嵐 – 誰かに話したくなるトリビア6選!

嵐 – 誰かに話したくなるトリビア6選!

2021年から、グループとしての活動を休止し、大野智さんを除く4人がそれぞれ個人としての活動に入った(あらし)

今回は、そんな嵐の「ファンにはおなじみだけど、一般的にはあまり知られていない(であろう)嵐の意外なトリビア」をいくつかご紹介したいと思います。

誰かに話したくなる嵐のトリビア6選!

デビュー時、メンバー5人のうち3人は〇〇〇だった

ハワイの豪華客船の上で記者会見を行い、華々しいデビューを飾った事は有名な話ですが、実はその裏側では3人のメンバーがグループを辞めたがっていました

辞めたがっていたのは、大野智さん、櫻井翔さん、二宮和也さんの3人。

大野さんは、元々好きだった絵を描くことを活かしてイラストレーターになりたいと考えており、「(イラストの)仕事が見つかったら辞めるつもりだった」と語っています。

また、当時高校3年生だった櫻井翔さんは、普通に大学に進学し、一般企業に就職する事を考えていました。

さらに、二宮和也さんは、アイドルではなく、俳優としてやって行きたいと考えていたそうです。

大野智は〇〇〇〇より先輩

嵐がJrだった頃は、「ジャニーズJr黄金期」と呼ばれるジャニーズJrの全盛期(ゴールデンタイムにJrメインの番組があるほど)。

その黄金期を牽引し、ジャニーズJrブームの一端を担っていたのが、タッキーこと滝沢秀明さんです。

デビュー前の嵐も勿論それなりの人気はありましたが、イメージ的には「タッキーの方が上」という感じでした。

しかしジャニーズJrとしては大野智さんの方が半年程先輩になります。 

ジャニーズ事務所では、こういう風に先輩の方がデビューが遅い事がよくあるので面白いですよね。

弟との年齢差がすごいメンバーとは?

そのメンバーとは、櫻井翔さん。

弟の修(しゅう)さんは、1995年生まれ(学年は94年)で、櫻井翔さんとは実に13歳差

お兄さんと同じく慶応大卒で、大学ではラグビー部で活躍し、メディアに取り上げられる事も何度かありました。

写真も拝見した事がありますが、翔さんにそっくりです。

相葉雅紀は〇〇〇のオーナー

子供の頃から野球好きで知られる相葉雅紀さんは、実は自身で草野球チーム「銀座カラーズ」を持っています。

仕事が忙しいのか、最近は「活動しました」という話をあまり聞かないのですが、過去には、中居正広さんなど、ジャニーズの先輩がチームにいた事もあるそうです。

二宮和也の名前の由来は…

男の子の名前と言えば、父親の名前の漢字をもらうイメージがありますが、二宮和也さんの名前は、母・和子さんから取られています。

デビュー当時、”お笑い担当”だった意外なメンバー

デビュー当時の嵐は、メンバー内で「○○リーダー(○○担当)」とそれぞれの役割を決めていました。(櫻井翔さんが勉強リーダー、二宮和也さんは俳優リーダー、など)

その流れで、なぜか松本潤さんがお笑い担当になり、バラエティ番組でゲデモノ(虫)を食べたりしていました。

個人的にはこれが一番意外に感じました。

まとめ

今回は嵐トリビアをご紹介しました。

ファンにはお馴染みなことでも、一般的には知られていない事も沢山ありますよね。

今回の記事を読んで、少しでも嵐を知るきっかけになって貰えると嬉しいなと思います。
あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事