吉澤閑也【Travis Japan】トラジャのコレオグラファー!溢れる包容力でグループのバランサーを担う男前!

吉澤閑也【Travis Japan】トラジャのコレオグラファー!溢れる包容力でグループのバランサーを担う男前!

ジャニーズJr.の中で、No.1のダンスの実力を誇るTravis Japan

そんなダンスの精鋭揃いのグループで、振付を担当している吉澤閑也さんをご紹介します。

ダンスの実力はもちろんのこと、包容力のある言動からトラジャのパパリアコ枠ともいわれている吉澤さん。

今回は、そんな吉澤閑也さんのプロフィールや魅力を徹底解説していきます。

Travis Japanとは

Travis Japan(トラヴィス・ジャパン)は、ジャニーズJr.として活動する7人組グループ。

メンバーは、川島如恵留さん、七五三掛龍也さん、吉澤閑也さん、中村海人さん、宮近海斗さん、松倉海斗さん、松田元太さんです。

マイケル・ジャクソンとも仕事をしてきた振付師のトラヴィス・ペインさんによるレッスンを受けたのがグループ結成のきっかけと言われています。

強化合宿を勝ち抜いたメンバーで編成されているため、まさにダンスの精鋭グループとして有名です。

ここから結成当時の様子をさらに細かくご紹介していきます。

Travis Japanが結成されたのは、2012年までさかのぼります。

同年2月、A.B.C-Z主演の舞台「ABC座 星(スター)劇場」が日生劇場で開催されていました。

そこへ見学に来ていたジャニーズJr.が、急遽トラヴィス・ペインさんのレッスンを受けることとなり、後に選出されたメンバーがTravis Japanとしてグループを結成することになるのです。

そうして選出された初期メンバーは、吉澤閑也さん、中村海人さん、阿部顕嵐さん、宮近海斗さん、梶山朝日さんの5人でした。

このレッスンには、当時「JR.A」として活動していた川島如恵留さん、仲田拡輝さん、七五三掛龍也さん、森田美勇人さんも参加していました。

同年7月から開催された「PLAYZONE’12 SONG & DANC’N。PARTII。」には、正式に川島さんらを加えた9人体制のTravis Japanで出演しています。

しかし、Travis Japanとは異なる夢を追いたい等の理由でメンバー脱退が続き、2017年には川島さん、七五三掛さん、吉澤さん、中村さん、宮近さんの5人までメンバーが減っていました。

そこへ加入してきたのが「松松コンビ」として当時から人気だった松倉海斗さん松田元太さんです。

松松コンビは、Sexy Zoneの松島聡さんが2014年頃にSexy 松(Show)として活動していた際のユニットメンバーでした。

Jr.ながら、その持ち前のダンススキルの高さで松島さんを支えてきた2人だったのです。

こうして「Travis Japan」というグループ名に劣らぬ実力派が集結しました。

Travis Japanの武器は、一糸乱れぬシンクロダンスです。そのダンスの実力は、ジャニーズJr.の中でも随一とも言われています。

YouTubeのジャニーズJr.チャンネルでは、迫力満点のDance Practice動画に加え「倍速ダンス」「童謡ダンス」等、ダンスに特化した企画動画が多数公開中。

また「+81 DANCE STUDIO」では、ジャニーズの先輩達の楽曲にのせて、オリジナルの振り付けを発信する画期的な企画を展開しています。

トラジャならではのオリジナリティ溢れる活動が人気を集めています。

現在の活動に目を移すと、2022年3月からトラジャはアメリカ・ロサンゼルスに留学を開始しました。

留学中は、ダンスレッスンやボイストレーニングに加え、語学のスキルアップも図る予定だそうです。

現地時間3月27日に開催されたダンス大会「World of Dance Championship Series」では見事第3位に輝き、併せて「ベストコスチューム賞」「オーディエンス賞」も受賞したことを報告しました。

世界に向けてその実力をさらに発信していくであろうTravis Japanから目が離せません。


あわせて読みたい!

吉澤閑也さんとは?

吉澤閑也さんのプロフィール

吉澤閑也(よしざわしずや)

  • 愛称:しずや、スジヤ、しーくん
  • 生年月日:1995年8月10日
  • 出身地:神奈川県
  • メンバーカラー:黄色
  • 身長: 175cm
  • 血液型:A型
  • 好きな食べ物:
  • 趣味:読書、映画鑑賞、フットサル
  • 特技:バスケットボール、ダンス、振付
  • 尊敬する先輩:山田涼介(Hey! Say! JUMP)

ジャニーズ事務所の入所経緯

吉澤さんがジャニーズ事務所に入所したのは、2009年4月です。

元々KinKi Kidsが好きだった吉澤さんは、幼少期の頃からジャニーズに入りたいと思っていました。

初めてジャニーズ事務所に履歴書を送ったのは、小学4年生の頃。残念ながらこの時は事務所から連絡がありませんでした。

しかし、それから5年後、吉澤さんがジャニーズ入所のチャンスを掴むこととなるバラエティ番組「スクール革命!」が放送開始されます。

この番組には、吉澤さんが尊敬してやまないHey! Say! JUMPの山田涼介さんもメンバーとして出演していました。

あわせて読みたい!

番組内で開催されたジャニーズ公開オーディションに母親が応募してくれたことで、吉澤さんは番組オーディションに参加することになります。

当時、番組のレギュラーメンバーに選ばれたのはSixTONESの髙地優吾さんでしたが、最終予選まで通過した吉澤さんもジャニーズJr.として事務所に入所することになります。

驚くべきことに吉澤さんは、ジャニーズ事務所に入所する中学2年生までダンス未経験だったそう。

現在、トラジャの中で素晴らしいパフォーマンスを発揮している吉澤さんの姿からは想像もつきませんよね。

しかし、その事実こそが吉澤さんの凄まじい努力と成長を物語っています。

吉澤閑也さんの魅力

パワフルなダンスがカッコいい!その上達の理由とは?

すでにご紹介した通り、吉澤さんはジャニーズ事務所に所属するまでダンス未経験者でした。

入所後は、大好きな山田涼介さんの動画をひたすら見ながら、ダンスを練習し続けたそうです。

また、尊敬するダンサーとして三浦大知さんを挙げており、自分の好きなダンサーやアーティストの魅力を分析しながら徹底的に吸収してきたことが分かります。

あわせて読みたい!

さらにダンス上達のコツとして、教えてくれる先生の動きを真似し、角度や細かい振りまでとにかく全てをコピーすると語る吉澤さん。

それから少しずつ自分流に崩し、ダンスの中にアイデンティティを見出していくのだそうです。

はじめから自分の好きなように踊るのではなく「上手い人の動きを完全にコピーしてから」というひと手間に、吉澤さんの謙虚さがうかがえます。

吉澤さんはその恵まれた体格を活かし、エネルギーに満ち溢れたダンスを得意としています。

内面から湧き出るポジティブさや力強さを、ダンスを通して観客にダイレクトに届けることが出来るのです。

トラジャのコレオグラファー!楽曲に寄り添う振付が大好評!

吉澤さんはトラジャのコレオグラファー(振付師)と呼ばれるほど、振付にこだわってきたメンバーです。

過去に吉澤さんが振付を担当した楽曲をいくつかご紹介していきましょう。

まずは、ジャニーズJr.祭り2018で披露された「また今日と同じ明日がくる」です。

こちらは、嵐の二宮和也さんのソロ曲で、歌詞や楽曲の雰囲気と吉澤さんの振付の親和性が話題になりました。

何と言っても見どころは「トラビステップ」と呼ばれる無音シンクロダンスです。

楽曲そのものの良さを活かしながら、トラジャの魅力を引き出す振付はファンの間で大きな反響を呼びました。

その他にも、SMAPの「青いイナズマ」関ジャニ∞の「宇宙に行ったライオン」をトラジャがカバーした際には、吉澤さんがオリジナルの振付を考案しています。

吉澤さんが振り付けたダンスを動画で楽しみたいという方におすすめなのが、YouTubeのジャニーズJr.チャンネルで公開された「童謡で踊ってみた」シリーズです。

こちらの動画は、タイトル通り有名な童謡にのせてトラジャが本気のダンスを踊ってみたという斬新な企画です。

第1弾から第3弾まで公開されており、全ての振り付けからフォーメーションまで吉澤さんが考案しています。

クリエイティブな発想の素晴らしさはもちろんのこと、メンバー1人ひとりに丁寧に振りを教えてあげる吉澤さんの優しさが垣間見える動画となっています。


トラジャのパパ!客観的思考と包容力が魅力のリアコ枠!

吉澤さんといえば、面倒見の良い落ち着いた人というイメージが強いかと思います。

トラジャのママこと川島如恵留さんと並んでトラジャのパパと評されることも多い吉澤さん。

年下の兄弟がいらっしゃるのかと思いきや、意外にも5人兄弟の末っ子なんだそうです。

ここでは、吉澤さんがトラジャのパパと呼ばれる所以と、たまに見せる末っ子気質な魅力を紹介していきます。

そもそも、吉澤さんは非常に肝が据わった方のようです。

それがよく分かるのが、日本一怖いと言われるお化け屋敷「ネグルシ」をトラジャが体験した動画です。

このアトラクションは、臨床実験と銘打って病院の廃ベッドに2人1組で拘束された被験者が、次々と怪奇に襲われるという内容になっています。

吉澤さんは松倉さんとペアを組み、この恐怖のアトラクションに挑戦しました。

説明の段階から演出の大きな音に驚く松倉さんと、彼をしっかりと支える男前な吉澤さん。

恐怖に絶叫する松倉さんを横目に終始笑顔で楽しむ吉澤さんは、カメラの画角を確認する余裕さえ見せていました。

吉澤さんは年下組に対してとても面倒見がよく、遅刻したメンバーへのモーニングコールなども請け負っていたそう。

子供のころから空気を読んで育ってきたせいか、他のメンバーがワチャワチャしているのをニコニコ見守る包容力も持ち合わせています。

また、トラジャが今のメンバー構成で落ち着いた当初はクールキャラで行こうとしていた吉澤さん。

しかし、グループ内にお笑い担当がいなかったため、吉澤さん自らCOMEDY TIGERを名乗り貪欲に笑いを求めていくようになりました。

実際にお笑いも好きなようで、東京03の動画を好んで見ているそうです。

グループのために進んで役割を担おうとする姿から、吉澤さんの人柄の良さや健気さが伝わってきますね。

かといって現場の雰囲気を壊すことはなく、全体のバランスを見ながら対応できるところからは、キャラクターに固執し過ぎない柔軟性も感じられます。

その一方で、吉澤さんが他のメンバーに心を許しているゆえに、驚くほど毒舌になることもあるそうです。突発的な言動で周りを揺さぶる一面は、末っ子気質から来るものかもしれません。

このように包容力もありつつ、時には大胆な発言で回りを驚かせる吉澤さん。

その大きなギャップによって、トラジャのリアコ枠と呼ばれるほどファンのハートをガッチリと掴んでいます。

最後に

今回は、Travis Japanのコレオグラファー吉澤閑也さんをご紹介しました。

ダンス初心者からトラジャでの活躍に至るまで、吉澤さんの努力と成長には並々ならぬものがありました。

そして、客観的な目線や包容力を活かして、グループのバランサーを担っている重要な存在であることが分かりました。

現在、アメリカ留学中のTravis Japanですが、帰国後のさらなる成長に期待したいですね。

吉澤閑也さん今後の活躍にも注目していきましょう!

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事