【ももいろクローバーZ】 メンバーの年齢や名前、意外な経歴とは…?

「週末ヒロイン」というキャッチコピーで2010年にデビューした「ももクロ」ことももいろクローバーZ。

メンバーの卒業を経て4人となりましたが、今でもファンに笑顔を届け続けています。

2020年にはデビュー10周年を迎えた今も、変わらずアイドル界の最前線を走るももクロ。

今回は、「今さら聞けない!」というももクロの歴史やグループの魅力を紹介していきます。

ももいろクローバーZが辿ってきた歴史

ももクロは2010年にメジャーデビューしていますが、どういった経緯で結成したのでしょうか。

ももクロが結成してから現在まで、どんな歴史を辿ってきたのかざっと紹介します。

ももクロ結成~下積み時代

ももクロが結成したのは2007年のことです。

当時沢尻エリカさんなどの大物タレントが所属していたスターダストプロモーションで、アイドルグループを作るプロジェクトが始動しました。

そして、事務所に所属するタレントの中から選ばれた5人で仮結成されたグループがももクロの前身グループとなります。

翌2008年、メンバー変更を経て現メンバーの高城れにさん・玉井詩織さん・百田夏菜子さんの3人を含む6人となり、グループ名が「ももいろクローバー」に決定。

その年の5月、川崎アゼリアで行われた「スターダスト芸能3部オーディション」の中で「あの空へ向かって」を初披露しました。

その後は代々木公園などで路上ライブを繰り返し、地道にファンを増やしていきます。

2008年には4人のメンバーが卒業しますが、佐々木彩夏さん・早見あかりさん含む4人が加入。

インディーズからシングルをリリースしながら全国のヤマダ電機の店先を借りて全国ツアーを開催し、2009年には有安杏果さんの加入によってメジャーデビュー時のメンバーが勢ぞろいしました。

駆け出しの頃は大変だったそうで、百田夏菜子さんは当時の苦労を、「お手洗い 汗で出せよと 怒鳴られる」と川柳にしています。

数々の試練を乗り越えてきたももクロだからこそ、歌詞が心にしみるのでしょう!

メジャーデビュー後

地道な活動を続けた結果、2010年にやっとの思いでメジャーデビューシングル「行くぜっ!怪盗少女」をリリース。

しかしメディアに取り上げられることはほとんどなく、デビュー当時は一部のアイドルファンにしか認知されていませんでした。

同シングルをリリースした際に所属していたレコード会社は、売り上げを最優先するため早いペースでCDをリリースする方針でしたが、ももクロの事務所側はこれに反発。

より自由に楽曲を製作するため、自由度の高いキングレコードに移籍します。

すると、楽曲をプロデュースする宮本純乃介さんやライブ演出を担当する佐々木敦規さんとの出会いもあり、ライブ動員を着実に増やしていきました。

2010年末に日本青年館で開催したワンマンライブでは見事1200席を埋め、その光景にファンやメンバーが涙する場面が印象的でした。

ブレイクまで

順調に見えたももクロでしたが、2011年に早見あかりさんがグループ卒業を発表します。

早見さん卒業後、グループは「ももいろクローバーZ」と改名し、心機一転再スタートを切りました。

MEMO
ライブMCを担当していた早見さんが抜けたことにより、メンバーのトークやバラエティスキルの不足が浮き彫りに。そういった状況を打破すべく、各界の著名人とのトークバトルや限界に挑戦するライブを企画し、逆境を味方にして成長していきました。

さまざまな挑戦を経て多方面のスキルをつけたももクロは、当時アイドルでは珍しくロックフェスに出演したり、気志團との対バンを経験して多ジャンルからもファンを獲得。

2012年には1stアルバム「バトルアンドロマンス」が第4回CDショップ大賞で「全国のショップ店員が選ぶ、もっとも売りたい作品」の大賞に選ばれ、メディア出演も増えました。

デビュー後から目標としていた日本武道館公演を成功、年末には紅白歌合戦に初出場を果たすなど、2012年は一気にブレイクの年となりました。

ブレイクから約8年が経つ2020年現在も新たな挑戦を続けており、アイドル界トップクラスの人気を維持し続けています。

ももいろクローバーZ・メンバープロフィール

百田夏菜子(ももた かなこ)

  • 生年月日:1994年7月12日
  • 出身地:静岡県
  • 身長:156cm
  • イメージカラー:赤

グループのセンターを務め、2008年にはリーダーに就任しています。彼女の存在でももクロを知ったという人も多いのではないでしょうか。

「えくぼは恋の落とし穴」というキャッチコピー通り、笑った時にできるえくぼがチャームポイント。

2016年には連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演するなど、女優としての単独活動も充実しています。

リーダーらしからぬド天然な発言をしたかと思えば、横浜国立競技場でのライブで多くの人々の心を揺さぶるMCをする、目が離せない存在です。

玉井詩織(たまい しおり)

  • 生年月日:1995年6月4日
  • 出身地:神奈川県(出生時は鹿児島県)
  • 身長:160cm
  • イメージカラー:黄色

グループ結成当時は「泣き虫で甘えん坊なみんなの妹」のキャッチコピーでライブでも泣くこともありました。

しかし今ではどんな仕事でも器用にこなし、グループの「スーパーサブ」とも称されています。

そんな天才肌の彼女ですが、他のメンバーを立てることが多く、自分はあまり前に出ない性格。

各方面から認められる才能を持ちながら、謙虚に努力を怠らない姿がとても素敵なメンバーです。

佐々木彩夏(ささき あやか)

  • 生年月日:1996年6月11日
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:160cm
  • イメージカラー:ピンク

ももクロメンバー最年少の「あーりん」こと佐々木彩夏さんは、どの瞬間を切り取ってもかわいらしい正統派アイドル。

ぶりっこやアイドルらしい立ち振る舞いができる一方、自分に厳しいストイックな一面も持っています。

最年少ながらしっかりとした性格なので、早見あかりさんが卒業してからはライブのMCを務めています。

高城れに(たかぎ れに)

  • 生年月日:1993年6月21日
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:158cm
  • イメージカラー:紫

突拍子もない天然発言や特技の変顔など、メンバーいち個性的で飾らない性格の高城れにさん。

今では常に明るい表情を見せていますがもともとは人見知りで、「こんな振る舞いはアイドルらしくないかな…」と思い悩むこともありました。

メンバー最年長で思い悩んだ時期を経験したからこそ、有安杏果さんが卒業を発表した際に発した言葉はファンの心にも響きました。

卒業メンバー:早見あかり(はやみ あかり)

2010年にデビューしたももクロのサブリーダーを務め、メンバーの精神的支柱でした。

しっかりとした性格でライブではMCを担当するなど、グループにとって欠かせない存在でしたがデビュー間もない2011年1月に卒業を発表。

卒業後はもともと志していた女優の道に進み、連続テレビ小説やさまざまなCMへの出演など、幅広く活躍しています。

卒業メンバー:有安杏果(ありやす ももか)

初期のももクロはメンバーの入れ替えが激しく、ダンスや歌もまだまだでした。

そんなときにももクロのマネージャーが「今のももクロに足りないものを持っている」と有安さんに目をつけ、加入しました。

その後歌やダンスなど、パフォーマンス面でグループを引っ張る存在でしたが2018年に突然の卒業を発表。

卒業後は音楽や写真などの表現活動を行っており、2020年3月には配信シングルを2曲リリースしました。

ももいろクローバーZの魅力とは?

ももクロの魅力は、何といってもエンターテインメイント能力の高さにあります。

彼女たちはロックやメタルフェスなど、本来の土俵ではない場所でのライブも積極的に行いました。

そうして培ったパフォーマンス力はもちろん、トーク力向上企画やミュージカルにも果敢に挑戦して身に付けた「歌とダンス以外」の実力は、他のアイドルの追随を許しません。

「アイドル」という枠を超えてももクロが切り開いた道は、現在活躍する他のアイドルにも大きな影響を与えています。

今やアイドルがロックフェスに出演するのが当たり前となり、さまざまな音楽性のアイドルグループが生まれたのも、ももクロの功績が大きいでしょう。

ももいろクローバーZ・おすすめ曲

行くぜっ!怪盗少女

「ももクロといえばこの曲!」といっても過言ではないくらい有名な曲。

センター・百田夏菜子さんの強烈なえびぞりジャンプが印象に残っている、という人も多いのではないでしょうか。

ヒャダインさんの作詞作曲で、一度聴いたら忘れられない歌詞とメロディーが魅力です。

ライブの定番曲でもあり、激しい振付とすべて生歌の全力パフォーマンスはぜひ一度は目にしてほしいですね。

ココ☆ナツ

メジャーデビュー直後の6人の若さあふれる夏曲で、底抜けに明るい曲調、ここぞとばかりに夏っぽい言葉を多用した歌詞が印象的です。

特にサビは「ココココ~ココッコッコ~」とひたすら連呼する思い切りの良さで、思わず笑顔になってしまいます。

ライブではド派手な放水演出が恒例となっており、夏のライブでびしょびしょになりながら盛り上がりたい曲ですね。

Contradiction

元気いっぱいでわちゃわちゃした曲が多い印象のももクロにとって、珍しくシリアスでクールな曲です。

イントロから強烈なビートとハードコアなエレクトロサウンド。

「信じる道ならば手を抜いてちゃダメさ」と、がむしゃらに走ってきた彼女たちにしか歌えない歌詞も重く突き刺さります。

何かやりたいことがあるけど勇気が出なくて躊躇している…という人はぜひ聴いてみてください。力強い言葉で背中を蹴っ飛ばしてくれますよ。

最新曲「田中将大」にも大注目

ももクロは2月24日に最新アルバム「田中将大」をリリースしました。

もうお気づきでしょうが、なんと最新アルバムの表題は東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手になっています。

まさにマー君のための円盤とも言えるアルバムで、イーグルス時代田中投手が既存曲として使用していた曲に加え、メジャー移籍後のシーズンごとに書き下ろされた曲が収録されています。

youtubeで公開されている動画では、ウグイス嬢がスターティングメンバーを読み上げるようにアルバム曲を順に紹介しており、非常に面白い構成になっています。

ぜひご覧ください!

最後に

「ももクロ」ことももいろクローバーZの歴史やメンバー、おすすめ曲を紹介しました。

破竹の勢いでアイドル界を駆け上がった彼女たちですが、実は地道な下積みがあったんですね。

そんな厳しい下積み期間やメンバーの卒業、その他多くの困難を乗り越えてきた彼女たちだからこそ、多くの人に笑顔を届けられるのかもしれませんね。

デビュー10周年を迎える2020年、ももクロの快進撃はどこまで続くのか注目です!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事