【モーニング娘。】歴代主要メンバーの名前や意外な経歴とは…?

【モーニング娘。】歴代主要メンバーの名前や意外な経歴とは…?

1990年代の終わりを象徴する「LOVEマシーン」や、結婚式で歌われることも多い「ハッピーサマーウェディング」など、これまで数多くのヒット曲をリリースしてきたモーニング娘。

つんくさんプロデュースのモーニング娘。は「モー娘。」の略称で親しまれ、平成中期のアイドルブームを巻き起こし一世を風靡しました!

今となってはメンバーの加入・卒業が定期的に行われるアイドルグループも多いですが、モーニング娘。はその先駆け的存在でもあります。

当記事では、そんな歴史あるモーニング娘。について徹底解説!

歴代メンバーや、これまでの経歴をご紹介していきます。

モーニング娘。ってどんなグループ?

モーニング娘。は1997年の結成以降、20年以上もの間人気を保ち続けている長寿アイドルグループです。

MEMO

グループ名の由来は「モーニングセット」から。色々ついてくるお得感を意図して名付けられました。

シャ乱Qのフロントマンとして活躍されていたつんくさんによってプロデュースされ、7thシングル「LOVEマシーン」でブレイク!

日本における女性アイドルグループの代表的存在になり、『NHK紅白歌合戦』にも10年連続で出場しました。

MEMO

オリコンシングルランキングTOP10入り作品数は68作品で全アーティスト中1位、連続TOP10入りをした年数も23年を記録し、女性グループ1位を保持しています!

モーニング娘。の歴史を徹底解剖!

モーニング娘。の特徴の一つとして挙げられるのが、1997年から現在まで続く長い歴史!

ある程度の時代の区別をするため、ファンの間では「黄金期」「プラチナ期」「カラフル期」といった名称が定着してきました。(現在は公式化もされています)

ここでは、それぞれの時代別にモーニング娘。の歴史をご紹介します!

結成初期

モーニング娘。は、1997年に『シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション』最終選考で落選した「中澤裕子さん・石黒彩さん・飯田圭織さん・安倍なつみさん・福田明日香さん」の5人メンバーで計画が発足しました。

メジャーデビューには「CDを5日間で5万枚売る」という厳しい条件を付けられましたが、全国5都市で手売り販売をすることで達成!

MEMO

このときリリースしたインディーズ1stシングル「愛の種」は初日に15,612枚を売り上げ、「1店舗における同一CDの1日の売り上げ枚数」で世界記録に認定されています!

翌1998年1月28日にリリースした「モーニングコーヒー」でメジャーデビューし、9月には3thシングル「抱いてHOLD ON ME!」がオリコンランキングで初の1位を獲得

同年の『第49回NHK紅白歌合戦』に初出場と、その人気を確かなものにしていきました。

黄金期

1999年にリリースした7thシングル「LOVEマシーン」ミリオンヒットに!

さらに新エースの後藤真希さんも加入し、その後もミリオン級のヒット曲を連発!人気のピークに達します。

派生ユニット『プッチモニ』や子供向けの『ミニモニ。』もヒットし、ファン層の拡大に貢献しました。

この勢いは、初代エースである安倍なつみさんの卒業が発表された2003年まで続くこととなります。

MEMO

黄金期の由来は、12thシングル「ザ☆ピース」のジャケットで着てた衣装が金色だったからと言われています。

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事