でもあります。

当記事では、そんな歴史あるモーニング娘。について徹底解説!

歴代メンバーや、これまでの経歴をご紹介していきます。

モーニング娘。ってどんなグループ?

モーニング娘。は1997年の結成以降、20年以上もの間人気を保ち続けている長寿アイドルグループです。

MEMO
グループ名の由来は「モーニングセット」から。色々ついてくるお得感を意図して名付けられました。

シャ乱Qのフロントマンとして活躍されていたつんくさんによってプロデュースされ、7thシングル「LOVEマシーン」でブレイク!

日本における女性アイドルグループの代表的存在になり、『NHK紅白歌合戦』にも10年連続で出場しました。

MEMO
オリコンシングルランキングTOP10入り作品数は68作品で全アーティスト中1位、連続TOP10入りをした年数も23年を記録し、女性グループ1位を保持しています!

モーニング娘。の歴史を徹底解剖!

モーニング娘。の特徴の一つとして挙げられるのが、1997年から現在まで続く長い歴史!

ある程度の時代の区別をするため、ファンの間では「黄金期」「プラチナ期」「カラフル期」といった名称が定着してきました。(現在は公式化もされています)

ここでは、それぞれの時代別にモーニング娘。の歴史をご紹介します!

結成初期

モーニング娘。は、1997年に『シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション』最終選考で落選した「中澤裕子さん・石黒彩さん・飯田圭織さん・安倍なつみさん・福田明日香さん」の5人メンバーで計画が発足しました。

メジャーデビューには「CDを5日間で5万枚売る」という厳しい条件を付けられましたが、全国5都市で手売り販売をすることで達成!

MEMO
このときリリースしたインディーズ1stシングル「愛の種」は初日に15,612枚を売り上げ、「1店舗における同一CDの1日の売り上げ枚数」で世界記録に認定されています!

翌1998年1月28日にリリースした「モーニングコーヒー」でメジャーデビューし、9月には3thシングル「抱いてHOLD ON ME!」がオリコンランキングで初の1位を獲得

同年の『第49回NHK紅白歌合戦』に初出場と、その人気を確かなものにしていきました。

黄金期

1999年にリリースした7thシングル「LOVEマシーン」ミリオンヒットに!

さらに新エースの後藤真希さんも加入し、その後もミリオン級のヒット曲を連発!人気のピークに達します。

派生ユニット『プッチモニ』や子供向けの『ミニモニ。』もヒットし、ファン層の拡大に貢献しました。

この勢いは、初代エースである安倍なつみさんの卒業が発表された2003年まで続くこととなります。

MEMO
黄金期の由来は、12thシングル「ザ☆ピース」のジャケットで着てた衣装が金色だったからと言われています。

プラチナ期

黄金期の後、モーニング娘。は徐々にメディア露出が減り、ブームは一旦落ち着きを見せます。

2007年後半、メディアにあまり出られない状況において、モーニング娘。はファンと接する絶好の機会であるライブに力を入れ始めます

グループ全体のパフォーマンス力を高めようとハードなレッスン・ツアーをこなした結果、モーニング娘。は全盛期をも上回るハイレベルなボーカルダンス集団に!

後のモーニング娘。の方向性を位置付け、海外人気の獲得にも繋がりました。

この時期はメンバーの変化がほとんど見られず、メンバーの亀井絵里さん・ジュンジュンさん・リンリンさんが卒業し、大きな変遷あった2010年末までの間をプラチナ期と呼ぶ説が多いです。

MEMO
プラチナ期の由来は、9thアルバム「プラチナ 9 DISC」から取られました。

カラフル期

プラチナ期が終わり、9期メンバーが加入した2011年からがカラフル期の始まりと言われています。

クールな楽曲でプロ感を意識していたプラチナ期に比べ、明るいアッパー系の楽曲が増えてきます。

EDMといったニューウェーブのジャンルを取り入れ、パフォーマンスもフォーメーションダンスに挑戦。新メンバーも個性的な面々が並ぶといった、まさに色とりどりのカラフルな時期です!

カラフル期はプラチナ期の反動からかメンバーの変化が激しく、プラチナ期終盤に比べ平均年齢が6歳ほど下がりました!

MEMO
カラフル期の由来は、13thアルバム「⑬カラフルキャラクター」、同年開催の秋ツアーサブタイトル「カラフルキャラクター」から取られました。

現在

15期生が加入し、新たな風が吹き続けているモーニング娘。

65thシングル「Are you Happy?/A gonna」はオリコンランキング1位、68thシングル「KOKORO&KARADA/LOVEペディア/人間関係No way way」は2位を獲得し、黄金期の勢いを取り戻しつつあります!

2018年2月にはモーニング娘。誕生20周年を記念し、OGメンバー参加のミニアルバム「二十歳のモーニング娘。」がリリースされました。

MEMO
現在のモーニング娘。に明確な名称は付いていませんが、番組でメンバーの羽賀朱音さんが「ふくむらみず期」という名称を提案しています。(リーダーの譜久村聖さんをもじったもの)

モーニング娘。の歴代エース・リーダーをご紹介!

グループのエースといえば、センターポジションやメインボーカルを務める、いわば楽曲の顔

そして、リーダーはグループの雰囲気を左右する重要な存在です。

数多くのヒット曲をリリースする中で、これまでどのような人物がエースを務め、リーダーとしてメンバーを引っ張ってきたのでしょうか?

歴代エース

安倍なつみ


「なっち」という愛称で親しまれてきた阿部なつみさん。

モーニング娘。1期生にして、絶対的エースとして伝説となっています。

デビュー曲から6作品もの間センターの位置に立ち続け、ソロパートも非常に多くもらっているグループの顔でした!

後藤真希


安倍さんが絶対的エースとして君臨していたモーニング娘。に、突如として現れた「ゴマキ」こと後藤真希さん。

黄金期のモーニング娘。といえばゴマキ、というイメージが強い方も多いでしょう。

加入直後にモーニング娘。最大のヒット曲「LOVEマシーン」いきなりセンターを務め、大きな話題を呼びブレイクのきっかけとなりました!

石川梨華


モーニング娘。黄金期の大ヒット曲「ザ☆ピース」でセンターを務めた石川梨華さん。

ぶりっ子キャラで人気を博していました。

安倍さん・後藤さんの2大エースが卒業した後、フロントメンバーにも頻繁に選ばれエースとして活躍!

メンバー間のアンケートで「1番理想的なスタイルを持っているメンバー」の1位に選ばれたことがあるほど、スタイルが非常に良いです。

藤本美貴


「ミキティ」の愛称で有名な藤本美貴さん。モーニング娘。5代目リーダーでもあります。

夫であるお笑い芸人の庄司元春さんがよく叫んでいるため、もしかしたらモーニング娘。メンバーで一番知名度があるかもしれません。

ソロ歌手として活動してからモーニング娘。に加入という、異例の経歴を持つ藤本さん。

安倍さんの卒業後、プラチナ期に突入するまでエースとして活躍しました!

2019年8月には第3子の妊娠も発表していて、幸せな日々を送っているようです。

高橋愛


プラチナ期のエースにして、モーニング娘。6代目リーダーの高橋愛さん。

歌唱力に定評があり、実力重視のプラチナ期モーニング娘。の中でも特に際立った歌声を持っています。

メンバーの変化が少なかったプラチナ期において、数多くのシングルでセンターを担当しました!

田中れいな


加入直後の参加シングルでセンターを務めるという、後藤さんを彷彿とさせる活躍をみせた田中れいなさん。

高橋さんに並ぶほどの歌唱力で、プラチナ期の2大エースとして活躍しました!

活動年数が10年と長く、卒業までに35枚のシングルに参加しています。

鞘師里保


9期メンバーの鞘師里保さん。

圧倒的な歌唱力とダンス力で、加入直後から絶大な評価をされてきました!

カラフル期の数多くの楽曲でセンターを務め、田中さんとのダブルセンターも印象的です。

MEMO
卒業後の2019年には、メタルダンスユニット『BABYMETAL』のサポートメンバーとして突如ステージに上がり、大きな話題になりました。

歴代リーダー

1代目 中澤裕子

1998年1月28日~2001年4月15日

モーニング娘。初代リーダーの中澤裕子さん。

モーニング娘。歴代全メンバーの中で最年長であり、デビューするまではOLとして働いていました!

最年長ならではの社会性、面倒見のよさでグループを引っ張ってきたお姉さん的存在です。

2代目 飯田圭織

2001年4月16日~2005年1月30日

中澤さんと同じく、初代メンバーである飯田圭織さん。

中澤さんの卒業後、リーダーとしてグループを牽引してきました!

MEMO
卒業後に行われた日帰りバスツアーは、今でも語り継がれるほど伝説となっています。

3代目 矢口真里

2005年1月31日~4月14日

モーニング娘。2期生であり、『ミニモニ。』のメンバーでもある矢口真里さん。

飯田さんの卒業後リーダーを務めましたが、3か月後にスキャンダルがありモーニング娘。を脱退することに。

卒業後も持ち前のワイプ芸で数多くのバラエティに出演していましたが、2013年の不倫報道以降、メディア露出は激減してしまいました…。

4代目 吉澤ひとみ

2005年4月15日~2007年5月6日

矢口さん脱退のため、急遽リーダーを務めた吉澤ひとみさん。

『なでしこリーグ』『世界バレー』のオフィシャルサポーターとして活躍したこともあります。

2007年の卒業までリーダーを務め、卒業後はソロ活動へ移行。

2018年、飲酒運転によるひき逃げ事件で逮捕され、芸能界引退を余儀なくされました…。

5代目 藤本美貴

2007年5月7日~6月1日

6代目 高橋愛

2007年6月2日~2011年9月30日

7代目 新垣里沙

2011年10月1日~2012年5月18日

モーニング娘。5期メンバーであり、ハロー!プロジェクト3代目リーダーも務めた新垣里沙さん。

リーダーを務めた期間は短いですが、カラフル期初期を支えた人物です!

MEMO
在籍期間が3918日(約10年半)と長く、グループで2番目の在籍期間となっています。

8代目 道重さゆみ

2012年5月19日~2014年11月26日

「最強」と名高いモーニング娘。6期メンバーであり、歴代メンバーで最長の在籍期間(4000日越え)を誇る道重さゆみさん。

バラエティにも数多く出演し、グループの顔として活躍しました!

卒業後は芸能活動を無期限休止していましたが、2017年に再開しています。

9代目 譜久村聖

2014年11月27日~現在

モーニング娘。リーダー史上最年少での就任であり、最長期間グループを支え続けている譜久村聖さん。

ハロー!プロジェクト7代目リーダーも兼任しています。

近年勢いを増しているモーニング娘。を引っ張る存在として、これからの活躍にも期待がかかる人物です!

モーニング娘。おすすめソングベスト3

数あるモーニング娘。の名曲の中でも、特におすすめな人気曲3曲をご紹介!

「黄金期」「プラチナ期」「カラフル期」からそれぞれ1曲、代表曲をご紹介します!

1.LOVEマシーン(黄金期)


モーニング娘。史上、最大のヒット曲である「LOVEマシーン」

1990年代の最後を象徴する曲で、新しい時代に向かって進むパワーを感じられます!

2.リゾナントブルー(プラチナ期)


モーニング娘。の中でもクールさに焦点を当てた曲で、力強い歌声とダンスが特徴的です。

2008年に唯一発売されたオリジナルシングルであり、プラチナ期といえばこの曲!というファンも多くいます。

3.One・Two・Three(カラフル期)


ボーカルエフェクトを積極的に使用し、本格的なEDMを採用した「One・Two・Three」

サビ前のビルドアップが明白で、初めて聴く方でもすぐにノレる曲です!

最後に

「黄金期」「プラチナ期」「カラフル期」それぞれ異なる特色を持ちながら活動を続けてきたモーニング娘。

メンバーの変化こそあったものの、これまでの活動で学んできた経験は、間違いなく今のメンバーにも受け継がれています。

これからどんな活躍を見せてくれるのか、今後の展開にも要注目です!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事