K-POPブームの先駆け!KARA(カラ)の経歴やメンバーのプロフィール、オススメ曲は…?

日本に韓流ブームを巻き起こした代表的なK-POP女性アイドルグループ「KARA(カラ)」を覚えていますか?

可愛らしいルックスと、印象的な曲とダンスで新しいスタイルを披露し、日本中の注目を浴びました。そして、紅白歌合戦にも出場するなど、国民的人気となったグループです。

今回はKARAについて解説していきたいと思います。当時はKARAを知らなかった人にもぜひ見ていただきたいです!!

KARAってどんなグループ?


KARAは、2007年3月に韓国でデビューしました。グループ名の意味は、音調や拍子という意味を持つ「カラック」にギリシャ語で歓喜、甘いメロディーと言う意味を加えて「音楽を通じて喜びを与えたい」という意味が込められているそうです。

デビュー当時のメンバーは、ギュリスンヨンソンヒニコル4人でした。当時、韓国では「Fin.K.L(ピンクル)」というアイドルグループがおり、Fin.K.Lの妹分という形でKARAをデビューさせました。

2007年3月、韓国の音楽番組で「Break It」を初披露しデビュー。積極的に活動を行なっていましたが、音楽番組で1位を獲得することも、デビュー年の新人賞にも選ばれることはありませんでした。

その後、音楽番組を主に活動の場としてきたKARAは、バラエティ番組にも挑戦するなど活動の幅を広げました。そしてデビューから2年後の2009年に念願の音楽番組1位を獲得することができました。

MEMO
当時は「少女時代」や「T-ara(ティアラ)」など、ビッグアイドルがランキングでせめぎ合っており、まさにアイドル戦国時代でした。

KARAの名前が世間に知れ渡ったのは、2009年7月に発売した2ndフルアルバム「Revolution」のタイトル曲「Mr.」がきっかけでした。メンバーのニコルが考えたという「ヒップダンス」が大流行となったのです。この曲はチャートで1位を獲得することはできませんでしたが、印象強い振り付けが評判となりました。

「Mr.」の大ヒットを受けて、翌年の2010年は、まさにKARAの年と言ってもいいくらいの評価でした。2010年2月に発売された3rdミニアルバム「LUPIN」で音楽活動を行なったKARAは、様々な音楽番組で1位を総なめにしました。

日本での活動がスタートしたのもこの時期です。2010年2月、赤坂BLITZにて初の単独ショーケースが行われました。デビュー前にもかかわらず応募が殺到し、当初1回公演の予定でしたが急遽1日2回公演をすることになったほどです。KARAの人気はK-POPファンの間では既に高かったこともあり、待ちに待った公演となりました。

2010年5月、ついに「ミスター」で日本デビューを果たしたKARAは、渋谷109前でサプライズライブを行いました。公式発表はしていませんでしたが、当日は3,000人ものファンや通行人が押し寄せ会場前はパニックとなってしまいました。イベントも3分で中止になるなど、KARAの人気の凄さを見せつけました。

デビュー曲「ミスター」はオリコンランキング初登場5位にランクインし、当時のアジアの女性グループとしては初の快挙となりました。さらに日本での人気は絶頂を極め、CM出演やドラマ出演など音楽以外の仕事も増えていきました。

MEMO
韓国での人気も衰えを見せず、当時世界中で大ヒットしたPSYの「江南スタイル」を抜くほどの勢いを見せていました。

日本ではK-POPガールズグループ初の東京ドーム公演を行うほど大人気グループとなったKARAでしたが、メンバーの脱退と加入が続くことになり思ったような活動ができなくなってしまいました。

繰り返されたメンバーの脱退と加入

KARAは、デビュー当時から数回に渡りメンバーの入れ替わりが行われています。最初にメンバーの脱退があったのは2008年のことでした。デビューから1年も経たないうちにソンヒが脱退してしまったのです。

ソンヒは、元々両親が芸能活動に反対していたことと、学業を優先するためという理由での脱退でした。ソンヒの脱退を受け事務所側は公開オーディションを開催し、2008年4月に5人グループの新しいKARAをお見せすると発表しました。そして、約6,000人の中からハラとジヨンが選ばれ、新生KARAが誕生しました。

5人体制となったKARAが1番馴染みがあるかもしれません。この時期に発売した「Mr.」が大ヒットし、世界中でKARAブームが巻き起こりました。日本で活動していたのもこの時期です。

次に脱退したのはニコルでした。2014年1月、自身のソロ活動に力を入れるという理由でKARAを脱退しました。この脱退には、事務所の待遇が悪かったのではないかという噂もありました。

確かにKARAとして忙しい日々を送っていたメンバーでしたが、ニコルだけ個人の活動がほとんどありませんでした。それで、ソロ活動を行おうと考えたのでは?という考察がされました。実際の話は現在も公式発表されていません。

ニコルの脱退に合わせるように2014年4月、ジヨンもイギリスへの留学をすることを理由にKARAを脱退しました。ジヨンは事務所との契約満了での脱退となりましたが、留学後は女優として日本でも活動していました。

一度に2人のメンバーが脱退したKARAは「KARA PROJECT」と題した番組を作成し、新たなKARAメンバーを募集すべくオーディションを開催しました。番組では厳しいトレーニングを経てきた7人の練習生から4人が選抜され、さらに番組の生放送でヨンジが新メンバーに選ばれました。

4人体制となったKARAですが、2016年にはギュリ、スンヨン、ハラが事務所との契約を更新しないことを公式発表し、他の事務所との契約に進みました。これにより残されたKARAのメンバーは最後に加入したヨンジのみとなり、KARAの活動も行われなくなってしまいました。

ハラとの別れ

2019年11月24日、ハラが自宅で死亡した状態で発見されるというニュースが韓国のみならず日本でも速報で届けられました。

ハラはKARA脱退後、元恋人への暴力報道でメディアの注目の的になりました。しかし、実際はハラがリベンジポルノを受けていたことが明らかになり、元恋人は在宅起訴を受けています。

この報道を勘違いした人が、ハラへのバッシングを行いました。そのことが直接の原因かは確かではありませんが2019年6月、ハラは自宅で自殺未遂をしてしまいました。このときはマネージャーの発見が早く、一命を取り止めることができました。

しばらく韓国で療養生活を送っていましたが、復帰後は日本の事務所と契約し、日本で音楽番組出演やソロコンサートを行ないました。そこでハラは「失望させないように、日本で成長する姿をお見せしたいです」と日本のファンに伝えていました。

日本での活動が本格的に始まっていくと思っていた矢先の訃報だったため、信じられないといった声が相次いで聞こえました。遺族の意向によりハラとのお別れの場が設けられ、多くの日本のファンが駆けつけました。そこには以前のKARAのメンバーも集まり、ハラとの悲しい再会をしました。KARAとしても、こんな形で集まるとは思っていなかったと思います。

ハラの遺書には「自分を愛せなくて、ごめんなさい」という趣旨の文章が残されていたということです。2018年には、ハラの親友だった元f(x)のソルリも誹謗中傷を苦に自殺しており、匿名による誹謗中傷が韓国で問題になっていた矢先のことでした。

KARAの現在とこれから

メンバーが1人なってしまったKARAですが、ヨンジは現在でもDSP所属アーティストとして引き続き活動しています。「事実上の解散」だと報じられたこともありましたが、ギュリはインタビューで「事務所が違うためにバラバラになってしまったが、よい機会があればアルバムを出して活動しようと思っている」と語っていました。

また、スンヨンも「KARAはなくならない」と発言しています。今はヨンジがKARAとしての場所を守ってくれているのではと感じました。また時期が来たらKARAとして活動してくれることを願っています。

KARAのメンバー紹介

韓国の女性アイドルは、歌はもちろんですがファッションやメイクなども注目されています。女の子が真似したくなるようなビューティーアイコン的存在でもあります。

個性豊かなKARAのメンバーを紹介します。現在の活動についてもわかる限り書いてみました。

GYURI(ギュリ)

  • 本名:パク・ギュリ(박규리)
  • 生年月日:1988年5月21日
  • 出身地:韓国 ソウル特別市
  • 身長:162cm
  • 血液型:AB型
  • 担当:リーダー、ボーカル

ニックネームが「女神」というだけあって、品のある外見が魅力のギュリ。実はギュリのお母さんは女優のパク・ソヒョンさんなんです。ギュリは子供の頃からお母さんの現場にいることが多く、そこでスカウトされたことがきっかけで子役として活動していました。

ギュリはKARAのリーダーを担当しており、見た目からもしっかり者だと思われることがありますが、天然な一面を持っています。コンサートの自己紹介では嬉しさのあまり「こんばんは〜!東京ドームです!」と言ってしまったほど。メンバーを引っ張っていくというより、後ろから支えるタイプのリーダーです。

また、KARAの中ではいじられキャラとして存在しており、高所恐怖症であることを知っているメンバーに無理やりジェットコースターに乗せられたり「女神キャラ」をいじられることもあります。

しかし、メンバーの脱退・加入問題があったり、デビュー当時はなかなか思ったような結果が得られなかったりと、リーダーとしてかなり悩んだはずです。そして、日本と韓国を行ったり来たりする生活で相当の疲労とプレッシャーもあった中で常に笑顔で対応してきたギュリは、精神的にもかなり努力してきたと思います。

事務所との契約が終了した現在は、女優として新たな道を歩んでいます。次々に新しいことにチャレンジする姿勢は素晴らしいと感じました。常に自分を磨き続けていなければ新しい仕事に繋げることができません。

ギュリは、日本語が堪能で日本でも活動の幅を広げています。韓国のみならず、日本でも映画に出演したり、ファンクラブを発足しファンミーティングを行うなど精力的な活動をしています。2019年には番組の企画によるデュエット曲「everlasting love」が配信され、ギュリの歌声を楽しみにしていたファンを喜ばせました。

しかし、2020年5月に韓国の梨泰院にあるクラブで新型コロナウィルスの集団感染が発覚。ギュリも梨泰院のクラブに滞在していたことが報道され、バッシングの対象となってしまいました。これに対しギュリは謝罪をしましたが、厳しい声が寄せられました。

SEUNGYEON(スンヨン)

  • 本名:ハン・スンヨン(한승연)
  • 生年月日:1988年7月24日
  • 出身地:韓国 ソウル特別市
  • 身長:158cm
  • 血液型:A型
  • 担当:リードボーカル

アイドルとしてデビューする前に、エキストラとしての経験があったスンヨン。子供時代に演技を習っていたそうです。

中学生から高校生までは、アメリカのニュージャージー州に留学していました。当時JYPエンターテインメントのオーディションの話を受けましたが残念ながら合格にはならず、ダンススクールに通ったそうです。そのダンススクールでDSPメディアのオーディションに誘われ練習生となりました。

MEMO
JYPエンターテインメントのオーディションを受けるために高校を中退しており、本気度が伝わってきます。

スンヨンの性格は、明るくバラエティ番組では人一倍頑張るタイプです。日本でもスンヨンはお笑い担当としてずいぶん頑張っていました。ただ可愛らしいだけではなく、場を盛り上げる努力を惜しまなかったスンヨンのおかげでKARAの知名度が上がったと言ってもいいのではないでしょうか。

また、童顔であることも魅力の一つです。自己紹介では「KARAの最強の童顔スンヨンです」「偽の末っ子担当、スンヨンです」と自虐を交えて挨拶をしたこともあります。

常に笑顔を絶やさないスンヨンですが、以前「笑っていないときの顔が怖い」と言われたことがあり、それ以来意識して表情管理をしていると番組内で発言していました。

KARAの中では「小さいお姉さん」と呼ばれるくらいメンバーのことを気遣っています。番組でメンバーが話せるきっかけ作りをしたり、KARAのために何ができるかを常に考えています。

スンヨンは、日本語が堪能なメンバーでもあります。日本のアニメが好きで、デビュー前から簡単な日本語は話せていたようです。事務所との契約が終了してからはソロとして活躍しており日本語のアルバムも発売しています。そこでは日本語で作詞にも挑戦するなど新たなチャレンジをしました。

さらに日本公式ファンクラブを発足して活動を行なっていましたが、運営契約終了のため2020年8月を以ってファンクラブ の解散が決まってしまいました。

今後、どのような活動を見せてくれるのか期待して待ちましょう。

HARA(ハラ)

  • 本名:ク・ハラ(구하라)
  • 生年月日:1988年7月24日
  • 出身地:韓国 光州広域市
  • 身長:158cm
  • 血液型:A型
  • 担当:サブボーカル、メインダンサー

ハラは、中学生の頃に地元のテレビ局でハラのドキュメント番組が撮影されたほど周りから注目されていました。本人も芸能人になりたいという夢を持っていたようです。

その後、JYPエンターテインメントのオーディションを受けましたが不合格となり、DSPメディアの練習生となりました。ソンヒがKARAを脱退したため、追加メンバーのオーディションに参加をしてジヨンと一緒にKARAのメンバーとなりましたが、当初は違うグループとしてデビューする準備をしていたそうです。

性格は正直な性格で、いい意味でも悪い意味でも裏表がありません。それがときには自分を傷つけてしまう結果になることもありましたが、持ち前の明るい性格で切り抜けていました。

MEMO
精神的にも辛い時期には対人恐怖症などの症状もあったようです。

ハラは「2014世界で最も美しい顔100人」に選ばれるほど抜群のルックスを持っていました。「韓国の安室奈美恵」とまで言われたほどです。顔が小さくお嬢様のような雰囲気を持っており、女性からも憧れの対象となりました。

黙っていると清楚な雰囲気を醸し出していますが、バラエティ番組では持ち前の運動神経を活かして大活躍しました。そのギャップがたまらないというファンが続出し、男性女性関係なく人気を集めたメンバーです。

事務所との契約が終了してからは元恋人の暴行問題や、目瞼下垂手術をしたことについてのバッシングが重なり、精神的に追い詰められていたハラは、2019年5月、自殺未遂騒動を起こします。

このときは発見が早く一命を取り止めましたが、韓国では思うような活動ができておらず、日本の事務所と契約を結ぶことになりました。日本にはKARAの活動後もハラの復帰を待ち望んだファンがたくさんいたと思います。

ハラは、シングルを発売したり日本の音楽番組に出演したりと、日本のファンへ向けて復活を約束してくれました。念願のソロツアーも行なって、まさにこれからという矢先に思いも掛けない訃報が飛び込んできました。

前回の自殺未遂から約半年後の2019年11月24日、ソウルの自宅で死亡しているハラを発見したとの速報が入りました。このニュースは日本でも大きく取り上げられ、日本のファンからも「これから日本で頑張るって約束したのに」「嘘であってほしい」というコメントが寄せられました。

この訃報の少し前には、ハラの親友だった元f(x)のソルリが誹謗中傷が原因でこの世を去っています。そのとき、ハラは自身のSNSで涙で目を腫らしながら「ソルリの分も生きる」と語っていただけに、ファンは驚きや悲しみの声をあげました。

YOUNGJI(ヨンジ)

  • 本名:ホ・ヨンジ(허영지)
  • 生年月日:1994年8月30日
  • 出身地:韓国 高陽市
  • 身長:166cm
  • 血液型:A型
  • 担当:サブボーカル

KARAよりニコルとジヨンが脱退したことによって行われた公開オーディションで選ばれたヨンジは、もしKARAに選ばれなかったら実家のコーヒーショップを手伝おうと思っていたそうです。

子供の頃は、ミュージカル俳優になりたかったヨンジ。当時からミュージカルの勉強をしながら学校に通っていた努力家でもあります。まだ幼い頃から将来について考えていたとは素晴らしいですね!

ヨンジの特徴は「声が出ない笑い方をすること」です。本人はバラエティ番組などに出演する際、この特徴がマイナスになってしまうのではないかと不安があったようでしたが、逆に番組終了後には良い評価を受ける結果となりました。

事務所からは女性らしく笑うようにと言われていたそうですが、自然に笑うためには普段の自分を見せるしかなかったと、ありのままの姿を見せました。ヨンジの笑い方は「ミュート笑い」とも呼ばれ、オリジナリティあるヨンジの魅力となりました。

また、ヨンジは「チャング」の腕がプロ級でもあります。チャングというのは韓国の伝統的な打楽器で、バラエティ番組で腕前を披露しました。さらにその番組内でインラインスケート選手だったという過去も明らかにしていました。

ヨンジは、動物への愛情が人一倍強いメンバーでもあります。ペットショップで買うのではなく、捨てられた犬を引き取り育てています。2017年には捨て犬を助けるプロジェクトに参加、テーマソングを歌って収益金を捨て犬を救うための支援へと寄付したこともあります。

KARAとしての活動は2年ほどで休止となってしまいましたが、現在でもソロ歌手として活躍しています。イベントではKARAの曲も披露しており、現在でもメンバーとは連絡を取り合っていることを明かしています。

MEMO
ミュージカル俳優の勉強の成果が実り、歌手活動の他に女優やモデルとしての活動も行なっています。

旧メンバー

SUNGHEE(ソンヒ)

  • 本名:キム・ソンヒ(김성희)
  • 生年月日:1989年5月17日
  • 出身地:韓国 ソウル特別市
  • 身長:163cm
  • 血液型:B型
  • 担当:メインボーカル

ソンヒは、KARAの初期メンバーでした。圧倒的な歌唱力とダンススキルを持っており、アイドルとしてというよりアーティストと表現したくなるメンバーでした。

KARAはデビュー当時、思ったように売上や人気が伸びず、ソンヒはKARAが大ヒットを飛ばす前にグループを脱退しています。

脱退の理由としては、元々KARAとしての活動に両親が反対しており、さらに母親が2006年に亡くなったことで、自身のやりたかったこと、やるべきことを考え直したと言われています。

グループ脱退後の2011年には22歳の若さで結婚を発表し、世間を驚かせました。

NICOLE(ニコル)

  • 本名:チョン・ヨンジュ(정용주)
  • 生年月日:1991年10月7日
  • 出身地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 身長:165cm
  • 血液型:A型
  • 担当:メインボーカル

ニコルは出身がアメリカとなっていますが、両親共に韓国人です。両親の仕事の都合でカリフォルニア州で生まれたニコルは、小学生までをカリフォルニア州で過ごしています。中学生のときにはアリゾナ州へと引っ越ししています。

ニコルは、韓国名と米国名を持っています。「ニコル」は母親が尊敬する作家の名前に由来しているそうです。アメリカでは「ニコル」で慣れ親しんでいたため、活動名もニコルとしています。

ニコルはアメリカで育っているため、英語が堪能です。しかし、韓国語が話せなかったため韓国での生活を始めたばかりのときは相当の苦労と努力があったはずです。しかし、韓国語があまり上手に話せなかったニコルは、バラエティ番組で珍解答を連発し、レギュラーを獲得するまでになりました。

MEMO
語学に関しては現在では韓国語はもちろん、日本語やスペイン語も話せます。

性格は明るく天真爛漫で、男女関係なく同じ態度で接することから芸能人の交友関係も広いメンバーです。KARAでは「元気担当」のメンバーで、日本では「元気なニコルです」「ニコニコニコルです」と自己紹介をしていました。

趣味は「食べること」と言ってもいいくらい食べることに関心が強いニコル。たくさん食べて運動することで体重管理をしていたそうです。食事制限をしてダイエットをするアイドルが多い中で、健康的なダイエットを行っていますね。

ニコルはKARAの人気が絶頂期だったときに脱退しています。2014年にソロ活動に専念したいという理由でKARAを脱退しました。その後、KARAとしての活動について聞かれたニコルは「多忙すぎて成長できないままいつも同じところを歩いているような気がしていた」と当時を振り返っていました。

現在はソロとして活動しており、日本デビューも果たしています。写真集を発売したりコンサートも開催しているので、これからも日本での活躍が期待できるメンバーです。

JIYOUNG(ジヨン)

  • 本名:カン・ジヨン(강지영)
  • 生年月日:1994年1月18日
  • 出身地:韓国 京畿道坡州市
  • 身長:167cm
  • 血液型:O型
  • 担当:サブボーカル

KARA時代はマンネ(末っ子)だったジヨンは、ハラと一緒に公開オーディションでKARAのメンバーに選ばれました。KARAとしてデビューした当時、ジヨンはまだ中学生で学業と歌手活動を並行して行っていました。

高校生になってからはKARAの活動も忙しくなり、授業が受けられない日もありましたが、ジヨンは試験には必ず出席し、クラスメイトから活動についてネガティブな発言をされたときも負けることはありませんでした。

性格は思ったことは素直に口に出す性格です。時にはわがままのように聞こえてしまうこともありますがKARAでは「大きな赤ちゃん」と呼ばれ可愛がられていました。純粋な気持ちを持っているからこそ出てしまうのかもしれませんね。

2014年にDSPメディアとの契約が終了したジヨンは、イギリスへ留学をしました。その後、日本で女優として活動を始めたのです。ジヨンは以前から日本語が堪能なメンバーとして知られていました。インタビューでは、なるべく韓国語を使わず日本語で話すことを心がけていたほど熱心に日本語を勉強していたようです。

日本での活動はドラマから映画まで多彩に渡る活躍でした。KARA時代からのファンもいましたが、ドラマを見てジヨンのファンになったという人も多く、新しいファンの心も掴んでいました。

現在は日本での活動はしておらず、韓国で女優として活動しています。しかし、日本公式ファンクラブのサイトで元気な姿を見せるなど、日本のファンに対しての気遣いも見せています。もしかしたら、また日本で何らかの活動があるかもしれません。

KARAの定番曲・おすすめ曲

KARAは日本でも大ヒットを巻き起こしたグループです。今回は日本で大ヒットした曲をまとめてみました。もう一度、KARAの楽曲を堪能してみてください。

ミスター


2010年8月に発売された日本デビューシングルです。

友達以上恋人未満の関係はもう飽きた!という歌詞になっています。この曲は、韓国で発売された「Mr.」を日本語バージョンで作った曲なのですが、韓国語の「똑딱똑딱(トタトタ)」「자꾸자꾸(チャクチャク)」という擬音語がそのままカタカナ表記で取り入れられています。

「ヒップダンス」と呼ばれる振り付けや、色鮮やかな衣装のサスペンダーファッションも話題となりました。

ジェットコースターラブ


2011年4月に発売された3rdシングルです。

KARAにとって初めての日本オリジナル曲となったこの曲は、本人たちが出演するCMのタイアップが付きました。以前からの人気もあって、初のオリコンデイリーランキングで1位を獲得した曲でもあります。

「好き」という気持ちをジェットコースターに乗った気分で表現している歌詞が可愛らしいです。この曲では、サビの部分にある「ペンギンダンス」という振り付けや「ハラハラどっち?」という部分でメンバーのハラを全員で指差すなど、面白い振り付けも話題となりました。

GO!GO!サマー


2011年6月に発売された日本オリジナルの初サマーソングで、CMのタイアップが付いた曲です。

毎回、KARAの楽曲では様々な振り付けが話題となっていますが、この曲では「パラパラ」を連想させる「カラパラ」が話題となりました。曲調もユーロビートを思わせるような曲になっており、幅広い年齢層から人気を得ました。

前作の「ジェットコースターラブ」に続き、2作連続で初週の販売枚数が10万枚の売り上げを突破するなど、海外女性アーティストとして史上初の記録を作った曲でもあります。

マンマミーア!


2014年に発売されたこのシングルは、ニコルの脱退とヨンジの加入を受けてから初めての楽曲となったシングルです。

今までは可愛らしいKARAを見ることが多かったのですが、この曲ではぐんと大人っぽくなった表情を見せています。

MEMO
ワッキングダンス」というヒップホップ系の曲で使われる振り付けが特徴です。

KARAの魅力


韓国でも日本でも人気を獲得してきたKARAですが、数々の人気アイドルがデビューしていた時代を乗り越えてきただけに、個人の歌唱力やパフォーマンス力はトップレベルだと感じました。

人気を得るために時間はかかりましたが、メンバーが振り付けのアイディアを出したり、日本語を勉強したりと成長した姿を見せるために努力してきたからこその結果だと思っています。

KARAの凄いところは、数々の困難なことがあっても常に笑顔で努力し続け、周りの人を幸せにしてきたプロ意識の高さだと思います。

特にリーダーのギュリは、グループ内で年長者であることからリーダーを務めることになりましたが、KARA結成の際には最後に合流したメンバーでした。しかし、そのことを主張することもなく年下メンバーの悩みや相談を真剣に聞いていました。

KARAの再結成については様々な憶測がなされていますが、ハラが生前所属していた事務所によると、ハラがメンバーに掛け合ってKARAを再結成させようとしていたという情報もあります。

すぐには無理だと思いますが、いつかまたあのときの笑顔でファンの前に戻ってきてくれることを願っています。

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事