ジェシー【SixTONES】圧倒的な存在感のセンター!ギャップが魅力的なハーフイケメン!

ジェシー【SixTONES】圧倒的な存在感のセンター!ギャップが魅力的なハーフイケメン!

今、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍しているSixTONES(ストーンズ)。そのセンターで圧倒的な存在感を放っているのがジェシーさんです。

アメリカ人と日本人のハーフということで、ハッキリとした顔立ち184㎝の長身が目を引きます。恵まれた容姿を活かし、長年モデルとしても活動しています。

今回は、そんな魅力あふれるジェシーさんの素顔に迫っていきます。

あわせて読みたい!

あわせて読みたい!

SixTONESとは

SixTONESは、京本大我さん・田中樹さん・ジェシーさん・髙地優吾さん・松村北斗さん・森本慎太郎さんから成る6人組アイドルグループです。

2020年1月22日には、Snow Manと共にジャニーズ事務所初となる2組同時デビューを飾りました。SixTONESは、X JAPANのYOSHIKIさんが手掛けた『Imitation Rain』を歌い、瞬く間に世間へ鮮烈な印象を与えました。

彼らは元々、テレビドラマ「私立バカレア高校」の出演者として集められたメンバーでした。次第にファンの間で”バカレア組”として定着すると、ドラマ終了後には映画化もされるなど人気を獲得していきました。

しかし、その後はバラバラに活動する時期が続いた上、それぞれが進路に悩み始めるなど厳しい状況に陥っていました。

2015年、ジェシーさんが「やっぱり6人でやりたい」と髙地さんに相談し、ジャニー喜多川社長に6人で直談判したことで正式にグループを結成。ジャニーさんから ”6人それぞれの個性を出せるように” ”音の6原色”という想いを込めて「SixTONES」というグループ名を命名してもらいました。

2018年「ジャニーズをデジタルに放つ新時代。」をテーマに、SixTONESの存在が全世界に向けて発信されていきます。

同時に、SixTONESがYouTubeプロモーションアーティストに選出され、SixTONESの『JAPONICA STYLE』のMVを滝沢秀明さんが初プロデュースしました。ジャニーズとしてSixTONESが初出演した「YouTube FanFest」の模様も動画配信され、彼らの知名度と人気は急上昇していきました。

デビュー以降、5枚のシングルと2枚のアルバムをリリース。紅白歌合戦には、2年連続で出場を果たすなど、今最も勢いのあるアイドルグループへと成長しました。

SixTONESの音楽への取り組みは、まさに真剣そのものです。全編英語詞の楽曲を意欲的に取り入れている他、世界的に活躍している音楽クリエイターから楽曲提供してもらうなど、ジャニーズの中で世界に向けた音楽活動を最も展開しているグループと言って過言ではありません。

2022年1月12日にBillboard JAPANで公開された総合アルバム・チャート“HOT Albums”では、2ndアルバム『CITY』が首位を獲得しました。

2022年3月2日には、読売テレビ・日本テレビ系で放送中のテレビアニメ「半妖の夜叉姫」弐の章1月クールの主題歌である6thシングル『共鳴』がリリースされる予定です。

ジェシーさんとは?

ジェシーさんのプロフィール

ルイス・ジェシー(るいす・じぇしー)

  • 愛称:ジェシー、ジェス
  • 生年月日:1996年6月11日
  • 出身地:東京都
  • メンバーカラー:赤
  • 身長:184cm
  • 血液型:O型
  • 特技:空手、モノマネ、ルービックキューブ、DIY
  • 好きな食べ物:チーズ料理、寿司、牛タン、うなぎ、母が作るタコライス
  • 尊敬する先輩:堂本剛(KinKi Kids)

ジャニーズ入所の経緯

ジェシーさんは、2006年9月にジャニーズ事務所にレッスン生として入所しました。

そのきっかけは、ジャニーズJr.だった友人からの誘いでした。

子どもの頃、空手道場に通っていたジェシーさんは、同じ道場に入ってきたジョーイ・ティーさんと仲良くなります。ジョーイさんは当時ジャニーズJr.に所属しており、ジャニー喜多川社長から「ハーフっぽい子を探してくれない?」と頼まれたため、ジェシーさんに声を掛けたそう。

後日、ジェシーさんがジャニーさんに会いに行くと、大した会話もないまま「好きな物買っておいで」と1000円貰ったそうです。小学生にとって1000円は大金だったこともあり、完全に心を掴まれたジェシーさん。

その後、状況を把握できないまま流れで踊ることになったのですが、実はそれが『ザ少年倶楽部』のリハーサルだったのです。そのため、ジェシーさんはオーディションを受けないまま、2週間後にはNHKホールで行われた本番収録に参加したのでした。

実質、Jr.として活動を始めていたものの、「ジャニーズJr.のコンサートに出たいなら履歴書を書いてね」と言われたため、後に履歴書を提出したそうです。

友達を介しての紹介+オーディション無しで事務所に入所という非常に稀なケースでした。

SixTONESの世界進出を支えるハーフイケメン

ジェシーさんは、アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれたハーフです。ジェシーさんは日本生まれ・日本育ちですが、父親とは普段英語で会話していることもあり、英語と日本語の両方を流暢に使いこなしています。

ジェシーさんの英語力は、SixTONESの世界進出を支える重要な要素となっており、実際に国外のファンの獲得にも繋がっています。

また、英語詞で構成された楽曲では、美しく正確な発音を遺憾なく披露。楽曲に確かな説得力を持たせています。

ジェシーさんの魅力

楽曲によって全く異なる変幻自在な歌声

ジェシーさんは、京本さんと共にリードボーカルとしてデビュー前からSixTONESを支えてきました。

透き通った美しい歌声が持ち味のジェシーさん。さらに驚かされるのは、その歌声が楽曲によって変幻自在に操られているということです。

例えば『Life in color』や『Call me』では寄り添うような素朴な歌い回し、『Lifetime』や『Everlasting』では神秘を感じさせるほど繊細な表現、そして『IN THE STORM』や『S.I.X』ではシャウトを大胆に盛り込んたワイルドなパフォーマンスで聴く人を魅了しました。

デビューシングルに収録されたカップリング『NEW WORLD』では、ジェシーさんのソロに心打たれた方も多いのではないでしょうか。

「あの日の偶然の出会いから始まった 僕らのストーリー きっと奇跡なんだ」という、楽曲の根幹となるメッセージ部分をジェシーさんが歌唱しました。その歌声を聞くだけで、本当にSixTONESの6人でやってこられて良かったという気持ちが伝わってきます。

ジェシーさんの魅力は「自分の声を利用してどんな世界観を描き出そうか」という創造力を持っているところです。だからこそ、歌の上手さを誇示することなく、常に自然体でパフォーマンス出来ているのでしょう。

楽曲によって、全く異なる顔を見せてくれるジェシーさん。これからどんな世界観を見せてくれるのかますます楽しみです。

愛される人柄と広い交友関係

その飾らない人柄で、多くの人から愛されているジェシーさん。交友関係も広く、菅田将暉さんパンサーの向井慧さん蜷川実花さんなど様々な著名人と交流を持っています。

最近では、ジェシーさんの交友関係を活かして、YouTuberのHIKAKINさんとSixTONESがコラボを果たしました。

なかでもジェシーさんと大の仲良しとして有名なのが、霜降り明星のせいやさんです。

以前から、せいやさんはジェシーさんの人柄を絶賛しており、親友になりたいと語るなど、その信頼度は相当なものでした。

また、せいやさんは彼女と破局してしまった時にジェシーさんが3日間一緒に過ごしてくれたことを『霜降り明星のオールナイトニッポン』で明かしています。ジェシーさんは、傷心中のせいやさんに、ゲームやお酒でとことん付き合ってくれたそう。

男前すぎるジェシーさんの行動に、せいやさんは「粗品、ジェシー、ヒコロヒーがおったらええわ」と語っています。

いつの間にか人の懐に入っていけるジェシーさんは、ジャニーズの先輩にも臆せず自分からアプローチしていきます。                                                         
特に尊敬している先輩として、KinKi Kidsの堂本剛さんを挙げているジェシーさん。堂本さんのライブに頻繁に足を運び、共通の知り合いであるふぉ~ゆ~の辰巳雄大さんを通して楽屋挨拶にも行ったそうです。

また、堂本さんが2016年に開催したソロライブ『TU FUNK ALL STARS CON!CER-TU』では、昼公演を見に行っていたジェシーさん。公演後に楽屋挨拶に行くと、堂本さんから「この後予定がないなら夜公演も見ていっていいよ」と招待してもらえたそう。

そのまま楽器の話について話しているうちに、突然堂本さんがジェシーさんをステージへ誘導。突然コードを弾いてとギターを渡され、あれよあれよという間に豪華セッションが始まったそうです。あまりのことに感動しっぱなしだったジェシーさんなのでした。

これらのエピソードからも、ジェシーさんが普段から人付き合いを大切にしていることが分かります。フランクさと礼儀正しさのバランスを上手く取っているがゆえに、先輩から可愛がってもらえるのでしょう。

バラエティー番組でも特技を活かして大活躍

ジェシーさんの明るく人懐っこいキャラクターは、バラエティー番組でも人気を集めています。

2019年には「有吉ゼミ」の大人気企画である「八王子リホーム」にジェシーさんが登場。2018年まで出演していた滝沢秀明さんの後継として、ヒロミさんに弟子入りしました。

ジェシーさんの父親がDIY好きということで、幼少期の頃に培った経験を活かし、アイドルながら手際よく作業する姿が話題になりました。

ヒロミさんもジェシーさんに対し「『これやっとけ』って言ったらそこそこちゃんとやるし、独り立ちできるんじゃないかと思ってるんですけどね」と高く評価しています。同時に「俺のことをちょっと舐めてる(笑)」とも語っており、物怖じしないジェシーさんとヒロミさんの親子のような掛け合い番組の人気に繋がっているようです。

2020年1月2日に放送された「新春しゃべくり007」では、ベテラン芸人を前に得意のドナルドダックのモノマネを披露。すると有田さんから無茶ぶりを受け、ドナルドダックとビートたけしを融合させた「ドナルドたけしさん」が誕生しました。

その高いクオリティーに一同、抱腹絶倒。SNSでも「ドナルドたけしさん」がトレンドになるほど反響がありました。

どんな状況でも挑戦しようするジェシーさんの前向きな姿勢が、あらゆる人に愛される理由ではないでしょうか。

最後に

今回は、SixTONESジェシーさんについてご紹介しました。
彼が多くの人から愛される理由は、その高い人間性にあることが分かりました。

いつも自然体で気づけば隣の人と仲良くなれる。そんな人たらしな魅力が、ジェシーさんのアイドルとしての輝きに還元されているのでしょう。

そして、普段の飾らない振舞いと、ステージ上での迫力満点なパフォーマンスとのギャップに打ち抜かれる人が続出しています。

まだまだ進化し続けるジェシーさんの活躍に、これからも注目していきましょう!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事