【全曲レビュー】Snow Man(スノーマン)- リード曲、カップリング曲を完全網羅!

【全曲レビュー】Snow Man(スノーマン)- リード曲、カップリング曲を完全網羅!

2020年1月22日、ジャニーズ史上初となる2組同時デビューを果たした9人組アイドルSnow Man
その飾らないキャラクターが好感を呼び、今やバラエティーでも引っ張りだこのグループです。


普段は愛嬌たっぷりなSnow Manですが、ひとたびステージに立てば圧巻のパフォーマンスを披露する職人集団。そのギャップに射抜かれてファンになる人も少なくありません。

長い下積み時代を経て培った彼らの武器は、爆発力のあるダンスや華麗なアクロバット、そして激しいパフォーマンスの間もブレることのない安定した歌唱力です。
彼らの楽曲には、その強みを活かした魅力的なダンスチューンが数多く存在します。


今回は、Snow Manのデビュー曲から最新曲までを振り返り、楽曲ごとに変化する彼らのギャップをとことん掘り下げます!

あわせて読みたい!

1stシングル『D.D. / Imitation Rain』(発売:2020年1月22日)

 

D.D.

Snow Manのデビュー曲『D.D.』「Dancing Dynamite」という意味の通り、彼らの圧倒的なダンスパフォーマンスを前面に押し出した楽曲です。

作詞はJazzin’parkの栗原暁(くりはらさとる)、作曲はHIKARIが担当しました。ジャニーズのデビュー曲と言えば、グループの特色やダンスの取り入れやすさ、そしてファンに末永く愛してもらえるような要素が必要とされます。その点において栗原とHIKARIは、それぞれにジャニーズへの楽曲提供の経験が豊富ということもあり、Snow Manにとって非常に心強いタッグとなりました。

そんな彼らの過去の共作には、Travis Japan『VOLCANO』が挙げられます。ダンスと融合することで、世界観がさらに広がる事を見据えたメリハリのある楽曲作りは、流石としか言いようがありません。また、メンバーの阿部が作詞した『紹介ラップ~We are Snow Man~』にて、作曲を担当したのも栗原です。彼は様々な局面で、Snow Manを世に送り出そうと尽力してきたのでした。

栗原とHIKARIは、「ベストアーティスト2020」で『D.D.』が初披露された時やデビュー日など、Snow Manの節目の度にSNSで反応しています。彼らのツイートを見てみると、Snow Manが制作者に愛されるグループであることが分かります。

今回の『D.D.』で言えば、Snow Manの強みであるダンスやアクロバットを取り入れることを前提に制作してるため、気持ちよく音ハメできるポイントが各所に散りばめられています。HIKARI自身、楽曲の世界観を効果的に引き出せるアレンジを追求したようで「『D.D.』は是非、インストも楽しんでもらいたい」と話しています。

続いて『D.D.』の歌詞に注目してみましょう。全体を通して日本語と英語を組み合わせたフレーズが多用されています。楽曲自体が疾走感に溢れていることもあり、英語詞の部分をニュアンスだけで流しがちになりますが、この英語詞の意味を読み解いていくと、Snow Manの過去デビューに掛けた想いをくみ取ることが出来るのです。

頭の中で描き続けたデビューという夢。しかし、どんなに頑張ろうとも現実はSnow Manを冷たく突き放します。時間だけが過ぎ去っていく中、彼らは積もり積もった焦りや不安のせいで自分を見失いそうになっていました。突きつけられたのは、強くなれなければ2度とチャンスは巡ってこないという事実でした。しかし「Three steps forward, Two steps back(3歩進んで2歩下がる)」という歌詞の通り、地道な努力を続けたSnow Manは、今や多くの人にとって無くてはならない存在へと成長しました。

『D.D.』には、待ち続けてくれたファンに新しい世界を見せてあげたいというSnow Manの強い信念が刻まれています。同時に、報われないことを人のせいにせず、自分自身と日々闘い続けてきたSnow Manの真摯な姿勢が投影されている楽曲でした。

 

Crazy F-R-E-S-H Beat

デビューシングルの通常版に収録されている『Crazy F‐R‐E‐S‐H Beat』は、表題曲の『D.D.』と全くタイプの違うクールなダンスチューンです。この楽曲の特徴は、その中毒性の高さ。エレクトロなサウンドとヒップホップが見事に融合しており、「タタラタタ」というエキゾチックなスキャットが深く印象に残ります。

MVでは真っ白な空間の中、黒い衣装を身にまとったSnow Manがスマートなダンスを披露しています。これまでの楽曲では、体全体を使ったエネルギッシュなダンスのイメージが強かったSnow Man。一方、『Crazy F‐R‐E‐S‐H Beat』では、体の部分的な動作を9人でシンクロさせることで更に中毒性を増しています。マリオネットのような機械的な動きからダイナミックな動きまで取り入れられ、1曲でSnow Manの魅力を幅広く楽しむことが出来ます。

このダンスの振り付けをしたのは、リーダーの岩本照。彼はJr.時代から度々グループの振付を担当しており、楽曲の魅せ方にも毎回強いこだわりを持っています。YouTubeで配信された「Dance Video鑑賞会」では、メンバーも彼の振付に大満足の様子。中でも高いダンススキルを誇る佐久間は、岩本の振付に対し「何度も踊りたくなるような癖になる振付」と大絶賛しています。この楽曲からは、世界でトレンドになっているダンスをいち早く吸収し、グループに還元していこうとする岩本の研究熱心な姿がうかがえます。

Snow World

『Snow World』は、長く続いた苦しい時代に終わりを告げ、雪解けを迎えた喜びを歌っています。とにかく可愛いらしく、元気いっぱいなSnow Manが凝縮されています。

『Snow World』が初披露されたのは、2020年3月20日にYouTubeで配信された2時間生放送です。ファン参加型で楽しみたいという想いから、岩本がこの楽曲の振付を考案。キラキラした笑顔で踊るSnow Manの手には、ファンにとっても思い入れの深い楽曲『Snow Dream』を彷彿とさせる白いペンライトが握られていました。

この楽曲からは、デビュー後の活動に向けてSnow Manの強い志を感じると同時に、ファンと一緒にこれからの時間を楽しんでいきたいという気持ちが伝わってきます。

『D.D. / Imitation Rain』

2020年1月22日に発売されたデビューアルバム。ジャニーズ史上初となる、Snow ManとSixTONESの2組同時デビューが大きな話題となりました。初週売り上げは132.8万枚を突破し、オリコン史上初となるデビューシングルでの初週ミリオンヒットを達成しました。

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事