髙地優吾 – SixTONESのメンタルサポーター!多彩な資格でマルチに活躍する癒し系アイドル!

髙地優吾 – SixTONESのメンタルサポーター!多彩な資格でマルチに活躍する癒し系アイドル!

個性豊かなメンバーが揃っているSixTONES。その中で、グループの癒し系として存在しているのが髙地優吾さんです。

いつも笑顔の髙地さんは、見ているだけで心がほぐれる不思議な魅力を持っています。
柔らかい雰囲気とは裏腹に意外と私生活はアウトドア派で、アクティブな趣味を楽しんでいる髙地さん。
その趣味が転じ、多種多様な資格を保持していることでも有名です。

今回は、髙地さんの知られざる一面をご紹介すべく、プロフィール魅力を徹底解説していきます!

あわせて読みたい!

あわせて読みたい!

SixTONESとは

SixTONESは、京本大我さん・田中樹さん・ジェシーさん・髙地優吾さん・松村北斗さん・森本慎太郎さんから成る6人組アイドルグループです。

2020年1月22日には、Snow Manと共にジャニーズ事務所初となる2組同時デビューを飾りました。SixTONESは、X JAPANのYOSHIKIさんが手掛けた『Imitation Rain』を歌い、瞬く間に世間へ鮮烈な印象を与えました。

彼らは元々、テレビドラマ「私立バカレア高校」の出演者として集められたメンバーでした。次第にファンの間で”バカレア組”として定着すると、ドラマ終了後には映画化もされるなど人気を獲得していきました。

しかし、その後はバラバラに活動する時期が続いた上、それぞれが進路に悩み始めるなど厳しい状況に陥っていました。

2015年、ジェシーさんが「やっぱり6人でやりたい」と髙地さんに相談し、ジャニー喜多川社長に6人で直談判したことで正式にグループを結成。ジャニーさんから ”6人それぞれの個性を出せるように” ”音の6原色”という想いを込めて「SixTONES」というグループ名を命名してもらいました。

2018年「ジャニーズをデジタルに放つ新時代。」をテーマに、SixTONESの存在が全世界に向けて発信されていきます。

同時に、SixTONESがYouTubeプロモーションアーティストに選出され、SixTONESの『JAPONICA STYLE』のMVを滝沢秀明さんが初プロデュースしました。ジャニーズとしてSixTONESが初出演した「YouTube FanFest」の模様も動画配信され、彼らの知名度と人気は急上昇していきました。

デビュー以降、5枚のシングルと2枚のアルバムをリリース。紅白歌合戦には、2年連続で出場を果たすなど、今最も勢いのあるアイドルグループへと成長しました。

SixTONESの音楽への取り組みは、まさに真剣そのものです。全編英語詞の楽曲を意欲的に取り入れている他、世界的に活躍している音楽クリエイターから楽曲提供してもらうなど、ジャニーズの中で世界に向けた音楽活動を最も展開しているグループと言って過言ではありません。

2022年1月12日にBillboard JAPANで公開された総合アルバム・チャート“HOT Albums”では、2ndアルバム『CITY』が首位を獲得しました。

2022年3月2日には、読売テレビ・日本テレビ系で放送中のテレビアニメ「半妖の夜叉姫」弐の章1月クールの主題歌である6thシングル『共鳴』がリリースされる予定です。

髙地優吾さんとは?

髙地優吾さんのプロフィール

髙地優吾(こうちゆうご)

  • 愛称:こーち
  • 生年月日:1994年3月8日
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • メンバーカラー:黄色
  • 身長:175cm
  • 血液型:A型
  • 特技:サッカー、フットサル、ボイスパーカッション、
  • 趣味:アンパンマン、バイク、温泉、ソロキャンプ、料理、ファッション、ハンディクラフト
  • 取得資格:スキューバダイビング、温泉ソムリエ、バーベキュー検定、防災備蓄管理士、キャンプインストラクター
  • 尊敬する先輩:相葉雅紀(嵐)、亀梨和也(KAT-TUN)

ジャニーズ入所の経緯

ジャニーズに入所したきっかけとしてよく聞かれるのは、家族や親戚が勝手に履歴書を送っていたというエピソードです。

髙地さんの場合は、中学の同級生がジャニーズのオーディション番組に髙地さんの履歴書を送っていたそうです。その番組は、2009年4月から日本テレビ系で放送が開始された「スクール革命!」でした。

Hey!Say!JUMPの山田涼介さん・知念侑李さん・八乙女光さんがレギュラーとして参加しているこの番組。その中の「3年J組!新入生オーディション」という企画で、ジャニーズ合同の公開オーディションが開催されたのです。

予選オーディションを通過した髙地さんは、同年5月から開催されたKAT-TUNのコンサートツアー「KAT-TUN LIVE Break the Records」に出演。ジャニーズ名物のジュニアマンションや、MC中のアシスタントとして登場しています。

5月24日には「スクール革命!」にてオーディションの最終選考の模様が放送されました。

最終選考で出された課題は「ダンス」。2時間で振付を覚えて「スクール革命!」の番組内で披露するというものでした。選考方法は視聴者による電話投票ということで、ファンを獲得できるアイドル性があるかどうかも試されていたオーディションでした。

この時に、髙地さんらオーディションメンバーに振付を教えていたのが、すでにジャニーズJr.として所属していた田中樹さんでした。

髙地さんは、ダンスに苦手意識を持っていたこともあり、振付を覚えるのに苦戦したようでした。田中さんは、当時の様子を振り返り「最終的に別の子に投票した」と笑いながら語っています。

あわせて読みたい!

テレビの前で見ていた京本さんも、別の子が合格すると予想していたそう。当時のエピソードは、こちらのドライブ動画にて明かされています。

応募総数1319人の中から勝ち抜き、見事「スクール革命!」の新メンバーの座を勝ち取った髙地さん。

その素質を誰よりも早く見抜いていたのは、他でもないジャニー喜多川社長でした。ジャニーさんは、オーディションが始まった当初から「髙地は他の子と違う」と言っていたそうです。

髙地さんが芸能界入りするきっかけとなった「スクール革命!」は、今や10年以上続く長寿番組になりました。彼はこの番組を通して、バラエティーでの立ち回り方トークを磨いてきました。

同番組では、ジャニーズ1生活感のある男として「Mr.生活感」という独自のポジションを確立。しっかり者に見えて隠れ天然な一面を披露するなど、見る者を飽きさせない魅力を発揮しています。

今やバラエティー各所で大活躍の髙地さん。しかし、その裏では様々な番組を見ながらどんな発言がテロップに載りやすいのかなどを研究していたそうです。1つひとつの仕事に真摯に取り組んできたことで、自然と良い結果に繋がっているのでしょう。

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事