『ずっと真夜中でいいのに。』メンバーの年齢や名前、意外な経歴とは…?【THE FIRST TAKE 出演!】

ヴォーカル担当の『ACAね』さん以外の正式メンバーも一切公表されず、メンバーのプロフィールもほとんど明かされていない音楽ユニット『ずっと真夜中でいいのに。』

2018年に立ち上がった音楽ユニットではあるのですが、厳密に言えば、『ACAね』さんのソロプロジェクトではないかという話も・・・

そんな謎の多い音楽ユニットだけに、気になることもたくさんあります。

そこで、本記事にて、謎の音楽ユニット『ずっと真夜中でいいのに。』の経歴やメンバーのプロフィール、オススメソングベスト3を交えながら、その魅力に迫っていきます。

『ずっと真夜中でいいのに。』とは?


音楽ユニットの中には、水曜日のカンパネラのコムアイさんやSuperflyさんのように、ほぼソロプロジェクトのような音楽ユニットも存在しますよね。

実は、『ずっと真夜中でいいのに。』も正式メンバーが1人しかおらず、ソロプロジェクトのような印象が強いですよね。

では、一体、『ずっと真夜中でいいのに。』とはどんな音楽ユニットなのでしょうか?

『ずっと真夜中でいいのに。』は、クリエイターとのコラボユニット


『ACAね』さんをヴォーカルに据え、残りのメンバーは、正式には存在せず、裏方に回る、アニメーターやボーカロイドクリエイターのみ・・・

しかも、プロフィールなど詳細を公表されていないので、謎の部分もかなり多いです。

とはいえ、『ずっと真夜中でいいのに。』は、アーティスト、アニメーター、ボーカロイドクリエイターがコラボして完成した音楽ユニットであることだけは明確です。

『ずっと真夜中でいいのに。』の魅力とは?

さて、そんな『ずっと真夜中でいいのに。』ですが、一体どこに魅力を感じ、多くのファンから支持を得ているのでしょうか?

実際に『ずっと真夜中でいいのに。』の魅力を調べて見ると、

『ずっと真夜中でいいのに。』の3つの魅力
  • ハスキーかつハイトーンボイスな『ACAね』さんの歌声
  • 『ACAね』さんの歌声にマッチするキャッチーなメロディ
  • YOUTUBE映像(アニメーション)とのコラボが面白い

この3つの魅力が、多くのファンの心に突き刺さり、絶大な人気を得ています。

確かに、『ACAね』さんのハスキーなハイトーンボイスは個性的で、映像・音楽の世界観ともマッチしてアンニュイな音楽として非常に魅力を感じますね。

どこか柔らかくもあり、サビパートなどで、急に甲高くエッジを効かせて刺激を与えてくる・・・

そんな、音楽要素が、多くのファンに受け入れられているのです。

まぁ、謎は多いですが、非常に魅力的な音楽ユニットなので、ぜひ、一度、彼女たちの音楽に触れてみてくださいね。

THE FIRST TAKE出演

今まではメディア露出があまりなかった「ずっと真夜中でいいのに。」さんですが、ついにTHE FIRST TAKEで貴重な歌唱姿を公開しました!

yamaさんなど顔を隠して活動していたアーティストが出演したこともあり、そろそろ来るのではないかとソワソワしていたファンの方も多いのではないでしょうか?

動画では「秒針を噛む」をピアノとベースアレンジで披露しています。ベースの響きが強調されていて、思わず体でリズムを取ってしまいそうな一曲になっています。

歌唱の方も、かなり高音域の曲なのですが、余裕そうに歌っている姿に驚きです。サビでは地声と裏声の切り替えが多く登場しますが、一発撮りとは思えない技術で難なく歌いこなしています。

ストリーミングだけではなく、ライブ会場に足を運んで聴いてみたくなるような一曲でした。

THE FIRST TAKEの記事はこちらから!

『ずっと真夜中でいいのに。』の経歴(歴史)


かすれつつハイトーンボイスといった特徴をもつ、ヴォーカル『ACAね』さんの歌声が非常に魅力的な音楽ユニット『ずっと真夜中でいいのに。』

まだ謎が多い音楽ユニットだけに、経歴やプロフィールは非常に気になるところです。

では、『ずっと真夜中でいいのに。』の簡単な経歴(歴史)を振り返って見ましょう。

メジャーデビューのきっかけを作ったYOUTUBE映像配信


『ずっと真夜中でいいのに。』は、2018年11月14日、ミニアルバム『正しい偽りからの起床』をリリースしメジャーデビューを果たしますが、そのきっかけを作ったのは一つのYOUTUBE映像でした。

『ずっと真夜中でいいのに。』を裏で支えるメンバー
  • ボーカロイドクリエイター『ぬゆり』さん:作曲(『ACAね』さんと共作)・編曲担当
  • アニメーターWabokuさん:映像全般担当

の2人とコラボし手がけた、アニメーションMV『秒針を噛む』が大ヒット。

アニメーションパートのアンニュイな表現と、独特のダークながら奥深い歌詞に加え、キャッチーなメロディや『ACAね』さんの歌声が、多くの音楽ファンに衝撃を与えました。

結果、たった1週間で、YOUTUBEの動画再生が20万回という記録を作り、後日談になるのですが、2019年4月17日時点では2000万回再生という大記録を樹立・・・

この爆発的な拡散による再生回数の伸びと多くのファンからの支持は、ある種の成功の確約といえるのではないでしょうか。

『ずっと真夜中でいいのに。』は、この爆発的な支持を背に、2つのアニメーションMV

ブレイク後にリリースした2つのアニメーションMV
  • 2018年10月12日:「脳裏上のクラッカー」
  • 2018年11月6日:「ヒューマノイド」

を配信。

これらのMVも爆発的再生回数を打ち立て、2018年11月14日、音楽レーベル『EMI Records』から、ミニアルバム『正しい偽りからの起床』をリリースすることになり、メジャーデビューを果たすのです。

ミニアルバム『正しい偽りからの起床』のスマッシュヒット!


メジャーデビューとなった1stミニアルバム『正しい偽りからの起床』は、発売当初から売り上げが高く、なんと、ビルボードジャパンの主要チャートで上位にランクインするほど、スマッシュヒットを打ち上げました。

YouTubeで配信した3人のコラボ作品から始まったこの音楽ユニットは、一気に多くの音楽ファンのハートを鷲づかみしていったのです。

『ずっと真夜中でいいのに。』の名の由来


『ずっと真夜中でいいのに。』という音楽ユニット名から、何かのタイトルのような印象を受けませんか?

実は、この音楽ユニット名の由来は、以前、『ずっと真夜中でいいのに』というワードから始まる歌詞の楽曲を作ったことがあり、そこから拝借して、音楽ユニット名にしたんだそうです。

また、この『ずっと真夜中でいいのに。』というユニット名には、僕らを全て黒で塗りつぶすという謎めいた意味合いもあるとのこと・・・

まさに謎の音楽ユニットならではのユニット名ですね。

『ずっと真夜中でいいのに。』の現在


『ずっと真夜中でいいのに。』は、華々しいデビューを皮切りに、2019年に

『ずっと真夜中でいいのに。』の功績
  • 自身初のワンマンライブを開催
  • FUJI ROCK FESTIVAL’19
  • 1stフルアルバム『潜潜話』をリリース

など、ライブ、音源配信(CDリリースなども含めて・・・)を中心に、精力的に音楽活動を行っています。

ただ、今なお、メディアでの顔出しはしておらず、映ったとしても部分的にしか露出していないというのが現状なので、『ACAね』さんの顔が気になる方は、一度ライブに訪れてみてください。

『ずっと真夜中でいいのに。』のメンバープロフィール


かなり謎の要素も多く、プロフィールも公表されていない部分が多い音楽ユニット『ずっと真夜中でいいのに。』

それだけに、プロフィールを知りたいというファンも多いと思いますので、分かっている範囲で、『ずっと真夜中でいいのに。』のメンバーのプロフィールをご紹介していきます。

『ACAね(あかね)』(ヴォーカル担当)


『ACAね』さんは、年齢も出身値も一切非公表。

ネット上の情報としては、身長は155cmで小柄なルックスのかわいらしい女性と言われていますね。・

なお、かつては、ACANE名義で、ストリートミュージシャンとして活動していたという話もあり、過去2年くらいは、ギターも弾いていて、『ずっと真夜中でいいのに。』のメンバーとして活動する前から、シンガーソングライターとして活動していたんだとか・・・

デビューする前から、作詞・作曲を手がけていて、根っからのアーティストとして、音楽に触れあう日々を過ごしてきたんですね。

ファンの間では、声を聴いた瞬間、ACANEさんの声だと分かるほど、超人気者だったとのことなので、ファンが一気に増えていくのも頷けますね。

ぬゆり(編曲・作曲担当)


『ぬゆり』さんは、初音ミクのようなボーカロイドを専門とするボーカロイドプロデューサーとして活動する傍ら、シンガーソングライターとしても活動し、『ずっと真夜中でいいのに。』では、編曲・作曲でサポートしているメンバー。

とはいえ、正式メンバーとして活動している訳ではなく、あくまで裏でユニットを支えているメンバーに過ぎません。

なお、『ぬゆり』さんの詳しいプロフィールですが、いろいろ調べてみたものの、全く公表されておりません。

おそらく、米津玄師さんが、ハチ名義で、ボーカロイドプロデューサーとして活動していたときのように、自身は影に徹して、音楽主体で活動しているのでしょうね。

Waboku(映像制作全般担当)


Wabokuさんは、普段、実写映像クリエイター、アニメーション作家として活動しているデジタルクリエイター。

元々、アニメにほとんど精通しておらず、愛読書も柳田國男や京極夏彦の著作だというのですから、アニメとかなりかけ離れた趣味嗜好を持っていた人物といえますね。

そんなWabokuさんは、細田守監督のアニメ映画『サマーウォーズ』をテレビで見て感化され、アニメの世界にはまり、大学進学後アニメーション技術を学んだ後、映像クリエイターとして活動しています。

元々、アニメ以外のものに触れてきたクリエイターだからこそ、音楽の世界観をより想像させる映像を創り上げることが出来るのでしょうね。

ただ、あくまで映像クリエイターとして、『ずっと真夜中でいいのに。』をサポートしているだけなので、正式なメンバーというわけではありませんが・・・

『ずっと真夜中でいいのに。』のオススメソングベスト3


ミステリアスな部分が多く、ヴォーカルを務める『ACAね』さんのソロプロジェクトではないかという話も囁かれている『ずっと真夜中でいいのに。』

では、そんな『ずっと真夜中でいいのに。』のオススメソングベスト3をご紹介していきますね。

秒針を噛む


出典:YOUTUBE(『ずっと真夜中でいいのに。』公式MV)

秒針を噛むは、『ずっと真夜中でいいのに。』がデビューとなるきっかけを与えた、メジャーデビュー前に作られた楽曲

ピアノ、ギター、ベース、ドラムがメインでなっているのはもちろんですが、この4つのパート以外の、金属楽器(ベル系だと思いますが・・・)なども交え、バックでテンポの違う音を多数融合させて、一つの楽曲に仕上げています

また、メインとして使われている楽器も、メインパート以外で、BGMのように静かに鳴らすことで、メインパートと共鳴し合い、音の広がりを見せる演出となっています。

ここに、『ACAね』さんのハイトーンボイスが加わり、疾走感溢れるアップテンポな楽曲に仕上がっています。

曲調、歌詞の持つ世界観、一つ一つの音の要素が、アニメーション映像と共に、『ACAね』さんのハイトーンボイスを盛り上げてくれていると分かる魅力的な楽曲なので、ぜひ、皆さんも、一度、聴いてみてくださいね。

脳裏上のクラッカー


出典:YOUTUBE(『ずっと真夜中でいいのに。』公式MV)

脳裏上のクラッカーは、『ずっと真夜中でいいのに。』が、メジャーデビューする前の、2作目となる配信シングル。

デビュー作『秒針を噛む』以上に、『ACAね』さんの突き刺さるハイトーンボイスと、独特のテンポ・リズムが特徴的な楽曲で、曲全体を見渡すと、Aメロで奏でられる静寂と、Bメロ・サビで奏でられる喧騒が、見事に融合している様子がうかがえます。

さて、この、脳裏上のクラッカーで筆者が一番注目したのは、サビの中盤に入ったところでスタッカートが連続する部分(1番の歌詞で言うところの『つなぎとめてよ』の部分)です。

このスタッカートの連続が、その後に続くゆったりとしたテンポへとスムーズに移行するアクセントとなっています。

こういった細かい演出が、魂の叫びとも言うべき突き刺さるハイトーンボイスと、それ以外の静寂を上手く融合させている要因ではないかと思いますよ。

このように細かい演出も施されているので、ぜひ、みなさんも、一度、脳裏上のクラッカーを聴いてみてくださいね。

『ハゼ馳せる果てるまで』


出典:YOUTUBE(『ずっと真夜中でいいのに。』公式MV)

『ハゼ馳せる果てるまで』は、『ずっと真夜中でいいのに。』の9thデジタル配信シングル。

タイトルから想像すると、かなりエッジが効いている楽曲のような気がしますが、決して、そんなことはありません。

リズム・テンポもそれほど激しくありませんし、凄くキャッチーなメロディで構成されているので、初めて『ずっと真夜中でいいのに。』の楽曲に触れる方にはオススメの一曲です。

J-POPに馴染みやすい楽曲なので、まずはリラックスして、一度聴いてみてくださいね。

最新情報

YouTube100万登録記念で2019年リリース「勘冴えて悔しいわ」MV公開

自身のYouTubeチャンネルの登録者数が100万人を超えたことを記念して、これまでもずっと真夜中でいいのに。のMVを担当してきたイラストレーター・sakiyamaによって制作されています。

最後に・・・

今回は、経歴(歴史)・メンバーのプロフィール、オススメソングベスト3を絡めた、音楽ユニット『ずっと真夜中でいいのに。』の魅力をご紹介しました。

実質のところ、ヴォーカル担当の『ACAね』さんの、ハスキーでハイトーンな声質を最大限に活かした音楽ユニットで、聴き手の心にダイレクトに響く楽曲が魅力的!

音楽ユニットと言いながら正規メンバーは、『ACAね』さん以外おらず、謎も多い音楽ユニットですが、非常に中毒性があり癖になる楽曲が多いので、ぜひ、一度、その世界観を体感してみてくださいね。

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事